カニリカの舞台
■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
ステラ・ミュージカル 夏公演決定!

脚本・演出 カニリカ

≪東京公演≫
【公演日】
2010/7/16(金)〜7/25(日)
【会場】
ル テアトル 銀座

≪神戸公演≫
【公演日】
2010/7/31(土)〜8/2(月)
【会場】
神戸オリエンタル劇場

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ
リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美
…他


■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
 ステラ・ミュージカル
2010/3/19〜3/24[公演終了]
天王洲 銀河劇場

脚本・演出 カニリカ

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ

月森 蓮役:三上 俊
土浦梁太郎役:高橋優太
志水桂一役:小関裕太
火原和樹役:吉野晃一
柚木梓馬役:川村聖斗

冬海笙子役:笹丘明里
天羽菜美役:三好絵梨香
金澤紘人役:進藤 学
王崎信武役:吉原シュート

リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美

東海林 遼・清水一希・宮之脇佳織・吉野由利子
土屋史子・城戸愛莉・舟見和利・斉藤レイ

■「暁の誓い」
2009/4/15〜4/19[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出 カニリカ

【キャスト】
萩野崇/弓削智久/出合正幸/高根研一(Studio Life)

吉村崇(平成ノブシコブシ)/徳井健太(平成ノブシコブシ)
■カニリカプロデュース
 『執事ホテル』

2008/2/16〜2/24[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出:カニリカ
出演: 大口兼悟 村上幸平 溝呂木賢 昇二郎 高根研一/他

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


■舞台『無敵な男達』

カニリカがイケメン俳優を迎えてお送りするハートフルコメディ

作:カニリカ
演出・出演:上田一軒(スクエア)
出演:ホストの皆様:岩大(Studio Life) 村上幸平 萩野崇 北条隆博 篠田仁志(Studio Life) 奈須崇(スクエア) 長尾弘喜
常連客の皆様:小林愛(TEAM 発砲・B・ZIN)星ようこ 滝沢乃南

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


カニリカの作品
連載小説配信スタート!

「ラヴァーズ・ハイ」

 今、何かと話題のクーガーと呼ばれるアラフォーの女性たち。

実際にボーイズバーで彼らを買う女性たちに取材を敢行し、実話を元に描く超リアルな官能恋愛小説。

カニリカが初めて挑む禁断の世界。

配信のお申し込みとサンプル号をお読みになりたい方は、

 ≫こちらから
カニリカの本
小説 執事ホテル

小説版
『執事ホテル』12/18発売
購入する≪

kanirican_100.jpg

このブログがついに本に!
『いや〜ん!ばか〜ん!カニリカーン』
購入する≪



 「金色のコルダ」に出ていた城戸ちゃんこと、城戸愛莉ちゃんは女性キャストの中ではリリ役の二人の次に若い。何たって、まだ16歳!!宮崎に住んでいて、仕事のたびに上京するのだけど、GWは社長(彼女はLDH所属ですので、つまりエグザイルのhiroさんというわけね)の思いやりのある計らいで東京に遊びに来ていた。

 毎日舞台を観たりしているというけれど、東京見物はしてないというので、昨日私は番組の会議の後、待ち合わせして、汐留を案内しました。GWなんで、ものすごい数の人が「嵐にしやがれ」とか「怪物くん」の巨大パネルの前で写真を撮っている。だけど、城戸ちゃん「ふうん・・」って感じで興味なさそう。あらま、さすがLDH。エグザイル以外は興味なしか!?と思ったら、違ったのだ。

 何と宮崎では「怪物くん」も「嵐にしやがれ」も放送してないことが判明。「え?じゃあひょっとして、スッキリは?」と聞くと「それって、何曜日ですか?」との問い。あちゃー、「スッキリ」もやってないのね。そうだったのだ、宮崎は完全ネットではなかったのでした。

 道理で、日テレの番組の大看板見てもテンション低いわけだ。こんなことならお台場に連れてくべきだったか・・・。ところが、突然ある物を見つけ、「あ、ここ入っていいですか?」と城戸ちゃん。ニコニコして出てきた。その場所とは「アンパンマンショップ」!!弟さんにお弁当グッズを買ったのだと。すっごく嬉しそう。あー、よかった、よかった。可愛いなあ、城戸ちゃん。
201005031522000.jpg

 それから、スタジオジブリの時計台にも連れて行きました。バンバン写メ撮ってました。よかったよー、普通の高校生じゃん。って、私も思わずカシャッ!気がつけば、私時報のときのこの時計、初めて見た。って、今頃かい。意外に可愛くてカンゲキ。
201005031457000.jpg

 汐留の高層ビルの最上階に行ったあとは、銀座に行ったことがないというので、銀ブラしました。ちょうとFOREVER21がオープンした直後だったので、松坂屋はすごい人でした。ま、城戸ちゃんはZARAで服買ってたけど・・・。おっとなー!!

 その後お茶飲んで別れたけれど、私も何か思わぬ東京見物をしちゃった気分で楽しかったっす。しかし、今銀座は中国と韓国からの観光客が本当に多い。彼らがガンガンお金を落としてくれると、もう少し日本の景気がよくなるかも。

 夜は再び秋のプロジェクトの打ち合わせを兼ねて、役者と飲みました。参加メンバーをまだ発表できないんだけど、彼は裏方の経験も多少あるし、演出にも興味があるというので、制作メンバーのブレーンとしても入ってもらうつもりで、ブレストしました♪

 よしもとの芸人さんの座付き作家、エンタの神様などのコントを書いた作家、お笑いも手がける劇団の作家、関西出身で後藤ひろひとさんともよく仕事をしている演出助手、そして数々のプロデュース公演に出てるけど演助もできるイケメン役者と、実にさまざまで有能な人たちがブレーンとして集まり、このプロジェクトを進めている。どんな舞台に仕上がっていくか、実に楽しみ!!

 あー、早く発表したいなあ。もうしばらくお待ちくだされ。
 今回の選挙特番は楽しかったなあ。
 民主党の圧勝だからって?ま、それも面白かったし、これからどう変わっていくのか楽しみでもあるが、やはりイケメンハンター、嵐大好き!の私としては、「総選挙特番 ZERO」でしょう!!

 国立競技場の3デイズ・ライヴを終えて、相当疲れているはずなのに、見事に選挙特番のキャスターとしての大役も果たした櫻井翔サマ♪ うーーーーー!唸るほどカッコ良かった!!!
 声がちょっと枯れていたところもセクシーだったが(私は一体何を見ているのか?)、当選した議員へのインタビューは紳助さんもまっつあおの堂々たるものではなかったか?

 特に小泉ジュニアこと小泉進次郎議員との2ショット(正確には画面二分割)インタビューは、いまだかつて選挙特番でこんなイケメン2ショットの映像があっただろうかと思うほどの、美しい画!ぎゃあぁぁあーー。私はテレビの前で身悶えましたよ。
 奇しくも二人とも28歳の同い年。櫻井君の鋭い質問にもにこやかに答える小泉ジュニア。二人の清清しい闘志とさわやかな知性が画面から溢れ出ていて、もうまぶしくって、まぶしくって、「これで日本は安泰だわ〜〜」と泡を吹いてしまいました。

 24時間テレビ効果もあって、選挙特番は日テレがNHKを抜いてトップ。良かったね〜、翔サマ。っていうか、これから毎回選挙特番も彼でお願いします。そして、もしも、もしもできれば、一瞬でいいから、ZEROの番組中にちょこっとネクタイ緩めてくれないかなあ・・・・。それをしてくれたら、私は完全に昇天してしまうでしょう。アイタタタ。

 余談だが、鳩山党首の結婚指輪はなぜあんなにデカイのか?あれはどこのブランドや?まもなくファーストレディになる幸夫人のチョイスだろうか?あれはちょっと趣味ワル・・・。
 先週はとんでもなく充実した一週間だった。周りはみな夏休みだというのに、私だけ盆と正月が一遍に来たような賑やかさだった。(って表現が古いか)

 まず月曜日は某イケメン俳優たちと六本木「くろさわ」で黒豚と日本酒に舌鼓。特に焼き味噌が絶品でこれだけで日本酒2杯はイケました。きゃー!
 そして、火曜日は季節はずれと言うなかれ。銀座「オストレア」でシャンパーニュと牡蠣三昧。あ、ワインも飲んだかな?とにかく産地を比べて食べる牡蠣はもう最高です。シメの牡蠣と大葉のリゾットがこれまた絶品で唸りました。ウー!
 それから、水曜日はなんとずっと憧れだった麻布の某和食店に。これ、店名出してはダメと言われたので出しませんが、もう本当に夢見心地の最高の贅沢でした。鱧づくしです!!実はこの会食、仲の良い久本朋子ちゃんと某プロデューサーと行ったのですが、久しぶりに朋子ちゃんとがっつり飲んで楽しかった!(あ、でも朋子ちゃんは飲めません)彼女と一緒にライブをやろうと盛り上がりましたよ。そういえば、昨日の「おしゃれイズム」にお姉さまの雅美さんと出てましたね。
 それにしても、この店はすごいです。食材に対するこだわりが半端じゃない。久しぶりに心から感動する店に出会いました。ヒントは霞町です。また行こうっと。ひゅー!

 木曜は自宅で有機野菜の蒸し鍋を友達とつつきつつ、金曜は再び日ごろお世話になっているディレクターのバースデー食事会をしました。
 そして、何と土曜日はイケメンイベントのハシゴですよ。何が感動って、アミューズのイケメンが勢ぞろいする「game」に行ったのだけど、生で初めて健君見ました!そう、佐藤健君です。ぎゃああああああ。かっわいいいいいいい!あのガムのCMの踊りまで披露してくれました。勿論、他にも神木隆之介君も桜田通君も賀来賢人君も阪本奨悟君もとっても可愛かったんですが、やはりヤラれました。健君に。
 映画「game」はとっても面白く、仕事を忘れてぎゃあぎゃあ騒いでいました。

 ところが、今日ニュースを見てびっくり!なんと、健君インフルエンザにかかって、日曜のこのgameのイベント延期になったそうですね。いやあ、土曜でよかった。しかし、大丈夫なのか?健君。私も念のためうがいしとかなきゃ。まあ、彼のウィルスなら感染しても喜ぶけどね。アイタタタ。
 ブログの記事のカテゴリに、イケメンをいれている作家はたぶん、私とケータイ小説家の内藤みかさんくらいではないか。
 というか、最近本当に「イケメン」というジャンルで仕事が来るからスゴイ。「イケメンについて語って下さい」とか「今注目のイケメンは誰ですか?」「イケメンを集めて、何か新しいプロジェクトをやろう」云々・・・。

 なぜか、そんな打ち合わせが続く毎日で、嬉しいやら、幸せやら。究極はそのイケメン打ち合わせの後に、その仕事のメンバーでホスクラに行ってしまうのだから、どんだけイケメン好き!?

 内藤みかさんとは、近々イケメンをテーマに本を一緒に作る。その打ち合わせを先日したが、彼女のパワーは私以上っす。でも彼女は私のことを「イケメンに囲まれて仕事していて、うらやましい」という。なんだかなー。内藤さんはまもなく「イケメンと恋ができる38のルール」という本を出します。
http://ameblo.jp/micanaitoh/
 かなり参考になると思う。彼女がすごいのは、あれだけ忙しいのにブログの更新が早い、早い。見習わなければ。私のことも先日書いてくれたので、お返しに・・・と思ったら、もうその記事がだいぶ前のものになっている。あちゃー。ハートのきゅうり、食べたの、ついこの間じゃん!

 ちなみにイケメンつながりの話を一つ。先日舞台「黒執事」を見てきました。主演の松下優也君はかなりのイケメン。初舞台で初主演をオーディションで勝ち取ったという彼。歌が抜群にうまく(本業はアーティストだからね)、見事執事セバスチャンになりきっていました。でも素顔は関西弁でとってもチャーミング。要チェックのニュー・イケメンです!!
http://www.matsushitayuya.com/

 さあ、そして今年の後半も来年もまだまだイケメン関係のプロジェクト、やりまっせ。詳細が決まったら、発表しますので、どうぞお楽しみに♪

 いつものように「おもいッきりイイ!テレビ」のオンエアチェックをしていて、今日は腰が抜けるほど、ショックだった。そして、涙が止まらなかった。
 それは、「フォーリーブスの青山孝史さんが肝臓がんのため、死去」という訃報を知ったからだ。

 フォーリーブスのター坊(当時の青山孝さんはそう呼ばれていた)、彼は私が生まれて初めて好きになったアイドルであり、ジャニーズのタレントである。ここから私のジャニーズ大好き歴が始まるのであるが、当時まだ幼かった私がなぜか夢中になったのがフォーリーブスであり、その中でも抜群に歌のうまいター坊だった。

 4歳上の姉ですら、郷ひろみのファンだったし、同級生たちはずうとるびか新御三家に夢中になっている中、なぜか私は頑固にかなり年上のフォーリーブスだった。当時はかなりの年上好きだったのか・・?

 まあ、そんなことはさておき、私は子供のクセにかなりフォーリーブスに夢中になり、本来なら親に許されない「レッツゴーヤング!」や「歌え!ヤンヤン」の公開録画も姉が一緒ならという条件で、NHKや渋谷公会堂に観にいった覚えがある。

 なけなしのこづかいでレコードを買い、銀座の山野楽器で開かれた握手会に並んだこともある。とんでもない小学生である。どうやって銀座まで行ったのかは覚えてない。

 確か3年前くらいにフォーリーブス復活と聞いて、一度コンサートを見に行った。とても懐かしかったが、周りの観客がおばさんばかりで(当たり前だが)、なぜかテンションが下がり、それっきりだった。昔好きだったアイドルの老けた姿を見るというのは、何とも複雑な思いだったからである。もちろん、見ている私も同じだけ歳を取っているのに、それを認めたくないようなわがままな気持ちなのだ。

 つまり、アイドルは自分の心の中で永遠に輝く若いままのアイドルなんだと思う。

 ター坊は幼い私にたくさんの夢を与えてくれたと思う。フォーリーブスに名曲は多い。今でもすぐに口ずさめる。それは、筒美京平さんや都倉俊一さんや鈴木邦彦さんなど歌謡曲の名手が作ったからである。「地球はひとつ」や「ブルドッグ」は有名だが、私が好きなのは「夏の誘惑」や「あしたが生まれる」や「友情」や「急げ!若者」などである。小学校の書初めで「急げ!若者」と書いて、先生に怒られたこともある。それぐらい、好きだった。

 そして、メインボーカルを取っていたのが、ター坊こと青山孝だったのだ。彼の声は本当に美しかったし、歌うことが好きなんだなあと思わせる歌い方だった。それは小学生の私でもわかったんだと思う。

 今日はそんなわけで、訃報を知ってからずっとフォーリーブスのアルバムを部屋に流している。そして、さっきはいてもたってもいられず、「おもいッきりイイ!テレビ」でも一緒に仕事をさせて頂いている、放送作家の大先輩である今村良樹さんに電話してしまった。ご存知ない方のために説明すると、今村さんは当時「ずうとるび」というアイドルグループにいて、フォーリーブスと何度も共演されたことがあるのだ。

 57歳という年齢は、逝くには全然早すぎる。だけど、彼が他界してしまったことで、私の中で一つの時代が終わったような気がして、すごく、すごく淋しい。

 心から、青山孝史さんのご冥福をお祈りするとともに、たくさんの夢を与えてくれたことに「本当にありがとう」と言いたい。合掌。

 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。