カニリカの舞台
■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
ステラ・ミュージカル 夏公演決定!

脚本・演出 カニリカ

≪東京公演≫
【公演日】
2010/7/16(金)〜7/25(日)
【会場】
ル テアトル 銀座

≪神戸公演≫
【公演日】
2010/7/31(土)〜8/2(月)
【会場】
神戸オリエンタル劇場

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ
リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美
…他


■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
 ステラ・ミュージカル
2010/3/19〜3/24[公演終了]
天王洲 銀河劇場

脚本・演出 カニリカ

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ

月森 蓮役:三上 俊
土浦梁太郎役:高橋優太
志水桂一役:小関裕太
火原和樹役:吉野晃一
柚木梓馬役:川村聖斗

冬海笙子役:笹丘明里
天羽菜美役:三好絵梨香
金澤紘人役:進藤 学
王崎信武役:吉原シュート

リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美

東海林 遼・清水一希・宮之脇佳織・吉野由利子
土屋史子・城戸愛莉・舟見和利・斉藤レイ

■「暁の誓い」
2009/4/15〜4/19[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出 カニリカ

【キャスト】
萩野崇/弓削智久/出合正幸/高根研一(Studio Life)

吉村崇(平成ノブシコブシ)/徳井健太(平成ノブシコブシ)
■カニリカプロデュース
 『執事ホテル』

2008/2/16〜2/24[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出:カニリカ
出演: 大口兼悟 村上幸平 溝呂木賢 昇二郎 高根研一/他

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


■舞台『無敵な男達』

カニリカがイケメン俳優を迎えてお送りするハートフルコメディ

作:カニリカ
演出・出演:上田一軒(スクエア)
出演:ホストの皆様:岩大(Studio Life) 村上幸平 萩野崇 北条隆博 篠田仁志(Studio Life) 奈須崇(スクエア) 長尾弘喜
常連客の皆様:小林愛(TEAM 発砲・B・ZIN)星ようこ 滝沢乃南

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


カニリカの作品
連載小説配信スタート!

「ラヴァーズ・ハイ」

 今、何かと話題のクーガーと呼ばれるアラフォーの女性たち。

実際にボーイズバーで彼らを買う女性たちに取材を敢行し、実話を元に描く超リアルな官能恋愛小説。

カニリカが初めて挑む禁断の世界。

配信のお申し込みとサンプル号をお読みになりたい方は、

 ≫こちらから
カニリカの本
小説 執事ホテル

小説版
『執事ホテル』12/18発売
購入する≪

kanirican_100.jpg

このブログがついに本に!
『いや〜ん!ばか〜ん!カニリカーン』
購入する≪



 お礼が遅くなりましたが、舞台「暁の誓い」は19日に無事千秋楽を迎えることができました。本当にありがとうございました。今回ほど、この”無事”という言葉に重みを感じたことはありません。というのも、初の立ち回りがあり、なおかつご覧になった方はお分かりでしょうが、かなり急な階段が多かったため、キャストの人たちは本当に危険と背中合わせだったのです。

 特に今回舞台はほぼ初めてという、平成ノブシコブシの徳井君はそれこそ初めての立ち回りをしながら、全速力で階段を駆け上ったり、降りたり・・・。万が一階段から落ちたりしたら、どうしようかと本当に心配でした。もちろん、徳井君以外も立ち回りがあり、大変だったのだけど、誰も大きな怪我はなく終えられたのも、やはりキャスト全員で高幡不動尊にお参りに行ったお陰かなあと今では思います。

 ただ、実を言うと、平成ノブシコブシの吉村君は軽い打ち身をし、弓削君は毎日膝をつくシーンがあるため、膝の下が水ぶくれで真っ赤に大きく腫れ、二人とも痛みを抑えての大奮闘となりました。それ以外は特に大きな事故もなく、本当によかったです。

 今回、私としては初の時代モノに挑戦するということもあり、いろいろな点で”挑戦”をしました。やはり、舞台を一から作るなら、他の人がやっていないこと、自分でも今までやっていないことをしようと思ったわけです。照明は椎名林檎さんなどのライブを手がけてきた人にお願いし、セットを含めた世界観もかなりアブストラクトな物にしました。衣装もあえてリアリティではなく、その統一した世界観にマッチするダークな物をデザインしてもらいました。

 それらはすべて、数々の歴史資料を読み、実際に五稜郭や碧血碑に取材に行って感じたことを出来る限り素直に表現しようとして、考えついたこと。つまり、あくまでも「暁の誓い」の世界観にこだわってチャレンジをさせて頂いたのです。何を感じたのかは、とても長くなるけれど、衝撃的な話なので、次回更新時に書きますので、お楽しみに。

 お陰さまで、そのどちらかといえばアバンギャルドな世界観は色々な方に大変好評だったので、すごく嬉しかったです。特に今回の舞台が男性の方々やマスコミ関係の方に大変評判がよかったのは、今までにないことで(今までは女性狙いの舞台ばかりだったので)スタッフ一同本当に喜んでいます。この物語自体を小説にすれば?という話も出版社の方からいくつか頂きましたので、今の仕事が終わり次第、取り掛かろうかと思っています。

 心配していた「歴史モノで難しいかなあ」という部分もノブコブの若い20代のファンの方たちから「ナレーションの説明があったので、思っていたよりとってもわかりやすかった」との感想をたくさん頂き、安心しました。

 いろいろ悩んだけれど、チャレンジをして良かった。本当にそう思います。出演者の人たちも心から楽しんでくれて、いいカンパニーになりました。劇場で頂いたアンケートやその他の送られてきた感想、ブログやネットでのレビューはすべて、キャスト&スタッフで次回への参考として、回し読みさせて頂きました。ご感想やご意見を書いてくださった方々、大変感謝しております。ありがとうございました。

 「暁の誓い」千秋楽の翌朝からもうすぐ次の仕事に戻り、そのままカンヅメ状態の日々が続いていて、このブログの更新も遅れました。本当にすみません。実は、5月2日放送のテレビ朝日の皇室特番の構成を担当しています。そして、舞台はもう次のプロジェクトが動き始めています。あー、「暁の誓い」の打ち上げもゆっくりできないまま、次なることに進まなくてはいけない・・・。有り難いことですが、こうやって日々は過ぎていくんだなあ、と実感。ゴールデンウィークが終わったら、ちょっと休みたいなあと思っております。

 「暁の誓い」の稽古は順調に進んでいる。ある二人のくさい邪魔を除けば。
 
 その二人とは、もちろん平成ノブシコブシの吉村崇と徳井健太だ。今回は呼び捨てだー!

 まず、稽古中のくっさーな話その@ 斉藤一役の出合君が立ち回りを演じる、その直前に、そのシーンに出ている吉村は突然不自然にお尻を持ち上げた。そして、一発「プーッ」と屁をこいた。一同、爆笑。演技に力が入ったからだと皆思っていた。

 ところが、再びそのシーンがやってきた。また吉村はお尻を持ち上げた。再び「プーッ」。一同、唖然、そして大爆笑。そこへ出合君は飛び込んできて、斬りつけなければならない。そう、出合君へのいたずらというか、嫌がらせというか、仕掛けというか、挑戦というか。クサイ臭いに耐えてひたすら斉藤を演じる出合君。ああっ。吉村ー!!!(演出家の叫び)

 続いて、稽古中のくっさーな話そのA 稽古中に何度か10分位の休憩を取る。役者たちはタバコを吸う人が多いので、我々スタッフの前を通り、喫煙所やトイレに行く。その度に「脱糞してきます」と事前に報告する吉村。こらーっ、そんな報告いらん!(演出家の叫びその2)
 吉村君によると、この稽古場のトイレはやたらもよおすらしい。

 食事中のくっさーな話そのB 稽古が終わると、お疲れさんを兼ねて、みんなで飲みに行くことが多い。酒飲みが多いので、結構長い時間飲むこともある。座敷の居酒屋だと必ず、徳井は靴下を脱ぐ。そう、電車の乗客がみな逃げたという話で有名な徳井の足がむき出しになるのだ。ぷ〜〜〜ん。おーい、食事中だぞーっ!!(演出家の嘆き)
 そして、徳井君は自分のその足を食事中に何度も嗅ぐのだ。そしてのたまう。「うわ、くっせー」と。

 稽古はこんな感じで順調に(?)進んでいます。シリアスな話のはずなのに、稽古場は笑いが絶えません。二人が仕掛けてくるからです。他の役者は笑いをこらえるのに必死です。コメディにすれば、こんな苦労はしないで済んだのにぃーー。(演出家の悩み)

 クサイ臭いにも負けない役者たちの熱演を是非、劇場でお確かめください。(しつこいって)
 桜が咲いている中、毎日「暁の誓い」の稽古をしています。もちろん、レギュラーの仕事もあるし、今ちょっと大きな特番(後日、発表します)も同時進行していて、脳がぐったり疲れてしまうのですが・・・・。

 今日、殺陣の先生がいらっしゃいまして、殺陣の稽古をしてもらいました。
 もう、超かっこいい!!ステキ〜〜!萌え〜〜!きゃあ〜〜!!うるさいって。

 俄然楽しくなって参りました。役者の皆さんたちも日々見違えるようになってきています。
 うわー、もう、これから時代モノだけにしようかなー、と思うほど。

 と、その興奮だけ伝えたかったので、短い内容ですが、これにてごめん。

 是非とも、この興奮を劇場で確かめてほしいと切に願うのでした。
 まもなく「暁の誓い」の稽古が始まる。先月末に何とかホンを完成させ、細かい手直しやチェックをしながら、打ち合わせの日々。一応ホン執筆中は自宅に篭って、お誘い等はすべて断っていたので、久々に禁酒を実行していました。

 アルコールを断てばダイエットにもなるし、一石二鳥!とか思っていたけど、執筆中は毎日自炊をしっかりするので、結局ダイエットにはならんかった。だって、料理が一番の気分転換になるんだもの。今回のヒットはマカロニグラタンでした。あとは色々なタイプのから揚げを研究してみた。レシピによって随分違うんですね。

 しかし、その禁酒&自炊の日々も終わり、再びアフターワークはしっかり飲んでおります。しかし、これもきっと稽古開始まで。稽古に入ると飲む時間が惜しいほど、やることと考えることが一杯あり、脳が疲れてすぐ寝てしまうのだ。

 そして、この稽古開始までの少ない日々の間に、実は弾丸で函館・五稜郭の取材にも出かけた。やっぱり、この目で色々確かめたいことが多く、雪の中、せっせと行きましたよ。ものすごい大収穫。ネタバレになるので、詳細は書けないが、やはりガイドブックで見るのとは大違い。五稜郭も土方歳三・最期の地も寺も慰霊碑も、そして函館博物館も感動の連続だった。

 歴史を訪ねるというのはこういう事だ、とこの歳になって初めてその重みを感じることができ、大変有意義な旅になった。これからは、こういう旅をしないとダメだなあと思ったし。今まで海外もただのんきに観光していただけだったなあ、と猛省しました。

 函館は料理も美味しく、泊まったホテルも素晴らしく、今度詳しく紹介します。必ず!土方が入ったという温泉にも入ってきました。もう一度ゆっくり行きたいなあ、函館。

 稽古開始まで、あと数日しかないけど、打ち合わせと平行して、何か一つでもアイデアを増やすために合間を縫って舞台や映画も見まくっている。うーん、いろんな意味で自分の中でカウントダウンが始まっていて、緊張もするけれど、この緊張感がたまらないです。

 役者さんたちもホンを読んで、燃えてくれているようです。あとは、もう本番に向けて全力投球するのみ。あー、ドキドキしてきたなあ。でも、頑張るぞー!!皆さん、是非劇場でお会いしましょうね!!

 あ、もちろん、まだブログは更新しますよ。別にしばらく書かない宣言ではありません。
 こんなすぐにブログの更新をしてる・・・ヒマなのか。いいえ、違います。その逆なのです。

 実は今、改めて「実は」と言わなくても、まあわかることでしょうが、四月の舞台「暁の誓い」の執筆の追い込みに入っています。「え、まだ完成していないの?」という、今私が世界で一番耳にしたくない質問を投げかけないで下さい。その通りですから(涙)。

 そして、煮詰まっていないのです。ちなみに誤解されないように説明すると、「煮詰まる」というのは、よく物事が滞るような時に「煮詰まっちゃってさあ・・」などと使う人が多いんですが、あれは全く逆の意味だって知ってました?私も確かクイズ番組か何かで知り、びっくり。今まで全く逆の意味で使ってましたよ。

 そ、だから、そんなわけで、あともう少しというところで、全然煮詰まらず、ホンが進まないので、気分転換のためにブログを更新しているというわけです。やはり、初の歴史モノ、今までとは勝手が違う。パソコンの前で唸ること、しばしば。時間だけが空しく過ぎていくので、「こういう時、三谷さんだとどうするのかなあ」とか考えながら、三谷さんのDVD見たりして、「おいおい、そんなことしてる場合じゃないだろう」と自分にツッコんでいます。あーーーー。

 話は変わりますが、先日の「R−1グランプリ」、COWCOW山田さんは本当に面白かった。「おいおい、そんなの見てる場合じゃないだろう」。泣くほど笑いました。そして、あまりにも面白かったので、ブログとかYouTubeとかチェックしてしまった。「おいおい、そんなのチェックしてる場合じゃないだろう」。

 カンゲキしたのが、彼は惜しくもグランプリを逃してしまったのに、ブログで「楽しめたから良かった」と書き、コメントを寄せてくれた人たちにもとても感謝していること。ものすごく爽やか!COWCOWさんは「ナイナイサイズ!」の前説をずっとやっていたので、昔からよく拝見していたけれど、もっと早く人気が出てもいいくらい、実力のあるコンビ。これでもっと人気が出ることでしょう。

 舞台のホンが上がるまでは、ほぼ引きこもり、じゃなかった、カンヅメ状態ですが、先日シアター1010で行われている舞台「罠」を見てきました。「暁の誓い」に出る萩野崇さんと、昨年の「執事ホテル」に主演した大口兼悟さんが出ているので。そう、スパレンジャーの二人ですね♪ とても面白い作品で、二人ともとても好演していますので、是非ご覧下さい!日曜までです!!

 って、「おいおい、いい加減早くホンを完成させなさい」。はーい、わかってまーす(泣)。
 今日は仕事の合間に二つの作品をハシゴ。まずは映画「20世紀少年 第二章」の試写。第一章をご覧になった方はひょっとしてお気づきかもしれないが、最後のエンドクレジットで出てくる、私の名前。
 「企画協力:カニリカ」
 そう、実は何を隠そう、この「20世紀少年」の映画の企画を出したのは、私なのである。もうかれこれ3年以上前になるだろうか。日テレ55周年記念の映画企画の募集があり、あるドラマプロデューサーにこの超人気漫画を映画にしては?ともちかけたところから始まった。

 当時、まだ日本では映画の3部作というのもなかったので、それをウリにして、ハリウッドのように長期の作品にすることで、更に動員を増やすという新しい試みをしてはどうか、ということを企画書に綴った。見事激戦の社内コンペを通り、そのプロデューサーは原作者と小学館との交渉を始めた・・・。ただこれだけ大規模な映画の企画であるから、その後紆余曲折あり、担当スタッフも色々変わった。だけど、「20世紀少年」が晴れて映画になったことには変わりなく、あの長編傑作をスクリーンで見られるという事実だけでも感慨深いものがある。

 個人的にはたくさん詰め込みすぎた第1章より、第2章の方が面白かった。前回もそうだったけど、あの漫画にそっくりのキャラが次々と登場する部分は、本当に楽しい。中でも秀逸はヨシツネの香川照之さんと、小泉響子役の木南晴夏さんという女優。彼女は初めて見たけれど、表情の一つ一つが本当に漫画そっくりでびっくりする。マエケン演じるマライアも笑える。

 日テレのアナウンサーたちも多く出演するのだが、ハトリンこと羽鳥さんも思わず爆笑しちゃいました。理由は見てのお楽しみってことで。第3章も益々楽しみになってきた。漫画と違う結末だという噂だしね。

 その後は、原宿に移動して、見てきましたよ、「平成ノブシコブシ大劇場」。今年から毎月定期的にトークイベントを行うそうで、その記念すべき第一回目でした。二人とも緊張していたと言っていたが、全然そんな風には見えず、さすが慣れているなあという印象だった。まあ、途中グダグダなところもあったけれど、それも魅力に見えたくらい。最後のネタもかなりブラッシュアップされていて、面白かったし。

 一緒に出てネタを披露していた二組の芸人も面白かったし、まあ目玉だったのは大阪からわざわざ来たというドラッグクィーンのナジャさん。彼のゲイ・トークに興味津々のノブコブの二人。私は回りにゲイの友達がたくさんいるので、あまり驚かない話だったけれど、ノブコブファンにとってはかなり刺激的な話だったのでは?ネコとタチの違いとか、ハッテン場とは何かとか、そんな詳しく説明せんでも・・・。

 何たってナジャさんが連発するのは、「私はお●●●●が好きだから・・・」というゲイである理由。そんな何べんも言わんでも・・・。ノブコブ(特に徳井さん)は相当食いついていた。終わった後、楽屋を訪ね、「今度2丁目に行きましょう」という話になったが、更に食いつくでしょうね。

「チハラトーク」のように、固定ファンがどんどん増えて、毎回フリートークが盛り上がっていくといいなあ。二つの作品に大満足した私はいつも以上にお酒が進み、帰りはほとんど覚えておらず、一緒に飲んだ友達が「同じこと何回も言ってた」と呆れていたのでした・・・。
 みなさーん、1月12日成人の日は、とっても大切な日であります。いよいよ「暁の誓い」のチケットの先行販売が始まるのです!!そうです、思いっきり宣伝してます。

 今回はスケジュールの都合で全8回しか公演を行いませんし、実はあらかじめお断りしておくと、DVDの制作も致しません。ですので、ライブで観るしかないのでありますっ!!更に思いっきり宣伝。

 イケメン俳優たちのより渋くてクールな一面を知りたいアナタ、お笑いとは違う平成ノブシコブシのカッコイイ姿を見たいアナタ、そしてこんな時代モノもあるのかと好奇心旺盛な歴史ファンのアナタ、是非ともチケットをお買い求めになり、ご高覧下さいませ。超思いっきり宣伝。

 音楽はピアニストの稲本響、照明は椎名林檎のライブを手がけたスタッフ、衣装も意外性に富んでいます。そして、肝心のホンは、現在鋭意熱血怒涛執筆中であります。どうぞ、宜しくお願い致します。皆様、あうるすぽっとでお会いしましょう。

 そうそう、平成ノブシコブシといえば、13日にラフォーレミュージアム原宿で「平成ノブシコブシ大劇場」を行いますよ。もちろん、私も観にいきます!!先日の芝居もなかなか上手で光っていたので、益々楽しみになってきた次第。

 しばらくは私の頭の中は、明治時代一色になりそうです。
 速報です!次の舞台公演の詳細が決まりましたので、お知らせします!

 次は「暁の誓い」というタイトルで、カニリカ初の歴史群像劇に挑戦です。
 出演は、
 萩野崇さん、
 弓削智久さん、
 出合正幸さん、
 高根研一さん(Studio Life)
 そして、
 吉村崇さん(平成ノブシコブシ)
 徳井健太さん(平成ノブシコブシ)
 という、とっても個性的な顔ぶれです。もちろん、皆イケメンです!!

 公演日程は2009年4月15日(水)〜19日(日)、全8回公演、劇場は池袋のあうるすぽっとです。詳細は「暁の誓い」オフィシャル・ブログをご覧下さい。チケットの販売日や出演者の情報、いろいろな裏話など随時アップしていきますので、どうぞそちらもチェックして下さいね。
 
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。