カニリカの舞台
■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
ステラ・ミュージカル 夏公演決定!

脚本・演出 カニリカ

≪東京公演≫
【公演日】
2010/7/16(金)〜7/25(日)
【会場】
ル テアトル 銀座

≪神戸公演≫
【公演日】
2010/7/31(土)〜8/2(月)
【会場】
神戸オリエンタル劇場

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ
リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美
…他


■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
 ステラ・ミュージカル
2010/3/19〜3/24[公演終了]
天王洲 銀河劇場

脚本・演出 カニリカ

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ

月森 蓮役:三上 俊
土浦梁太郎役:高橋優太
志水桂一役:小関裕太
火原和樹役:吉野晃一
柚木梓馬役:川村聖斗

冬海笙子役:笹丘明里
天羽菜美役:三好絵梨香
金澤紘人役:進藤 学
王崎信武役:吉原シュート

リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美

東海林 遼・清水一希・宮之脇佳織・吉野由利子
土屋史子・城戸愛莉・舟見和利・斉藤レイ

■「暁の誓い」
2009/4/15〜4/19[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出 カニリカ

【キャスト】
萩野崇/弓削智久/出合正幸/高根研一(Studio Life)

吉村崇(平成ノブシコブシ)/徳井健太(平成ノブシコブシ)
■カニリカプロデュース
 『執事ホテル』

2008/2/16〜2/24[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出:カニリカ
出演: 大口兼悟 村上幸平 溝呂木賢 昇二郎 高根研一/他

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


■舞台『無敵な男達』

カニリカがイケメン俳優を迎えてお送りするハートフルコメディ

作:カニリカ
演出・出演:上田一軒(スクエア)
出演:ホストの皆様:岩大(Studio Life) 村上幸平 萩野崇 北条隆博 篠田仁志(Studio Life) 奈須崇(スクエア) 長尾弘喜
常連客の皆様:小林愛(TEAM 発砲・B・ZIN)星ようこ 滝沢乃南

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


カニリカの作品
連載小説配信スタート!

「ラヴァーズ・ハイ」

 今、何かと話題のクーガーと呼ばれるアラフォーの女性たち。

実際にボーイズバーで彼らを買う女性たちに取材を敢行し、実話を元に描く超リアルな官能恋愛小説。

カニリカが初めて挑む禁断の世界。

配信のお申し込みとサンプル号をお読みになりたい方は、

 ≫こちらから
カニリカの本
小説 執事ホテル

小説版
『執事ホテル』12/18発売
購入する≪

kanirican_100.jpg

このブログがついに本に!
『いや〜ん!ばか〜ん!カニリカーン』
購入する≪



 今日から7月。もう2009年も半分終わっちゃいましたよ。早いっすねえ。

 でも、今私は2010年の色々なことの準備に追われ、気分は2010年かも。っていうか、「暁の誓い」を今年の前半に手がけ、公演が終わった時点で何だか今年の大きな仕事は一つ終えたって気がしてしまって・・・。

 まあ今年の後半もやることはいっぱいあるんだけど、ほとんどが2010年や2011年の種まきなんですよねえ。そうそう、そんな中唯一、9月から連載小説をメルマガで配信します。詳細はまた追ってお知らせしますが、今までの仕事の作風とは全く違う、新しいジャンルに挑戦します。今はその取材やリサーチをしつつ、見たことないモノ、行ってない所などに行ったりしてまーす。

 6月の収穫は、アーティストの市川孝展君の個展「ヴィンテージ・ブラウン」でしょうか。彼とはあるパーティで知り合ったけれど、何と線香で紙を焦がして絵を描くというアーティストで、前回の個展では、あのビョークがわざわざ作品を買いに来たという、知る人ぞ知る芸術家なのだ!

 ま、パーティでは例によって、お酒を飲んで仲良くなって、後でそんなにすごい人だって知ったんだけどね(汗)。しかし、今回きちんと彼の作品を見て驚いた。何とも言えない不思議な世界観というか、ムードがしっかりあって。見る位置や光の当て方で様々に違ったように見えるし。

200906251852001.jpg



 これは彼の頭の中に突然浮かんだというジャケット。下書きとかは一切なく、頭の中に浮かんだものをそのまま何種類もの線香を使って焼いていく。中世の貴族のジャケットみたいだけど、特に何かを見たりするわけではないというから、不思議。降りてくるんでしょうね。

 彼の遍歴もとってもユニーク。中学生の頃、学校がつまらなくて、ニューヨークにずっといたとか・・・。今度詳しく聞いてみたい。何だか、すごく人を惹きつけるアーティストですよ。ビョークが興味を持つ、っていうのもナットク。

 また、次の個展等あったら、是非行ってみてくださいまし。

 モネ展に行った。春休みは終わったから、空いているかなあと思ったら大間違い。すげー混雑!美術館のイモ洗い状態って好きじゃない。ま、好きな人はいないでしょう。

 しかも驚くことに、国立新美術館の3階にあるブラッスリー「ポール・ボキューズ」なんて12時前から”超”長蛇の列で、とても美術館とは思えない人の多さ。って私もその一人なんだけどね。ポール・ボキューズは諦め、空腹のままモネ展を鑑賞。

 番号一番が日テレ所蔵の「道」で笑ったけれど、さすがにあれだけ一気に並べられると壮観である。何に感動したって、全く同じ景色の作品が三点並べられていて、それをモネが描いた時間や季節が違うことで、色合いが全く異なるのだ。

 例えばロンドンの「ウォータールー橋」。モネは1899年、1901年、1902年とそれぞれ描いているが、太陽の光の加減や霧の厚みが少しずつ異なるので、雰囲気も違って見える。並んで見比べると何とも言えない味わい。当然所蔵されていた美術館は全て異なるので、よくぞ集めてくれましたって感じ!拍手ものです!!代表作の「睡蓮」もたくさんあって、花一つでこんなに違うのかとため息しきり。

 モネ展でありながら、途中にいくつか現代美術の作家の作品も並んでいる。私の好きなデ・クーニングやサム・フランシスがあったのは嬉しかった。帰りにふとショップに立ち寄ると凄いものを発見! 何とポール・ゴーギャンがタヒチに滞在中、自分が主催した晩餐会のメニューを描いたとかで、その版画が限定品としてナンバリングして売られていたのだ。他のどこでも絶対見ることができないという逸品らしい。ゴーギャンがこんなかわいいイラストを描くとは意外である。


 話は変わるけど、帰りにミッドタウンに寄った。ある和食の店に入ったのだけれど、そこは味は美味しいけれど、中に入ってびっくり!店の外にはものすごい行列だというのに、店内には四つも空いているテーブルがあったのだ。30分以上立って待っている人がたくさんいるというのに、なぜとっとと案内しないのだろう?私も確か40分近く待ったけれど、こんなことならきっと10分で入れたはず。例の「行列を作る作戦」か?ブームが去った後の閑古鳥が怖いからかもしれないけれど、何もこんな姑息な手段を使わなくても、味がいいんだから、お客のことをもっと考えようよ。これからはテイクアウトのみにしようっと。ヒントは魚ね。

 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。