カニリカニリカ

カニリカの舞台
■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
ステラ・ミュージカル 夏公演決定!

脚本・演出 カニリカ

≪東京公演≫
【公演日】
2010/7/16(金)〜7/25(日)
【会場】
ル テアトル 銀座

≪神戸公演≫
【公演日】
2010/7/31(土)〜8/2(月)
【会場】
神戸オリエンタル劇場

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ
リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美
…他


■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
 ステラ・ミュージカル
2010/3/19〜3/24[公演終了]
天王洲 銀河劇場

脚本・演出 カニリカ

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ

月森 蓮役:三上 俊
土浦梁太郎役:高橋優太
志水桂一役:小関裕太
火原和樹役:吉野晃一
柚木梓馬役:川村聖斗

冬海笙子役:笹丘明里
天羽菜美役:三好絵梨香
金澤紘人役:進藤 学
王崎信武役:吉原シュート

リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美

東海林 遼・清水一希・宮之脇佳織・吉野由利子
土屋史子・城戸愛莉・舟見和利・斉藤レイ

■「暁の誓い」
2009/4/15〜4/19[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出 カニリカ

【キャスト】
萩野崇/弓削智久/出合正幸/高根研一(Studio Life)

吉村崇(平成ノブシコブシ)/徳井健太(平成ノブシコブシ)
■カニリカプロデュース
 『執事ホテル』

2008/2/16〜2/24[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出:カニリカ
出演: 大口兼悟 村上幸平 溝呂木賢 昇二郎 高根研一/他

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


■舞台『無敵な男達』

カニリカがイケメン俳優を迎えてお送りするハートフルコメディ

作:カニリカ
演出・出演:上田一軒(スクエア)
出演:ホストの皆様:岩大(Studio Life) 村上幸平 萩野崇 北条隆博 篠田仁志(Studio Life) 奈須崇(スクエア) 長尾弘喜
常連客の皆様:小林愛(TEAM 発砲・B・ZIN)星ようこ 滝沢乃南

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


カニリカの作品
連載小説配信スタート!

「ラヴァーズ・ハイ」

 今、何かと話題のクーガーと呼ばれるアラフォーの女性たち。

実際にボーイズバーで彼らを買う女性たちに取材を敢行し、実話を元に描く超リアルな官能恋愛小説。

カニリカが初めて挑む禁断の世界。

配信のお申し込みとサンプル号をお読みになりたい方は、

 ≫こちらから
カニリカの本
小説 執事ホテル

小説版
『執事ホテル』12/18発売
購入する≪

kanirican_100.jpg

このブログがついに本に!
『いや〜ん!ばか〜ん!カニリカーン』
購入する≪



 昨年の12月下旬からシナハンを兼ねて、オーストラリアはケアンズまでカヌー留学していた私。留学というと聞こえはいいけど、まあカヌーを必死に漕いでいたわけだ。

 後はカヌー周辺のことやら、初めて来たオーストラリアのことをくまなく取材してたけど、残りは基本的にフリータイムがたくさんあるし、真夏で天気はいいしで、結構のんびりできた♪

 つい職業病でオージーのテレビもチェック。毎日見ているうちにすっかりタイムテーブルが頭に入ってしまった。しかーし、オーストラリアはテレビ局の規模が小さいからか、人がのんびりしているからか、オモロイ番組がほとんど見つけられなかった。ケアンズにもテレビ局があるらしいけど、ニュースと天気予報だけ流している。基本的にはシドニーで番組は作られているみたいで、テレビ局は全部で4局。

 朝のワイドショーは二人のホストがゲストを迎えて話をするだけの、いわゆるアメリカン・モーニングショータイプ。7回くらいチェックして最も有名な人が出たのは、シカゴホープに出ていた医者の人。(ってマニアックだなあ)すごいのは午後。4局全部料理番組やってる!ホストが料理研究家招いてひたすら料理作るだけ。あとはアニメとアメリカドラマの再放送。それから、ゴールデンではアメリカのリアリティもののパクリが多く、オージー・ガールは今「オーストラリアの王子様と誰が結婚するか!?」という「ジョー・ミリオネア」にそっくりのリアリティに夢中のようです。勿論その王子は偽者なんだけどね。

 それ以外のプライムタイムはアメリカの番組ばっかり!ずっと見たかった全米の人気ドラマを殆どチェックできたのはすごく嬉しかったけど。ジェームス・スペイダー様の「ボストン・リーガル」やカイル・マクラクランの「イン・ジャスティス」の他、「CSI」や「サード・ウォッチ」の新シリーズを見れたし、懐かしの「セックス・アンド・ザ・シティ」もやっていた。裁判ものと刑事ものドラマばかり輸入しているみたい。

 ドキュメンタリーもアメリカの警察24時をやたらやってましたわ。そんなに見たいか、アメリカの極悪犯罪。フシギなのは、アメリカの番組は悲惨なものや深刻なものばかり輸入して流しているんだけど、実際の地元のニュースを見るとせいぜい交通事故で何人か死亡した程度のニュースがトップ。日本やアメリカのような残忍な殺人事件や極悪犯罪のニュースは滞在中は全くと言っていいほど見られなかった。やっぱりまだまだ平和なんだと思う。日本も昔はそうだったんだけどねえ。だって、本当にオーストラリア人って温かいというか、人柄がいいもの。治安もすごくいいし。うらやましい限り。

 数年後、オーストラリアでも悲惨な事件が当たり前のように起きるようになるとは思えないし、思いたくもないけれど、日本と豪州の歴然とした差をたった1週間のテレビ番組で見せつけられた気がして、何とも複雑な思いだった。あ、まず!珍道中と言っておいて、しょっぱなからマジメな日記を書いてしまった!!

 

 

 今朝のTFM「スカイ」に出演した際にも話したけれど、私は突然カヌーにハマってしまった!事の発端は9月に行った西表島でマングローブの中で行ったカヌーだったのだが、これが本当に気持ちが良くて、何かに目覚めてしまったのだ。

 元々スポーツ嫌いで、アウトドアなんてできれば一生したくないとさえ思っていたのに、この変わり様。西表から帰ってきてから、様々なカヌー関連の本を読み、遂に先週はカヌーをしに秋田までわざわざ出かけたというハマりっぷり。自分でも信じられなーい。

 秋田では日本一深い田沢湖で漕いでみた。見て、みて、この光景。田沢湖貸切状態。

 秋田はもう既に紅葉が見ごろで、どこも色鮮やかで本当に美しかった!多分いつも見る視線の高さと全然違って、水面の高さから見上げる光景の素晴らしさと水の中にいるという感覚が私の何かにぴったりハマったようでした。だって、昔から泳ぐのは好きでカッパと呼ばれたくらいだから、水に引き寄せられちゃうのかも。

 同じく秋田の130キロ以上もある雄物川には27箇所のカヌー発着所がある本格的カヌーリバーで、国際的にも認められている。これからカヌーの腕を磨き、いつかはこの雄物川をひたすら漕いでみたーい!

 カヌーの腕前が上がったら、カヌーリカに改名か!?

 

 いやいや、今日で二月も終わり。はやい、早い、速い。どうして、歳を取ると年月の経つのがこうも・・・、というベタなグチはさておき、カルティエ日記で書き残したことを少々。せめて月が変わらない内にね。

 今回、カルティエの取材で何に感激したかって、パリのカルティエ本社の広報の女性。その名もオルリーちゃん。彼女は美人で頭が良く、性格がすんばらしい!こんな一流ブランドのパリ本店のインターナショナル広報担当なんていうから、てっきりスノッブなきつい女かな〜なんて想像していた。だって、たまに日本の高級ブランドのプレスでいるんですよ。勘違いはなはだしい帰国子女が。ここは日本だよ、とわざわざ教えてあげたくなるような高慢ちきな女がねえ・・・。

 それに比べ、オルリー嬢の穏やかでキメの細かい気配りと温かい人柄。どんな状況にもパニックにならず、どんなトラブルにも冷静ににこやかに対処していく。彼女は世界中のマスコミから人気絶大だろう。私がなぜかパリに着いてから、ものもらいになってしまったのだが、その薬もすぐに用意してくれた。しかも処方箋がないと出ない薬。なんとオルリー嬢のお父様は眼科医だったのである!さすがっ、お嬢様!

 他にもパリのカルティエ本社には素晴らしい人がたくさんいた。さすが老舗の超一流ブランドである。この人たちが歴史あるブランドを支えているんだなあと感心してしまった。今回フランス人に対する見方が変わりました。伝統を守り、貫く姿勢っていうんでしょうか。そこがカッコイイ。ただ、どうしても一つだけダメなのは、フランス人がところ構わず煙草を吸うこと。あれ、何とかなんないのでしょうか・・・。

 それから、今回ビオワインを中心に例によって飲みまくりましたが、やっぱりフランスで飲むワインの美味しいこと、美味しいこと。酸化防止剤が入っていないだけで、こうも違うかと改めて実感。ましてやビオになると本当に驚くような濃厚な味にうっとりしてしまう。適当に入ったカフェで飲むグラスワインがバカうまで、こりゃストップかけられなかったら、飲み続けるわ、と思いました。パリのマドリード通りにあるLAVINIAというワインショップがとても良かった。6万本あり、非常に見やすい。ビオワインも豊富でっせ。日本人女性の店員さんがいて、彼女がまた親切で詳しい!パリに行く際には是非お立ち寄りを!!

 って、やっぱり最後は酒の話になっちまいましたか・・・。3月からは通常のブログに戻りまーす!

 いろいろあって、すっかり更新が遅れてしまった。ああ、おパリの記憶の確かなうちに書かないと・・・。

 パリのカルティエの本社には社員食堂があるんです。これが日頃目にしているテレビ局の食堂とは大違い!まあ、カフェのようなレストランのような。何たって、シェフがマキシムやトゥール・ダルジャンで働いていたというのだから、たまげる。

 毎日日替わりのメニューもあって、好きなものを選び、トレーに乗せていくカフェテリアスタイル。何たってワインもシャンパーニュもあって、昼から飲めるんだから、トレビア〜ン!結構飲んでいる率高し。デザートメニューも豊富だし、ちょっとしたコースメニューを楽しめる。それでたったの5ユーロくらいなんだから、私は毎日ここに通いたいと真剣に思った。パリはランチでもフツーに3000円くらい取られるので、1000円以内でコースが楽しめるなんて、そりゃあーた、他にはあり得ません。

 ランチタイムにもなると来るわ、来るわ、カルティエの社員たちが。私は目を皿のようにして探しました!何をって?勿論イケメンです。やはり、さすがダンディーでカッコイイのは中年男性。若いパリジャンにはイケメンはいませんでしたな。ファッションも意外にカジュアルで、いかにもカルティエ!という人は少なかった。

 ちなみに今回私がまず頂いたのは、以下の二品。「砂肝とシャンピニオンのサラダ フォアグラのパテ添え」昼からフォアグラだっ!


そして「サーモンのピンチョス サワークリーム添え」これがスタッフそれぞれに一皿ずつ来た。どちらも夜に食べても大満足な感じで、とても美味しい。

 はい、これでおなか一杯でーすと思っていたら、この後メインディッシュが一つ盛りで5種類も!えーっ、そんな食べられない!!肉も魚も野菜もふんだんに出してくれたのである。それだけではない。とどめがデザート!これも再び1人ずつめいめいに。ひぇーっ!どれだけ大サービスやねん。

「ショコラとクランベリーのクレープ マカロン フルーツスティックのデザートプレート」

 とても社食とは思えない美味しいコースランチを頂いた後、シェフとしばし歓談。なんと全員にショコラとこの可愛いオリジナルプレートのお土産をくれた。このポップなお皿、勿論非売品で、裏にはしっかりカルティエのロゴが!ひゃあ!もうホントにありがたいこってす。

 カルティエの財宝が眠るジュネーヴを後にし、我々はカルティエの自家用飛行機で一路パリへ。なんて贅沢!

 生まれて初めて自家用ジェット機なるものに乗りましたけど、いやあびっくり!だってまず空港の待合室からもうセレブの香り。サロンっていうんでしょうか。こじんまりとしたバーで皆でシャンパーニュなんか飲んじゃって。ハリウッドスターはいつもこんな感じで移動するのね、とカンゲキ!はしゃいでシャンパーニュを飲んでいると、颯爽とダンディーなジェントルマンが登場。ま、ちょいモテおやじのパリジャン・バージョンですな。「ボンソワール!」とカルティエの広報の女性に挨拶するので、「むむっ、怪しい」と思っていたら、その紳士がなんとパイロットでした。いやあ、またこのパイロットのおじ様がステキ!

 そして、案内された機内はすべて革張りシートで9人乗り。このシートが右へ左へ前後へと動くのですっ。これでヨーロッパ中を移動するそう。なぜって空港での面倒な手続きや待ち時間もないし、機内でミーティングもできるので、時間の節約になるというわけ。カッコよすぎ!

 しかし、こんな小型ジェットに乗るとなるとどうしても「落ちるんじゃないか」と不安になり、あれやこれや過去の墜落事故が頭の中に次々と浮かんでくる。でも、最後の飛行がカルティエ機なら本望かと自分に言い聞かせるが、その内に新聞の見出しの妄想が膨らんで来た。「負け犬放送作家、カルティエ自家用飛行機で涙の独身飛行!指に残されたトリニティリングが哀れ」なんちて。

 ところが、小型機だというのにこれがちっとも揺れない。快適!いつの間に離陸したのー?って感じ。一応機内にはトイレも付いていたのだが、今回音声で同行していたフランス人のスタッフのジャックがなぜか1人だけ革張りじゃない椅子に座っていた。そう、そこがトイレだったのであるが、何も知らないジャックはニコニコして座っていた。哀れなジャック・・・、などと思っていたら、いつの間にか飛行機はパリに到着。ええっー、いつの間に!?

 そう、時差ぼけとシャンパーニュのせいで爆睡していたのだ。カジャグーグー!どうやら大いびきで寝ていたようだけど、そこは小型機だから爆音にかき消されていたよう。機内で写真撮ったり、いろいろ楽しもうと思っていたのに・・・。あっと言う間に降ろされ、最初で最後の私のカルティエ・セレブ飛行は終ってしまった。あーあ。

 次回は、カルティエ取材日記その3:カルティエ社員食堂でイケメン探し!

 

 月曜日の朝、おパリから戻って参りました、皆さん、ボンジュール!!しかし、そのまま汐留へ。ふらふらどした・・・。いやあ、おパリは寒かった!びっくらこいた。早くあったかい東京へ、と思っていたら、東京も寒くてぶったまげた。全世界的に厳冬というのは本当だったのね。

 今回はカルティエの取材だったのだけど、まずはいきなりカルティエの財宝が眠るジュネーヴへ。コレクション・ドゥ・カルティエ、つまり保管庫ですな。値段がつけられない貴重な財宝ばかり眠っているので、場所は超極秘で、住所は一切明かされていない。私も墓場まで持っていくわけね。

 インドのマハラジャ王をはじめ、世界中の王室や貴族、そしてセレブリティたちがこよなく愛して身につけていた、超超超高級ジュエリーや時計は当然値段がつけられない財宝中の財宝。カルティエの歴史と伝統を守り伝えていくために、世界中から買い戻したという貴重な秘宝を次々と見させて頂き、一生分の目の保養をさせてもらった感じ。息を呑む美しさとはこういうものを言うのか。これぞゴージャスの極み。えーっと、このダイヤモンドのネックレス一つで家がいくつ買えるのでしょうか・・・、などと庶民の私は常に考えてしまう。

 恥をしのんで「おいくら万円?」などと尋ねようものなら、「値段はつけられません」とニッコリとカルティエの担当者は答えてくれる。私が個人的に感激したものは、敬愛するジーン・ケリー様が実際に身につけていたという皮ベルトのシックな時計。写真はいずれアップしますが、それはそれは上品でシックなデザイン。豪華絢爛というものではないし、他のキラキラダイヤモンドごっちゃり!時計に比べれば値段は安いかもしれないが、あのジーン・ケリーがこれを身につけて踊ったりしたのかなあ、と思うだけで嬉しくなった。頬ずりをしたかったが、そこはガマン。お約束の白い手袋をして(触るときは必ず手袋をはめる)、ちょこっと触らせてもらいやした♪

 他にもティアラやらパンテールコレクションやらカルティエが作ったスヌーピー(どんな遊び心やねん)やら、次から次から出るわ出るわ。宝石でお腹一杯になりました。しかし、宝石ってずっと見ていると段々見慣れてくるから、怖い!思わずフツーに手に取りそうになってしまった。そんなことしたら、つまみ出されるっちゅーねん。

 カルティエに話したら、怒られるかもしれないが、ジュネーヴで私はもう一つ大発見をした。実はパリへ帰る朝、ホテルの部屋で支度をしながら何気なくテレビをつけていた。どうやら、スイスのワイドショーみたいな番組で(おフランス語なんでわからん)、タレントらしき人が数名スタジオにいて、わいわい喋っていた。まあ、さしずめスイスの「なるとも」か。すると芸人らしきひょうきんそうな男が登場。すると彼が、なんと、わっきーダンスを踊りだしたのだ!!えーっ!まさか!でも、そっくりというか全く同じ。あのダンスはワッキーのオリジナルではなかったのか?それともこのスイス人がパクったのだろうか?恐るべし、国際派ワッキーダンス。この事実、ワッキーは知っているのか、それともワッキーが???

 次回はカルティエ取材日記:カルティエ自家用飛行機で爆睡編。

 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。