カニリカニリカ

カニリカの舞台
■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
ステラ・ミュージカル 夏公演決定!

脚本・演出 カニリカ

≪東京公演≫
【公演日】
2010/7/16(金)〜7/25(日)
【会場】
ル テアトル 銀座

≪神戸公演≫
【公演日】
2010/7/31(土)〜8/2(月)
【会場】
神戸オリエンタル劇場

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ
リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美
…他


■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
 ステラ・ミュージカル
2010/3/19〜3/24[公演終了]
天王洲 銀河劇場

脚本・演出 カニリカ

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ

月森 蓮役:三上 俊
土浦梁太郎役:高橋優太
志水桂一役:小関裕太
火原和樹役:吉野晃一
柚木梓馬役:川村聖斗

冬海笙子役:笹丘明里
天羽菜美役:三好絵梨香
金澤紘人役:進藤 学
王崎信武役:吉原シュート

リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美

東海林 遼・清水一希・宮之脇佳織・吉野由利子
土屋史子・城戸愛莉・舟見和利・斉藤レイ

■「暁の誓い」
2009/4/15〜4/19[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出 カニリカ

【キャスト】
萩野崇/弓削智久/出合正幸/高根研一(Studio Life)

吉村崇(平成ノブシコブシ)/徳井健太(平成ノブシコブシ)
■カニリカプロデュース
 『執事ホテル』

2008/2/16〜2/24[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出:カニリカ
出演: 大口兼悟 村上幸平 溝呂木賢 昇二郎 高根研一/他

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


■舞台『無敵な男達』

カニリカがイケメン俳優を迎えてお送りするハートフルコメディ

作:カニリカ
演出・出演:上田一軒(スクエア)
出演:ホストの皆様:岩大(Studio Life) 村上幸平 萩野崇 北条隆博 篠田仁志(Studio Life) 奈須崇(スクエア) 長尾弘喜
常連客の皆様:小林愛(TEAM 発砲・B・ZIN)星ようこ 滝沢乃南

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


カニリカの作品
連載小説配信スタート!

「ラヴァーズ・ハイ」

 今、何かと話題のクーガーと呼ばれるアラフォーの女性たち。

実際にボーイズバーで彼らを買う女性たちに取材を敢行し、実話を元に描く超リアルな官能恋愛小説。

カニリカが初めて挑む禁断の世界。

配信のお申し込みとサンプル号をお読みになりたい方は、

 ≫こちらから
カニリカの本
小説 執事ホテル

小説版
『執事ホテル』12/18発売
購入する≪

kanirican_100.jpg

このブログがついに本に!
『いや〜ん!ばか〜ん!カニリカーン』
購入する≪



先日のTFMの「TOKYO 24 LIVING」はお聞き頂けましたか?私のアイタタぶりをよく知る友人からは「意外におとなしかったじゃない」と言われました。そーなんです、OAされたのは当たり前だけど、ほんの一部。でも実際はもっとたくさんたくさんお話したんですわ♪しかもかなりきわどい話をしてちまいまちた。

 イケメンハント、二丁目、ホストクラブ、葉っぱ隊などなど、喋り倒しておりました。きっと谷原殿やディレクターが「なんて下品な!これでは番組の品位が下がる」と思ったのかどうかは知らないが、そのあたりはポッドキャスティングで聞いてちょー!でも耳が腐っても知りませんよ。http://www.tfm.co.jp/24/index.html

 ちょうど雪の日、私も家で大人しくOAを聞いていたけれど、聞いてびっくり!最後の殿のコメントが、「これから駄菓子屋でカニリカさんと待ち合わせしようかな・・・」えーっ!そんなあ!!マジで雪の中、駄菓子屋までダッシュで向かおうかと思ってしまいましたよ。降り続ける雪の中、ひたすらじっと駄菓子屋の前で殿を待ち続ける私。でも愛しいあなたは来ない・・・。(以下、妄想が続く)アイタタタ。

 番組では放送されなかったけれど、「駄菓子屋」とはこのブログにもよく登場する六本木の美味しい居酒屋さんです。最近、この駄菓子屋のすぐそばの「松ちゃん」というこれまた素晴らしい居酒屋を教えてもらいました!安いのなんのって。しかも朝9時まで営業。えー!!!

 六本木といえば、昨日たまたまヒルズ(最も私に似合わないエリア)を歩いていたら、「堀江社長逮捕!」の号外をもらった。ニュース云々より、号外を生まれて初めてもらったので、ちょっとコーフン。ひょっとして夜のニュースに映ってしまうかも?とあせったけど、なんか号外ってそのとき、そこにいないともらえないから、何か嬉しいって思うのは私だけ?昔「山口百恵結婚!!」という号外が有楽町で配られてたとき、喉から手が出るほど欲しかったもの。(いつの話やねん!)

 あまりにも谷原殿ショックが受けたのか、たまたま偶然なのか、今年に入ってから、このブログへのアクセスがものすごい勢いで増えていて、本当に嬉しい限りですっ!でも不思議なことに前回の記事は最初何かの手違いでしばらくランキング等のタイトルが日付のみになっていた。eplusのトップページでもいわゆる「2006-01-11]のみ。ところが、この日のアクセスが1500を突破したのである。昨年まではせいぜい500前後のアクセス数だったというのに。

 え、ってことはいつもそれなりに一生懸命タイトル考えていたけど、それよりも日付のほうが皆さんの興味を引くってわけ?そ、そんなぁー。なんだかなー。何か日付だけのほうが意味深に思われるのかしらん。だけどそれで勢いがついたのか、あれ以来毎日1000近いアクセスです。本当にありがとうございます!!

 このブログが出版化されることは前にも書いたけど、この調子で本も売れると超嬉しいっす。実はこのブログの本、ただ記事を載せるだけでなく、何名かのゲストによる寄稿も予定しておりまする。私も知らないカニリカの秘密を暴いてもらおうという内容。そんなの、あるんかいな?イケメン役者も登場の予定。誰が出てくるかはお楽しみ♪

 しかし、本当にブログというのは不思議なツールですね。こんなに定着すると誰が予想したでしょう。私だって最初始めたときは半信半疑だったし、何をどこまで書いたらええんじゃー!?と結構悩んだんです。でもこのブログを通じて、全く知らない人たちとコミュニケーションしたり、ビジネスに発展したり、とありがたい限りです。そうそう、このブログに書いたケラリーノ・サンドロヴィッチさんへのラブレターがスタッフの目に留まり、今度の「労働者M」のパンフレットに寄稿させて頂くことになりました。きゃー、嬉しいなっと!

 てなわけで、今日は殊勝にみなさまへのご愛読の御礼でした。

 あけましておめでとうございます!昨年はたくさんこのブログにアクセス頂き、誠にありがとうございました!今年もよろしくご愛読くださいますよう、心よりお願い申し上げます。春にはこのブログが本にもなりますし、眞鍋かをり嬢に追いつけーーー!(って無理だけど)余談ですが、かをりちゃんがデビューした深夜バラエティ「ガールズ!X3」で私も放送作家デビューしたんですわ。かをりちゃんの成長ぶりに目を見張るばかり・・・。それに比べ、私ときたら。いや、新年早々そういう後ろ向きなことはやめようっ。

 今年こそはっ、と鼻息荒く進むために、新年早々ダイエットに励んでいます。何が「今年こそは」かおわかりですね。はい、いい加減負け犬を脱出したい今日この頃。恋愛指南本を書いたり、アンアンで読者の恋愛相談に乗っている場合じゃないのだー!しかも、来週は上様こと谷原章介さんのラジオ番組にゲストで呼ばれているし、新聞や雑誌の取材があるので、更に若作りに励まねばならぬ。

 てなわけで、この年始エッセイを書き上げるために家にこもっているので、ちょうどいいダイエットチャンスと思い、横森美奈子さんが成功したという脂肪燃焼スープダイエットに挑戦中。まだ3日目だけど、既に3キロ減り、体脂肪も3%落ちたのですよ〜!いわゆる野菜のスープ(キャベツ、セロリ、玉ねぎ、ピーマン、トマトを入れて煮るだけ)を作ってそれをひたすら食べるというだけのことで、大してつらくもないし、満腹感もかなりある。何に驚くって、便通がいいのとガスがすごく出ること(これがまたクサイの何のって)。カレシと一緒のときはこのダイエット、やめたほうがいいでっせ。ウチの愛犬たちがいつも顔をしかめてますもん。

 しかし、ガンガン食べてるのに、面白いくらいに毎日体重と体脂肪が落ちていくので、笑えます。料理をするのは好きなほうなので、ルールさえ守って、後はいろいろアレンジすると結構バリエーションが楽しめる。それと味に敏感になるみたいで、ちょっとしたことで感動できる。久しぶりに食べるじゃがいもにカンゲキしたり、フルーツの甘さに感動したり、ね。詳しいレシピはどれも同じですが、脂肪燃焼スープで検索かけると出てきますよ。ダイエットしたい方、お薦めします!!

 普段はどうしてもお付き合いで外食が多いし、お酒も飲むから絶対にこんなこと続けられないけれど、今は絶好のチャンス。歯の矯正の最終仕上げであるリテーナー(透明のカバーみたいなの)をずっとハメているから、ちょうど間食もできなくていいし。

 問題は来週からぼちぼち始まる新年会。せっかく落ちた体重がリバウンドしなきゃいいけど・・・。

 2006年までカウントダウン状態であるが、実は最後の1週間はエッセイの執筆に当てるため、スケジュールをガラガラにあけていたのである。外出はせず、家にこもり、ひたすらパソコンを打ちまくる毎日・・・。

 しかし、この計画がもろくも崩れ去り、今やほぼ妄想と化している。なぜか、クリスマスを過ぎてから、どどーっと打ち合わせが次から次から入るし、夜のお誘い(偉い人からで断れない)も多い。あーっ、意思の弱い私は泡を吹くばかり・・・。マジでお尻はボーボー状態です。実は春の特番や来年秋の舞台(まだ1年あるっちゅーねん)など諸々先のことの準備がなぜかこの年末に押し寄せたのだ。てっきり来年になってからかと油断していた私が悪い。

 ちょうど一年前の2004年のこの時期。そのときは「恋犬診断」と「コトブキ!」の脚本の締め切りがとっくに過ぎて、同じく呆然自失としていた。そして、恐怖の2005年のお正月。ひたすらパソコンを打ちまくる日々。見たい新春特番が山ほどあるというのに、ひたすらガマンしてエッセイと戯曲を書きまくったのである。もう、あんな苦しいお正月はやめよう!とあれほど強く心に誓ったのに・・・。

 また2006年のお正月も原稿地獄から始まるとは。M−1グランプリとかリアルタイムで手に汗握って見ている場合ではなかった(猛省)。年賀状?それどころじゃありませぬ。

 今ではこのブログが唯一の息抜き。(ってこれを打っているヒマがあったら、原稿を書けーっ!)ちなみに文化人ランキングでいつもベスト10に入っていてうれしい限りですが、先日楳図かずお先生に抜かれ、楳図先生と大石静先生という二大巨匠に挟まれて、恐縮です。こういう大物の先生はきちんと締め切りを守るんでしょうね、きっと。

 今年も残すところあとわずか。街はすっかりクリスマス気分。大好きな伊勢丹に行ったら、とんでもないことになっていた。クリスマスツリーのオーナメントやらクロスやら、ものすごく可愛いものがたくさんあって、心が揺れてしまった。いや、いかんいかん、こんなことで悩んでいる場合ではないのだ。今年はクリスマス気分で浮かれていては、エッセイを脱稿できなくなってしまう!

 と、誘惑に負けじとクリスマス用品のところを必死の思いで抜けて、一つ上のフロアへ。来年の手帳をついでに買おうと文具売り場に行った。伊勢丹ならばシャレた手帳があるはず!というのもしばらくは見栄張ってカルティエの手帳を使っていた。だが、昨年末は「自分に正直になろう!」と以前からずっと欲しかった吉本興業の手帳をわざわざルミネのよしもとショップで買ったのだ。

 この手帳は優れもので、一週間ごとに「今週のギャグ」と題して吉本の芸人のギャグが書いてあり、巻末には吉本ならではの役には立たないが、とても笑える付録が満載で、大満足して使っていたのだ。会議中に退屈しても、手帳を開くと「ビックリクリクリクリックリ!」とか「ごめんくさい」とか書いてあるので、またアイデアが湧いてくるっちゅーねん。(ってわけないか)しかし、今年一年この吉本手帳を使っていて、何人の人に驚かれたことか。しかもわざわざ買ったと言うと、更にびっくりされる。呆れてしばし無言になる人までいた。えー、そんなに私がこれ持ってるとダメですか・・・。

 やっぱり、来年は無理して気取った手帳を持つか。しかし、伊勢丹で色々見たし、今年はやたら書籍のヒットから生まれた便利系というか夢が敵う系の新種手帳が多いが、やっぱり吉本手帳に敵うものはない。結局どれも買うのをやめ、玩具売り場の脇を通って、エスカレーターの方へと進んだ。するとそのとき、またしてもとんでもない物が目に飛び込んできた。

 ダースベイダーのボイスチェンジャー機能付きのかぶり物である。実は「さんまのまんま」でさんま師匠がかぶったのを見てから、欲しくて欲しくて探していたのだ。実は何を隠そう私は「スターウォーズ」マニア。全部合わせると何十回見たかわからないし、ビデオもDVDも持っている。何年前だったか、「スターウォーズ」のデジタル完全版の公開時にプロデューサーが来日記者会見を開いたのだが、それに行ったら、例のテーマ曲が鳴り、ダースベイダーが会場に入ってきたとき、思わず泣いてしまったのである。それだけではない。エピソード3のキャンペーンのときには、夜中コンビニに等身大のダースベイダーを発見して、固まってしまってその前からしばし動けなかったぐらいだ。どちらも人に話すと相当呆れられるアイタタ・エピソードである。

 おもちゃ売り場で子供ばっかりウジャウジャいて、ライトセーバーやそのダースベイダーをいじって騒いでいる中、一人私は真剣な面持ちでそこにしばらくたたずんでいたと思う。そして何度もダースベイダーを手にとって触っては、自分自身と葛藤していた。うう、買いたい。欲しい!よっぽどそこで試しにかぶってみようかという誘惑に何度もかられたが、ここは天下の伊勢丹、さすがにそれは止めておいた。

「いい歳をして!」と言われるのは重々承知である。しかし、吉本手帳もダースベイダーもまだ諦めきれず、悶々としている毎日である。

 もう12月ですよ、皆さん。道理でお店の予約が取りづらくなったわけだ。ああ、これから怒涛の1ヶ月が始まる。年内脱稿を目指して、忘年会の誘惑と戦いながら、きれいな体で新年を迎えなければ!

 って、まだ原稿書き終わってなかったんかい!とツッコんだ人は数名いるかと思いますが、その通りです。今回は半自叙伝に近い書き下ろしエッセイで、フルに1冊エッセイを書くのは初めてだもんで、その分量の感覚がよう掴めなくて。あと職業病でついオチを考えてしまうんだけど、自分がしてきた歴史に今更オチはつけようがないんだけど、これが今になって冷静に思い起こすととんでもないオチがついている事件が多く、自分でもびっくりですわ。

 てなわけで12月は多分三谷幸喜さんの「12人の優しい日本人」とスーパー喜劇「狸御殿」(藤山直美さんとおもだかの役者たち)以外は芝居は見れそうにない。実は、11月に他にも結構見たんだけど、なかなか書く暇がなくて。私なりの一行レビューを。観劇のときにこの一行レビューって、結構私は参考にしています。(アドレス忘れたけど、検索かければ出てきます)

 テレンス・ラティガン「ブラウニング・バージョン」 ウトウトした。お金と時間を返せ!的つまらなさ。

 永井愛「歌わせたい男たち」 学校での国歌斉唱という重いテーマをあれだけ面白くわかりやすく描いたのはさすが。ただ笑いのセンスが熟年向け。残念なことに最も肝心のクライマックスシーンで「恵子!」と役者名(戸田恵子さんのこと)で呼ぶおバカなファンがいて、どっちらけ。

 白井晃演出「偶然の音楽」 ポール・オースターの作品は私の趣味ではないが、白井さんの演出に舌を巻いた。今まで見たことないような異空間に連れて行ってもらえた気がするし、人生の愚かさや切なさまでを見事に表現した手腕はブラボー!というしかない。見終わった後の余韻がこんなに残る作品も珍しい。前半がちょっとダレたけど。

 川下大洋「ハロルド」 大好きなPiperの川下さんの作で、ピスタチオ時代からファンの腹筋善之助さんが出るということで、かなり期待値が上がってしまった。正直言うと笑いの部分が少なくてちょっと残念。川下さんにもっと出て欲しかったし、腹筋さんの例の十八番も見たかった。あとラストが物足りなかったなあ。そとばこまちの福山さんも含め、皆関西弁でもっとコテコテにしてもよかったような・・・。

 あー、全然一行じゃないやん。なんと今回からはケータイでも見れるというこのブログ。自分の文章をケータイで読むのはヘンな気分。12月にどれだけ更新できるかは、私の原稿の進み具合によるのでしょう。精進します。

 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。