カニリカニリカ

カニリカの舞台
■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
ステラ・ミュージカル 夏公演決定!

脚本・演出 カニリカ

≪東京公演≫
【公演日】
2010/7/16(金)〜7/25(日)
【会場】
ル テアトル 銀座

≪神戸公演≫
【公演日】
2010/7/31(土)〜8/2(月)
【会場】
神戸オリエンタル劇場

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ
リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美
…他


■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
 ステラ・ミュージカル
2010/3/19〜3/24[公演終了]
天王洲 銀河劇場

脚本・演出 カニリカ

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ

月森 蓮役:三上 俊
土浦梁太郎役:高橋優太
志水桂一役:小関裕太
火原和樹役:吉野晃一
柚木梓馬役:川村聖斗

冬海笙子役:笹丘明里
天羽菜美役:三好絵梨香
金澤紘人役:進藤 学
王崎信武役:吉原シュート

リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美

東海林 遼・清水一希・宮之脇佳織・吉野由利子
土屋史子・城戸愛莉・舟見和利・斉藤レイ

■「暁の誓い」
2009/4/15〜4/19[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出 カニリカ

【キャスト】
萩野崇/弓削智久/出合正幸/高根研一(Studio Life)

吉村崇(平成ノブシコブシ)/徳井健太(平成ノブシコブシ)
■カニリカプロデュース
 『執事ホテル』

2008/2/16〜2/24[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出:カニリカ
出演: 大口兼悟 村上幸平 溝呂木賢 昇二郎 高根研一/他

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


■舞台『無敵な男達』

カニリカがイケメン俳優を迎えてお送りするハートフルコメディ

作:カニリカ
演出・出演:上田一軒(スクエア)
出演:ホストの皆様:岩大(Studio Life) 村上幸平 萩野崇 北条隆博 篠田仁志(Studio Life) 奈須崇(スクエア) 長尾弘喜
常連客の皆様:小林愛(TEAM 発砲・B・ZIN)星ようこ 滝沢乃南

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


カニリカの作品
連載小説配信スタート!

「ラヴァーズ・ハイ」

 今、何かと話題のクーガーと呼ばれるアラフォーの女性たち。

実際にボーイズバーで彼らを買う女性たちに取材を敢行し、実話を元に描く超リアルな官能恋愛小説。

カニリカが初めて挑む禁断の世界。

配信のお申し込みとサンプル号をお読みになりたい方は、

 ≫こちらから
カニリカの本
小説 執事ホテル

小説版
『執事ホテル』12/18発売
購入する≪

kanirican_100.jpg

このブログがついに本に!
『いや〜ん!ばか〜ん!カニリカーン』
購入する≪



 先週、遂にダウンしてしまいました。その前の週末あたりから喉が痛いなあと思っていたんだけど、市販の薬を飲みながら、仕事を平常どおりにこなしていたら、なんと水曜の夜あたりから扁桃腺がとんでもなく腫れてしまった。マズイ!と思ったときには既に遅く、翌朝には高熱。あわてて耳鼻科に駆け込み、薬をもらうけれど、熱が全然下がらない。
 会議をすべて休み、寝続ける。まあ、どうしてこんなに寝られるのかと思うほど寝たのだが、それでも熱は下がらない。これは内科で診てもらうべきか?と思い、再び病院へ。まあ何とか下がったが、微熱はまだある。
 結局4日もずっと寝込んでしまった。こんなの何年ぶりだろうか?忙しかったとはいえ、こんなにテキメンに響くとは。半身浴と毎朝のLG21と野菜ジュースを飲むことを始めてからは、風邪を全くひかなくなったのに、たまに過労で扁桃腺が腫れてしまう。
 喉の痛みだけだから、何となく仕事もしたりしちゃうと、今回のようなことになるわけね。反省しました。お陰で随分寝ることができたけど、たくさんの仕事とたくさんの約束をキャンセルしました。でもそういうの気にするのやめよう。カラダ第一だもんね。
 しかし、夏に熱出すって、本当につらい。暑さのせいで熱いのか、自分が熱いのか、わからないんだもん。エアコンつけると喉に良くないし。本当に今年は熱い夏でしたわ。

 毎日、何に追われているかというと、来年のプロジェクトのことで、それを早くこのブログでも発表したいのだけど、まだ出来ないんです。本当にごめんなさい。毎日、色々な話が溜まっているのになぁーーー。グヤジー!!正式発表までしばしお待ち下さい。

 昨日もその関連の人達に取材をし、山のようにオモロイ話を聞いたのだけど、今はまだ書けない・・・。ああっ(と身悶える私)。

 それのための資料を読んだり、あちこち研究のため出かけたりしているが、一つ種明かしをすると、テーマは「サービス」。究極のサービスとは何か?ということなんだけど、改めてその視点でいろいろ見てみるとやはり日本は面白い。東京には色々なサービスが集まっている。勿論良いサービスから悪いサービスまで。最近訪れたレストランはどこも感動するようなサービスは体験できなかった。ミッドタウン然り、新丸ビル然り。期待していたリッツカールトンのレストランも特筆すべきことは何もない・・・。ま、ホテルは今度泊まってみないとわからないけどね。

 そう考えると、また先日と同じ話になるが、最近感動したサービスを受けられたのは、やっぱり伊勢丹だったな。購入したメガネの他に無料で壊れたサングラスを直してくれるわ、以前買ったニットのほころびを繕ってくれるわ、傷がついていたアクセサリーはすぐに他の物と取り替えてくれるわ・・・。そのどれも店員さんはとても愛想良く快く引き受けてくれるのだ。どんだけ、すごいんだ、伊勢丹の社員教育は?

 かつて、フロリダのディズニーワールドの社員研修を取材したときのことを思い出す。人を満足させるのって、難しい。人を喜ばせるのも難しい。気持ちがこもっていないとダメだし、わざとらしくてもダメ。でもちょっとプラスアルファ気を配るだけで、相手がとても喜んでくれることを心得ている人が、結局心のこもったサービスを提供できるのだと思う。

 なんてことをつらつらと考えつつ、私の来年のプロジェクトに向けて、構想は着々と進むのであった・・・。あー、早く発表して、スッキリしたいよー。

 先週は本当に目まぐるしかった。月曜はカヌー取材で沖縄にいたのだが、その後は番組の打ち上げやら送別会やらパーティやら花見やらライブやらと連日続く。そんな中、改めて感激したスゴイ人たち。

 番組の打ち上げで盛り上がったのが「シュガーヒルストリート」。さすがZEEBRAがMCを務めるヒップホップの番組だけあって、打ち上げもクラブっぽいバー。全員がお気に入りのCDを持参してDJに繋いでもらうという企画は、番組の最後になって、意外な皆の音楽の好みがわかってなかなか面白かった。

 中盤からはZEEBRA自らがDJを務め、そのツボを押さえた選曲が超楽しかった。しかも初めてきちんと話をしたのだけど、ものすごーく腰が低い人で驚いた。あんなにカッコ良くて腰の低いラッパーがいるなんて!(番組が終わっちゃって、悲しいな・・・)

 驚いたといえば、バイオリニストの寺井尚子。初めてフルのライブを見たけれど、あんなにマスキュリンというかダイナミックとは!アルゼンチンタンゴなど情熱的な音楽が更にパワーを増して伝わってくるパフォーマンスは圧巻。凛々しさがある音楽だった。

 凛々しいといえば、久しぶりの紋付袴姿で登場した市川春猿丈。

実はこれ、春猿さんが先日受賞した松尾芸能賞新人賞の祝賀パーティでの様子(ちょっとピンボケでごめんなさい!)。キャリア二十年で新人賞というのも不思議だけど、それが歌舞伎の世界というもの。いやだって去年の春猿さんのご活躍といったら凄かったもの。彼がパーティの主役だというのに、隅々まで気を配り、挨拶して回る姿に頭が下がりマス。恥ずかしながらお祝いのスピーチまでさせてもらいました。市川段治郎さんとも久しぶりに話せて良かった!(私は決して眠いわけではありませぬ)

 こんな目まぐるしい日々の中、しっかり東京ミッドタウンもチェック!フレンチの「JJ」で花見ディナーを満喫♪とっても美味しくて、シェフのムッシュー・ジョエルがテーブルまで挨拶に来てくれました。とっても気さくで温かい人柄が料理にも滲み出ていた気がする。

 たくさんもらったスゴイ人たちのパワーを糧に、4月からまた頑張ろうっと!!

 私は伊勢丹が大好きである。月に2〜3回は必ず行く。だって、どんなデパートよりも流行に敏感で、消費者のニーズにいつも応えようとしている姿勢が凄いんだもの。でも、最近もっとその凄さがわかった。

 伊勢丹のジョーシキだと思っていたことは他のデパートでは通用しないことが! 関係ない話ではあるが、最近伊勢丹はリニューアルし、更にスタイリッシュというか、高級志向になった。地下の食料品は高くなった気がするけど、どうでしょう?

 ま、それはさておき、本題。先日私は珍しく有楽町西武の靴売り場で衝動買いをした。実は私の足の皮膚は人一倍薄く、木型が合わないとすぐ皮膚がべろんと剥けてしまうため、本当に合うメーカーでしか靴を買わないのだけど、たまたまこの日はなぜか西武で色々試してしまった。それというのも販売員の方がとても熱心に親切に勧めてくれていて、「こうすれば大丈夫かも」と中敷やら滑り止めやら入れて工夫してくれたから。私もひょっとしたら大丈夫か?と思い、たかだか2,3分程度歩いただけだけど、イケルと思って購入した。ところが、購入後いざ履いてみると15分も経たない内に足が激痛。その翌日西武に電話した。

 ところが、一度外で履いたものは交換不可能だという答え。確かにそうかもしれないが、実は伊勢丹でこんな経験が二度もある。それは忘れもしない一昨年の夏。「これならすごくラク!」と薦められたサンダルを購入したものの、やはり10分も履いたら激痛だったと電話したら、ものすごく丁重に謝罪され、「大変お手数ですが、お持ち頂ければ返金します」と言われた。私としては一度外で履いたので、返金はさすがに悪いと思い、他の商品との交換を申し入れた。でも結局全額返金してくれたのである。

 同じく伊勢丹内のトッズでも購入したブーツを一度外で履いたが、サイズが合わず脚に傷が出来たことを伝えると、まるっきり新しい違うサイズに交換してくれた。

 どうやらそれ以来私の頭の中では、「合わない靴は交換可能」という常識が成立していた。しかし、西武によれば「それはありえない」というお答え。確かに伊勢丹が身銭を切ってくれたのであろうが、今にして思えば、この伊勢丹のジョーシキは百貨店の鑑と呼ぶべきもの。しかもその電話をしたときに応対した従業員は何の迷いもなくひたすら私に謝ったのである。別に彼女が靴選びの時に応対した担当者ではないのに。

 コレって、改めて考えると、やっぱり凄い!伊勢丹のジョーシキたるものが従業員全員に浸透している証拠である。ああ、やっぱり、これから靴も全部伊勢丹で買いますっ!!

 ここしばらく、起きると肩が凝っている、という症状が続いていて、寝ても疲れが取れるどころか、疲労が増していた。枕をテンピュールに変えて少しはラクになったものの、それでも肩こりが治らない。何人か友達に相談するとそれはベッドが悪いのだという。

 私は全く知らなかったけれど、ベッドのマットレスにも寿命があるんだと!早速色々なベッドをリサーチ。メーカーの人たちは10年が寿命だと言う。それは買い替えさせたいからだと思うけど、私は15年も使っていたので、さすがに買い替え時かと観念し、ある程度あたりをつけた所で、最近ベッドを買い換えたと自慢していた友達に確認した。というのも硬いマットか柔らか目かで決めかねていて、相談するとショールームの人たちは「それはお客様の好き好きで」としか答えないからである。

 確かに「これに寝れば肩こりは治ります」とは断言できないだろうけど、ショールームでちょこっと横になったくらいじゃあ、わからんて。そこで目安にしたのはホテルのベッド。どこのホテルのベッドが気持ちよかったかなあと記憶を手繰り寄せて、シモンズかシーリーかで悩んでいた。

 すると面白いことにそのベッド自慢をしていた友人もその二社で最後は迷ったというのだ。で、結局シーリーにしたと。彼女は鼻息荒く話す。「すごいよ、そのベッド。朝起きるとさ、寝たときのまんまの格好なの。つまり、一回も寝返り打たないわけ」

「そんな奴おらへんやろ〜〜〜」と彼女には大木こだま師匠みたいなツッコミをしておき、結局、店員さんが「これがウェスティン・ホテルのヘブンリーベッドに最も近いものです」という一言で、シモンズのニューフィットという体を包み込むタイプのベッドに決定した。しかも伊勢丹のセール中だったこともあり、思いの他安く買えた。

 そして、いよいよベッド到着。フッカフカである。本当にウェスティンホテル並み!きゃあ!この日は深夜のテレビもガマンして早く就寝。そして、翌朝。ぶったまげた!朝起きたら、寝たまんまの格好だったのである、本当に!っていうか、10分前に寝たような感覚。超ぐっすり熟睡したようなのである。夢も全然見なかった。実は私はいつも夢をたくさん見るし、その内容がドラマチック過ぎていつも疲れてしまうのだ。その夢すら見ないなんて!本当にヘブンリーベッドである。ひょっとして夢見が悪くて肩が凝っていたのか?

 ベッド自慢の友達に思わずメールした。「すごいよ、このベッド。やっぱりベッドは重要だね。全然寝返り打たなかったみたい」彼女も自分のことのように喜んでくれた。あまりに嬉しくてネットで相変わらずベッドについて調べていたら、寝返りに関する記事が。

「寝返りは重要です。寝返りを打つことで疲労を回復するので、寝返りを打てないような沈むベッドは良くありません」

 え???そんなあ!?でも、本当にこのベッドは気持ちよいし、だから一流ホテルがこぞって導入しているのよねえ?真実はどっちなの?

 

 すっかり、更新が遅れている。カヌー日記を書くと宣言しておきながら、全然進んでいない。っていうか、今年に入ってから、もう2007年の秋冬に関するプロジェクトが一気に動き出したのと、なぜか今頃テコ入れの番組に急にいくつも呼ばれたりして、全然身動きが取れない状態。

 なんだ、これ。しかし、嬉しい限り。

 そんな中、ここ最近気になって、しかも感銘を受けたものだけを記しておこうと思う。(不義理してっからねー)。

 今年に入って一番感動した舞台は「ロープ」。なぜか、今年に入って観たものすべて、戦争や戦いに関するものばかり。「硫黄島からの手紙」、「墨攻」、「朧の森に棲む鬼」etc.どれも完成度は高かったけれど、「ロープ」は「人と人が戦うことほど、愚かなことはない」というメッセージを痛烈に、しかもインテリジェントに訴えていた。そしてそれはある種、それを映し出すマスコミ側に責任がある、という点をくっきりと描いたところに恐れ入った。本当にその通りである。

 そんな戦争ものオンパレードの中、心から癒された作品、それは「ホリディ」。まもなく公開になるキャメロン・ディアス主演の恋愛映画だけど、三十代以上の頑張っている女性には是非観てもらいたい。共感できるツボのオンパレードである。

 今年になって、行って感動した店。それはイタリアンの「リストンランティーノ・バルカ」(5449−4798)と寿司の「青空」(3573−1144)。バルカはアロマフレスカにいたというシェフが昨年末開いた店だが、場所が昔のアロマフレスカのところというのがニクい。前菜が900円均一でパスタが1800円均一だから、ついついたくさん頼んで結局高くなったりするのだが、ワインの価格も良心的だし、何だかすごく落ち着ける、温かいたたずまいの店。

 一方「青空」は、これでハルタカと読み、かつて「すきやばし次郎」で12年修行を積んだ方の店。賛否両論あれど、私は「すきやばし次郎」では一度も「良かった」と思った経験はなく、むしろ怒髪天の経験ばかりなので、あまり期待はしていなかったけれど、真っ当に寿司職人としてのお仕事をきちんとされている方で、とても美味しかった。まあ、値段は銀座値段ですから、それなりに高いけれど、こちらも至極真っ当か。

 あと、今年になってハマったところ。それは六本木のzaboo.だって気持ちいいし、すいているんだもの。もう3回も行ってしまって、友達もすっかりハマっている。それにしても今年になってから、いろいろあったよねえ。「あるある事件」もショックだった。毎日本当に真面目に作っている同業者たちはどうすりゃいいの、っていう気持ちで、怒りを通りこして呆れるばかり。

 その一方、谷原章介さんは結婚しちゃうしさ。昨年のちょうど今頃出会って、話が弾んだ(と勝手に思い込んでいる)のになぁー。あの頃、もっとプッシュ、プッシュ、しておけばよかったわー。え?変わらないって?まあ、そうかもしんないけど、妄想ぐらい見させてくださいよ。妄想といえば、千原ジュニアの「14歳」は妄想を超えて、リアルに面白かった。

 もう1月に入って、いろいろネタ探しのために何冊本と漫画を読んだことか。そのために頭の中がぐっちゃぐちゃ。今年は去年以上に忙しそうな気配です・・・。

 昨年の暮れから、ずーっと更新していなくて、「一体このブログはどないなっとるねん!?」とお怒りの方もいらしたことでしょう。新年早々お詫びします。本当にどうもすみません。実は12月下旬からオーストラリアにシナハンとバカンスを兼ねてカヌー留学しておりました。

 シナハンというのは、シナリオハンティングのことで、要するにシナリオを書くための取材なんですけど、たまたま昨年末この言葉を知り、かっこいいなあと気に入って使ってみました。シナリオというか、小説のネタなんですけどね。ノベハンって(ノベルハンティング)なんかかっこ悪いなあと思って。ハイハイ、すみません。つい形から入ってしまって。

 すっかりハマっているカヌーですけど、オーストラリアはケアンズで、遂に川、湖、そして海も制覇!そう、シーカヤックにも初めて挑戦しましたっ。とーーーーーーーっても面白かったわん。今までほとんど豪州には興味なかったんだけど、あんなに楽しいところだとは知らんかった。何か私の周りでオーストラリアを薦める人ってあまりいなかったのよねえ。だから、つまらないのかと思っていたら、素晴らしいじゃあーりませんか。もう毎年行きたいくらい。って、今度はオーストラリアにハマってしまった私・・・。

 あまりにも色々なネタがあるんで、数回に分けて、この豪州カヌー留学日記を書いていきますが、まずは2007年も宜しくお願いしますということで、新年のご挨拶ブログです。

 あけましておめでとう!そして、今年も宜しくご愛読くださいまし。

 え?なんで現地でリアルタイムでブログを更新しなかったのかって?それはですね、ノートパソコンがぶっ壊れてしまったからでした。いやあ、本当にすみませんです。って、新春早々謝ってばっかり。こんなカヌーリカじゃなかったカニリカを今年も宜しくお願い致します。m(__)m

 四ヶ月限定で、「化粧惑星 BEAUTY STYLE BLOG」(http://ameblo.jp/kesho-wakusei/)のチーフブロガーを務めることになり、昨日からそのサイトがオープンしました!

 チーフブロガー?なんじゃ、それ?と思う人、多いでしょうね。これはつまり、複数のブロガーたちが集まったサイトで、その編集長みたいなもの。女性誌の読者モデルなどを務めている、カワイイ子たちばかりが集まったブログで、その姉御というかお局と呼べるのかなー。ファッション、コスメ、グルメ、恋愛などに関して、キレイな女子ブロガーたちが色々コメントしています。

 これを読むとイマドキの女の子たちがよーくわかる。私自身もとっても勉強になりますわ。ま、私はちょっとエラそうにお姉さんぶって、彼女たちのブログにツッコんでいるんですけどね。女子会というオフ会みたいなものもあって、そのうち私もこれに参加しようかなーと思ってます。しかし、このブログを読むと、みんなメイクやファッションを実によく研究しているなあと感心しちゃう。特にメイクテクなんて、私の方が教えられてる感じ・・・。アイタタタ。

 男性も大歓迎のこのブログ。是非、覗いてみてくださいませっ!

 すみません、大勢の方に心配をかけまして・・・。どこが悪いかというと、ですね。あまりキレイなお話ではないんですが、過敏性大腸症候群でして、つまりお腹をずっとこわしているわけですね。ピー。

 子供の頃から腸が弱いんですけど、まあ夏バテから来ているのか、ずーっと調子が悪く、3キロもやせちまいました。おかげでお腹はスッキリ!とへっこみましたけど。食べてもすぐトイレに行くハメになるので、食欲が湧かず、困っておりやす。

 まあ、そんなんであまり前向きなブログを書ける状況ではなかったんですが、とはいえ、日々色々なことがあるんで、少しずつ書けるときには書こうかな、なんて思っておりますが・・・。意外に早かったか、復活?いやあ、あまりにも大勢の方に心配をかけてしまって反省しております。ごめんなさい。

 先日お腹(お尻?)を押さえながら、市川段治郎さんの「ラブレターズ」観てきました。もう何年もキャストを変えて上演しているこの舞台、初めて観たけど、なかなか良かった。朗読だけなのに、聞かせますね。ああいうのが究極の愛の形なのか、と考えさせられるものがあった。

 相手は木村多江さんで、木村さんの透明感のある感じと、段治郎さんの誠実な感じがとてもマッチしていました。段ちゃんは最初緊張していたのが手に取るようにわかったけれど、何分かしたらすぐ自分のものにして、最後は本当に胸に迫るものがあり、じわじわと静かな感動が広がっていく感じだった。

 楽屋に行って「よかったよー」と本人に伝えたら「本当?本当に?」と疑っていたけれど、彼はやっぱり存在感というか華があるなあ。などと長く話していて、トイレに行きたくなると困るので、早々に退散しました。あー、これじゃあ色気も何もあったもんじゃない。

 いつもカニリカニリカを読んで頂き、誠にありがとうございます。先日は一日のアクセスが2万を越え、本当に嬉しい限りです。

 そんな中大変心苦しいのですが、私現在体調不良のため、読者の皆様に喜んで頂ける明るく楽しいブログが書けない状況です。あまり暗い話を書いてもカニリカニリカらしくないかと思います。

 一日も早く回復し、また皆様に楽しいネタをたくさん提供したいと思いますので、それまでしばらくお休みさせてください。まあ、一足早い夏休みだとご理解頂けると嬉しいです。

 勿論、「スッキリ!」をはじめとした番組への出演や雑誌への露出はそのまま続けておりますので、是非そちらをチェックして頂ければ嬉しいです。

 わがままを申しまして、本当にごめんなさい。ネタをたくさん仕込んで必ず帰ってきますから、それまで待っていて下さい。見捨てちゃいやよ〜〜!

 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。