カニリカの舞台
■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
ステラ・ミュージカル 夏公演決定!

脚本・演出 カニリカ

≪東京公演≫
【公演日】
2010/7/16(金)〜7/25(日)
【会場】
ル テアトル 銀座

≪神戸公演≫
【公演日】
2010/7/31(土)〜8/2(月)
【会場】
神戸オリエンタル劇場

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ
リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美
…他


■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
 ステラ・ミュージカル
2010/3/19〜3/24[公演終了]
天王洲 銀河劇場

脚本・演出 カニリカ

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ

月森 蓮役:三上 俊
土浦梁太郎役:高橋優太
志水桂一役:小関裕太
火原和樹役:吉野晃一
柚木梓馬役:川村聖斗

冬海笙子役:笹丘明里
天羽菜美役:三好絵梨香
金澤紘人役:進藤 学
王崎信武役:吉原シュート

リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美

東海林 遼・清水一希・宮之脇佳織・吉野由利子
土屋史子・城戸愛莉・舟見和利・斉藤レイ

■「暁の誓い」
2009/4/15〜4/19[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出 カニリカ

【キャスト】
萩野崇/弓削智久/出合正幸/高根研一(Studio Life)

吉村崇(平成ノブシコブシ)/徳井健太(平成ノブシコブシ)
■カニリカプロデュース
 『執事ホテル』

2008/2/16〜2/24[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出:カニリカ
出演: 大口兼悟 村上幸平 溝呂木賢 昇二郎 高根研一/他

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


■舞台『無敵な男達』

カニリカがイケメン俳優を迎えてお送りするハートフルコメディ

作:カニリカ
演出・出演:上田一軒(スクエア)
出演:ホストの皆様:岩大(Studio Life) 村上幸平 萩野崇 北条隆博 篠田仁志(Studio Life) 奈須崇(スクエア) 長尾弘喜
常連客の皆様:小林愛(TEAM 発砲・B・ZIN)星ようこ 滝沢乃南

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


カニリカの作品
連載小説配信スタート!

「ラヴァーズ・ハイ」

 今、何かと話題のクーガーと呼ばれるアラフォーの女性たち。

実際にボーイズバーで彼らを買う女性たちに取材を敢行し、実話を元に描く超リアルな官能恋愛小説。

カニリカが初めて挑む禁断の世界。

配信のお申し込みとサンプル号をお読みになりたい方は、

 ≫こちらから
カニリカの本
小説 執事ホテル

小説版
『執事ホテル』12/18発売
購入する≪

kanirican_100.jpg

このブログがついに本に!
『いや〜ん!ばか〜ん!カニリカーン』
購入する≪



先日、スパレンジャー・レッドこと萩野崇君と番組のスタッフで、焼肉を食べに行きました。仲の良いグルメ評論家の来栖けいちゃんや作家仲間、或いはグルメのプロデューサーから評判を聞いていて、以前から一度行ってみたかった月島の「傳々」です。ここはかなり素晴らしいA5級の但馬牛を出すので有名で、当然ながら本店は予約で一杯。ところが超ラッキーなことに先週別館がオープンしたため、席が取れたのです!

お肉が美味しいのはもちろんですが、私は従業員さんたちの明るくて元気ハツラツなサービスがとっても気持ち良かった!関西出身の店長さんも超面白くて、ホント楽しかったわ♪

特にお薦めはポン酢で頂く塩ホルモン。これはあまりの美味しさに我々は確か三回はお代わりしました。だってお菓子みたいにふわふわして甘いんだもーん。

究極のハラミや究極のカルビもすごかったけれど、メニューにないとっておきの逸品を出してくれました。それがチャンピオン牛のクラシタという部位。簡単に言えば肩ロースですが、これがひときれ五千円!でも一生に一度食べられるかどうかわからないほど貴重だと言うので、思い切って頼みました。これが五千円かと思うとはかない気がするけど、口の中で一瞬にして溶ける食感と何とも言えない甘さは確かに牛肉とは信じがたい。何に近いかと言えば、超新鮮な白子とか、大間の本鮪の大トロかなあ。いやあ、堪能させて頂きましたっ!もう二度と出逢えないかもねっ。
P1000331.jpg

これで一切れ五千円な〜り〜!
 シンコが出始めましたね。ウキウキ。銀座の「新太郎」という鮨屋に初めて連れて行ってもらったら、なんと贅沢にもこのシンコ様オンパレード!ありがたや、ありがたや。
200707092348000.jpg

 他にもいろいろおつまみで頂きましたが、シンコの行列にはかないません。まるで宝石です(涙)。もちろんシンコの握りには5枚も載っていましたが、気づいた時にはもう口の中。あまりの嬉しさに写真を撮るのも忘れちゃいました。テヘ。
 いい気分で、その後は同じく銀座のバー「パノラマ」へ。なんとここには今話題の鉄道模型が!鉄子ブームとはいえ、全く興味なかった私だったが、いざ目の前にすると可愛いなあと思って、これまたお酒が進む、進む。
200707092349000.jpg

 無理に電車を走らせようとして、お店の人に叱られました。ごめんちゃい。だって、あんまり可愛いんだもの。いやあ、初めて鉄子ちゃんの気持ちがわかったかも。でもしらふでもそう思ったかなあ。
 最近は変わった店に結構行っている。先日は久しぶりにゴールデン街に繰り出したし。噂には聞いていたけど、本当に変わったねえ、ゴールデン街。あそこで二人も知り合いがバーをやっているという事実に驚く。
 さんざんゴールデン街で飲んだ後、「近いから行っちゃいますか?」と意味のない確認をして、結局二丁目へ繰り出した。そこで、連れて行ってもらったのは、二丁目の老舗と呼ばれる「ヨウチャンち」。ここの営業時間は「ハタラク時間〜気分」となっている。素敵!ヨウチャンは越路吹雪さんが大好きで、一人でオンステージをやってくれる。これがウマい。段々越路吹雪に見えてくるからフシギだ。口パクなのに。これも酔っているせいか・・・。
 ダメだ。せっかく毎日ジョーバに乗っていても、すぐお酒で元通り。しかし、夏になってくるとなーんか開放的になって、お酒が進むんだよねえ。っていつものことか。ヒック。

 なぜか、今週は毎日会食。非常に贅沢な一週間でした。

 中でも、カンゲキしたのはやっと念願の「かどわき」に行ったこと。秋の味覚が出揃った、絶好のタイミングで連れて行ってもらったので、超幸せなひとときとなりました。

 だって、松茸づくしだったのだものーーー。あんなにいっぺんに松茸を食べたのなんて生まれて初めてだったかも。生松茸を挟んだお刺身や、松茸がたっぷり乗った子持ち鮎や、松茸と鱧のお鍋など・・・。こんなに松茸で色々バラエティに富んだものが頂けるとは!てっきり締めは松茸ご飯かと思いきや、なんとトリュフご飯!!!きゃあ、何これ?って感じで、その美味しさにびっくり!トリュフとご飯があんなに合うとは思わなかった。まあリゾットでは食べるけれどね。トリュフって醤油とも合うのね♪ 

 どのお料理もその組み合わせの妙に唸りっぱなし。うーむ、さすが「かどわき」。人気が全く衰えないだけのことはある凄い店でした。

 そして、ブームが来ると言われているさくら肉。つまり馬肉ね。銀座の仲巳屋に行ってきた。あれだけ馬肉ばかり食べたのは、こちらも生まれて初めて。いろいろな部位の馬刺しを堪能。どこもとろんとして、しつこさがなく、美味しい。特にコラーゲンたっぷりのたてがみは見た目は真っ白で脂ぎっているように見えるけれど、全然しつこくなくて、口の中で溶ける。翌日、肌がぷりっぷりよ!と言っても見せる相手は、お犬様だったが・・・(泣)。

 馬カツもジューシーでうまい、うまい。羊の次はどうやら馬らしいけれど、本当に日本の食は種類が豊富で楽しいな、っと。つくづく日本人に生まれてよかったわあ、としみじみ思う一週間でした。ただねえ、根が貧乏性のせいか、こんなに幸せな日々が続くと何か罰が当たるんじゃないかとつい思っちゃうのよねえ・・・。更に精進します!

 秋は美味しいものがたくさんあって、愉しいなっと♪ 過敏性大腸症候群も治り、まるでその時期の損失(って何の損失?)を取り返すかのようにパワーアップして、お店巡りを再開している。だって、しばらくはずっと自宅で野菜とうどんぐらいしか食べられなかったから。

 で、ずっと気になっていたけど、行けてなかった四川料理の「芝蘭」に行って参りましたー!美味しかったああああ!なぜか、ここ最近やたら増えている四川料理と上海料理の店。すごく気になっていたら、dancyuでも特集が組まれてましたわ。なんで、急に増えたか、チャイニーズ?誰か、おせーて!

「芝蘭」はその斬新な食材とユニークなメニューがまず楽しい。フランス鴨、うさぎ、うなぎ、すっぽん、ポルチーニ茸と中華に留まらない。そして、ただ辛いだけじゃない香辛料をいくつも重ねて、コクと深みのある味わいを出している。本場の四川料理ってこうなの???と目からウロコ。本格四川麻婆豆腐(陳麻婆豆腐)や坦々麺もてっきり火が出るほど辛いのかと思ったら、違った。私は「趙陽」のはどちらも辛くて食べられなかったけど、ここのは大丈夫。

 そして、感動したのはこちら。スズキと彩り野菜の変わり炒め。これがほのかに甘くて、優しくて、絶品。このお風呂に入りたいと思ったよぉ。

 すっぽんと茸の蒸しスープも素晴らしかったし、うさぎの土鍋も良かったねえ。いやあ、満喫しましたわ。本当はもっと写真を撮ろうと思っていたんだけど、どれもあまり美味しいもんで、箸が止まらなくて、すっかり忘れてました。ごめんなさーい。m(__)m

 最近やたら気るニュース、それはまぐろ。中国でまぐろの人気が上がり、日本への輸入が減っているため、まぐろがどんどん値上がりしているという。そのうち、日本の食卓からまぐろが消えるなんて記事まで出てきた!

 そ、そんなー。何よりもお鮨が大好きで、まぐろ様をこよなく愛する私にとって、こんな悲しいニュースはない(号泣)。ガンガン値上がりする前に食べなければ、とあせって「鮨かねさか」を予約する。そろそろ大間あたりかな?と思ったら、あっかるい板前の斉藤さんによれば、まだ北海道だそう。

 おっと、こんな写真だけ載せるとお笑い鮨屋みたいだけど、本当は真剣に握ってくれるすごいお方です。このときはちょっとわざと笑わせてしまったわけね。そして、見よ、このまぐろ様のツヤツヤとした御姿を。北海道とはいえ、十分脂がのっていて、口の中でとろーりと溶けましたよ。これは大間あたりに来た時はどうなっちゃうのー!?きゃああああ!!!(泡を吹く)


 うに様も美しい姿同様、本当に美味しゅうございました。と料理記者のようになってしまった・・・。しかし、まもなく新米の季節。鮨職人にとっては頭の痛い季節でんな。そう、新米は粘り気があるため、お鮨にはあまり向いていないのだ。でも、新米は新米で美味しいしな。

 実は先日遅い夏休みで西表島に行った際に、一足早く新米を堪能したのだった。初めて知ったけど、西表島や石垣島は日本で一番新米が収穫できるんだって!新米のご飯と石垣牛のステーキを一緒に食べられて、超幸せでした。だから、先週末台風が八重山諸島に上陸し、被害が広がり、何だか他人事には思えず、とても心配。あんなに温かく迎えてくれた島の人々は大丈夫だろうか。どうか無事でありますように。

 めまぐるしい日々が続いてます。「無敵な男達」のホンの追い込みをしながら、暑気払いと称した色々な方との会食や、昔の仲間との再会、そして舞台&お笑い鑑賞の日々。

 ただでさえ暑くてバテ気味のワンコたちが、留守番の時間が多いため、かなりフラストレーションが溜まっています。「毎晩よく飲む飼い主だなあ」と呆れていることでしょう・・・。

 そんなわけで、最近あまり書いてなかったグルメのことを少々。カニリカ的に大ヒットした店は次の二軒です。

 まずは「メゾン・ド・ウメモト」。西麻布にある上海料理の店ですが、予約のときから素晴らしい対応でした。前日に確認の電話も向こうからあったし。そして、お料理。今まで食べたことないくらい肉厚ぷるぷるのフカヒレの姿煮やカニとホタテのチャーハンが絶品でした。

 それから、まずは名前でウケてしまった「巨大肉団子の襲撃」じゃなかった「巨大肉団子の土鍋炊き」もとっても美味しかった!ラストのねぎそばもあっさりしているけれど、コクがあった。どれも洗練されています。ちなみに今回は1万5千円のコースを頂きました。スポンサーがいないととても無理、ムリ。次回は是非上海蟹の季節に上海蟹ミソ炒飯と上海蟹ミソ坦々麺を食べたいなあ。なんちて。

 それから、同じく西麻布のおばんざい料理の「真由膳」がよかった。7000円のおまかせコースを頂いたのですが、これがもうとにかく「こんなに美味しくてたくさん頂いていいのですか!?」と思うほど、充実したメニュー。ひじきやおからなどの前菜から始まって、お造り、天ぷら、煮物そして締めの土鍋で炊いた松茸ご飯!まで、どれも本当に顔がほころぶほど美味しい!とうもろこしの天ぷらやゴーヤの黒胡麻和え、そしてデザートのスイカのシャーベットが特に素晴らしかったですねえ。

 笑顔が優しいご主人の真由美さんは以前「つくし」にいたとか。それで納得しましたわ。そりゃ、美味しいわけだ。次回は是非アラカルトで頼もうっと!

 あちゃちゃ、「ダイナマイト関西」のことを書くスペースが・・・。いやあ、後楽園ホールで見た生のダイナマイト関西、コーフンしました!ケンコバ(ケンドー小林)、ハリセンボンのはるか、そしてバッファロー吾郎を生で見ることがこんなに嬉しいとは。川越ゴエの生MCにもなぜか感動してしまうし・・・。一緒に行った友人たちも大喜利初観戦に喜ぶ者あり、はるかとおそろのTシャツ買う者あり、と夏休みの最後を盛り上げるにふさわしい一日だった気がする。って、どれだけ大喜利好きやねん。あ、ちなみに優勝は笑い飯の西田さんでした。来年も観に行こうっと。

 先日、打ち合わせと称して作家仲間と紳助さんのお好み焼き屋に行った。「松紳」で何度も話題に上がっていたので、一度行ってみたくてネットで調べてみたら、意外に早くたどり着いた。ところが、お店に電話してみても誰も出ない。お休みなのかなぁと思ったけれど、とりあえず行ってみましょう!と23時過ぎに店の前まで。まあもしもお休みなら隣の伊原剛志さんのお好み焼き屋に入ってもいいし。(伊原さん、ごめんなさい)

 確かに入り口はわかりづらい。いわゆるノブのついたドアなので、中はやってるのかどうかもわからない。ところが、開けると中は満席。すごい盛況ぶりで、忙しくて電話の音が聞こえなかったらしい。予定より早く終った席があったので、案内された。よかった!

 しかし、紳助さんの店とはいえ、別にベタにオーナーの写真やサインがあるわけでもないし、大阪の匂いがプンプンしているわけでもない。むしろおしゃれな内装で、落ち着いていて、ここが紳助さんの店だと知らなければ、きっと気づかないと思う。誘われて一緒に来た作家は「ホントにここなんですか?」と不安げ。確かにサイトにもそういったことは一切書いていなかった。

 だが、その後ニヤリとして「ほら、これ見て」とテーブルの調味料の棚から青海苔を取り出して、私に見せた。

 おお!しっかりと金色の文字で「寄贈 松本人志」と書いてある。そう、「松紳」の中で真剣に松本さんが選んでいた青海苔の瓶だ。やっぱり、ここだ!吉本大フリークの私は、作家という立場をすっかり忘れ、ただのミーハーとなり、すぐ写真を撮ってしまった。ちなみにこの青海苔の瓶、非常に使いやすい優れもの。それにも感心してしまった。

 肝心のお好み焼きはというと、なかなかの美味。アンケートを取ってメニューを決めたというだけあって、珍しいものが多く、「のろ焼きカイワレ」と「とんぺい」という山芋で焼いたものがふわふわしていて美味しかった。ここではお好み焼きはすべてのろ焼きと呼ぶ。それからさすが沖縄で他の店を出しているだけあって、シークワーサー割の焼酎がとっても飲みやすく、グイグイ飲んでしまいました。

 満腹になり、気づけばお客は私たちだけ?と思っていたら、なんと二階の個室からゾロゾロと吉本の芸人たちが・・・。今人気急上昇中のコンビJKのK、相方がマッチョのS。その二人を見ただけでもびっくりなのに、その後から今黒木瞳さんと共演しているA、そして最後に超クールなM本人が!その4ショットを見て、鼻血が出そうになった。ここは「リンカーン」の収録スタジオか!?という豪華な顔ぶれ。私があまりに興奮しているもんで、連れの作家が「別に現場でいつでも会える人たちじゃないんですか?」と冷静にツッコンでいたが、やっぱり吉本フリークにとっては、仕事場以外で会うからカンゲキなのである。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~okonomiyaki-noro/new.htm

 今年のボジョレー・ヌーボーは100年に一度くらいの出来だとか。でもそれって100年生きているわけじゃないから、わかりませんて。ま、それはさておき、毎年お祭り騒ぎ程度に一回くらいしか飲まないヌーボーだけど、今年はなんと3回も飲める機会が!はい、先週はワイン漬けで、血がワイン色でした。(って見たんか!)

 まずは、いつもお世話になっている日テレのある方が主催してくださるワイン会に今年も元気よく出席!しかし、飲みすぎて翌日はへろへろどした。そして、そのへろへろのカラダをひきずって、わがワインの師匠、山仁酒店http://www.yamajin.com/menu/index.htmlのケニーこと大橋健一さんが企画したフレデリック・コサール氏のワイン会に出席。いわゆる自然派のワインで、うさぎのラベルが可愛いヌーボーです。ジミーちゃんデザインのラベルもいいですけどね。

 ちなみにこのケニー氏は自然派のワインをかなり早くから提唱していて、ビオビオビオビオ言ってましたわ。そのケニーのセレクションによるワイン会を自宅のマンションのパーティルームで開催。本当は私を含め女性4人がこの会を準備する予定が、なんとひとりは骨折!二人が法事!のため欠席というとんでもない展開になり、たった一人で準備する羽目に(泣)。しかも、予想以上にたくさんのお客様がくることがわかり、ダメもとで銀座パプリカhttp://www.paprica.tokyo.walkerplus.com/のソムリエ成瀬氏に泣きつきました。

 彼がヌーボーに合うメニューを考えてくれたので、私は1人で買出しに。2キロの豚と3キロの鯛とその他野菜と1キロのチーズを買ったはいいが、あまりの重さに呆然となりました。しかし、何とか家にたどり着き、下準備をして翌日いざ料理。成瀬さんが手伝ってくれた他、なんと銀座久兵衛の三代目が鯛をおろしてくれたので、何とか形になりましたとさ。フォー!じゃなかったフー!(汗)

 またこれで年末までひたすら仕事に邁進します。あ、忘年会が・・・。

 ここのところ、話題(つまり雑誌によく取り上げられている)の店に続けて行った。全部他人にセッティングしてもらったわけで、それって最近私の店探しパワーが落ちているということか・・・。つまり、気になっていたくせに行っていなかったわけだから。

 まずは1ヶ月以上先まで予約は一杯という「ナリサワ」。あることのお祝いの席だったので、非常に豪華なコースメニュー及びワインのセレクションとなったわけだけど、いやあカンゲキしました。久々に。高いから当然といえば当然の食材の良さなんだけど、インテリアや食器などにも現れているように、料理のスタイルも洗練されていて、どこか気持ちよさすら感じる。一言で言えば、すべてが美しい。何でしょうね、あのキリっとした感じ。それでいて全然お高くとまっていない。

 私がカンゲキしたのは、味もさることながら、そのサービス。マダムもギャルソンも皆フレンドリーで温かい。ボケたりもしてくれるし、高級フレンチでついツッコンでしまいました。この従業員のサービスの温かさは私の大好きなイタリアンの「ピアット・スズキ」と似ている!皆、楽しそうなのよね。それが清清しい。かといって決して馴れ馴れしくないし。

「ナリサワ」の味については、きっと大勢の評論家の方が詳しく書いているでしょうから、詳細はその手の専門誌を読んでもらうとして、とにかくソースの一つ一つがクリエィティヴで本当に真面目に作られています。そして新鮮な素材の味がとても活きている。ラストのお菓子も美味しかった!とっておきの日のためにまた行きたいと思う店でした。

 そして、最近やたら流行っている鉄板フレンチの中でも、とりわけ人気が高いという「ahill」。夜中3時までやっているそうで、早い時間はやはりなかなか予約が取れないらしい。で、9時に入ったんだけど、フレンチといいながら値段は結構リーズナブルで驚いた。だって、4千円のプリフィクスがあるんだもの。実はこの少し前に同じく西麻布の鉄板焼「寺」という店に行ったけど、こちらは高かった。

 カウンターだと目の前で調理され、出来立てをサーヴしてくれる。調味料や作り方を全部見ているのに、「え?どうしてこんなに美味しいの?」って感じ。特に牡蠣のソテー(白ワインソース)は絶品でした。ワインも良心的な価格だし。そして、こちらもお店の人がとても感じがいい。イケメンもいます♪

 最近つくづく思うけど、どんなに美味しい店でも従業員の方のサービスが感じ悪いと味の印象ってどんどん落ちていき、帰る頃には最初と全く印象が変わっている。でも反対にサービスが素晴らしいとすごくいい店で又来よう!ってインプットされると思うんだけど、皆さんどうですかに?

 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。