カニリカニリカ

カニリカの舞台
■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
ステラ・ミュージカル 夏公演決定!

脚本・演出 カニリカ

≪東京公演≫
【公演日】
2010/7/16(金)〜7/25(日)
【会場】
ル テアトル 銀座

≪神戸公演≫
【公演日】
2010/7/31(土)〜8/2(月)
【会場】
神戸オリエンタル劇場

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ
リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美
…他


■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
 ステラ・ミュージカル
2010/3/19〜3/24[公演終了]
天王洲 銀河劇場

脚本・演出 カニリカ

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ

月森 蓮役:三上 俊
土浦梁太郎役:高橋優太
志水桂一役:小関裕太
火原和樹役:吉野晃一
柚木梓馬役:川村聖斗

冬海笙子役:笹丘明里
天羽菜美役:三好絵梨香
金澤紘人役:進藤 学
王崎信武役:吉原シュート

リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美

東海林 遼・清水一希・宮之脇佳織・吉野由利子
土屋史子・城戸愛莉・舟見和利・斉藤レイ

■「暁の誓い」
2009/4/15〜4/19[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出 カニリカ

【キャスト】
萩野崇/弓削智久/出合正幸/高根研一(Studio Life)

吉村崇(平成ノブシコブシ)/徳井健太(平成ノブシコブシ)
■カニリカプロデュース
 『執事ホテル』

2008/2/16〜2/24[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出:カニリカ
出演: 大口兼悟 村上幸平 溝呂木賢 昇二郎 高根研一/他

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


■舞台『無敵な男達』

カニリカがイケメン俳優を迎えてお送りするハートフルコメディ

作:カニリカ
演出・出演:上田一軒(スクエア)
出演:ホストの皆様:岩大(Studio Life) 村上幸平 萩野崇 北条隆博 篠田仁志(Studio Life) 奈須崇(スクエア) 長尾弘喜
常連客の皆様:小林愛(TEAM 発砲・B・ZIN)星ようこ 滝沢乃南

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


カニリカの作品
連載小説配信スタート!

「ラヴァーズ・ハイ」

 今、何かと話題のクーガーと呼ばれるアラフォーの女性たち。

実際にボーイズバーで彼らを買う女性たちに取材を敢行し、実話を元に描く超リアルな官能恋愛小説。

カニリカが初めて挑む禁断の世界。

配信のお申し込みとサンプル号をお読みになりたい方は、

 ≫こちらから
カニリカの本
小説 執事ホテル

小説版
『執事ホテル』12/18発売
購入する≪

kanirican_100.jpg

このブログがついに本に!
『いや〜ん!ばか〜ん!カニリカーン』
購入する≪



 先日、麻布十番に新しい店が続々とオープンしていることは書いたと思うけれど、一番気になっていた店にやっと入れました。根気強く予約をするしかありません。当日来た人はみんな断られていたから。

 その名も「カラペティバトゥバ」。えーと、どういう意味かは・・・知りません。お店の人に聞いてぇ!
http://www5.ocn.ne.jp/~quand/

 メニューのわりにリーズナブルというので、おまかせコースにしましたが、2人一緒のものでないとダメなんで、好みが分かれるカップルは要注意を。グラスワインが豊富なのと、カラフェも結構あるのが嬉しい。2人だったら白、赤、それぞれカラフェで頼んでちょうどいいかも。ま、我々はそれプラスグラスでシャンパーニュ飲んじゃったけど。

 インテリアも素敵だし、なんというか久しぶりに居心地ののいいフレンチというか、肩肘張らなくていいなあと思った。何しろ、子羊のローストが美味しかった。今まであまり子羊って感激するほど美味しいと思ったことはなかったけど、これは感動した。今まで食べた子羊の中で一番美味しいと思った。肉料理というと、つい豚か鶏を選びがちだったけど、子羊に対する認識が変わっちゃった。たまたま今まで食べた子羊が臭みがある、というイメージが強かったのかなあ。子羊ちゃん、ごめんなさい。

 ルバーブという食材を使ったタルトもシャリシャリして美味しかった。このルバーブ、クセになりそう。うーん、これですぐ予約が取れるなら、またすぐ行くのに・・・。ここのシェフって、大阪の「ラ・ベカス」にいたそうです。私は個人的に大阪では一番好きなフレンチなんで、とっても期待していたんですが、その期待を裏切らない店で、大満足な夜でした、とさ黒ハート

 高くてウマイは当たり前。最近は安くてウマイ店が本当に増えましたよね。いいことだなあ。今まで東京が高すぎたんだってば。ちょっと前までのあの高さは何だったんだ?

 CPもいいし、いろんなメニューを試したいから、気に入ると連続して何回も行ってしまう。そのほうが、その店の真価がわかるし。ってなことで、最近ハマっているのは、麻布十番の中華「紫玉蘭」。あの高くて有名な(美味しいけど)富麗華のカジュアル版です。でもって、とてもスタイリッシュな上海料理。新天地の店を思い出すほど。
http://www.shigyokuran.com/

 600円前後の小皿料理が多く、麻婆豆腐なんて5色もあるんだから!5色ですよ。個人的なお薦めはふわふわ卵が入った黄色。定番北京ダックも安くて、あの美味しさそのまま。

 グルメな村松崇継さんを連れて行ったら、大喜び。村松さんといえば、先日レコーディングが無事終了!キャストのみんなが本当によく練習していてくれて、素晴らしい出来ばえ!金やん(安部康律さん)の歌なんて泣きそうになった。村松さんと2人して感動しては「いやあ、曲がいいからですよ」「いやあ、詞がいいからです」とほぼ漫才のようなコンビになって、ほめ殺し合いをしてまして、周りのスタッフが呆れてた・・・。

 ま、それはさておき、その打ち上げで行った店がまたウマかった!シアターサンモールのすぐそばにあんなに美味しい杭州料理の店があるなんて知らなんだ。杭州料理ってそんなに辛くなくて、とても優しい味なのよ。何たって、杏仁豆腐が絶品でした!!
「太子楼」http://www.taisirou.com/

 秋のプロジェクトの懇親会を兼ねてお笑い作家たちやDJ19と行った、韓国家庭料理「とん豚テジ」もウマかったっす!かなり前にしょこたんに聞いて、一度行ってみたかったんだけど、やっと実現。豚のバラ肉を焼いてキムチとかエゴマの葉とか巻いて食べるんだけど、これがまあ何枚でも入る、入る。これもまたすぐ行こうっと!
http://www.tontontezi.com/

 あと、も一つやたらハマっているのが、アザジューに突如現れた「鰓呼吸」という魚の居酒屋。新鮮な貝や魚をその場でそれぞれ磯焼きして食べれるのがホント嬉しい。もちろん、お刺身も超うまし。シメの鉄火巻きもボリューム満点で楽しい店っす。まるで、地方の海沿いの居酒屋に行った気分で、この日もガンガン飲みすぎましたわ。中目黒とかに元々あったお店だったのね。知らなかったよー。
http://r.tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13109642/

 現在、「金色のコルダ」夏公演を含めると4つのプロジェクトが同時進行していて、重なるときは重なるんだなあ。一つは来週結論が出るんだけど、決まったら、もうまた祝杯で飲んじゃうよ♪ って、結局毎日、飲んでいるのねー。

 

 怒涛の飲み会続き。

 水曜の「執事ホテル」お花見会は、お店の窓から見える桜なんてほとんど見ずに、まあみんな飲むこと、飲むこと。焼酎のボトルを何本開けたかわからない。最後の方は、麦も米も混ぜて飲んでいる役者がいたが、それも気づかない様子。執事チームは酒豪の役者が多いのだよ。それにしても楽しかった〜〜!!2年前の上演とは思えない。ついこの間のことのようで、みんな全然変わらないような、大人になったような・・・。なぜか、みんなで支配人役のしゅんろうを懐かしむ。別に死んだわけでもないけど、彼は関西在住なんで、ずっと会ってない人が多いから。

 ほとんど朝帰りで、ヘロヘロの頭で午後はあるプロジェクトの企画書を作ってました。何とか夜には書き終え、満足したところで、学芸大学の「寿司しお」に行く。このお店は私のお気に入りで、時間があるときはわざわざ学大まで行くのだけど、いつも必ず芸能人に会うのよね。まあ、隠れ家のようなおすし屋です。ブログで紹介すると益々予約が取りづらくなるから、ずっと書いていなかったけど、やはり一度は紹介しないと、ご主人に悪いので・・・。場所は是非探してみてください!!

 某代理店に勤めるナイスガイが美味しいお寿司と日本酒をご馳走してくれました!彼は趣味で舞台の制作もしているので、いつも色々な舞台の話が出来て、とっても刺激になって楽しい。彼の名言「俳優は人に非ず、人に憂うって書くんですよね」。うーん、深い。納得!!

 そして、金曜日。前日仕上げた企画のプレゼン。準備万端と思っていたら、プリンターの調子が悪くて、あわてて近くのコンビニへ。こんなことなら昨日のうちに全部プリントしておけば良かった!私っていつもそう。最後の最後に油断して、パソコンが壊れたりしてあわてるんだ。昨日のあの自信はどこへやら・・・。超あせった。もう間に合わないかと思ったよ(泣)。

 緊張のプレゼンも無事終わり、他の打ち合わせを済ませた後、番組プロデューサーの方々とお食事。とってもグルメなプロデューサーが韓国人が絶賛する韓国料理「チョンギワ新館」に連れてってくれました。生タコの刺身がすごい!動いてる、吸盤が舌に吸い付く。こんなの初めて、超新鮮。ケジャンやカムジャタン、そして何と言っても冷麺が美味しい!ソウルに行ったときのことを思い出しましたよ。あと、マッコリが飲みやすくてウマイこと、ウマイこと。またも飲みすぎ♪

 それだけでは終わらなかった!!なんと二軒目に訪れたのは、知る人ぞ知る赤坂のバー「うさぎや」。
一軒家の落ち着いたバーと思いきや、飲んでいると目の前で一流マジックが始まるのだ。これが・・・何というか、すごい!全くタネも仕掛けもわからない。私のあまりのリアクションのでかさにプロデューサー達、バカ受け。いいお客さんでした。っつーか、超楽しいんですけど。だって、手の上に乗っていたトランプの束がいつの間にか、プラスチックのオブジェに変わっているんだもの。

 マジックをする前に「お客様は敏感ですか?」と聞かれ、「はい、敏感です」と答えたけれど、手のひらの上の物が変わることすら、全くわからない私は超鈍感だということが判明した夜だった・・・。

201004092235000.jpg
↑私を完全に騙してくれた、ナイスなマジシャン都夢ちゃん

 

 麻布十番といえば「あべちゃん」。「あべちゃん」といえば麻布十番っていうくらい、アザジューの名所的やきとんやが「あべちゃん」だ。安くてうまいから、いつでも混んでいるのだが、昨日はコルダのキャストたちと何とか入れて、途中でカウンターからテーブルに案内してもらって、ガンガン飲んで食べていた。

 そして、驚いた!なんと斜め前のテーブルで同じくやきとんをつまみながら飲んでいるのは、あの、超大物ミュージシャン、佐野元春さんなのだ!
「そうだよね?」
「やっぱり、本物だよね?」
 キャストたちと何度も確かめては、チラチラ見つつ・・・。確かにアザジューには芸能人は多いけれど、こんな大物に逢うなんて思ってもいなかった。しかも「あべちゃん」で。

 かっこいいなあ。颯爽としているなあ。いやあ、テンション上がった!!でも気づくといつの間にか帰っていた。かっこいい人はさっさと飲んで、さっさと帰るのか。また逢えるかしら、「あべちゃん」で♪

 今夜はひょっとしたら今年最後のお花見かなあ。「執事ホテル」のお花見会なのだ!!先週の土日は雨の中、寒い中、無理やりお花見して、ちょっと残念だったので、今晩くらいはがっつり堪能したいなあ。ってことは、つまりお酒をたくさん飲みたいなあ、って意味なんですけど・・・。

 来年の桜は暖かい陽気の中で見られるといいですよねえ。

「金色のコルダ ステラ・ミュージカル」が終わって、早速通常のスケジュールに戻っているが、金曜の夜は「相対的浮世絵」を観て、その後久しぶりに「執事ホテル」のキャスト&スタッフと飲んだ♪

 うーん、懐かしいー!!あれやこれやと話に花が咲く。そして、美味しい肴に舌鼓。なんたって、ここはキム兄とこ木村祐一さんが開いた居酒屋「きむら庵」なのだ。うまい!うますぎる!!そして、値段は安い!!サイコー!!串かつとおでんは関西風で超お薦め。

 あんまり美味しいので、翌日コルダのスタッフと渋谷に飲むことになっていたので、再び「きむら庵」へ。
店員に言われました。「あれっ?お客さん、確か昨日も・・・」

 はい、その通りです。あまりにも美味しかったんで。http://r.gnavi.co.jp/e913100/

 今日は、オハラさんに教わったエステに行って、その後コルダのキャストと飲んだ。さすがに三連チャンはしなかったけれど、渋谷に行くとついつい行ってしまいそう。うーむ、最近のお店では超ヒットかも。

 一昨日、無事にゲネプロとトライアウト公演が終わりました。ご覧になって下さった方、本当にありがとうございます。色々不手際もあり、お見苦しい点がありましたこと、深くお詫び申し上げます。

 そして、久しぶりのオフです。昨日はたまっていた洗濯と掃除をして、マッサージを受け、最近気に入っている「国松又左衛門」に友達と行きました。

 今日は他の仕事(既に来年の企画!!)をしつつ、夜はあるクリエイターさんとお食事。久しぶりに赤坂の「すし匠斉藤」に行きました!!日曜に開いているすし屋は少ないのだけど、そんなときにこのお店は本当に頼もしい味方です。カウンターは満席。

 いつもどおり、すごいネタの数々。いやあ、久しぶりに堪能しました。そして、そのクリエイターさんとじっくり話せたことによって、随分色々とスッキリできました。彼は私の前回のブログを読んで、相当心配してくれていたので、かえって申し訳なかったです。クリエイターにはクリエイターならではの悩みがあり、それはもう自分で解決する以外どうしようもないことなんだけど、やっぱり揺らぐんですよね。いろいろ大人の事情があると。

 でも、私だけじゃなくて、みんな色々悩みを抱えているわけで・・・。ものすごく励まされて、そして抜け出すことが出来ました。感謝です。創りだすものに自信を持って、お客様に提供する。それしかないことに変わりはありません。だから、私もどんな逆境に遭っても、負けずに創り続けます。

 いよいよ来週から「金色のコルダ ステラ・ミュージカル」本公演が始まります!天王洲の銀河劇場で是非お会いしましょう!!
 急に冷え込んで、秋からいつの間にか冬へと向かっている感じですねえ。
 
 しかし、まだまだ秋の味覚をどっぷり楽しみたいなあ。松茸も栗ももっと食べたいと思いつつ、冬の食材にももう目移り・・・。お鍋も美味しい季節になってきたし、ジビエも気になる。何たって、いよいよ来週は白トリュフ大会だし!

 ここのところ、ちょっとハマっているのが、和菓子というか、あんこのお菓子。なぜかケーキとかのスイーツ系はさほど興味がなく、もっぱらあんこの和菓子党。もちろん小豆のね。

 伊勢丹の地下1階がリニューアルしてから大分経つけれど、あれ以来私にとっては伊勢丹の入り口というのは、天国の入り口になった。1階の正面から入るのではなく、B!のちょうど虎屋が左側にある和菓子コーナーから入るのが、私の伊勢丹の正しい入り方なのだ。

 今日はどの和菓子を買って帰ろうか?それを考えながら、ぐるり一周するのが楽しい。全国の銘菓が集まっているエリアも楽しく、京都の阿闍梨餅
http://www.kyomeibutuhyakumikai.jp/mangetu.htmも買えるし、
一元屋のきんつば
http://nttbj.itp.ne.jp/0332619127/index.html?Media_cate=populer&svc=1303があることもある。最近買って大当たりだったのが、京都三丘園の黒ゴマきなこピーナッツどすえ。
http://www.sankyuen.jp/products/pr_05.html

 でも今はやはり栗かも。というわけで、昨日はさんざん迷った挙句、叶匠壽庵にして、
http://www.kanou.com/index.php
更にくりきんとんか一壺天かで悩み、一壺天にしました。だけど、その時に更に和三盆ロールというのが目に入り、「ええい買ってしまおうか」と思ったけれど、「いくら相方と二人で食べるとはいえ、1本は無理だろう」と思い、隣の黒豆大福にしました。

 ところが、この黒豆大福が大当たり!叶さんのこの黒豆大福は初めて食べたけれど、もうお餅がふわっふわっ。赤ちゃんのおしり?違うか、ほっぺ?もうー、とにかく柔らかくて超美味。あんこが少なめで、甘さが上品なのもよかった。よくこれみよがしにあんこがぎっしり詰まっていたり、豆の食感が硬すぎたりする豆大福が多い中、これはーーーーー、本当にもうっ!!

 どっちも夕食後にペロリ。これなら和三盆ロールも1本いけましたな。
 最近、週1〜週2のペースでこの和菓子巡りをしちゃっているが、大丈夫だろうか。というのも、実は夏ごろだったか、3ヶ月くらい願掛けで甘いもの断ちをしたのです。そしたら、あっという間に3キロ減ったもので。

 今こんなに和菓子を食べてたら、すぐに元通りになってしまうかも・・・。ど、ど、どうしよう。
 お待たせしました、食の宝庫、NYのレストラン情報でっす!

 前回は一人旅でしたので、現地のお友達と会う以外は夜一人のこともあったので、なかなかフレンチとか行けませんでした。っていうか、NYのお友達はあまりフレンチとか行かないっすね。

 でも、次にいつ来れるかわからないので、今回はZAGAT NYを買って、早速リサーチ。そして、OpenTable でガシガシ予約。このOpen Table http://www.opentable.com/home.aspxは便利です。世界中のレストランの空席状況がわかり、すぐ予約できる。勿論、ここにエントリーされていなければ無理だけど。

 今回は、まず泊まったThe London NYCの目玉でもあるゴードン・ラムゼイのレストランを到着日に早速チェック。http://www.thelondonnyc.com/gordon_ramsay/ 夜だと一人150ドルとバカ高いですが、実は一階にあるMAZEにはプリフィクス・ランチがあって、これが一人28ドル!前菜とメインから一品ずつ選ぶことができる。フレンチといってもかなりフュージョン系で、私はマグロのタルタルとメインはトリュフのリゾットを頼んだ。ってまるでイタリアンですが、このリゾットが倒れそうなほど美味しかった。どちらも実に上品で繊細な味わい。日本人の口に合うこと間違いなし。写真撮るの忘れちゃって、ごめんちゃい。もしも、ゴードン・ラムゼイを体験したいなら、コンラッド東京へ。私もこちらはまだ行ったことがないので、行ってみたいけど、たっかそう!

 初日の夜はオイスターバー!いや、もうずっと飛行機の中から生ガキが食べたくて、本当は「パール・オイスター・バー」に行きたかったんだけど、予約が取れず、ベタに「グランド・セントラル・オイスターバー」http://www.oysterbarny.com/に行ってしまいました!でも初めて行ったので、雰囲気も良かったし、お店の人も面白くて、とっても楽しかったなあ。勿論カキも美味しかったし。久々に大好きなベロンを食べられた。ベロンは一番高いけれど、味が濃厚でやっぱり超美味。品川にある「グランド・セントラル・オイスターバー」より全然安いし、雰囲気も違うし、でびっくり。本店の風格ってやつですか?

 そして、二日目の朝食はNY一のブレックファーストを出すという噂があるBLTマーケットhttp://www.bltmarket.com/に行ってみた。こちらは前回ブランチの予約が取れなかったのだ。いやあ、びっくり。さすが、リッツカールトンの中にあるだけあって、全然違った。何が、ってパンケーキ!こんなふわっふわのパンケーキ食べたことない!!見よ、この満面の笑み。人はパンケーキでここまで幸せになれるのか!?って感じ。感動したわ。材料は何なのか、是非とも聞いてみたい。ただし、難点は高いことです。朝食とは思えない高さでした。ま、しゃあないね。
DSC00722.JPG DSC00725.JPG

 別に高いものばかり食べているわけではないので、とっておきお気に入りのハンバーガー情報を。前回、文藝春秋の友人から教わってヤミツキになった、知る人ぞ知るハンバーガー。何と、ル・パーカー・メリディアンホテルの中にひっそりとあって、教えてもらわなかったら絶対わからなかった。でも、中に入るといつも激混み。このお店のハンバーガーが嬉しいのは、焼き方をステーキみたいにオーダーできて、牛肉をしっかり食べているという肉汁たっぷりのジュー実感です。
DSC00896.JPGこんな看板じゃ誰もわからんよ(笑)。すぐにパクついてしまったもんで、肝心のハンバーガーの写真撮るの忘れた!

 そして、今回の一番の大ヒットは「Perry Street」http://www.jean-georges.com/。ジャン・ジョルジュの店にはどれか一軒行きたかったので。前回、スパイス・マーケットとVONGに行って、なかなか良かったけれど、両方ともエスニック系だったから、あえてフレンチを今回は選んでみた。これが大正解。そして、ここも夜はかなり高いけれど、ランチは26ドルのプリフィックスがあるんです!これがもうホントに最高だった。
DSC00935.JPG DSC00937.JPG
DSC00936.JPG DSC00938.JPG DSC00940.JPG
 私の方の前菜はきのことアボガドのミルフィーユで、このソースが浸かりたいほど美味。メインはジンジャーボウルという混ぜゴハンにコロッケが乗っていた。これもソースがたまらん。
相方のは、前菜が確か何か野菜のソテーのバルサミコソース、とメインがサーモンのステーキでしたが、このソースがまた・・・・!!デザートはベリーの盛り合わせにアイスクリーム添え。このソースも、ちょっとヤバい。このお店、ソースの天才かも。マジでそう思いました。次回は必ず、ディナーで絶対来ようっと。ここもOpen Tableで予約できる。場所柄のせいか、セレブな客ばっかりでした。

 それから、料理はオーセンティックだけど、場所が最高なのはバッテリープレースのワーグナーパークにあるイタリアンgiginohttp://www.gigino-wagnerpark.com/。最高にロマンティックですよ。

 そして、カンで入って超美味しかったのが、ホテル・オン・リビントンの目と鼻の先にあったブルスケッタ専門のイタリアン・バール「イノテカ」http://www.inotecanyc.com/。ブルスケッタの種類が豊富で美味しいし、とにかくグラスワインが安い。グラスのランブルスコ(赤の発泡ワイン)もあり楽しい。

 おー、そうだ。忘れちゃいけなかったのが、ホテル・オン・リビントンのレストランThorhttp://hotelonrivington.com/thor.html ここもお洒落で落ち着いていて、夜遅くまでパスタとかしっかり食べられる。しょっちゅうセレブがパーティやるらしいっすよ。
DSC00966.JPG DSC00968.JPG 夜のオッサレーな雰囲気の店内。

 いやあ、まだまだ紹介したいレストランやテイクアウトがたくさんあるが、とりあえず良かった店だけを厳選ってことで。皆さん、次回のNY旅行の参考にしてください。NYの高級店はランチのプリフィクスで上手に利用すれば、食事代は安く仕上げることができる。何たってデリで美味しい店もたくさんあるから。ホールフーズはいつも強い味方でっせ。

 いよいよ次回はファイナル、エンタメ編でーす!!
 なんでしょか、最近美味しいものに次々に出会って、幸せな日々が続いています♪
 
 先日、作家仲間のわぐりたかしさん主宰のフードジャーナリスト会議三周年記念晩餐会があった。私はこのフードジャーナリスト会議になかなかスケジュールが合わず、数回しか出席していないのだけど、こういう晩餐会に招かれるというのは、本当にありがたいことである。

 しかもまだ訪れたことのなかった銀座「飛雁閣」でのフルコースディナーである。何たってすごかったのは、フカヒレの姿煮と干しあわびのステーキ、そしてこの店の名物である小龍包だろうか。何でもこの小龍包は皮の薄さがナンバーワンでギネスブックに申請中だとか。皮が破れそうで怖いのだが、この薄い皮に包まれたスープは一滴もこぼしたくない深い味わいであった(涙)。
200909032013000.jpg

200909032027000.jpg
200909032044000.jpg

http://www.higankaku.com/

 中国人て繊細だよなあ、とカンゲキしつつ、同じテーブルに座ったことで初めて話すことのできたグルメな放送作家、すずきBさんの話に思わず引き込まれる。さすが、川島なお美さんの披露宴の企画・構成をしただけあって、本当に美食家である。そして、話が面白いっ!すずきさんのブログはよくレストランリサーチの重要な情報源として拝読している。http://www.suzukib.net/

 そんなすずきさんが知ってるかどうかは知らないが、今日とんでもない焼き鳥やに出会った。亀有の「まかや」というお店。なぜ、亀有か?別にこち亀のロケを見学に行ったわけではない。縁あって、柴又帝釈天にお参りに行ったのだ。それで、帰りにせっかくだから(?)と亀有まで足を伸ばし、評判の良いこの店を訪れたというわけ。
200909081535000.jpg
http://kameari-net.com/omise/makaya/

 外観だけを見たら、多分なかなか入る気はしない店構えだが、中のメニューは唸るほど素晴らしい!中でも感動の一品は限定5本しかない「つなぎ」である。ハツの中でも歯ごたえのいい根っこの部分らしいけれど、稀少部位なので5本分しか取れないそう。これがもう何とも言えないシコシコとした歯ざわり
なのに味わい深い柔らかさもあって、背肝とかうなぎの肝にも近いかなあ。美味!!

 他の焼き鳥もまあ美味しいこと。そしてシメの親子丼はあの「鳥つね」直伝ということだが、すごくいい卵を使っている。お酒も安いし、名物の生パインサワーも楽しい。侮れない、亀有。また行こうと心に強く誓いました!
200909081922001.jpg
 ここのところ、ずっと大量のお酒を飲んでいる気がする。気がするんじゃなくて、実際飲んでいるんだけど。まあ、理由は一つ。26日が誕生日だったので、例によってその前の金曜日に恒例のバースデー・パーティを開きまして、その後も引き続き、いろいろな方にお祝いしてもらい、飲んでいるわけですな。

 今年は30名までしか入れないパーティルームを借りたので、ごくプライベートで開き、何と料理も私が作りましたっ!朝からキッチンで立ちっぱなしだったので、お客様がいらした頃には腰が・・・。って、「25歳の誕生日でーす」なんてウソはバレバレだっつーの。

 とはいえ、今年もまたイケメン俳優さんたちが集まってくれまして、年に一度のハーレム状態。大変幸せでございました。これはそんな中の一枚。あー、恐ろしすぎる、私の二の腕・・・。25歳とは思えない。
2009誕生会1.JPG
(左から小野健太郎さん、舟見和利さん、大口兼悟さん、川久保拓司さん)

 他にも俳優の滝川英治さんや三上俊さん、そして日テレ・女子アナの古市幸子さんや延友陽子さんが来てくれました♪ このパーティルームからは東京タワーの夜景がバッチリ見えるので、みんな大騒ぎ。
 シャンパーニュ、ワインを何本開けたかわかりましぇん。そして、こんなケーキも頂いて、最高にハッピーな一夜でした!!
2009誕生会8.JPG
(ほら、ロウソクはちゃんと25歳でしょっ!)

 お祝いと称した飲み会と並んで続いているのが、イケメン俳優さんたちとの会食。まあ、これは来年の舞台のキャスティングのためにビジネス・ミーティングを兼ねたものなんだけど、正直言って役得です。ファンの皆様、ごめんなさい。でもちゃんと仕事の話をしてますから。

 そんな日々が続く中で、ずっと念願だった初ものを続けて食べました!初もの、って私にとって初めて、という方の意味ね。一つ目は行列しないと買えないと評判の「堂島ロール」。偶然並ばずに買えたので、必死に持ち歩いていたのだが、さすがに家に帰るまでは待ちきれず、新宿二丁目のバーで開けてみんなで食べちゃった。二丁目で食べるってところが、私らしいが、上品な甘さでとっても美味。「イヤダ、これおいしいじゃないのー」とママ(っていうかオヤジ)にも好評でしたよ。
Image454.jpg

 そして、そのお返しに、とお店のお客さんからもらったのが、「うまい棒」!!これを言うとみんなに顰蹙を買うし、「お嬢ねー」とかイヤミを言われるので、あまり言ったことがなかったけど、今まで「うまい棒」を食べたことがなかったのだ!!一度食べてみたくて・・・。っていうか、ずっとアイスの「うまか棒」と間違えていたくらいだし。コーンポタージュ味だったけど、美味しかった。袋もカワイイなあ。

 何だか、「堂島ロール」より「うまい棒」の方がウマくて感激したんですけど・・・。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。