カニリカニリカ

カニリカの舞台
■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
ステラ・ミュージカル 夏公演決定!

脚本・演出 カニリカ

≪東京公演≫
【公演日】
2010/7/16(金)〜7/25(日)
【会場】
ル テアトル 銀座

≪神戸公演≫
【公演日】
2010/7/31(土)〜8/2(月)
【会場】
神戸オリエンタル劇場

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ
リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美
…他


■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
 ステラ・ミュージカル
2010/3/19〜3/24[公演終了]
天王洲 銀河劇場

脚本・演出 カニリカ

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ

月森 蓮役:三上 俊
土浦梁太郎役:高橋優太
志水桂一役:小関裕太
火原和樹役:吉野晃一
柚木梓馬役:川村聖斗

冬海笙子役:笹丘明里
天羽菜美役:三好絵梨香
金澤紘人役:進藤 学
王崎信武役:吉原シュート

リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美

東海林 遼・清水一希・宮之脇佳織・吉野由利子
土屋史子・城戸愛莉・舟見和利・斉藤レイ

■「暁の誓い」
2009/4/15〜4/19[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出 カニリカ

【キャスト】
萩野崇/弓削智久/出合正幸/高根研一(Studio Life)

吉村崇(平成ノブシコブシ)/徳井健太(平成ノブシコブシ)
■カニリカプロデュース
 『執事ホテル』

2008/2/16〜2/24[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出:カニリカ
出演: 大口兼悟 村上幸平 溝呂木賢 昇二郎 高根研一/他

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


■舞台『無敵な男達』

カニリカがイケメン俳優を迎えてお送りするハートフルコメディ

作:カニリカ
演出・出演:上田一軒(スクエア)
出演:ホストの皆様:岩大(Studio Life) 村上幸平 萩野崇 北条隆博 篠田仁志(Studio Life) 奈須崇(スクエア) 長尾弘喜
常連客の皆様:小林愛(TEAM 発砲・B・ZIN)星ようこ 滝沢乃南

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


カニリカの作品
連載小説配信スタート!

「ラヴァーズ・ハイ」

 今、何かと話題のクーガーと呼ばれるアラフォーの女性たち。

実際にボーイズバーで彼らを買う女性たちに取材を敢行し、実話を元に描く超リアルな官能恋愛小説。

カニリカが初めて挑む禁断の世界。

配信のお申し込みとサンプル号をお読みになりたい方は、

 ≫こちらから
カニリカの本
小説 執事ホテル

小説版
『執事ホテル』12/18発売
購入する≪

kanirican_100.jpg

このブログがついに本に!
『いや〜ん!ばか〜ん!カニリカーン』
購入する≪



「無敵な男達」とりあえず、初日は開けました。初日からたくさんのお客様にご来場頂き、そして温かい拍手とご声援を頂き、本当に本当にありがとうございました。

 実は、昨日ちょっとした機械のトラブルがあり、オープニングのある部分が欠けてしまい(これからご覧になる方のために詳細は言えませんが)、本当に申し訳ありませんでした。心からお詫び申し上げます。せっかく楽しみにして、しかも6000円という高いお金を払って頂いているのに、心苦しいばかりです。本当にごめんなさい。

 今日から、キャスト&スタッフ一同、気を引き締めて頑張りますので、何卒温かいご声援を引き続き宜しくお願い致します。昨日いらした方々、本当に申し訳ありませんでした。これに懲りずに役者の方々を応援してあげてください。

 昨日の読売新聞の夕刊はチェックして頂けましたか?日テレの「donna」でキャスターも務める鈴木美潮さんのコラムで「無敵な男達」を取り上げて頂きましたっ。ちなみにあれに載っていた写真は本邦初公開のバージョンでみんな微笑んでいて、なかなか良い写真です。

「えー、見逃した」とお嘆きのアナタ、ご心配することありませんぞ。あのとっておきの写真は何とパンフレットに載っています。

 さて、昨日稽古場に行く道すがら、電車の中でその読売新聞を読んでいたのだけど、なんと昨日の夕刊には付録というか広告で「吉本新聞」がついていたのだ!!

 これが面白いの、なんのって。電車の中で大爆笑!ホンモノの新聞のように記事やコラム仕立てになっていて、テレビではなかなかお目にかかれないアホマイルド、トータルテンボス、パンクブーブー、シベリア文太まで載っていて、嬉しいったらありゃしない。天気予報まで吉本の芸人になっているし、いやあ、ホント笑った、笑った。

 隅から隅まで実によく出来ている!さすが笑いの殿堂、吉本。ここのところ、レギュラーの仕事プラス舞台の稽古で、さすがの私ももうヘトヘトだったけど、疲れが吹っ飛びましたわ。これ、絶対保存版!あーりがとさーん!(坂田師匠のマネで)

 稽古も大詰めになってきている。稽古場は先日から変わり、セットを組み、衣装をつけての通し稽古もやった。

 今の稽古場は周りになーんにもないので、皆それぞれ食事をコンビニで買ってきたり、お弁当を持ってきたりしている。これだけみんな一緒にいると、行動が人それぞれみんな違っていて、観察しているだけでも飽きない。休憩時間の使い方もみんな違う。

 ストレッチする人、発声練習する人、ひたすら自主稽古している人、もちろん休憩している人もいる。

 さて、ここで問題。このお尻は一体誰でしょう?ちなみにこの写真を撮ったのは村上さんです。ということは村上さんでないことは確か。これ、一応ストレッチの一環のようだけど・・・。

 これの前はずっと赤ちゃんのように手足をぶらぶらさせて、筋肉を弛緩させていたようだけど、その姿にみんなはクスクス。その姿が、はいこちら!

 これじゃあ、まるで赤ちゃんではなく、病人のようだー!ちなみにこれは私が撮ったんだけど、ピンボケということで、村上さんが見かねてお尻の写真を撮ってくれたのでした。

 今回のキャストメンバーで、「天然!」と言われ、笑いを取っているのは、やはりこの”お尻”篠田さんと北条さんのようです。北条さんは本当におもしろい。その面白さ、是非彼のブログでチェックしてみて。

 

 昨日は衣装合わせだった。ところが、ちょっとしたトラブルがあり、スケジュールが大幅に狂い、役者さんによってはかなり待ったり、あせって来なくてはいけないことに・・・。

 とはいえ、さすが衣装を着るとみんなサマになるからスゴイ!ここでそのほんの一部を紹介しましょう。勿論、衣装はアンタイトルメンでっせ。

  こちらは拓馬の普段着バージョン。ダッフルが可愛いでしょ。すごく似合ってます。


 続いて、慎也のホストスーツ・バージョン。チラシの写真と違って、ジャケットを着てみました。しかし、髪がちと長い・・・。


  ラストはユキヒコのホストスーツ・バージョン。立ち方が既にサマになっている!

 えー、他の人は???というそこのアナタ、全部見せちゃったら、つまらないでしょ。他のキャストの他の衣装は是非、劇場でチェックしてね!

 って、この商売上手!!!しっつれいしましたー!!

 舞台「無敵な男達」の稽古場で流行っていること。それは筋トレ。みんな休憩時間に腕立て伏せやら腹筋やら必死にやっている。どうやら、萩野さんが「黒革の手帖」の楽屋で筋トレに励んでハマったらしく、それをこちらでも続けている。萩野さんが腕立てをやり始めると、北条さん、村上さん、そして岩崎さんが負けじと「イチ、ニイ、サン、シイ・・・」。

 まるで部活の合宿みたいだけど、あれ?篠田さんはやらないのかしら・・・?

 さて、この連続写真は岩崎さんがターンの仕方を村上さんに教えるの図。アテレコ台詞だと思って読んでください。

岩崎「いいか、ターンていうのは、こうやるんだよ」

村上「はいっ。(真剣に聞いている)」

岩崎「一回、やってごらん」

村上「こ、こうでしょうか?ドラキュラ先輩」

岩崎「うーん、足がさあ・・・。えーと。じゃあ、やるから見てて(とターンする)」

岩崎「ねっ、ホラ!決まっただろ。だから、血吸ってもいい?こっちにおいで、幸平くん」

村上「・・・・そ、それだけは・・・。あ、ヤメテ」

 すべて、私の妄想ですから、本気にしないようにねっ。岩崎さん、村上さん、ごめんなさーい。

「無敵な男達」の舞台稽古が続いております。って当たり前か。パンフレット用の稽古風景の撮影も終わり、写真もチェックしたけど、なかなかステキですよ〜〜〜。チラシ、ポスターと同じく、パンフの写真も期待してちょーだいませ、ませ。早く公開したーい!!

 そして、稽古以外に我々スタッフは日々打ち合わせが続く。舞台監督、照明、音楽、衣装、ヘアメイク等々。ああ、こうして段々形になっていくのね。

 そんな中、昨日はスタッフ&キャストの懇親会を兼ねた飲み会でした。キムチ鍋の前でおどける篠田さん。

  そして、そのキムチ鍋のうどんを作ってくれる北条さん。

   以上、無敵な鍋奉行の巻でした。ああ、ごめん、また微妙にピンボケでしたねぇ。次回は頑張ります。

 遂に始まりました、この「無敵日誌」。これは舞台「無敵な男達」の稽古から本番までをずっと追いかけるという特別連載ブログなのじゃー。って、なんで脚本家が追いかけるねん。まあ、細かいことはさておき。

 昨日は顔合わせ及び、初の本読みです。手前の帽子をかぶった人が演出家の上田一軒さん。

  えーと、あれは誰?萩野さん?この後姿は村上さん?あー、イライラする、もっとはっきり写真撮れよー!岩崎さんはどこなの???というファンの声が聞こえてきそう・・・。いや、一回目なんで、あえて出し惜しみしてみました。

 まあ、徐々に色々な写真や稽古場でのエピソードを公開していきますから、今日はこの辺で勘弁してやー。

 皆さん、真剣にホン読みしつつも、初日から和気あいあい。笑いが飛び交っていました。これから一ヶ月頑張りまーす!!そうそう、応援コメントも受け付けますので、よろしくね。みんなでチェックしまーす。

 今週末からいよいよ稽古が始まる「無敵な男達」。早く観たい!と首を長くして待って下さっているファンの方たちのためにビッグニュース!
「無敵な男達」のチラシ

 なんとこの「カニリカニリカ」のブログで今週末から公演中まで、期間限定で「無敵な男達」稽古場日誌、略して「無敵日誌」を特別公開しますっ!それに伴い、なんと今月15日からイープラスでもチケットの販売を開始。平日の夜は公演後キャストによるトークショーも開催される予定なので、こちらもどうぞお楽しみに。(内容とメンバーの詳細は未定)

 この「無敵日誌」、稽古中と公演中は出来る限り更新し、もちろん私だけでなく、キャストやスタッフのコメントも掲載。写真もバシバシ(但しピンボケではない)載せていくつもりなので、どうぞよろしく、ガンガンアクセスしてね!それからこの期間中は普段受け付けていないコメントも受け付けます。キャストやスタッフへの誹謗中傷や全く関係のないコメントは削除させて頂きますが、応援、叱咤激励コメントは大歓迎。どんどん書き込んで下さいね。

 ちなみに先日ホスト役の役者達の私服バージョンの衣装もすべて決定したんだけど、まあ、ホントにどれもカッコよくて、皆似合ってまっせ。

 現在、スクエアの上田一軒さんと奈須崇さんは大阪・中ノ島演劇祭で公演の真っ最中ですが、それを終えると、いよいよ上京。遂に顔合わせ、ホン読み、そして稽古が始まるのであーる。どんな稽古が展開されるのか、楽しみ♪

「無敵日誌」開始までしばしお待ちを!!

初公開!!チラシ別バージョン!世には出なかった物だけど、違いはどこかわかるかな?

「天保十二年のシェイクスピア」で初めて生の藤原竜也様を観てから、すっかり彼にハマっている私。何で今まで生の舞台を観てこなかったのかぁあああ!と悔やみに悔やんだ。

 とりあえず、それ以降はすべて彼の作品はチェックしていることにしている。そして、先日観たギリシャ悲劇「オレステス」。今のところ、カニリカ観劇史上ナンバーワンの舞台「メディア」と同じ、エウリピデス作山形治江さん翻訳、そして泣く子も黙る世界のニナガワ氏演出である。期待は高まる。

 まず、先に物語と芝居そのものについて。「メディア」の時も感じたが、古代ギリシャの時代から人間が犯している愚かな罪はまるで変わっていない、ということ。人間は何も学んでいないのか?「メディア」と同じく今回もまるで昨今の日本の愚かな事件とあまりにもシンクロしていて、ニナガワ氏のその選択眼に舌を巻く。まるで今の私達に突きつけられているようだ。「もっと賢くなれ。先代から学べ」と。

 その点で、原作にはないラストシーンは圧巻で、人間が繰り返している愚かな戦争に対するメッセージは胸を突き刺す。物語の軸となる母殺しにしてもそう。母殺しは大罪であり、絶対にしてはいけないことと古代ギリシャの時代から物議を醸していたというのなら、なぜ今まだ日本でこんなに頻繁に起こるのか?そこに至る人間の苦悩や弱さを誰も救えてこなかったのか・・・。テーマである「この不幸の連鎖は一体どこまで行けば終わるのか?」を改めて考えたとき、ひょっとして終わらないのではないか、という恐ろしい結論に辿り着いてしまうことが果てしなく哀しい。

 そんな壮大なテーマのギリシャ悲劇を藤原竜也はよくぞ支えている。今までと全く違う低音の発声と全身の筋肉を使った芝居で、実に魅せる。ほとんどが上半身裸なのだが、見ていて本当に驚いた。感情の起伏がきちんとカラダ全体に現れるのである。胸のあたりが上気して赤くなったり、怒りで肩の筋肉が震えたり。彼が出てくるだけで、ズズーっと引き込まれてしまう、あの力は何なのか?やっぱり天才なのだろう。「天保〜」とも「ライフ・イン・ザ・シアター」とも全然違う彼を見れた。

 そして、オレステスの友人役ピュラデスを演じた北村有起哉が良かった。彼の芝居もかなり観ているが、そこはかとない色気があり、舞台を引き締める。ニナガワ氏の期待に十分に応えていると思う。

 どうしても藤原君ファンの女性客が多く、夢中になるのはいいけれど、かなり前の席でもひたすらオペラグラスで彼ばかり追うのはどうだろう?ニナガワ氏の芝居は俯瞰で観るからこそ、様式美がわかり、凄さが伝わるのに・・・。あと、いくら何でも雨は降らせすぎだったかも。肝心の台詞がどうしても聞き取れなくなるからねえ。といくつか不満はあるけれど、やっぱり心にずっしりと響く「オレステス」だった。

 さんま師匠主演の「小鹿物語」を観ました。さんまさんのような芸人の芝居をシアターコクーンで演っていいのか、という疑問は残るけれど、それはさておき。(注:ネタバレあるので、これから見る人は読まないほうがいいと思います)

 この芝居、さんまさんだから成立しています。他のどんなうまい俳優が演じようともさんまさん以上に出来る人はいません。だから、さんまさんをこよなく愛する私にとっては、満足でもあり、不満でもあり・・・。説明がうまく出来ないんだけど、さんまさんの投げたボールをキャッチできる人がどうしても少ない。それはコントライブと比べてしまうからだけど。温水さんくらいで、あとは個人的に大好きな中山祐一朗さんがかなり頑張っていた。役者を集めたのだから、当然と言えば当然だけど、それならアドリブっぽい笑い(芝居上はさんまさんが雑談と言っている)を入れなければいいし。ただ、そうなるとさんまさんが不完全燃焼になるし、圧倒的に笑いが減るからなあ。

 観てない人にとってはさっぱりわからない話でごめんなさい。でも以前「奇人達の晩餐会」で見せたジミー大西との天才的とも呼べる掛け合い芝居が強烈なだけに、またあの「涙を流すほど大笑い」の芝居を期待してしまうのだ。ちなみにその時さんま師匠は「芝居っぽくないライブ感を出したい」と考えて、あえてフランスの人気喜劇の翻訳ものに挑んだ。あのとき、「演劇もさんまさんの手にかかるとこんなに大笑いできるんだ」と感動したのを今でも覚えている。あんなに笑った芝居は後にも先にもない。

 だから、余計にねえ・・・。ってなると作品自体の問題なのか、ということにもなるけれど、かなりさんまさんにあて書きしているし。つまり、勿体ない、というのが率直な感想。せっかくの高級食材を生かしきれていない、ということなのかなあ。しかも、さんまさん扮する小鹿に赤紙が来たときのさんまさん、生瀬さん、真矢さん三人のシーンがクライマックスであり、そこでの小鹿の「みんなを笑い死にさせるんや」の台詞がこの芝居の最高の台詞である。それなのに、なぜその後、あんなに話が展開してしまうのか?あそこで終わるべきだったのに・・・。

 真矢みきさんとナイロンの新谷真弓さんも生きてなくて残念。新谷さんとの化学反応を結構期待したんだけど。この作品、いずれ練り直して脇のキャストも変えて再演してほしいなあ。芸人入れちゃダメかなあ。まあ、ってことはやっぱり最高の状態のさんまさんを生で見たい、それに尽きるわけですね。

「アーウィン、なで肩〜〜♪」というギャグが気に入って、ずっと口ずさんでいるだけに、少々不完全燃焼だった。でも、一緒に行った連れの友人がなんとさんまさんとの古くからのお知り合いで、その人が芝居後の飲み会から合流してくれて、ずっとさんまさん話で盛り上がった幸せな一夜だった。

 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。