カニリカニリカ

カニリカの舞台
■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
ステラ・ミュージカル 夏公演決定!

脚本・演出 カニリカ

≪東京公演≫
【公演日】
2010/7/16(金)〜7/25(日)
【会場】
ル テアトル 銀座

≪神戸公演≫
【公演日】
2010/7/31(土)〜8/2(月)
【会場】
神戸オリエンタル劇場

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ
リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美
…他


■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
 ステラ・ミュージカル
2010/3/19〜3/24[公演終了]
天王洲 銀河劇場

脚本・演出 カニリカ

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ

月森 蓮役:三上 俊
土浦梁太郎役:高橋優太
志水桂一役:小関裕太
火原和樹役:吉野晃一
柚木梓馬役:川村聖斗

冬海笙子役:笹丘明里
天羽菜美役:三好絵梨香
金澤紘人役:進藤 学
王崎信武役:吉原シュート

リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美

東海林 遼・清水一希・宮之脇佳織・吉野由利子
土屋史子・城戸愛莉・舟見和利・斉藤レイ

■「暁の誓い」
2009/4/15〜4/19[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出 カニリカ

【キャスト】
萩野崇/弓削智久/出合正幸/高根研一(Studio Life)

吉村崇(平成ノブシコブシ)/徳井健太(平成ノブシコブシ)
■カニリカプロデュース
 『執事ホテル』

2008/2/16〜2/24[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出:カニリカ
出演: 大口兼悟 村上幸平 溝呂木賢 昇二郎 高根研一/他

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


■舞台『無敵な男達』

カニリカがイケメン俳優を迎えてお送りするハートフルコメディ

作:カニリカ
演出・出演:上田一軒(スクエア)
出演:ホストの皆様:岩大(Studio Life) 村上幸平 萩野崇 北条隆博 篠田仁志(Studio Life) 奈須崇(スクエア) 長尾弘喜
常連客の皆様:小林愛(TEAM 発砲・B・ZIN)星ようこ 滝沢乃南

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


カニリカの作品
連載小説配信スタート!

「ラヴァーズ・ハイ」

 今、何かと話題のクーガーと呼ばれるアラフォーの女性たち。

実際にボーイズバーで彼らを買う女性たちに取材を敢行し、実話を元に描く超リアルな官能恋愛小説。

カニリカが初めて挑む禁断の世界。

配信のお申し込みとサンプル号をお読みになりたい方は、

 ≫こちらから
カニリカの本
小説 執事ホテル

小説版
『執事ホテル』12/18発売
購入する≪

kanirican_100.jpg

このブログがついに本に!
『いや〜ん!ばか〜ん!カニリカーン』
購入する≪



 同じ芝居を二回観るのは、さすがの芝居好きの私でもあまりない。覚えている限りで言えば、真田広之さんバージョンの「オケピ」と、明石家さんま師匠の「奇人達の晩餐会」くらいかなあ。二度観ると結構な値段になりますからね。
 だけどこれはもう一回観たいと思った。心から尊敬する劇作家の師匠井上ひさし先生の「ロマンス」。8月中旬に一度観て号泣し、その日のうちにヤフオクで探したくらいだ。
 ロシアが生んだ偉大な劇作家チェーホフに対する壮大なオマージュであるが、そこは井上先生であるから、洒脱なユーモアが満載。それを嬉々として演じる芸達者な役者陣の顔ぶれ。チェーホフを知らなくても、チェーホフを毛嫌いしていても、この「ロマンス」を観ると、「チェーホフを読んでみようかな」という気になるからすごい。
 そして、それよりも何よりも、井上ひさしという日本が生んだ稀代の戯曲家の目を通して、「演劇とは何か」「ボードヴィルとは何か」そして「生きていくことはどういうことか」をチェーホフの人生と照らし合わせながら、話を紡いでいくところが本当に素晴らしい。圧巻である。もう自分がどこに共鳴して感動しているのかわからなくなるくらい、魂が揺さぶられちゃったのだ。「人生の苦しみを和らげるための十二か条」を聞くだけでも十分な価値がある。
 本当はこの感想を1回目を観た後に書こうかどうしようか迷った。そのほうが少しでも観客を増やすことに貢献できるかもしれなかったが、何だか井上ひさし先生だと手放しで絶賛していると思われるとかえってご迷惑か・・と余計な心配までしてしまい・・・。
 でも昨夜観てやっぱり思ったけど、掛け値なく素晴らしい作品で、既に私の中では今年のナンバーワンか!?「コンフィダント」と競っているんだけど。
 30日までです。またまたハードル上げてるかもしれないけれど、まあいいや。まだの方は是非!!本当に昨日は最高な一夜でした♪♪
 9日(日)までしかやっていないので、あわてて更新します。
 下北沢の本多劇場で上演されている「狐狸狐狸ばなし」を是非観てください。笑えます。面白いです。カッコイイです。スカっとします。
 あ、ハードルあげすぎ?ま、いいや。
 現在、毎日夜は会議で芝居を観られないので、平日のマチネーに行けそうかなとわかると直前になって、ヤフオクや当日券などで買い、劇場に駆け込んでいます。
 病み上がりだし、終わればすぐに仕事に戻らないといけないし、ちょっと面倒な気持ちにもなったけど、ケラ様の芝居だからと頑張って走っていきました。
 再演だとは知らなかったけれど、メインの4人が実に良かった!篠井英介さん、板尾創路さん、六角精児さん、そしてラサール石井さん。皆本当にハマリ役。まるでこの4人のためにあてがきされたかのような設定。中でもラサールさんがこういう芝居をするとは!出色の出来ばえ。見直してしまいました。
 ケラ様自身が「子供から大人まで楽しめる娯楽作」と説明しているように、おバカなところが満載です。コントや吉本新喜劇が好きな人にもお薦めです。
 そして、この作品が明治の戯曲家、北条秀司氏によるもの、というところが又すごい。でもやっぱり演出家の手腕だなあ。恐れ入りました。
 気がつけば、更新が三週間も遅れていた!!いやはや、どうもいつも謝ってばっかりで。本当にどうもすみません。
 実はこれにはワケがあり、今度創刊される定期購読のみの女性誌「おんならいふ」という雑誌で、私が会いたい人に逢う対談コーナーという、何とも夢のような連載が始まる。そのプレ創刊号でお会いしたのが「川上君」こと沢村一樹さんだったのだが、彼との対談の様子をまずは記事にアップしようと思ってスタンばっていた。ところが、私のパソコン音痴のせいもあり、頂いたデータの写真がうまく載せられず、他の可能なデータを待っていたら、どんどん日が経ってしまって・・・。
 こんなことなら、それを待たずに他の記事をアップすればよかったっす!本当にごめんなさい。アーンド、6月はなぜかすごく忙しかったのだ。毎日何かしらの会食があるし、見なくちゃいけない舞台は多いし、その合間に出張したり、放送作家講座が開講したり、来年のプロジェクトの打ち合わせなどあったりで。

 てなわけで、まだ6月は一週間あるけれど、二回にわたって、ここ数週間で見た作品(他人に教えたい編)と行ったレストラン(こちらは他人に教えたくない編)を一挙まとめて紹介しちゃいます!

 まずは、観た芝居&映画&ライブ(順不同)
・「コクーン歌舞伎三人吉三」
・「大日本人」
・「R−1リターンズ」
・「獨道中五十三次」(中日劇場)
・「RED HOT CHILI PEPPERS」
・「ザギンの野暮天」
・「グレゴリー・コルベール ashes&snow」
・「カイリー・ミノーグ・ナイト」

「三人吉三」はコクーンの初演も見てるけれど、凄みが更に増して、勘三郎さんには何か降りている感じだった。あと七之助&勘太郎が本当に上達したなあ、としみじみ感心。七之助の後姿に泣けました。
「大日本人」は、うーん、評価が難しい。松本人志監督だと思えば笑えるところが多く、彼だから許せるような・・・。一緒に観た舞台演出家ともしばらく悩んで語り合ったけれど、結論出ず。
「R−1リターンズ」は必死に追加公演のチケットを取った甲斐があり、いやあ笑った、笑った。椿鬼奴の「カラオケでジャズっぽく歌う方法」というネタに爆笑。そして、チュートリアル徳井の「ヨギータ」キャラはホントに秀逸!ナマで観れて幸せ♪どした。
 名古屋の中日劇場まで行った甲斐があったのが、おもだかやの「獨道中五十三次」。春猿さんが珍しくボケ役で、笑三郎さんと客席に降りてきて客いじりをするので驚いた。滅多に観られない歌舞伎コメディですな。

 無理に時間を作って行ってよかったのが台場のグレゴリー・コルベール「ノマディック美術館」。映像も写真も圧倒された。あれがすべて合成なしなんて!新宿2丁目のクラブで行われた「カイリー・ミノーグナイト」もゲイ満載で面白かったっす。

 いやいや、まとめて書くと長文になっちまいますなあ。次回はグルメ編を近日アップしまっせ。

ここのところ、かなり積極的に芝居観てます。って、いつものことか。
 ケラリーノ・サンドロヴィッチ氏の「犬は鎖に繋ぐべからず」は初めて彼が岸田国士の戯曲を演出したのだけど、青山円形劇場をあんな風に美しく使う人もいないのではないか。各シーンがまるで一遍の絵画を見るようで、なんというか、今までに観た事のないような舞台だった。小津の世界にも通じるものがあったなあ。勿論、ケラですから、笑いも散りばめてあったんだけど、いつものケラ・ワールドとは異なる趣きで後からじわじわ染みてくる感じだった。緒川たまきが艶っぽかったなあ。
 どうして、この人は毎回こんなに違う演出を考えられるのだろう。脳みそ、分けてください!!

 毎回違う演出といえば、最近その演出技法と画期的なアイデアにすっかりハマっている蜷川幸雄さんの「藪原検校」。ロープを使って、こう来たか!とびっくり。昔は難解で苦手だったのに、今ではすっかり蜷川ファン。大尊敬する井上ひさし先生の名作をこんな風に演出するとは・・・。でも往年の井上ファンにしてみると地人会がかつて演じた「藪原検校」の方がいいという意見もあるみたいで、難しいわねえ。だって、天下の蜷川さんだってそんな風に比べられるのだから。「藪原」を初めて見た私にとっては十分斬新だったけど。
 
 っていうか、井上ひさし先生のホンがすごすぎ。歌詞も毎度口があんぐり開くほど、素晴らしい!古田新太さんが挑む早物語は圧巻!台本にして12ページにも及ぶそうだけど、一回もトチるところか、噛みもしない。この超長台詞、古田さんは稽古初日に完全にマスターしていたというから、恐れ入る。役者のみなさーん、聞いてますかー!

 あらゆる手を尽くしたけれど、入手できなかった吾郎ちゃん主演の「魔法の万年筆」。当日券を朝イチで電話したら、何とラッキーにもゲットできた!一番後ろだったけど、もう諦めていたので、かなり嬉しい。吾郎ちゃん(知らないので一般ファンのようにちゃんづけです)は「ヴァージニア・ウルフなんかこわくない」が良かったので、期待したんだけど、うーん・・・・。(これで察してくれい!)いや、吾郎ちゃんは頑張っていましたよ。
 でも、ストーリーというか展開というか。え、それなの?これって、どこまでがジョーク???ニューヨークが舞台といいながら、ちっともニューヨークに見えず、むしろ田舎臭いのはなぜ?大好きな河原雅彦さんも良さが生きてなかった。小林隆さんも。女優さんの選択がかなり謎だったし。吾郎ちゃんが惚れる相手がなぜこの三人?
 今は作る側の気持ちが痛いほどわかるから、ラストで悩んじゃったんではないかと思う。ちょっとしたさじ加減なんだけど、ちょっとずつ何かが違う感じ。
 不思議なことにこの作品を観ていて、三谷幸喜さんの抜群のさじ加減とその洗練されたセンスを改めて実感した。彼自身は決して都会的な洗練されたタイプには見えないけれど(三谷さんごめんなさい)、彼の作り出す舞台はすごく洗練されている。洒落ているのだ。衣装も音楽もセットも、そして芝居そのものも。どこもかしこも「粋」である。

 ケラさんも蜷川さんもすごく「粋」。私も「粋」な芝居を作りたいなあと常々願っている。難しいっていうことはようくわかってますけども。

 更新が遅れに遅れていて、本当にどうもすみません。最近この「どうもすみません」と言う時は、ついつい地下室にご祝儀袋を隠していた人を思い出してしまうが・・・。

 それはさておき。ここのところ、なぜか午前様の連チャンでした。観劇が続いたもので、芝居後の食事が盛り上がり・・・って感じ。

 しみじみと良い芝居を観させて頂きましたと感動したのが、三谷さんの新作「コンフィダント・絆」。ゴッホやゴーギャンなどの画家の4人の話だけど、いやあ、面白かった。面白かったというのは笑いの部分というよりも物語というか、人物の描き方とでも言いましょうか。見終わった後にすごく切ない気分になる。そこが今までの三谷さんの作品とちょっと違うところでしょうか。ゴーギャンはあんな人だったのかも?と思いを巡らせながら観ても面白い。でも何よりも中井貴一さんが秀逸だったなあ。

 紅一点の堀内敬子さんはとても達者な役者さんなのですが、超美人というのではないし、お色気ムンムン(←ふるっ)のタイプでもない。4人の男性が彼女に好意を寄せるというのが、少しリアリティがないような気がするんだけど、三谷さんはいつも戸田恵子さんとか、どちらかというとそういうタイプの女優さんを起用する。「それが不思議」と一緒に行った男性に言ったら、「それが狙いなんじゃないですか。この人なら口説けるかも、というレベルのほうがリアリティが出るのかも」と言われて、なるほどナットク。

 中村信二郎改め錦之助襲名披露公演はラッキーにも千秋楽が観られた。口上はいつ見ても楽しい。実は錦之助丈は信二郎時代に拙著「二十一世紀歌舞伎組参上」で何度か取材させてもらっていたので、すごく思いいれがある。同じ舞台に坂東弥十郎丈と市川門之助丈も並び、何だか懐かしさも込み上げて来た。勿論もう手の届かないような存在になったわけだけど、彼の得意とする「つっころばし」の演技を堪能できて嬉しい限りだった。

 ラストの「魚屋宗五郎」はさすが勘三郎さんだけあって、いっきに持ってっちゃった感じ。今、酔っ払いを演じさせたら、この人の右に出る者はいないのではないか?心の底から笑いました♪勘三郎さんの笑いの間はもう天才的!!観劇後のお酒が盛り上がったこと。

 そして、昨日は小田井涼平さんが出ている「雨に笑えば」を観に行った。彼には以前「どれミゼラブル」という舞台に出てもらったんだけど、楽屋に伺うと、何とそこにはライダーが三人勢揃い!?村上幸平さんと萩野崇さんも同じ日に観に来ていたのでした。まるで「コトブキ!」の同窓会かって感じだけど、三人揃うと壮観ですわ。(みんな背高いしね)

 千鳥足で家に着けば、なんと「無敵な男達」のDVDが届いていた。何という繋がり・・・。しかし、さすがにすぐに見る気力は残っておらず、バタンキュー(←これもふるっ)でした。

 なぜか最近池袋づいている。来年行うあるプロジェクト(発表できる時期になったら、真っ先にここで発表します!)の場所やら打ち合わせやらリサーチやらで、なぜか池袋に通うことが多いのだ。

 ついでに乙女ロードに寄ったりしている。アニメイトに初めて入ったときは、あまりの衝撃にふらふらした。その理由は入った人ならわかるはず・・・。

 今度創刊される雑誌の打ち合わせも池袋の「韓花房」(電話6907−9101)という韓国風王朝カフェで行われた。ここは従業員がオール韓国人のイケメン男性というコンセプトカフェ。韓流好きの女性にはたまらないらしく、めっちゃ混んでいた。韓国イコール焼肉という概念を覆す、非常にオシャレなメニューである。三段重ねのお重を頂いたが、これがまた韓国版松花堂弁当のように綺麗で彩り豊かである。野菜が中心だからとてもヘルシーだし。

 何に驚くって、お店に来ている女性達が皆嬉しそうにはしゃいでいて、従業員に(多分)カタコトのハングル語を話しているのである。恐るべし韓流。4月のドラマで「ホテリアー」も放送されるしな。何たってヨン様出るわけだし。ヨン様って久々に言った気がする。

 嬉しそうにはしゃぐといえば、昨夜話題のミュージカル「BLEACH」を観てぶっ飛んだ。アニメに忠実に再現したミュージカルとはいえ、結末を観客は皆知っているはずなのに、休憩に入る前の一幕の最後で、観客がどよめくのだ。思わず漏れたため息のよう。本編が終わった後のミニライブ(?)でもファン達がものすごく興奮しているのがわかる。そのリアクションに驚いてしまった。こんな熱気に溢れた舞台はあまり観たことがない。

 それだけではない。終演とともに皆が脱兎のごとく、ロビーに走っていく。「トイレか?」と思いきや、違うのだ。公演記念グッズを買うために並ぶのである。こんな光景も初めて見た。アニメを読んだファンでないとストーリーはわかりづらいのだが、独特の世界観はようくわかる。これぞ「萌え〜!」という感覚。やはり、日本の文化は奥が深い。

 10日に「無敵な男達」の千秋楽を無事終えることができました。最後の最後まで熱いご声援と温かい拍手、本当にどうもありがとうございました。

 千秋楽ということで、ちょっとしたスペシャルバージョンになっていましたが、楽しんで頂けたでしょうか?アンコールの千秋楽ドンペリコールも何とか形になり、ほっと一安心。でもこれも本当に観に来て下さった皆様のお陰です。感謝してもしきれません。本当に本当にどうもありがとう!!

 頭からまだ台詞の数々やDJ19が作ってくれた音楽が頭から離れないけれど、余韻に浸る間もなく、昨日の打ち上げも早々に引き上げ、溜まった仕事の山を目の前にして、ため息の嵐・・・。そして、今日から怒涛のごとく、疲れたカラダにムチ打って働いていますよ(泣)。あー、このまま年越しなんだろうな。レギュラーの番組に加え、エッセイと小説の執筆がいよいよ迫っていて、イケメンホストたちを間近で見て喜んでいたのももう遠い過去よ・・・。

 今回の舞台にはたくさんの俳優の方にも来て頂けて、本当に嬉しかった。堀江慶さんにも久しぶりに会えたし、瀬戸朝香さんも面白かったと喜んでくれました♪

 また次の舞台でも観客の皆様に喜んでもらえるよう一生懸命頑張りますので、どうぞ応援してくださいね。6千円という高いチケットにもかかわらず、アンケートやブログにわざわざ感想を書いて下さった方も本当にどうもありがとう!できる限りすべてのものに目を通していまして、今後の参考にさせてもらってます。皆様の拍手や感想が何よりの励みになり、疲れもすべて吹っ飛びましたから。布団が吹っ飛んだ〜!(失礼)

 あ、最後にカルトクイズの答えね。意外とカンタンだったかしら?心理ゲーム(飼いたい動物)を実際にやっていたのは、岩崎大さんです。それから、遼の苗字は実はありません。いや別に意味はないんだけど、女優のりょうさんに引っ掛けて、あえて彼は苗字を無しにしたんです。え、そんなの、ありえねー?すいません。でも私は個人的に司馬遼という答えは気に入りました。秋刀魚遼でもいいし、学生遼でもいいんだけどね。ま、一人くらい苗字がいなくてもいいじゃあーりませんか。

 はい、次回から通常のブログに戻りまーす!無敵日誌ご愛読ありがとうございましたっ。

「無敵な男達」の公演も残すところ、あと3日の5公演。長いようであっという間。だけど、ここで油断して失敗などしないようにキャスト&スタッフの人たちには気を引き締めて千秋楽までいってほしいと願うばかりです。

 観てくださった方の激励のコメントやファンの方のブログでの温かい感想のお言葉など、本当にどうもありがとう。どれもこれも私にとっては何よりもすごい栄養剤です。勿論厳しいご意見もちゃんと受け止めております。

 それから、連日マスコミの方や芸能人の方がお見えになってくださって、「面白かった」と言ってくれて、本当に嬉しい限りです。今回はなぜか(?)男性の方にも評判が良く、「男ゴコロがわかっているねえ」と感心されることしきり。そりゃあもう、あれぜーんぶたくさん取材した実話ですから・・・。私の経験もいくつか散りばめられていますし、実際のモデルが多く存在しているんですよ。

 某女性誌の編集長が鋭く見抜いて「コミカルに描いているけど、これって今の日本社会の大きな問題を鋭くえぐっているわね」と仰ってくれたときには、本当に飛び上がって喜んでしまいました!わかってくれた方がいただけで作家冥利に尽きます。

 先日、昨年「コトブキ!」に出演してもらった川合千春ちゃんが観に来てくれたんだけど、痩せて益々キレイになっていました。キレイといえば、私のもう十年来の親友である市川春猿丈もその美しさで劇場で目立ちまくっていましたよ(笑)。いつも辛口の彼に「よく書けてたわよ」と言われ、こちらも大感激。春猿さん、先日本を出されたんですよ。その名も「女づくり」(徳間書店)。これを読めば、どうすれば美しくなれるかわかりまっせ。今の私のバイブルです!

「無敵な男達」もやっと折り返しの中日に。平日の夜は終演後のトークショーもあり、キャストもスタッフも気合でこのまま千秋楽まで突っ走る、って感じでしょうか・・・。

 そんななか、私だけが知っているカルトクイズを二つ。観た方でもこれからの方でも決してネタバレにはならない、というかこれぞ正真正銘のネタバレのクイズです。分かった方はコメントくだされ。舞台の感想も書いて下さると嬉しいなっと。

 カルトクイズその1:「スピリチュアルホストクラブ・ソウルメイト」で拓馬が客の悦子に心理ゲームを出しますが、あれはホストの5人の中の一人が実際にオフタイムのトークネタで使っていたもの。さて、それは誰?

1.岩崎大 2.村上幸平 3.萩野崇 4.北条隆博 5.篠田仁志

 カルトクイズその2:劇中やパンフレットをようく見るとそれぞれの役の苗字がわかるようになっていますが、実は萩野崇さん演じる遼だけ、どこにも苗字が出てきません。さて、彼の苗字は何だと思いますか?想像してみてください。(ヒント:これはすごく難しい)

 正解は千秋楽後に発表しまーす!あと他にもたくさんカルトクイズがありますんで、時間のあるときに更新しまーす。

 いろいろご心配をおかけしましたが、2日目からは無事に大きなトラブルもなく、毎日公演を行っています。まあ、役者達が台詞噛んだり、飛ばしたりはあるけどね。とほほ。

 連日たくさんのお客様にお越し頂いていまして、私がテレビの仕事で知り合った仲良しの日テレの女子アナさんたちも駆けつけてくれました。松本しのぶさん、古市幸子さん、そして「スッキリ!」でお馴染みの阿部哲子さん。

 そして、なんと昨日はびっくり!ツバッキーこと椿隆之君が来てくれました。ツバッキーは昨年の「コトブキ!」に出てもらったんだけど、髪形がすっかり変わっていて、全然気づかなかった。「カニリカさん!」と声をかけられ、びっくり!楽屋はライダー四人勢揃い!!なんて贅沢。

 さてさて、今日から平日の5日間は、夜の部公演終了後に出演者によるトークショーを行います。私が司会を務めさせて頂きますが、どんな話が飛び出すかは、観てのお楽しみ♪でーす。

 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。