カニリカニリカ

カニリカの舞台
■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
ステラ・ミュージカル 夏公演決定!

脚本・演出 カニリカ

≪東京公演≫
【公演日】
2010/7/16(金)〜7/25(日)
【会場】
ル テアトル 銀座

≪神戸公演≫
【公演日】
2010/7/31(土)〜8/2(月)
【会場】
神戸オリエンタル劇場

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ
リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美
…他


■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
 ステラ・ミュージカル
2010/3/19〜3/24[公演終了]
天王洲 銀河劇場

脚本・演出 カニリカ

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ

月森 蓮役:三上 俊
土浦梁太郎役:高橋優太
志水桂一役:小関裕太
火原和樹役:吉野晃一
柚木梓馬役:川村聖斗

冬海笙子役:笹丘明里
天羽菜美役:三好絵梨香
金澤紘人役:進藤 学
王崎信武役:吉原シュート

リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美

東海林 遼・清水一希・宮之脇佳織・吉野由利子
土屋史子・城戸愛莉・舟見和利・斉藤レイ

■「暁の誓い」
2009/4/15〜4/19[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出 カニリカ

【キャスト】
萩野崇/弓削智久/出合正幸/高根研一(Studio Life)

吉村崇(平成ノブシコブシ)/徳井健太(平成ノブシコブシ)
■カニリカプロデュース
 『執事ホテル』

2008/2/16〜2/24[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出:カニリカ
出演: 大口兼悟 村上幸平 溝呂木賢 昇二郎 高根研一/他

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


■舞台『無敵な男達』

カニリカがイケメン俳優を迎えてお送りするハートフルコメディ

作:カニリカ
演出・出演:上田一軒(スクエア)
出演:ホストの皆様:岩大(Studio Life) 村上幸平 萩野崇 北条隆博 篠田仁志(Studio Life) 奈須崇(スクエア) 長尾弘喜
常連客の皆様:小林愛(TEAM 発砲・B・ZIN)星ようこ 滝沢乃南

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


カニリカの作品
連載小説配信スタート!

「ラヴァーズ・ハイ」

 今、何かと話題のクーガーと呼ばれるアラフォーの女性たち。

実際にボーイズバーで彼らを買う女性たちに取材を敢行し、実話を元に描く超リアルな官能恋愛小説。

カニリカが初めて挑む禁断の世界。

配信のお申し込みとサンプル号をお読みになりたい方は、

 ≫こちらから
カニリカの本
小説 執事ホテル

小説版
『執事ホテル』12/18発売
購入する≪

kanirican_100.jpg

このブログがついに本に!
『いや〜ん!ばか〜ん!カニリカーン』
購入する≪



 それは去る日曜の朝のことだった。年に1回行われる明石家さんま師匠のコント・ライブのチケット発売日。このコントライブが毎年大人気で、実は一度もチケットが取れたことがない。多分、皆さんは「どうせギョーカイ人なんて知り合いに頼んでチケット取るんでしょう」と思っていることでしょう。そう思われても仕方がない。

 しかし、私はほとんどのチケットはeplusをはじめ、フツーに先行予約や一般発売で買い、それでも買えなかったときはヤフオクを利用している。よっぽどのことがない限り、ギョーカイのつてを使うということはしない。っていうか、私のような小物作家ではそんな力ないんで・・・。当然このチケットも先行予約とか色々電話するのだが、買えた例がない。

 くー、一度でいいからさんまさんのコントライブを見たい。そこで、昨年はダメもとでさんま師匠の番組のスタッフに頼んでみた。すると当然ながらスタッフの中でも申し込み制限があり、外部の人なんかに回ってくるワケがない。今年も残すはヤフオクか、と思ってチェックするが、ものすごい値段にハネ上がっている。

 ううー。私は決心した。過去にやはりこういう苦い思いをした「オケピ!」の争奪戦のとき、一般発売の日にあれこれと策をめぐらし、フツーのチケット販売機でB席を一枚ゲットできたではないか。あれにもう一度トライしてみよう!と。残念なことに扱うのはローソンのみ。予約電話で毎年繋がらない悔しい思いをしているから、やはり店舗購入に賭けよう。今回も人が来なさそうなローソンをあらかじめ調べ、その店に10時前から張ることにした。だが、購入の手順で手間取っては大変である。三日前にネットで調べて機械の購入の仕方をシミュレーションしておく。

 そして、発売日当日の朝。普段は絶対早起きなんてしないのに、緊張のため早く目が覚める。別にマラソンを走るわけでもないのに、なぜか準備体操などして、カラダを整え、狙ったローソンに自転車で向かった。しめしめ10時前だというのに機械の前には誰もいない。あまり前から並んでいて、独占していると肝心の10時のときに他の人に譲らなくちゃいけないようなムードになるので、ここはあえて機械の隣で雑誌などを読み、直前に移動できるようにスタンバっておく。しかし、食い意地が張っている自分はつい「dancyu」を手に取り、焼きなすの美味しい作り方を真剣に読みふけってしまった。ふと気づくと一人のオヤジが機械の前に。えーっ!時計を見ると10時5分前。オヤジがのろのろとした手つきで何かを購入している。私は心の中で叫んだ。

「オヤジ、早くしろよー。10時になっちゃうじゃないか。何買ってるんだよ、小林幸子か?藤あや子か?家で電話しろよ」

 するとオヤジが嬉しそうに何かのチケットをゲットし、機械の前を離れた。10時1分前。あわてて機械の前に陣取る。しかし、予想外の展開に心臓がバクバク言い出した。こういう予想外の流れに超弱い私。この1分前というのが微妙なんである。アクセスすると「まだ発売前です」というメッセージ。これが厄介である。予約電話でもそうだけど、10時ちょうどに繋がるようにするには大体何秒前からボタンを押せばいいのか?早すぎてもダメだし、遅いともう「込み合っています」になる。

 深呼吸してもう一度アクセス。すると既に「込み合っています」の表示。あー、ダメだ。またしても。何度もトライするが「込み合っています」のまま。仕方なく携帯電話を取り出し、画面操作しながら予約電話もかけるが、こちらもずっと話中。ディズニーランドが見えているのに、浦安駅で門前払いされているような、そんな気分。今年もまた見られないのか、コントライブ。焼きなすなんかに気を取られるんじゃなかった。哀しくなってきた。10時6分、7分、8分・・・時間は刻々と過ぎていく。もうダメだ、繋がったときには売り切れになっているはずだ。と、そのとき、やっと回線が繋がった。

 再び心臓がハネ上がる。「落ち着け、落ち着け」。ここで間違えるとせっかく繋がったことがすべて水の泡。しかし、私はこういう肝心なときに限っていつも間違えて違うボタンを押してしまったりするのだ。銀行のATMなどでは絶対間違えないのに。「オケピ!」のときもそれで一回悔しい思いをした。ゆっくりと確実に順番にボタンを押していく。ところが、「会員ですか?」の質問で間違えて「ハイ」を押してしまう。あちゃー、ここで「戻る」にすると回線が切れるのでは?と汗が吹き出た。だが、切れずにやり直すことができた。

 そして、ついに申し込みまで来たそのとき、「名前を記入してください」とある。しかも漢字とフリガナと両方。えー?今から考えれば田中でも山本でも適当な名前でよかったんだが、正直に自分の漢字を入れようとしてしまった。ところが本名の「可児」は非常に珍しい漢字であり、変換のリストのすごーく後にある。なかなか見つからず、あわてて間違えて一つ前の「蟹」を押してしまった。まずい甲殻類じゃないのに。また戻って訂正した。これで下の名前も正しい漢字を探していたら手間取るに違いない。一番上にあった「理科」で選択してしまった。すると何回もやり直したせいか、フリガナが「カニカニカニリカ」になっている。ぎゃー、どうしよう、訂正しないとダメなのかと思ったけど、イチかバチかでそのままにして「申し込み」ボタンを押す。

 画面の中で「ただいま回線と接続中です」とのんきに接続している様子を示した機械の画が踊っている。この時間がすごーく長く感じる。一体何をやっているのか?「この漢字とフリガナあっていないんじゃない?」とかモメているんだろうか。汗が吹き出てくる。ふと画面の隅を見ると、時計は既に10時16分である!そんなに私は入力に手間取っていたのか。あー、もう完全に売り切れる時間だ。

 すると、しばらくして画面表示が切り替わった。「チケット引換券をお取りになり、レジでお支払い下さい」やったー!バンザーイ!遂に取れたのである。長年の夢だったさんま師匠のコントライブ!嬉しさのあまり、機械の前でしばらく呆然としていた。レジで引き換えるとき、思わず顔がゆるみニヤついていたので、店員が怪訝そうに見ていたが、そんなことはどうでもいい。なんだかフルマラソンを完走したような爽快なこの気分。なんだろう、この充実感。席はかなり後のはじっこだけど、いやあめでたい、めでたい。あまりに疲れたのか、ウチに帰ってから昼寝してしまった。

 友人など私をよく知る人物にとっては周知の事実だが、私の趣味は若作りである。つい先日ヘアメイクのマサさんに勧められるまま、ストパー(ストレートパーマのことをこう言うんですってね)をかけてからというもの、更に拍車がかかった感じである。お世辞とわかっていても「二十代にも見えますよ」と言われ、嬉しいったらありゃしない。

 といい気になって、お笑いに関しても若い子たちに人気な芸人たちを理解しようと必死に勉強しているのだが、やっぱりボロが出た。

 これの前のブログで、オリエンタルラジオのことをトランジスタラジオと書いてしまったのだ!恥ずかしー!っていうか、トランジスタラジオっていつの時代だよ。ブラウン管とか真空管とか言っちゃうよ。

 お笑い系の作家に指摘された。ま、まずい。素直にオール阪神・巨人や上沼恵美子が好きとか言っていればよかった。でもホントに武勇伝♪好きなんですよ〜。これからも間違いがあったらバンバン指摘してください。日々精進しまーす。

 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。