カニリカニリカ

カニリカの舞台
■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
ステラ・ミュージカル 夏公演決定!

脚本・演出 カニリカ

≪東京公演≫
【公演日】
2010/7/16(金)〜7/25(日)
【会場】
ル テアトル 銀座

≪神戸公演≫
【公演日】
2010/7/31(土)〜8/2(月)
【会場】
神戸オリエンタル劇場

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ
リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美
…他


■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
 ステラ・ミュージカル
2010/3/19〜3/24[公演終了]
天王洲 銀河劇場

脚本・演出 カニリカ

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ

月森 蓮役:三上 俊
土浦梁太郎役:高橋優太
志水桂一役:小関裕太
火原和樹役:吉野晃一
柚木梓馬役:川村聖斗

冬海笙子役:笹丘明里
天羽菜美役:三好絵梨香
金澤紘人役:進藤 学
王崎信武役:吉原シュート

リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美

東海林 遼・清水一希・宮之脇佳織・吉野由利子
土屋史子・城戸愛莉・舟見和利・斉藤レイ

■「暁の誓い」
2009/4/15〜4/19[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出 カニリカ

【キャスト】
萩野崇/弓削智久/出合正幸/高根研一(Studio Life)

吉村崇(平成ノブシコブシ)/徳井健太(平成ノブシコブシ)
■カニリカプロデュース
 『執事ホテル』

2008/2/16〜2/24[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出:カニリカ
出演: 大口兼悟 村上幸平 溝呂木賢 昇二郎 高根研一/他

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


■舞台『無敵な男達』

カニリカがイケメン俳優を迎えてお送りするハートフルコメディ

作:カニリカ
演出・出演:上田一軒(スクエア)
出演:ホストの皆様:岩大(Studio Life) 村上幸平 萩野崇 北条隆博 篠田仁志(Studio Life) 奈須崇(スクエア) 長尾弘喜
常連客の皆様:小林愛(TEAM 発砲・B・ZIN)星ようこ 滝沢乃南

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


カニリカの作品
連載小説配信スタート!

「ラヴァーズ・ハイ」

 今、何かと話題のクーガーと呼ばれるアラフォーの女性たち。

実際にボーイズバーで彼らを買う女性たちに取材を敢行し、実話を元に描く超リアルな官能恋愛小説。

カニリカが初めて挑む禁断の世界。

配信のお申し込みとサンプル号をお読みになりたい方は、

 ≫こちらから
カニリカの本
小説 執事ホテル

小説版
『執事ホテル』12/18発売
購入する≪

kanirican_100.jpg

このブログがついに本に!
『いや〜ん!ばか〜ん!カニリカーン』
購入する≪



 スカパーなど、CSに契約してない人にはごめんなさい。フジテレビ721の「すべらない話」のスピンオフが非常に面白い。これはもちろん「人志松本のすべらない話」の別バージョンでその晩の主人(あるじ)が変わるのである。

 「ジュニア千原のすべらない話」はまあ本家でも番頭みたいなものだから、至極真っ当なスピンオフであり、安心して爆笑できる。だけど、昨日初めて見た「大輔宮川のすべらない話2」は凄かった!絶対に地上波では放送できないネタばかり。ま、つもり下ネタですね。それもかなりきわどい。

 面子が豪華だ。宮迫博之(雨上がり決死隊)、原西孝幸(FUJIWARA)、三又又三、有吉弘行、佐田正樹(バッドボーイズ)、RG(レイザーラモン) である(敬称略)。お笑い好きにとって豪華ってことね。中でも独走していたのが、今ノリに乗ってる有吉さん。なんたってSM女王の話はするわ、少年時代のティッシュの話はするわ、宮迫さんいわく「君がこの番組の限度をどんどん広げている」。極めつけは「ニラ」の話である。彼女のお尻にニラの葉っぱがついていたというのだが・・・、オチは秘密。

 他にも「。ほっしやんのすべらない話」やこれから放送の「準一河本のすべらない話」(出演はヒデ(ペナルティ)、岩尾望(フットボールアワー)、入江慎也(カラテカ)、黒瀬純(パンクブーブー)、山田ルイ53世(髭男爵)、西森洋一(モンスターエンジン) とちょいマニアック)があり、楽しみ♪。

 主人によって展開や話のテイストがかなり変わるし、ジュニアさんが主人になると彼の天然ネタを後輩芸人のタケトなどががんがん暴露するので、本当に面白い。

 ジュニアさんといえば、昨日は千原兄弟のコントライブ「ラブ」の発売日だった。朝9時半にはパソコンの前にスタンバイし、何とかチケットは取れたけれども、10時8分には完売になってたから、恐ろしい。しかし、何度やってもネットでチケット買うのってあせるよなあ。余計なEnter押しちゃったり、ついブラウザで戻ってダメになったり・・・。

 ちょうどその前週はクドカンの舞台、前日は「ムサシ」で同じくチケット取りで苦戦したから、本当にあせった。「ムサシ」なんてアクセスすらできない内に完売だもの。泣きましたよ。先行は全部落ちるしさ。クドカンのチケットが取れたのが奇跡なくらい。やっぱり小栗旬と藤原竜也の共演は今年一番の話題なのかも。でも千原兄弟のコントに行けるから、我慢しまーす!



 

 先日行ってきました!「LIVE STAND OSAKA2008」。いやあ、お笑いの聖地で見る吉本の笑いの祭典は、やはりすごい盛り上がりでテンション上がりまくり!!でしたっ。

 インテックス大阪の中で、会場がいくつかに分かれているんだけど、ライブ会場以外のフードエリアに大阪の名店(たこ焼き、ねぎ焼き、お好み焼き、豚まん、肉吸いとか)が集まっているんだもの。嬉しいったらありゃしない。それにもう一つのイベント会場にはカンテーレこと関西テレビの番組ブースも勢揃い。
 やしきたかじんさんや上沼恵美子さんの等身大パネルにも出会えましたわ(泣)。

 肝心のライブの方は、「CONA−MON STAGE」がかなり広い会場で1万人は軽く入る。でっかいステージと巨大モニターで見る、コント、漫才の数々。個人的にはFUJIWARAのコントがバカウケでした。そして、いよいよ15時から始まった「LIVE STAND 新喜劇」。なるべく前に移動して観たけれど、藤井隆さん、山田花子さん、山崎邦正さん、そして今田耕司さんがステージに現れるともう観客は大騒ぎ。
 そして、そして、遂に岡村さんが出てきたときは、まるでロックコンサートのような叫び声がたくさん上がり、観客の興奮はマックスに。いやあ、岡村さんの人気は本当にすごい!!

 岡村さんと池乃めだかさんの猿と猫の戦いとか、岡村さんと島木譲二さんのボケ&ツッコミなど二度と見られない豪華なギャグに、もう私は興奮しすぎて倒れそうでしたわっ。ラストに岡村さんはオカザイルの踊りを披露して、1万人が「きゃあぁぁあああ!」という大歓声。ここは東京ドームかっ!?

 いやあ、本当に大爆笑させてもらいました。岡村さんもすっごく楽しそうに初の新喜劇を演じてました。また東京でこの豪華な新喜劇やってほしいなあ。その後、平成ノブシコブシさんのライブをしっかり見て(詳しくは暁の誓いのブログにアップしまっせ)、彼らに挨拶して、会場を後にしました。

 夜は大好きな道頓堀の「今井」でうどんすき鍋をつつく。これで二人前だけど、きれいでしょう。
200811231932000.jpg
「今井」に来ると結局いつもきつねうどんを食べるのだけど、今回初めてのうどんすき。とっても上品な味で、本当に美味しかった!!身も心もあったまる優しい味わい。このおつゆのお風呂に入りたいと真剣に思った・・・。今回は一泊のみの大急ぎの旅だったので、たった1回の夕食をどこでとるか、それが最大の悩みで連れと「どうする?どこにする?」と何度も迷ったけど、やっぱり「今井」にしてよかった。おみやは勿論「きつねうどん」です。

 やっぱりLIVE STANDは大阪で見るに限るかも!?
 今、毎日「アナパラ」を見ています。といっても視聴者としてではなく、もちろん作家として。いろいろ苦戦しているので、今ここで何を言っても、きっと言い訳に聞こえてしまうでしょうから、何も言いませんが、コメンテイターの方々にはいろいろとご迷惑をかけているというか、頑張ってもらっています。
 ケンコバさんは先日ご自分のコラムで「危機管理」と題してゴルゴ13の話をしていた。これがすごーく面白かった。多分深夜のアメトーク「ゴルゴ13芸人」を見た人はもうお分かりだとは思いますが、要はゴルゴ13に傾倒しているわけですね。だけど、この話が本当に面白く、私は思わずコミかるで借りようかと思ったほど。知らない人はブックオフのURLをご覧あれ。

 それにしても、今週(先週?)はなかなか収穫があったなあ。ヒロミゴーのうたばんとか、やりすぎコージーの村上初夜話とか、さだまさしの生放送とか。一応「チェンジ」も見ました。まあ、あんな感じかな、と。それよりもやはり「アラウンド40」と「ラスト・フレンズ」が面白い。あと地味なところで「トップセールス」も見逃せない。

 先週は初めて吉本の事務所がある小学校に行ったり、ともさかりえちゃんに会ったりと、結構テンションが上がりました。三上真史君が出ている「ロストデイズ」の舞台にも行きました。彼は相変わらず腰が低く、本当に礼儀正しいというか、あったかーい青年です。おもいっきりイイテレビの民宿ロケも本当に頑張ってくれています。

 今、実は来年に行う舞台のことで日々動いているんですが、日々いろいろ思うのは「誰のために芝居を作るのか」ということ。もちろん私は観客のために作るのが絶対第一と信じて生きてきたけれども、世の中にはそうでない人も結構いまして、それとどう戦うのか・・。そんなことを感じながら、今動いています。なかなかうまく行かないもんですねえ、世の中は・・・。なぜ、そんなに欲に目がくらむというか、勘違いしてしまうのか???不思議です。

 三谷幸喜さんの言葉を思い出しながら、無心に作るしかないなあ、と自分を戒めています。つらいことを暴露できないのがつらいけれど、そんなこと笑って乗り越えたいと思います。

 
猴WjAQ.JPG 今年も麻布十番祭はすごい人。昨年は40万人来たそうだけど、年々人が増えている気がする。だって動けないもの。1日で10万以上はいるってことでしょ?そりゃあ、アータ無理ですってば。お友達が「十番祭行ってみたい」というので、久しぶりの休みに女優、音楽家、演出家という豪華な顔ぶれの仲間が揃った。といっても目的は飲むことですが・・・。飲み続けて、ウチでなぜか大貧民をやり、宴会終了。
 そして、みんなが帰った後、「やりすぎコージー」と録画した「ジュニア千原のすべらない話」を見る。そう、これは「人志松本のすべらない話」のスピンオフなのだ。こういう時は「入ってて良かった、スカパー」とつくづく思う。新鮮なメンツで本編とはまた一味違う笑い。そして癒される・・・。
 そう、最近忙しい合間の私のとっておきの贅沢というか、リラックスタイムは千原ジュニア様の番組を見ることなのだ。たまたま教えている放送作家講座の生徒に同じくジュニアファンがいて、彼女が録画しておいた番組をいくつもまとめてDVDに落としてプレゼントしてくれたのであーる。しかもご丁寧にCMは全部カットしてある。
 夜中、会議で疲れて帰って、ビールを飲みながらジュニア様の番組を見て、あの夢のようなひとときを思い出す。そう、対談したあの日である。
 ちょっと眠そうな顔で対談場所に到着した彼は、スラっと細身で手にスポーツ新聞だけ手にしていた。そして、想像以上に人見知りで、ほとんど人の顔を見ずに下ばかり向いている。だけど、こちらの質問に真剣に一つ一つじっくり考えて答えるのだ。バラエティ番組でトークがぽんぽん飛び出すあの人物ととても同じとは思えない。
 一言で形容するならシャイ。その意外性というかギャップにますますやられてしまった私である。アイタタタ。
 私自身会えて話ができただけで、相当舞い上がっていたし、幸せ♪と思っていたので、とてもくっついて写真を撮るなんて図々しくて言えるわけがない。ところがカメラマンさんが「もっとくっつきましょうよ」と指示してくれて、二人して照れながら撮られた写真がコレ。
猴WjAP.JPGまあ、ジュニアさんは照れるというより、カンベンしてくれよーという気持ちだったのかも。本当に無理を言ってすみませんm(__)m
 いやあ、それにしても本当に素顔のジュニア様はステキ!でした。しっかりサインももらってしまいました(照)。私のアイタタぶりは「おんならいふ」という雑誌の創刊号で読むことができます。次回の対談相手は俳優の中井貴一さん。きゃあーー。これ又テンションあがるし、大緊張!!どうしませう・・・。
「じーんせい、楽ありゃ、苦もあるさアー♪」
 明治座で「水戸黄門」を観てから、ずっとテーマソングが頭の中で鳴っている。仕事の関係で観たのだけど、いやあ新鮮だった。
 観客の年齢層は非常に高く、皆芝居の間、ずっとフツーの音量で喋るのだ。「あれ、誰?」「え?」「あれは誰?」「へ?」耳が遠い老人同士だから、会話がちっとも進まない。だけど、例の印籠が出るシーンでは皆手を叩いて大喜び。
 それよりももっと大騒ぎになるのが、やはり由美かおるさんがミニで脚を出した忍者姿で通路を降りてきたときだ。おじいちゃん大コーフン。ダイジョブだろーか?
 何が面白かったって、私の隣のガイジンのリアクション。一人でわざわざ明治座に来るなんて、よっぽど時代劇が好きなのか、黄門マニアか?とフシギに思い、聞いてみた。「つかぬことを聞きますが、台詞は全部わかるんですか?」と。この「つかぬことは」って、「エクスキューズ・ミー〜」と言ったわけではない。「アイ・ワンダー〜」と話しかけてみたわけだけど。
 すると彼は首を振る。「全然。でも雰囲気でわかる」とニッコリ。そして、印籠マークのついたパンフレットを大事そうに抱えていた。彼は劇中で行われる基本中の基本の手品に「OH!」と声を上げた。あれであんなに驚くなら、マリックとか観たら腰を抜かすはずだ。彼は一人でハシャぐところが多く、一体どこがツボなのか全くわからない。
 唯一日本人とシンクロしたのは、由美かおるの登場。やはり彼女の魅力は万国共通なのか。よっぽど彼女の年齢を教えてあげようかと思った。「ドゥ・ユー・ノウ〜〜?」彼女がもうすぐ還暦と聞いたら、きっとたまげるに違いない。そして、第二部の歌謡ショーでは、更に手を叩いて大喜び。「ジャズ」と称されたコーナーで思いっきりロックを歌う由美かおる。70歳の里見浩太朗さんが17歳の光源氏に扮して歌うし。ラストは全員でヨサコイソーランを踊るのだ。す、凄すぎる、この歌謡ショー。イギリス人もびっくり!のはずだ。
 その翌日は、念願の大銀座落語祭へ。去年チケットが取れず、非常に悔しかったが、今年はなんと楽日のチケットがプレオーダーで取れた。一部は桂小枝師匠と松村邦洋さんのナイトスクープ・コンビ。久しぶりに小枝さんの古典「くしゃみ講釈」が聞けてカンゲキ。松村さんの「ものまねプロジェクトX」も面白かった。小枝さんとは以前「ワイドスクランブル」で一緒に仕事をしたこともあり、久しぶりに楽屋に訪ねた。
200707190916000.jpg

 楽屋には小朝師匠や柳家花緑師匠などが次々と現れ、私は超テンションが上がった。お笑いの人がたくさんいるとどうしても興奮してしまう私。二部では初めて花緑師匠の落語を拝見したが、俳優として活躍しているだけあって、すごくドラマチック。そして、三部はこの大銀座落語祭の大トリ、鶴瓶師匠の「たちきれ線香」。私は生まれて初めて落語で涙を流した。それくらいの大熱演だった。
 あー、こんなことなら他のブロックのチケットも取って、ハシゴすれば良かった・・・。来年の大落語祭は絶対にたくさん観てやるぞ!
 毎日本当に目まぐるしい。そして、毎日刺激的なことばかりで、本当に楽しいのだ。自慢だと思われても仕方ないけれど、毎日「楽しいなっ♪」と思っていると、楽しいことってホント続く。この超楽天的な性格は生まれつきなんだから仕方ない。
 何で、こんなに楽しいかというと、ここ数日お笑いに関して恵まれたいたのだ。
 まずは伊東四朗さん主演の「社長放浪記」のチケットがヤフオクで定価以下で落札できたこと。プレオーダーでも一般発売でも買えず、周りの知り合いにも頼んだが全くダメで、半ば諦めていたのに、偶然ヤフオクで買えたのだ。この芝居が超面白くて大爆笑!三谷さんの久しぶりの原点というか、真骨頂だと思った。三宅裕司さんの演出の仕方も素晴らしかったんだと思う。もう、おバカなんだけど、笑いがどんどん重なって、おなかがよじれるほど笑った。
 中村メイコさんと伊東さんとの共演というのも「お笑いオンステージ」以来だし。って言っても若い人にはわからないっすね。減点パパとか書いてもわかんないか・・・。
 それから、もう長い付き合いの立川笑志さんの「今夜はかなりE」に行った。今回のゲストは春風亭昇太師匠で、こちらのライブも笑った、笑った。笑志さんは初の創作落語にチャレンジし、しかもSFもの。なかなかおバカで良かったし、昇太師匠の名作「マサコ」が生で聞けて感激!おもじろがったでず。
 一足早く観たマイケル・ベイ監督の「トランスフォーマー」。これが又すごい!面白い!お金がかなりかかっているんだけど、それだけのいわゆるハリウッド映画でなく、笑いの部分が結構あって、楽しんで創ってるなあという気持ちが伝わってくる。ラストに向っていくにしたがって、トランスフォーマー達に感情移入するというか、彼らが愛しく見えてくるんだよねえ。フシギ。しかし、CGの技術進歩にもびっくらこく。
 そんな中、仕事で色々新しい人達にも出会い、またこの方たちが皆刺激的で素敵で、早く一緒に何かやりたいなあと今からワクワクしている。そして、以前ここでも書いたけど、遂に千原ジュニア氏にも会った!彼は本当にチャーミングな人だった。そのときの様子は後日詳しく書くけれど、一言で言うならば「天才は天才だと自覚していない」ということ。そのレベルを超越していて、無我の境地なんだとわかりました。私なんて邪念だらけで、どうもすみませんと謝ったくらい、でした。
 今日は今日で、明治座で「水戸黄門」を見て、その後カンテサンスで友人の超デリシャスな結婚披露パーティ・・・。あー、充実しすぎて怖い!続きはまた後日。

 R−1ぐらんぷりの決勝をリアルタイムで見た。いやぁ、笑った、笑った。準決勝から決勝に勝ち残ったメンバーがちょっと意外(あべこうじが落ちるとは!)ではあったものの、やはり、なだぎ武のディラン・マッケイは強烈だった。友近演じるキャサリンなしでもあれだけの完成度とは。

 ディラン・マッケイは言わずとしれた全米の人気ドラマ「ビバヒル」のメインキャストで、90年から10年間に渡って放送されたが、日本では「高校白書」「青春白書」と登場人物が高校を卒業してからNHKが邦題を変えた。ちなみにキャサリンは実際には登場しない。昨年あたりからなだぎ&友近はこのビバヒルネタをやっていたけれど、何でまた急に?と笑いながらもフシギだった。LaLaTVでやっていて、それでハマったのか?それにしてもなだぎ武のマネは本人のルーク・ペリーというよりも吹き替えの小杉十郎太の声にそっくり!!

 一話も欠かさず全部見たビバヒルフリークの私にとって、このネタはたまらないのだけど、勿論ビバヒルを知らない人にとっても相当おかしいハズ。顔は全然似てないけど、喋り方と息の吐き方(やたらアァーンッと言う)など特徴はそっくり。小杉十郎太は知っているのだろうか?

 ディラン・マッケイという役は資産家の放蕩息子で、ドラッグはやるわ、アル中になるわ、クラスメートと次々寝るわの問題人物で、いつも仲間を引っ掻き回していたが、ルーク・ペリーの甘いマスクが全米で大人気だった。だって、何シーズンか終わった後、彼は姿を消したのだけど、何年か経ってドラマにカムバックしてきたとき、ラジオで「ディランが帰ってくる!」と何度も放送されたのを実際にアメリカで聞き、驚いた。そして、フツーに「これからのビバヒルはどうなるか?」と女性同士が夢中になって喋るほどだ。

 非常に惜しまれる中、幕を閉じたビバヒルだけど、その数年後にたまたまアメリカに出張していて、「芸能人水泳大会」のようなバラエティ番組をやっていた。その司会をしていたのがルーク・ペリーだったのである!「おいおい、おりも政夫みたいになっちゃったの?」とその落ちぶれた姿にちょっとショックだった。最近は特に噂を聞かないなあと思ってたら、なんとレニー・ゼルヴィガーと付き合っているとか。そして、なだぎによるルークいやディラン復活。ルークはこの今頃の、ビバヒルブーム再燃を知っているのか?どうせなら又NHKでやればいいのに。

 飼い犬の名前(ちなみにドナ&ケリー)までビバヒルから取った私にとって、友近にブレンダかケリーをやらせるとか、なぜかスティーブが出てくるとか、今後できれば少々マニアックなビバヒルネタも盛り込んで欲しいなあ。一度だけ、キャサリンとディランが教室で「好きなもの古今東西」(アメリカ人なのになぜ古今東西?)をやるネタで、ディランがつい「ケリー」と何度も言ってしまうのを見て爆笑したけど、それ以降見ていないし、「やりすぎコージー」でなだぎが「ピーチピットのナットさん」の話をしていたので、超ツボだったんだけど、みんなポカーんとしてたから、無理かな・・・。

 とにかくなだぎ武さん、おめでとう!これでザ・プラン9も東京でも人気になってくれるかも。嬉しいなっと。

 10月に入って、初めての更新。そう、ずっと舞台「無敵な男達」の追い込みで大変だったんです。週末には演出家との打ち合わせで大阪まで出張。せっかく大阪まで行くのなら、と早起きして京都に寄り、ずっと気になっていた割烹「祇園花霞」でランチを頂き、お寺を三軒ほど見て回った。京都の話はまた別で書くとして、いやあ、たった一日半大阪にいるだけで、なぜこんなにネタを仕入れられるのか?めっちゃ中身の濃い出張でした。

 今回演出をお願いする上田一軒さん率いるスクエアは、11月に行われる中ノ島演劇祭の稽古の真っ最中、のはずが、台本の直しのため、真剣に会議をしていた。それが終わって、稽古場の近くにあった串カツ屋でメンバーと初めて飲んだ。さすが、関西人ばかりに囲まれて飲むと話が面白すぎて、聞き役になってしまう。あー、いかん、いかん、ここでツッコまな、と思うのだが、まるでアメリカ人に囲まれてるたった一人の日本人みたいになって、気持ちばかりあせってしまって、いつものテンポがでない。ただの気取った東京人に見られたのではないかと、ホテルに帰って猛反省。って、仕事の話の中身を気にせいって。

 ホテルに帰ると、なんと先日東京で観た「ダイナマイト関西」を放送している。全部見たっちゅーのに、つい見てしまって、就寝が3時すぎに・・・。翌朝、朝刊をチェックすると、昼から「たかじんの胸いっぱい」に藤山直美はゲストで出ているし、吉本新喜劇はやってるし、午後は上沼恵美子の特番を4時間くらいやってるし、「あービデオに全部録って帰りたいよー」。藤山直美さんといえば、「芋たこなんきん」は毎朝欠かさず見ている。板尾さんの作家の先生役が可笑しい。結局ずっとテレビを見るためにホテルにいるわけにもいかず、難波の「今井」でうどんを食べた後、うめだ花月に向かう。

 いつもNGKばかりだったので、初めてのうめだ花月はとっても新鮮!桂三若という落語家が私としては大ヒットのめっけもんどした。噺は面白いし、まあまあのイケメン。博多のどんぴしゃも中居君にそっくりでなかなか笑えた。帰り際にバッファロー吾郎の下敷きとチュートリアル徳井のキーホルダーを発見し、しばらく買おうかどうしようか悩んで動けなかった。結局買わなかったのだが、今思うと買えばよかったと後悔。

 そして、いよいよ上田氏との打ち合わせ。新幹線出発ギリギリまで4時間も話したけれど、やっぱり芝居のネタをあれこれ話すのは楽しい。そして、この初の打ち合わせの時点で、上田氏が既に登場人物に愛情を持ってくれていることに感激した。作家冥利に尽きるというもの。稽古は来月からだけど、うーん益々楽しみになってきたわー!

 

 本当は、「50代の挑み続ける男たち」にはまだ続きがあって、コクーン歌舞伎「四谷怪談」の中村勘三郎丈と、「ライフ・イン・ザ・シアター」の市村正親さんも書くつもりだったのだけど、日々色々なことに忙殺され、どんどん月日が経ってしまって、あちゃーと思っているうちに次から次へとネタが溜まってしまっている状態・・・。反省してます。

 やっぱり、ブログは思い立ったが吉日。すぐ書かなくちゃダメね。GW中の、生ジュニアを見て”萌え〜!”となったルミネよしもとの「キングオブ大喜利」や、涙して見た「探偵ナイトスクープ!」のええ話や、スタジオライフの岩崎大君がかかし役で出演したミュージカル「NARUTO」でレギュラーのアドリブにやられた!、話などネタはつきないのだが、今日は敢えてさっきまで大笑いしていた「wat mayhem 2 cheat 3」のことを書く!(って大袈裟に宣言するほどでもないけど)

 これはパイパーの山内圭哉氏がプロデューする公演で、彼が一番面白いと思っている転球劇場の福田転球氏と組んでいるコントユニットのような作品。東京はこれが初めてだったそうだけど、もっと早くから東京でもやってほしかった!と勝手に後悔するほど、おもろかった!いやあ、笑った、笑った。涙流して爆笑してしまった。

 元々パイパーの芝居を見たときに「このおっさん、おもろいなあ」と思ったのが転球氏で、その人があの山内圭哉氏と組むならすごいかも、と思ってチケットを買っておいたのだけど、こんなに面白いとは思わなかった。今のところ、今年一番笑いましたわ。

 謎の二人がいて、やがて4本のコントへと進んでいくんだけど、これが4本とも非常にリアルなあぶないキャラで、二人が見事に演じわける。1本目は、あややのアキバ系の中年の追っかけで、ライブ後に反省会を行う。非常にキモいのだが、この二人がフォークデュオを組むことになり、そのライブの稽古へと続く。この様子がイタくて、笑える。

 コントの合間には、このためにだけわざわざ撮影したというタイでのロケのVTRが流れるが、これがまた超おかしい。そして、調理が全くできないアルバイトの外国人の焼き鳥屋のコント、絶対いそうなダメな劇団の女優の演劇ワークショップのコント、漫才師のコントへと続くのだが、本当にどれもパロディとして秀逸だし、アドリブも凄いし、二人の間というか呼吸はぴったり。

 実は、私の隣に嬉しいことにラーメンズの片桐さんが座っていたのだが、彼も腹を抱えて笑っていた。敢えて注文をつけるなら、全体の構成の入り口と出口がちょっと懲りすぎてわかりづらいかもしれないけれど、本編であれだけ笑わせてもらったから、まあいいか。ただ、中身が殆どないパンフレットの千円はちょっと高すぎです・・・。でも、それも許せるほどのコントだったんで、もしも興味ある方は、これからヤフオクででも競り落としてみてください!(って間に合うのか?)

 そうそう、片桐さんが場内に入っていたチラシをまじまじと見て「トーマの心臓かあ」と呟いていました。この「トーマの心臓」に関する話はまた次回のブログで♪

 悶え苦しむ様子がよっぽど不憫だったのか、そんな些細なことで悩み喘ぐ姿が哀れだったのか、思いがけないクリスマスプレゼントをもらってしまいました!ハイ、買うべきか買わざるべきか悩んだ吉本の手帳です。きゃー!しかも2006年版はアホの坂田師匠の定規付きですっ。嬉しすぎる!!

     

 実はこのしょーもないブログを毎回読んでくださる業界の奇特な方が結構多いのです。ありがたい限りです。よくすれ違いざまに「さんまさんのチケット大変だったね」とか「秘宝館の姪ごさん元気?」など突然言われたりするので、なんで知ってるんだ〜〜〜とあわてるのだが、冷静になって考えれば、ブログに書いていたのでした。テヘ。

 ある日のこと、私は汐留で大変偉い方から呼ばれました。「え?何か怒られるんだろうか?どうしよう・・・」と恐る恐るその方のデスクへ。神妙な面持ちでその方は引き出しから黒いものを出し、「ハイ!」と私の手に。見ると2006年版の吉本手帳!!! ぎゃー!中を見て更にきゃー!バラエティーの番組史が載っているんです。もうテレビ大好きお笑い大好きの私にとっては宝のような年表ですわ。その代わりと言ってはナンですが、来年版は袋とじはなかった・・・。それから今週のギャグではなく、今週の日本三大○○○というのが、ちょっとがっくし。だって、三大鍾乳洞を知るより、ドゥーン!(村上ショージ)を読むほうが楽しいってば。  

 でも頂いたので、文句は言いません。来年もこの手帳に楽しく予定を書きこんでいこうっと。ウキウキ気分で手帳を眺めていたら、その偉い方がもう一言。「日テレの手帳はいる?」「あ、いりません」あまりに夢中になっていたもので、ついうっかり即答で断ってしまった・・・。す、す、すみません。気がついた時には遅かったのでした。  

 ところで、大ニュース!なんとこのブログが出版化されることが決定しました!バンザーイ!!詳細はまた追って発表しまーす!   

 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。