カニリカニリカ

カニリカの舞台
■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
ステラ・ミュージカル 夏公演決定!

脚本・演出 カニリカ

≪東京公演≫
【公演日】
2010/7/16(金)〜7/25(日)
【会場】
ル テアトル 銀座

≪神戸公演≫
【公演日】
2010/7/31(土)〜8/2(月)
【会場】
神戸オリエンタル劇場

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ
リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美
…他


■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
 ステラ・ミュージカル
2010/3/19〜3/24[公演終了]
天王洲 銀河劇場

脚本・演出 カニリカ

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ

月森 蓮役:三上 俊
土浦梁太郎役:高橋優太
志水桂一役:小関裕太
火原和樹役:吉野晃一
柚木梓馬役:川村聖斗

冬海笙子役:笹丘明里
天羽菜美役:三好絵梨香
金澤紘人役:進藤 学
王崎信武役:吉原シュート

リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美

東海林 遼・清水一希・宮之脇佳織・吉野由利子
土屋史子・城戸愛莉・舟見和利・斉藤レイ

■「暁の誓い」
2009/4/15〜4/19[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出 カニリカ

【キャスト】
萩野崇/弓削智久/出合正幸/高根研一(Studio Life)

吉村崇(平成ノブシコブシ)/徳井健太(平成ノブシコブシ)
■カニリカプロデュース
 『執事ホテル』

2008/2/16〜2/24[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出:カニリカ
出演: 大口兼悟 村上幸平 溝呂木賢 昇二郎 高根研一/他

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


■舞台『無敵な男達』

カニリカがイケメン俳優を迎えてお送りするハートフルコメディ

作:カニリカ
演出・出演:上田一軒(スクエア)
出演:ホストの皆様:岩大(Studio Life) 村上幸平 萩野崇 北条隆博 篠田仁志(Studio Life) 奈須崇(スクエア) 長尾弘喜
常連客の皆様:小林愛(TEAM 発砲・B・ZIN)星ようこ 滝沢乃南

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


カニリカの作品
連載小説配信スタート!

「ラヴァーズ・ハイ」

 今、何かと話題のクーガーと呼ばれるアラフォーの女性たち。

実際にボーイズバーで彼らを買う女性たちに取材を敢行し、実話を元に描く超リアルな官能恋愛小説。

カニリカが初めて挑む禁断の世界。

配信のお申し込みとサンプル号をお読みになりたい方は、

 ≫こちらから
カニリカの本
小説 執事ホテル

小説版
『執事ホテル』12/18発売
購入する≪

kanirican_100.jpg

このブログがついに本に!
『いや〜ん!ばか〜ん!カニリカーン』
購入する≪



 10日以上も更新が遅れ、何をやっているんかに?と怒られそうですが、実をいうとなんと仕事の合間を縫ってミュンヘンに行ってました。

 えー、いつの間に?って自分でもびっくりの強行軍のスケジュール。でもレギュラーの仕事は一切休まずに行けました。やりゃあできるんもんなんだな。きっとワールドカップのときは、私以上にタイトなスケジュールで応援に行く人多いんでしょうね。

 で、何をしに行ったかというと、ミュンヘンでライブを行うというフアネス様を観るため。このフアネス、日本でのデビューは6月とこれからなんですけど、全米やヨーロッパではもう既に大人気で、何たってあのTIME誌に「世界で最も影響のある100人」として紹介されたんですから。

 いわゆるラテン・ロックなんですけど、これがまあノリノリになるというか、野生に戻れるというか、人間の根幹に訴えるというか、海外公演では熱狂した女性客がブラジャー外して投げちゃうっていうんだから。それは是非この目で確かめないと!と私もブラを多めに持って、いざミュンヘンへ。

 ライブ前に会ったご本人さまは、ご覧の通りのトレンチコート好きな紳士のご様子。普段は大人しい感じの好青年って感じどすえ。

 誰ですか、心霊写真か?とか言っているのは?私の頭の上で光っているのは、テレビクルーのライトですってば。私も最初頭にユーレイが乗っかっちゃったのかと思いました。

 ところがですね、この翌日ライブを観ると、なんとステージ上では別人のよう。さすが世界中の女性を夢中にさせるだけある!何たって質実剛健の異名を取るお堅いイメージのドイツ人がもう踊る、暴れる、脱ぐ、脱ぐ!ド、ドイツ人、ストレス溜まりすぎなんか?何かつらいことでもあるんか?と思わずツッコミたくなったほど。ドイツでこの盛り上がりなら、アメリカやイギリスは推して知るべし。パンツも飛び交うこと必至ですよ、きっと。


 ライブ終了後、楽屋に訪ねると、フアネス様はもうご満悦。お土産にこのベタなTシャツをもらい、更にニッコリ!そして、このとき私は発見した!!フアネス様、マッチョだったのね〜〜♪早く言ってよ!(ってようわからんが)

 ってことは、昨日のあのトレンチコートの下は素っ裸だったとか?まさか・・・。きゃあああ!妄想が膨らみ、ミュンヘンでも鼻血を出しそうになった。

 なぜだかわからないが、最近やたらと懐かしい人たちに会う機会に恵まれている。会社員時代の同期の人間とバッタリ出会って飲んだり、小学校の同窓会に呼ばれたり・・・。極めつけはこの、私がうら若き乙女時代(そんな時代あったんかい?)に追っかけていた、イケメン二人!!

 まずは一人目。これが誰だかわかった人、多分私と同年代でしょう。いやあ、隠さなくてもいいですってば。はい、これはリック・スプリングフィールドです。なんと先日来日して、ライブを行ったんですよ〜〜!!あまりにも懐かしくて、「懐かしい〜〜!」と喜ぶ同年代の仲間とチケットを買って行ったら、なんとリック様ご覧のように客席にまで来る大サービス!!

 こんなに間近で見られただけでなく、はい、握手までしてしまいました。思えば私はリックの大ファンで、リック会いたさに留学したというほどのアイタタぶり。まさか20年以上経って初めて握手できるとは思わなかった!いやあ、リック若い!かっこいい!まさにロッカーでした!(途中かなり息切れしてたけど)

 若いといえば、もう1人の追っかけた人、寺尾聡様。実は「博士が愛した数式」のPRで「ナイナイサイズ!」のゲストにいらしたんですが、実はこの方も私が学生時代夢中で追っかけた人で・・・。いわゆる「ルビーの指環」時代ですね(年がばれる!)。いやあ、こちらも二十年ぶりにお見かけしましたが、相変わらずスマートでカッコ良くて、心臓がドキドキ言ってました。

 二人とも何てカッコイイ五十代!こんな風に歳を取るなんてステキ!久しぶりに青春が甦る熱い夜でしたわ。

 先週の金曜日、石井竜也さんの二十周年の記念パーティがあった。

 石井さんとはもうかれこれ8年くらいの付き合いになるだろうか。元々は雑誌の取材で知り合ったのだが、その後ソロ活動をしているときに新しいことをどんどんやってみたいと話していたので、FM東京系列の「ディア・フレンズ」のパーソナリティーをやってみませんか、という話を持ちかけたのがきっかけで、長い付き合いとなった。

 それまで女性のDJが務めていた番組を彼の色に染めるのは大変な努力だったとは思うが、石井さんはものの見事にあっと言う間に番組を自分のものにした。

 歌舞伎役者、落語家、俳優、映画監督、作家とどんなジャンルの知らない人を彼に提示してもひるむことなく、石井さんはきちんと予習し、その人に体当たりでぶつかっていく。その様子はゲストの提案及び構成をしている作家としては満足以上の興奮を得るばかりだった。その内に「この人ならどうだ!」とある種挑戦のような楽しみになっていた。

 しかし、その成果は石井さん自身の中に秘めている器の大きさ故であって、元々構成作家が云々言うことではなかったのである。そして、石井さんの番組を構成しながら、自分自身も随分勉強になったことは言うまでもない。

 そんな石井さんがデビューされて二十周年。単純に凄いなあ、と感心してしまう。そして、パーティ会場に飾られたアーティスト石井竜也が造ったオブジェや芸術品の数々を見て、改めて彼の才能に舌を巻いた。

 本当にこの人はすごい。しばしパーティ会場で言葉を失ったのでした。




 今やクラシックもオペラもイケメンブーム。天賦の才能があって、品格があって、ルックスもいい。そんな男に弱い日本女性。

 クラシック界のナンバーワン・イケメン・ピアニストのマキシムがニューアルバム「ニューワールド」のプロモーションで来日した。彼がショーケース・ライブに選んだ場所は、なんとフレンチ・レストランのシェ松尾。実はこのシェ松尾には1898年製のスタインウェイのアートピアノがあり、ラフマニノフ、ルビンシュタイン、ホロヴィッツ、ブーニンなど錚々たる名ピアニストたちが演奏したという代物。

 このピアノでマキシムはアルバムに収められたショパンのノクターンやオリジナルの新曲を奏でたのだが、レストランで聴くクラシックのライブというのはなかなか趣があって良かった。私などは友人のディレクター達と気軽な気持ちで楽しんでいたのだが、5000人の応募から抽選で選ばれてやってきたという熱烈なマキシムファンは、真剣な眼差しでマキシムの指の動きをじっと見詰めていた。彼女たちは背筋をピンと伸ばし、微動だにせず耳を傾けている。これがクラシックの正しい聞き方なのか、はたまたマキシムファンの掟なのか。演奏後のインタビューでも「一言も聞き逃すまじ」という表情で熱い視線を送る。

 実はこのショーケースの司会を務めた女性は古くからの私の友人でもあり、緊張のあまりつい適当なコメントを発してしまっていた。

「このピアノは105年の歴史があり、ラフマニノフ、ルビンシュタイン、ホロヴィッツ、ブーニンなど錚々たる名ピアニストたちが演奏したわけですが、マキシムもその同じピアノを弾いたということで・・・、えーと、・・・宜しくお願いします(頭を下げる)」

 ??? 誰に対して何を宜しくなのかわからず、彼女の性格を知っていることもあり、思わず噴き出してしまったが、周りのファンたちはクスリともしない。いやいや、皆さん、もっとリラックスしましょうよ。しかし、サントリーホールなどで行われるクラシックコンサートはもっともっと厳格な雰囲気だというから、私みたいなお笑い系の人間はこういう場にふさわしくないのかもしれない。

 しかし、そんなクラシックに全く詳しくない私でも純粋にこのマキシムのニューアルバムは楽しめる。「ノストラダムス」という曲はロックのようなドラマティックな展開だし、映画「ある日どこかで」の泣ける名曲も入っている。以前「汐留スタイル」に出てもらったこともあり、ライブ後本人に挨拶したら、完璧な発音で「オー、シオドメスタイル!」と言い、ニッコリ微笑むので、すっかり私も舞い上がってしまい、頭を下げてしまった。

 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。