カニリカニリカ

カニリカの舞台
■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
ステラ・ミュージカル 夏公演決定!

脚本・演出 カニリカ

≪東京公演≫
【公演日】
2010/7/16(金)〜7/25(日)
【会場】
ル テアトル 銀座

≪神戸公演≫
【公演日】
2010/7/31(土)〜8/2(月)
【会場】
神戸オリエンタル劇場

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ
リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美
…他


■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
 ステラ・ミュージカル
2010/3/19〜3/24[公演終了]
天王洲 銀河劇場

脚本・演出 カニリカ

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ

月森 蓮役:三上 俊
土浦梁太郎役:高橋優太
志水桂一役:小関裕太
火原和樹役:吉野晃一
柚木梓馬役:川村聖斗

冬海笙子役:笹丘明里
天羽菜美役:三好絵梨香
金澤紘人役:進藤 学
王崎信武役:吉原シュート

リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美

東海林 遼・清水一希・宮之脇佳織・吉野由利子
土屋史子・城戸愛莉・舟見和利・斉藤レイ

■「暁の誓い」
2009/4/15〜4/19[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出 カニリカ

【キャスト】
萩野崇/弓削智久/出合正幸/高根研一(Studio Life)

吉村崇(平成ノブシコブシ)/徳井健太(平成ノブシコブシ)
■カニリカプロデュース
 『執事ホテル』

2008/2/16〜2/24[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出:カニリカ
出演: 大口兼悟 村上幸平 溝呂木賢 昇二郎 高根研一/他

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


■舞台『無敵な男達』

カニリカがイケメン俳優を迎えてお送りするハートフルコメディ

作:カニリカ
演出・出演:上田一軒(スクエア)
出演:ホストの皆様:岩大(Studio Life) 村上幸平 萩野崇 北条隆博 篠田仁志(Studio Life) 奈須崇(スクエア) 長尾弘喜
常連客の皆様:小林愛(TEAM 発砲・B・ZIN)星ようこ 滝沢乃南

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


カニリカの作品
連載小説配信スタート!

「ラヴァーズ・ハイ」

 今、何かと話題のクーガーと呼ばれるアラフォーの女性たち。

実際にボーイズバーで彼らを買う女性たちに取材を敢行し、実話を元に描く超リアルな官能恋愛小説。

カニリカが初めて挑む禁断の世界。

配信のお申し込みとサンプル号をお読みになりたい方は、

 ≫こちらから
カニリカの本
小説 執事ホテル

小説版
『執事ホテル』12/18発売
購入する≪

kanirican_100.jpg

このブログがついに本に!
『いや〜ん!ばか〜ん!カニリカーン』
購入する≪



 本当に今日は、私の男運を全部使い果たしたのではないかと思うほど、めくるめく楽しい鼻血ブーな一日だった。ま、ある種取材日だったのですが、最初はMOREの読者の恋愛相談から始まり(こちらはつつがなく終了)、読売新聞日曜版の乙武洋匡さんとの対談へと続く。


久しぶりに会った乙ちゃんは髪をブラウンに染めて、相変わらずのイケメンぶり♪でも本人はこの髪型気に入ってないらしい。ステキじゃない!と目をハートにして、いざ対談へ。乙武さんは今新宿区の公務員として働いているので、本当に熱い。彼の教育に対する情熱には頭が下がる一方であり、彼のブログを読んでいると「私にできることはないのかなあ」と日々ジレンマを感じるばかり。私はどうやって、バラエティを見る人達に同じ温度で「今日本の学校で何が起こっているか」を自然に見せられないのか、そればかり考えて悩んでいる。これは今年の私の大きな課題でもある。

 そして、その後TOKYO FMに移動し、いざ谷原章介さんの番組「TOKYO 24 LIVING」へ。しょっぱなから谷原さんのセクシーボイスの「カニリカさん、こんばんわ」に鼻血が噴出しそうになった。何て艶っぽいの。きゃあー、やめて〜〜〜!私はもうそれだけで頭の中は真っ白。はい、、もう死んでもいいと思いました。昨日エステに行った甲斐もあるっちゅーねん!殿ー!

ま、そんな私がドーパミン出っ放しの中、淡々と番組は進み、収録は無事終了。収録中に満面の笑顔で「又遊びに来てくださいね!」と言った殿。「そのカニさんのお気に入りの店に連れて行って下さいね!」と言った殿。でも収録後、私のケータイ番号も店の名前も聞かれませんどしたけど・・・。殿、お戯れが過ぎまする、ってば。

 うーん、ステキすぎです、殿。大奥でも大大奥でもどこでも参上つかまつりまする。枕持って(違うか)!「小早川・・」の連ドラ楽しみすぎっ!声にまず悩殺ざれでぢまいまぢだ・・・。うう。一生殿について行きまするでございまする。ず、ずでぎ・・・。この私の狂乱ぶりは1月21日24:00のTFMでご確認あれ!

 どんどんブログの更新をしてくださいね、と厳しく事務所から言われたので、小ネタを一つ。

 最近OLの人たちの間でやたら話題に上がるもの。

 その1:「その透明感は大人気ない」って、ナンじゃそれ?

 言わずと知れた某大手化粧品メーカーのCMだが、このCMのシリーズが私の周りの友人やら知り合いのOLやらマスコミ関係の女性たちの間で、とにかく評判が悪い。皆口を揃えて言うのは「ナンじゃあれ?」である。意味がとにかくよくわからないのと、ネーミングがダサいという意見が殆ど。フランス語で「化粧する」という意味らしいが、買う気にならんという人までいる。ただ実際にその化粧品を使った人は結構よかったと言っていたので、CMのイメージは恐ろしいなあと思う。彼女たちが残念がっているのは、出ている一流(?)女優たちが美しく見えないということ。確かにその通り!みんな性格悪そうに見えるんですけど・・・。女同士であんなワケのわかんない意地悪な会話しないっつーの!!

 その2:一条ゆかり先生に謝罪してください!

 なぜか今OLの間では一条先生ブームである。恋愛漫画の巨匠と呼ばれる彼女の作品にハマっている女性が最近急激に増加中。そのせいなのか、なぜか次々と三木谷テレビじゃなかったTBSでドラマ化されている。それはいい。しかし、一条先生の大傑作の一つである「正しい恋愛のススメ」のあのキャスティングはないだろう!と一条ファンはみな、テレビに向かってパイを投げつけたとか、つけなかったとか。もちろん私も楽しみにしていて、ドラマを見た途端ぶっ倒れました。許せるのは半田健人君だけ。あとは原作とかけ離れすぎ!である。特に主役の玲子さん、漫画の中ではあんなに美人でかっこよくてセクシーなのに・・・。ミスキャストにもほどがあるってば。だから乗っ取られるんじゃないのー?

 その3:私の家の新聞だけ、どっきり!?

 先週だっただろうか。寝ぼけマナコで朝刊の三面を見てたまげた。訃報の欄に「森進一」とあったのだ。「え!」と思ってようく見たら、同姓同名の企業の社長さんか何かだった。

 翌朝、また朝刊の三面を広げて、腰を抜かした。今度は訃報の欄に「東山紀之」とある。「えーーーー!!!」と声を上げてようく見たら、フリガナに「とうやまのりゆき」とある。別人なのだ。

 しかし、二日続けてこの有名人と同じ漢字の名前。まさか、家のどこかにCCDが付けられているのか? 野呂圭介が出てくるのか?三日目の朝、ワクワクして新聞の三面を開いた。これで「森光子」と同姓同名の名前があったら「ツキコの月」だし「じゃがいもの会」だー!、と一人で興奮して訃報欄を見たが、有名人と同じ名前は見当たらなかった。なぜか、がっくり・・・。

 昨日は「ナイナイサイズ!」の収録だった。ゲストは為末大選手。実は去年ある番組の打ち合わせの後、そのスタッフが「偶然近くにいるので紹介します」と言って、目の前に呼んだのが為末さんだった。

 まるで、どこかのヒップホップのアーティストかと間違えるほど、おしゃれでかっこいいイケメンが為末さんだった。普段アスリートに全く興味のない私もこのときだけは目がハートになった。そして、とっても気さくに「はじめまして、こんにちわ」と笑顔で話しかけてくる。実はスポーツ音痴の私は陸上選手だということぐらいしか知らず、どのくらいすごい選手かわかってなかったため、かえってフツーに話すことができた。そのときのさわやかなことと言ったら。

 後で家に帰って、彼がどのくらいすごいアスリートかを知り、腰を抜かしそうになった。だってまるで新しいイケメンを紹介されて、浮かれて根掘り葉掘り聞く、ただの一般女性のようになっていたのだから。確かフツーに趣味は?とか聞いていた気がする。はずかしー!!!

 その後の世界陸上の大活躍は本当に素晴らしかったけれど、こんなすごい人と馴れ馴れしく話した自分を反省しました。穴があったら入りたい気分。だって確かあのとき「バラエティに興味あります?」なんて聞いちゃったんだから。でもそれにも「楽しそうですね。是非!」と笑顔で答えていたのだ。

 それを覚えてくれていたのかどうか知らないが、「ナイナイサイズ!」でははじけたトークを展開。あの気さくな感じは全く変わらず、私ごときにもまた笑顔で「どうも。こんにちは!」と挨拶してくれた。岡村さんと矢部さんが驚いたように、またもや為末さんはおしゃれなスタイルで登場。とてもトップアスリートとは思えない。でもそのファッションの下にあの頑丈な体が隠されているのだから、すごい。「ナイナイとのトークはすごく楽しかった」と笑顔で帰っていった姿がまた爽やか!どした。

 ちょっと前まで改編時期の前後2週間(例えば秋なら9月第3、4週と10月第1,2週)が特番時期だったのだが、最近は2週目あたりからバンバン特番(シャレたわけではない)が放送され、2時間ものに味をしめた某局などは年がら年中特番を打っている。もうこうなるとレギュラーも何もよくわからなくなって、当たり前だけどレギュラーの初回(或いは最終回)つぶしなんて意図はとっくの昔にどこかへ消えた。

 ま、そんなテレビ評論家のような真面目な分析はさておき、特番時期は忙しい。特番の仕事でかって?いや、そうじゃなくて、予約録画とそれを見るので忙しくなるのだ。ただでさえ普段見なきゃいけない番組が多いのに、特番だとヨダレが出そうなキャスティングが並ぶからマジで困る。いつも以上に真剣にテレビ誌を読まないとうっかりして録画しそこなってしまう。

 そんなこの秋の特番で思わず声を上げてしまったもの。それが「踊る踊る踊るさんま御殿スペシャル」(9月27日放送)である。だって、島田紳助、大木こだま、ナインティナイン、ほんこん(以上敬称略、ごめんなさい)他でっせ。もちろん他のゲストもたくさん出るのだが、この4組だけで鼻血が出そうである。あまりの興奮にスタッフにこっそり収録日を聞いてしまった。そうしたら、番組別の構成で、行列チームとぐるナイチームは別々ということで、既に行列チームは収録済み。異常な盛り上がりだったと聞いた。そりゃそうだろう。うーん、OAまで待ちきれない。ぐるナイチームがたまたまこっそり尋ねた翌日だったので、他の用事をキャンセルしてスタッフにお願いして見学させてもらった。

 いやあ、凄かったですよ。最強のメンツ。あんな生き生きとしたさんまさんを久しぶりに拝見しました。そしてさんまさんの前で緊張する岡村さんに矢部さん。どこまでが計算でどこまでが素なのか、そんなことを考えながら一流の芸人さんたちの丁々発止を見ているだけで、ドーパミンがガーっと出てくる。私は素で大爆笑させて頂きました。OAが待ち遠しいっ!

 ウキウキ気分で帰り、夜自宅ではまたもやヨダレもののお笑い番組を見てしまった。「着信御礼!ケータイ大喜利」と思う人も多いでしょう。そうなんです、あれも見なきゃと思っていたのに、気づいたら時間を間違えていて、気づいたのは銭金を見終わった後だった。司会がせっかく今田さんに代わったというのに、無念!

 ヨダレが出そうになったのは、その後の「やりすぎコージー」。芸人一年目のトランジスタラジオの悩み相談と題して、芸人たちが回答をするというものだったのだが、そのメンツたるや、FUJIWARA、ほっしゃん、次長課長、宮川大輔、バッファロー吾郎である。メイン司会が今田さんに東野さんでサブMCが千原兄弟なんだから、ファンにはたまらない。ってどれだけ吉本ファンか。武勇伝♪武勇伝♪も吹っ飛ぶ、ぶっ飛びネタの連続でかなり面白かった。濃いなあ。このメンツでまんまケータイ大喜利やればいいのに。

 どうでもいいけど、「やりにげコージー」時代から続いているあの後のエロいグラビア系?の女性いらないと思うけど。吉本の芸人に興味のない男性視聴者も取りこもうという、「ギルガメ」時代から脈々と続くテレ東のお家芸かもしれないが、目障りである。まあ、芸人たちは嬉しそうに見えますけど・・・。

 毎度のことながら、選挙速報特番というのはワクワクする。選挙の結果もさることながら、この特番ほど各局の個性が発揮される場もないからだ。ザッピングばかりしているとあっという間に時間が経ってしまう。放送作家として、というよりもホント一視聴者としてのツッコミどころ満載だと思うので、気軽にね、読んでほしいと思うわけね。

 まず、キャスターを誰にするか、これはかなり重要な問題。TBSが筑紫さんと久米さんのダブルで来るとは、かなり頑張った気がするけど、どうしても久米節が目だって、筑紫さんは大人しくしてたなあ。久米さんは田中真紀子をはじめ、政治家との中継になると水を得た魚のようにやっぱり大はしゃぎ。

 はしゃぐといえば、野田聖子。当選はいいのだが、あの黄色い花冠ははしゃぎすぎ。たまげた。

 たまげたといえば、CX。選挙速報のつもりでザッピングしてたら、真っ赤な目をした加藤晴彦が映っていたので、「えーーー!!!」と目を疑ったら、世界柔道の中継だったのね。それにしてもCXはこの日もガンガン世界柔道を放送し、勝負に出ているなあと思った。金メダルを取った薪谷翠選手のぐしゃぐしゃの泣き顔がギスギスした選挙速報の合間に救われた感じがあったけど、あんなに顔をぐしゃぐしゃにしなくても・・・。大泣きしているんだから、インタビュアーも取材を一旦やめてあげればいいのに。

 それにしても「SENKYO WARS」って。そしてあのチンケなセット。スターウォーズファンに媚びた(?)のかもしれないけど、あんなセットにして、よく安藤優子さんが怒らなかったな、と気になってしまった。意外にもCXのコメンテイターとして出ていた櫻井良子さんのヘアスタイルもセットにそぐわないこと、この上ない。

 コメンテイターといえば、日テレには最強の弁護士軍団まで出てましたね。セットの後ろにあるらせん階段を何度もタイトスカートを履いた女性が昇るのは、男性視聴者を少しでもキープさせるためなのか?それならいっそのこと菊川怜ちゃんが階段を上ったり降りたりしたほうがいいと思うけど。

 NHKはこれといったバラエティ性はないんだけど、首都圏の速報を担当していたアナウンサーがメイクした舞台役者のように非常に濃い顔で、妙に惹きつけられて何度も手が止まってしまった。

 まあ、今回の特番で一番驚いたのは、テレビ東京である。テレ東はきっとわが道を行くで、選挙特番をやっているとは思ってもいなかった。だが、なんと田中健やら宅麻伸やら大和田伸也やら一流俳優を使って、今回の解散に至った話をドラマにしていたのだ!それなりに似せていたから更にびっくり。こんなことなら最初から見てればよかった。しかもそのドラマを森元首相に見せたりして、感想を聞いていた。なんと森さんを演じていたのが歌舞伎役者の市川左團次丈である。キャスターが「どうでしたか?」と聞くと森元首相はのたまう。「俺に似てないよ〜。第一俺は純ちゃんて呼ばないしね(小泉首相のこと)」

 そういうこと聞いてるんじゃないだろ。さすが、干からびたチーズ発言の方である。左團次丈の名演もカタナシ。しかし、このドラマを企画し、キャスティングしたテレ東の勇気に心から拍手を贈りたい。

 当落のメンツに関しては憂うこと怒ること多いけれど、それを書き始めるとキリがないので、この辺で。

 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。