カニリカニリカ

カニリカの舞台
■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
ステラ・ミュージカル 夏公演決定!

脚本・演出 カニリカ

≪東京公演≫
【公演日】
2010/7/16(金)〜7/25(日)
【会場】
ル テアトル 銀座

≪神戸公演≫
【公演日】
2010/7/31(土)〜8/2(月)
【会場】
神戸オリエンタル劇場

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ
リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美
…他


■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
 ステラ・ミュージカル
2010/3/19〜3/24[公演終了]
天王洲 銀河劇場

脚本・演出 カニリカ

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ

月森 蓮役:三上 俊
土浦梁太郎役:高橋優太
志水桂一役:小関裕太
火原和樹役:吉野晃一
柚木梓馬役:川村聖斗

冬海笙子役:笹丘明里
天羽菜美役:三好絵梨香
金澤紘人役:進藤 学
王崎信武役:吉原シュート

リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美

東海林 遼・清水一希・宮之脇佳織・吉野由利子
土屋史子・城戸愛莉・舟見和利・斉藤レイ

■「暁の誓い」
2009/4/15〜4/19[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出 カニリカ

【キャスト】
萩野崇/弓削智久/出合正幸/高根研一(Studio Life)

吉村崇(平成ノブシコブシ)/徳井健太(平成ノブシコブシ)
■カニリカプロデュース
 『執事ホテル』

2008/2/16〜2/24[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出:カニリカ
出演: 大口兼悟 村上幸平 溝呂木賢 昇二郎 高根研一/他

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


■舞台『無敵な男達』

カニリカがイケメン俳優を迎えてお送りするハートフルコメディ

作:カニリカ
演出・出演:上田一軒(スクエア)
出演:ホストの皆様:岩大(Studio Life) 村上幸平 萩野崇 北条隆博 篠田仁志(Studio Life) 奈須崇(スクエア) 長尾弘喜
常連客の皆様:小林愛(TEAM 発砲・B・ZIN)星ようこ 滝沢乃南

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


カニリカの作品
連載小説配信スタート!

「ラヴァーズ・ハイ」

 今、何かと話題のクーガーと呼ばれるアラフォーの女性たち。

実際にボーイズバーで彼らを買う女性たちに取材を敢行し、実話を元に描く超リアルな官能恋愛小説。

カニリカが初めて挑む禁断の世界。

配信のお申し込みとサンプル号をお読みになりたい方は、

 ≫こちらから
カニリカの本
小説 執事ホテル

小説版
『執事ホテル』12/18発売
購入する≪

kanirican_100.jpg

このブログがついに本に!
『いや〜ん!ばか〜ん!カニリカーン』
購入する≪



 リアリティショウというテレビ番組のジャンルをご存知でっか?素人が参加するドキュメント・バラエティとでも言えばわかりやすいかも。筋書きややらせのないリアルなドラマといったところ。
 
日本で代表的なリアリティ番組と言えば、やっぱり「あいのり」だが、「サバイバー」など他の番組はなかなか根付かず、今はほとんど見なくなってしまった。
 
 
だが、リアリティ番組大国アメリカでは、この手のリアリティが本当に多い。「シンプルライフ」や「サバイバー」、「テンプテーション・アイランド」などから始まって、今でも多くのリアリティショウがオンエアされている。何たって、一日中そればっかり専門でやっているリアリティ・チャンネルがケーブルであるくらいだから。
 
日本でもFOX、LaLaTV、MTV、WOWOWなど全米の番組を流すCSチャンネルなどで観ることができる。

 
私がかつてハマったのは「ジョー・ミリオネア」という億万長者の独身イケメンが花嫁候補を探すという番組で、全米中の女性からものすごい数の応募があったのだ。そして、最終的に一人の花嫁候補を選ぶまでを全米中の視聴者が固唾を飲んでずっと見守るわけだが、最後の大ドンデン返しが凄かった。 
 
実は、このジョーというイケメン、全然お金持ちでも何でもなく、年収200万くらいの建築現場の労働者だったのである。つまり、本当に愛しているなら、お金がなくても彼と結婚できるのではないか?という究極の選択がその花嫁候補の女性に課せられたわけである。そして、「お金ではなく愛」を選び、見事カップルになれば、番組から1億という賞金が実は用意されていたのである。
 
つまり、愛を選べば、お金も自動的についてくるという巧妙は仕掛けがあったのだ。この最終回は何と全米で40%以上の高視聴率を記録し、ジョーはTIMEの表紙を飾るなど超有名人になってしまった。興味のある人は是非、DVDでご覧あれ。


 そして、現在全米を熱狂させているのが、「ア・ショット・アット・ラブ・ウィズ・ティラ・テキーラ」である。日本ではファースト・シーズンをMTVで見ることができるが、このティラというのはアジア系アメリカ人のモデルでエキゾチックな美人である。
 
彼女は何とバイセクシュアル!全米中から男女問わず恋人を募集し、たった一人のパートナーを決めるまでを追いかけていくわけだが、これがまたすごい。ニューハーフはいるわ、消防署に勤めるマッチョなレズビアンはいるわ、バイセクシュアルの男性はいるわ、とあらゆるジャンル(?)の男女が見れてしまうのだ!
 
それぞれの候補の家族の元を訪ね、相手の親と愛と性について議論したり、誘惑しあったり・・・ともう何が何だかワケがわからないほど、入り乱れていて、超面白い!
 
全米で大ヒットし、一躍人気者になったティラ。現在はセカンドシーズンを放送中だとか。っていうことは最初のパートナーはポイしちゃったの???


 うーん、アメリカのリアリティ番組はやはり見逃せませんわっ!!
 お知らせです!サイドバーに更新するのをすっかり忘れていました・・・。

 5月2日土曜日、夜7時〜8時54分 テレビ朝日系にて放送します。以下はテレビ朝日のホームページから。
 
サタスペ!「天皇皇后両陛下ご成婚50周年スペシャル」
美智子さまが築かれた「家族愛」の感動名場面を、すべて見せます!
日本中がパレードに釘付けとなったあの日から、美智子さまは、皇室と言う伝統の中で、「あたたかな家庭」を作り上げてこられました…
美智子さまが陛下とともに築き上げてこられた家族の絆と新しい皇室の姿に迫ります!


 このスペシャル番組の構成を担当しています。初めて、皇室関係の仕事をしましたが、大変勉強になりました。感動の名場面やエピソードが満載です。どうぞ、ご覧下さい!
 ちょっと前の話になるが、しょこたんこと中川翔子ちゃんと一緒に食事をした。これはJ-waveで現在土曜日の夕方5時から放送中の「東京リミックス族」の遅めの新年会だったのだ。しょこたんとは、もちろん「世界!弾丸トラベラー」でも一緒に仕事をさせてもらっている。
 
 ちょうどバレンタインデーに放送した「男心の極み」をお聞きになった方ならおわかりだが、しょこたんの恋愛観というか、恋愛体験は非常に面白い。番組の相方でもある山田五郎さんが「気持ち悪い!」と連発するほど。

 しょこたんファンなら御存知かもしれないが、彼女の初恋の相手はセフィロス様。「ああ、あの人ね」とわかるアナタは相当のアニメ通でんな。私はアニメに関してとっても疎いので(スーパーサイア人すら知らなかったんだから)、全く知らなかったが、「ファイナルファンタジー」に登場する架空の人物(当たり前だ!)だそうですね。
 そのセフィロス様は、銀髪(金髪ではない!)でまっぱにロングコートを羽織り、たまに包帯を巻いているらしい。何でもそれを確か「包帯萌え〜!」とか「ケガ萌え〜」とかしょこたんが教えてくれた気がするが、最初は何のことかさっぱりわからなかった。
 まあ、鬼のように更新するしょこたんのブログをご覧頂ければ、すぐわかってもらえるが、とにかくこのセフィロス様への想いは尋常ではない。たぶん、ちょっと前にはそのセフィロス様の頭を丸ごとチューしたり、シチューのお風呂に入れちゃってた溺愛ぶりの写真が拝める。ちょっと前といっても、鬼のような更新なのでだいぶ前かも。http://blog.excite.co.jp/shokotan/d2009-02-04

 このセフィロス様の話になるとしょこたんの暴走は止まらない。最初はその新年会でも「合コンすればいいのに?イケメン紹介しようか」とか、いろいろお姉さまとしてお節介を焼いたのだが、ほとんど興味なさそうだった。

 合コンも1回しかしたことがなく、悲惨な思い出だと言っていた。その内に「あー、そんなの面倒くさい。いいや、私恋愛しなくても。セフィロス様がいれば」と宣言していたのだ。何てもったいない!
 
 だって、近くで見れば見るほど、目が大きくて、顔が小っちゃくて、スタイル抜群で、いわゆるしょこたん的に言えば「ギザカワユス!」な女の子なのに、なぜ、なぜ、生身の男に興味がないのー!?

 もったいなーーーーい!!!と宇宙に叫びたい気分(笑)。私がしょこたんのルックスだったら、もう片っ端から合コンして、男を手玉に取って、セレブ婚でも何でもするのにー! でもそんなしょこたんだから、あれだけみんなに愛されるのね!!
 もう、ホントにしょこたん、ギザカワユス!! 
 
 今週は何かすごく目まぐるしい。まず月曜日は「アナパラ」にイケメン俳優の出合正幸君がゲストに出てくれました。他の仕事の打ち合わせがあったので、その後小一時間ほど話したんですが、いやあ、爽やか!そして、真面目。そして、面白い!好青年という言葉がぴったり当てはまる感じです。
 先日、彼が出演した舞台も拝見しましたが、とてもまっすぐで正統派のしっかりした演技に好感が持てました。若いのにものすごく礼儀正しくて、それにも感心しました。
 礼儀正しいといえば、三上真史君も本当に礼儀正しくて、若いのにしっかりしているなあと毎回感心してしまいます。 火曜日に「D−Boys」の舞台「ラストゲーム」を観にいき、なんと出演者全員と挨拶をさせて頂くという贅沢な結果に。私ごときがホントにすみません。三上君はこの舞台のために髪をバッサリ切って丸坊主に!でもなかなか似合っていましたし、彼の熱演は実に爽やかでした。
 それにしてもD−Boysの勢いもすごい!青山劇場の客席を埋め尽くす女の子たち。そして芝居の終盤ではあちこちからたくさんのすすり泣く声が・・・。なんか、いいなあ。こういう雰囲気。テンション上がりました。
 同じく芝居を観に来ていたシャカの大熊君に楽屋でばったり会えたのもカンゲキでした。
 テンションが上がったといえば、今日行ったアンアンの座談会!テーマはズバリ「男はやっぱり顔!」。参加メンバーは韓流大好きの大桃美代子さんと自称ジャニヲタの松本美香さん。なぜか私はヒーロー系イケメン好きとなっていましたが、当然私もジャニーズは大好き。っていうか、結局三人ともそんなジャンル関係なく、ただのイケメン好きでした。
 いやあ、しかし2時間以上喋りまくりましたよ!多分、ハタで聞いていたら、ただのアイタタなアラフォーたち、って感じか。それにしても楽しかったなあ。ただ「誰がどうカッコイイか?」を語るだけなのに、何であんなにテンション上がるんだろう???フッシギー!
 その時の記念写真がこちら。大桃さんは顔ちっちゃーい!!
200806252308000.jpg

 カリフォルニア州がゲイの結婚を法的に認めるようになって、続々とゲイカップルが入籍しているのニュースで見た人は多いだろう。カリフォルニアはやはり進んでいるなあ・・・などと思っている人はDVD「Lの世界」をぜひ見るべき!
 私がアメリカの大学に留学しているとき、ホームステイ先の三女はレズビアンでその当時からそれをまったく隠すことなく行動していた。そして、その彼女にレズビアン・バーにも連れて行かれて、大学生の私は度肝を抜かれた。だから、あれ以来レズを見てもさほど驚かなくなった。だけど、日本にずっといるとその感覚は麻痺する。
 だから、全米の人気ドラマ「Lの世界」を見て、久々にぶっ飛んだ。おおー、こんなことになっているのかと。何たって「フラッシュ・ダンス」のジェニファー・ビールスがバリバリのゲイを演じるのも驚いたが、かなりカゲキなHシーンが多い。ただし、ゲイだけど。
 うーむ、「ラストフレンズ」もこれに影響されたのか?って感じ。
 私は最初「Lの世界」というのはてっきり”L World”の略というか、それの直訳かと思っていた。ところが、ようく見るとlのタテ棒が一本少ない。つまり、原題は”L word"であって、もしもそのまま訳すなら「Lの言葉」とか、意訳しても「Lの意味」あたりだろう。それを「Lの世界」と邦題をつけた人はウマイ!名訳である。
 Ladies,Love,Life,Lieなどいろいろあるが、まあこれのLはやはりLesbianというわけですね。舞台となっているLAのLでもあるが・・・。
 その「Lの世界」に出てくる一番のモテ女、シェーン役のキャサリン・メーニッヒがPRのために近々来日するそうだ。何たって彼女についたキャッチコピーが「女に抱かれたい女」。私は女に抱かれたいとは思わないが、このシェーンはマスキュリンでセクシーで実にカッコイイ。来日がちょっと楽しみ♪
 最近、今まで一度も見たことがなかったテレビ番組を数多く見ている。テレビっ子だった私が放送作家になって、多分一般の人よりはかなりテレビを見ているつもりだったけれど、まだまだ知らない番組があったんだわーと日々感激、感心、そして感動。
 なぜ、そんなことになっているかといえば、尊敬する三谷幸喜さんが映画「ザ・マジックアワー」のPRで出演されている番組を全てチェックしているからだ。
 今日発売のBRUTUSももちろん買ったし。元々ほとんど三谷さんの追っかけのようなもので、作品はほとんど全て見ていたのだけど、対談でお会いして以来、勝手に私のファン熱が上がり、「一本も逃すまじ」とくまなくチェックしているのだ。
 しかし、残念なことが一つ。なぜか「英語でしゃべらナイト」だけは見逃した。再放送があるから大丈夫とタカをくくっていたら、その再放送の時間をしっかり間違えてしまった。クヤシー!!
 でもねー、日々まあ忙しい私にとってあんなに出演されると追っかけて見るのも大変。毎日HDDに録画するものの、もう残りが少なくて不安だもの。普段千原ジュニアさまの番組もほとんど録画しているので、これだけでも相当な録画時間だというのに、これに増して三谷様の出演番組がプラスされたから、何だか毎日HDDの残り時間と追っかけっこしている気分。睡眠不足になりながら、私は何を必死に見ているのか?仕事の番組が録画できなくなったりして、本末転倒である。とほほ。
 だけど、やっぱり「ガキ使」や「めちゃイケ」「VS嵐」などは相当面白かったなあ。「ダウンタウンDX」も楽しみ♪ それにしても、本当に三谷さんのスタミナと努力には脱帽である。最近、テレビで一番見ていて楽しいのは三谷さんと水谷豊さんの二人である。
 とか言いながら、来週の「アナパラ」月曜日には千原ジュニア様がコメンテイターで出演するので、こちらも超楽しみ♪嬉しいなっと。
 前回のブログの内容が「愚痴っぽくて後ろ向きだよー」と何人かの友人に言われたんですけど、ご心配なく。私は超元気、満ちたりた毎日を送っております!!
 先日、「おもいッきりイイ!!テレビ」の中でやっている「美肌泉隊スパレンジャー」のロケに同行しました。実はこのコーナー、スタート当初からあまりにも反響が凄かったので、敢えて私が企画構成しているとは言わずにいました。だって、ファンの皆さんの夢を壊しては申し訳ないと思いまして・・・。

 ただ雑誌のインタビューや読売新聞の鈴木美潮さんのエッセイなどで書かれてしまっていたので、もうバレてるからいいかなと思って。たかだか1コーナーでこんなに話題になったのは、本当に嬉しい限りですけど、まあちょっと昼間に放送するには過激すぎたかもしれませんねえ・・。私はただ単に女性目線のイケメン温泉ルポものがあってもええんじゃないかと思ったんですよ(笑)。

 5人とも見事な脱ぎっぷりで毎回がんばってくれました。ただこのロケ、皆さんの想像以上にハードで、1日で終わればかなりいい方、大体翌日の夜中にロケが終了。東京に戻るのは翌朝です。この日のロケは、レッド(萩野崇)、グリーン(大口兼悟)、ムラサキ(村上幸平)の3人で、初の千葉・館山でした。この写真は3人がうちわ作りに挑戦!
200803070057000.jpg



 続いて、農園の方に菜の花の料理をご馳走になりました。
200803070058000.jpg



 そして、なんと駅前でこんなのぼりを発見!
200803070059000.jpg

 そう、南房総は「里見八犬伝」のふるさとです。何か、非常に縁を感じるなあ・・・。
 土曜日の夜、「秋の夜長もさだまさし」を放送していた。年に数回やるこの生放送が私は大好き。面白いし、必ず最後はジーンと来る。すべてはさださんならではの人格の賜物だ。放送中にさださんあてに突然、鶴瓶師匠から電話がかかってきた。歌舞伎座での高座を終えたところだという。
 そう、師匠は歌舞伎座で「鶴瓶のらくだ」をやっているのだ。私もこの千秋楽のチケットをゲットし、日曜日観に行った。2本の創作落語と「らくだ」。どれも素晴らしく、たった一人の芸が歌舞伎座中を沸かせるのだから、凄い。特に「青木先生」は涙を流して爆笑した。
 最後に大拍手の中、後方に飾られた亡き松鶴師匠の写真の前で鶴瓶さんは何度も頭を下げ、大泣きされていた。うーん、よかった。本当はこの感激を肴に友人とガンガン飲み明かしたいところだったけれど、小説の執筆と翌日の番組出演が控えていたので、早々と帰宅。
 明けて月曜日。生まれて初めてNHKに出演してしまいました。しかもクイズ番組でっせ。実は「クイズモンスター」がクイズ王とクイズ女王の決戦というので、女王の麻木さんから「助っ人に来て!」と頼まれたのだ。他のメンバーは、中井美穂さん、大林素子さん、そして根本はるみさん。私の出る幕ではないと思うが、その泡吹き解答ぶりは11月17日の夜7時半をお楽しみに!
200710292350000.jpg
(クイズ女王麻木さんとおてもやんの私)
 そして何より嬉しかったのが、舞台好きな中井さんと大林さんと色々話せたこと。大林さんは何と月に20本近くは観るらしい。そして、中井さんは当然「らくだ」もチェックされていた。
大林素子.JPG(優しく屈んでくれる大林さんとダメ作家の私)

 そして、相手チームのキャプテン、ラサール石井さんにも初めてお会いできた。思わず「狐狸狐狸ばなし」や「郵便局物語」が面白かったことを興奮気味に伝えてしまった!なんか、ここ数日色々な人からたくさんパワーをもらった気がする。実は色々ストレスが溜まっていたけど、吹っ飛んじゃった♪
 以前にもこの10月改編で目まぐるしい日々が続いていることを書いたが、どの新番組もとりあえず1回目の放送が無事終了し、何となく一段落。
 猛暑の中、あれやこれやと内容企画の会議をずっとやっていた頃が既に懐かしい。たった一つのキーワードがアイデアになり、コーナーになり、そしてもう番組の一部として放送されているのだから、すごいことだ。私はいまだにこの新番組立ち上げという瞬間にとても感動を覚える。
 だって、本当にゼロからなんだもの。でも二ヶ月くらい経つと番組になっちゃっているわけだから。勿論それには大勢のスタッフとキャストの努力の結晶があるわけだが。
 当然、そのバタバタの日々の中、終了した番組もある。
 個人的には「ナイナイサイズ!」の終了がやっぱり感慨深いものがあったなあ。私がまだライターと放送作家を兼業していた二年目に始まった番組。だって、そのときはまだ放送作家として一人前にやっていけるかどうか自信なかったもの。いわゆる三つ目の番組だった。
 ナイナイさんにはとてもお世話になったし、いろいろなことを勉強させてもらった。ロケにも参加したり、ちらっと番組にも出ちゃったり、忘年会などでお話もさせて頂きましたが、すべては本当にいい思い出。作家としてはどこまで役に立てたかはわからないが、個人的にあの番組を心から愛していました。手前味噌ですみません。それだけに淋しいです。
 話は変わって、改編時はチェックしなくちゃいけない番組が多いというのに、これまた見る時間が少なくて本当に困る。現在小説の執筆も佳境に差し掛かっているから、個人的なお楽しみの番組はほとんど見ることができない。わーーーー、おかしくなりそう!!
 あまりガマンも体に悪いので、「めちゃイケ」のオカザイルは見ちゃいました。笑ったなあ。さすが岡村さん!!本当にダンスうまいなあ!!
 そして、何とFOXで遂に待望の「ボストン・リーガル」が始まったのだ!きゃあ、ジェームス・スペイダー様に再び会える!知らない方は「プラクティス」から是非ご覧あれ。今年のエミー賞主演男優賞も受賞したのだから!!3度目ですよ、3度目。「デニー・クレイン」の名セリフもまた聞けるのであーる。何が何だかわからない人はFOXのホームページを見てくださいまし。
 あともう一つ楽しみにしているのが、16日からスーパードラマTVで始まる「HEROES」。どっかの「あるよ」の陳腐な映画ではない。全米で社会現象になった超能力に目覚めてしまった人達の話。
 先日バッタリ再会した音楽評論家の友人が言っていたが、「日本はテレビドラマのスタッフが映画を作るけど、アメリカは映画のスタッフがフツーにテレビドラマを作っちゃうから、規模が違ってすごいんだよね」。まさしくその通り。「ER」もNHKで新シリーズ始まるし、「24」もまだ全部見れてないし・・・。今年の秋も海外ドラマが豊作ですわ。
 会う人、会う人に言われます。「いつになったら、ブログを更新するのか?」と。はい、その通り。すっかり滞りました。私もこんなことになるとは思っていなかったんです。
 7月下旬に北海道に旅して、その翌週にバースデーパーティをまあ盛大にやり・・・。とそこまでは良かった。バースデーパーティで夜中まで飲んだくれていたことがまるで遠い過去のよう。
 そう、誕生日を過ぎて運勢が激変したとしか思えないほど、突然アホみたいに忙しくなったのだ。なんと新番組3本を立ち上げることになってしまった。
 え?自慢してるだけじゃないかって?まあ確かにヒマよりは全然いいし、大変ありがたいことなんだけど、毎晩とにかく遅くまで(26時とか!)会議の連続で、全然夜飲みに行ってないんです。ホントに。そうなると油切れみたいになって、何かきしんでしまうんですわ、私の性格上。
 舞台も8月はまだ3本しか観れていない。え?3本も観りゃ十分だって?ま、確かに・・・。ただね、年齢的なこともあり、ここに来て、徹夜や睡眠不足は本当に堪える・・・。ああ、やだこんなグチ書くの。マッサージも行く時間がないっつーの。
 その合間に来年の舞台の準備も進めているもんだから、本当に・・・。もう私決めましたよ。このブログでそんなグチを書いても仕方ないので、もうそういうことは一切書きません。愉しい話だけ書くことにします。だけど、更新が遅かったら、きっと忙しいんだな、と思って下さい。お願いします。決してサボっているつもりはないんですよー。
 北海道の続き、書けるのだろうか・・・。って、今回もそれを書けばよかったか(反省)。しかし、旭山動物園が遠い過去に感じます(涙)。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。