カニリカニリカ

カニリカの舞台
■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
ステラ・ミュージカル 夏公演決定!

脚本・演出 カニリカ

≪東京公演≫
【公演日】
2010/7/16(金)〜7/25(日)
【会場】
ル テアトル 銀座

≪神戸公演≫
【公演日】
2010/7/31(土)〜8/2(月)
【会場】
神戸オリエンタル劇場

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ
リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美
…他


■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
 ステラ・ミュージカル
2010/3/19〜3/24[公演終了]
天王洲 銀河劇場

脚本・演出 カニリカ

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ

月森 蓮役:三上 俊
土浦梁太郎役:高橋優太
志水桂一役:小関裕太
火原和樹役:吉野晃一
柚木梓馬役:川村聖斗

冬海笙子役:笹丘明里
天羽菜美役:三好絵梨香
金澤紘人役:進藤 学
王崎信武役:吉原シュート

リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美

東海林 遼・清水一希・宮之脇佳織・吉野由利子
土屋史子・城戸愛莉・舟見和利・斉藤レイ

■「暁の誓い」
2009/4/15〜4/19[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出 カニリカ

【キャスト】
萩野崇/弓削智久/出合正幸/高根研一(Studio Life)

吉村崇(平成ノブシコブシ)/徳井健太(平成ノブシコブシ)
■カニリカプロデュース
 『執事ホテル』

2008/2/16〜2/24[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出:カニリカ
出演: 大口兼悟 村上幸平 溝呂木賢 昇二郎 高根研一/他

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


■舞台『無敵な男達』

カニリカがイケメン俳優を迎えてお送りするハートフルコメディ

作:カニリカ
演出・出演:上田一軒(スクエア)
出演:ホストの皆様:岩大(Studio Life) 村上幸平 萩野崇 北条隆博 篠田仁志(Studio Life) 奈須崇(スクエア) 長尾弘喜
常連客の皆様:小林愛(TEAM 発砲・B・ZIN)星ようこ 滝沢乃南

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


カニリカの作品
連載小説配信スタート!

「ラヴァーズ・ハイ」

 今、何かと話題のクーガーと呼ばれるアラフォーの女性たち。

実際にボーイズバーで彼らを買う女性たちに取材を敢行し、実話を元に描く超リアルな官能恋愛小説。

カニリカが初めて挑む禁断の世界。

配信のお申し込みとサンプル号をお読みになりたい方は、

 ≫こちらから
カニリカの本
小説 執事ホテル

小説版
『執事ホテル』12/18発売
購入する≪

kanirican_100.jpg

このブログがついに本に!
『いや〜ん!ばか〜ん!カニリカーン』
購入する≪



 強烈な人に出会った。出版社の方のご紹介で会った、女性漫画家のカワサキカオリさん。一般の漫画ファンには、特に女性にはあまり馴染みがないかもしれない。

 しかし、ギャンブル好きならピンと来るはず。そう彼女はパチスロの漫画を連載していて、その世界では固定ファンがたくさんいる女王様(?)らしい。漫画だけ描いていれば、すごい収入だというのに、そのせっかく稼いだお金を右から左へとパチスロに賭けてしまう。凄い時になると何十万も負けるというのだから、恐ろしい。まあ、つまりその反対の、何十万勝つこともあるってわけか・・・。

 まだ二十代の若き女性だというのに、彼女の生き方はとってもユニークである。出るわ、出るわ、過去の逸話。それに比べると私なんて「あーら、全然まともな人生じゃない?」とさえ思ってしまう。(これから自分の人生が波乱万丈だったと言うのは控えようかな)

 そして、彼女はとにかく結婚したいそうである。それで、担当編集者にのせられて(?)片っ端から見合いなり、出会いサークルなり、合コンなりに挑んだ。結果は惨憺たるものだったらしいけど、その詳細を1冊の漫画「結婚の種」(ワニブックス)にまとめたから、またこれ根性があるというか、おもろいっつーか。アキバ系喫茶を体験したり、ネットゲーム内でストーカーに遭うエピソードが、個人的には全く知らない世界だったんで、爆笑したけど。

 本人は大真面目?なあたりが何か私と近い匂いを感じて、これまた恐ろしい。だが、私がどう逆立ちしても真似できない、もっと恐ろしい物を発見!!なんと彼女は携帯ストラップとして男性自身(つまりアレね)の模型をぶら下げて、それを嬉しそうに自慢して見せるのだ・・・。

「カワイイでしょっ?これアタシがデザインしたんですよ。苦労したんだからっ」

 って、えーーーー!? いくらお笑い負け犬放送作家の私でも、そんな大胆な物を携帯にぶら下げることはできない。できましぇーん。恐れ入りやした、カワサキカオリ様。

「いやーん!ばかーん!カニリカーン」が発売されてちょうど一週間。先日の「スッキリ!」で紹介させて頂いたこともあって、問い合わせやらこのブログへのアクセスやら、「カニリカ」自体の検索数がものすごい勢いで増えていて、もう嬉しい限りです。皆さんありがとうございますっ!

 当然と言えば当然なんですが、私自身に対する興味だけでなく、特別に寄稿してくれた俳優の村上幸平さんや座談会を開いてくれた劇団スタジオライフのファンの方たちからのアクセスや問い合わせなどが多いこともあるのです。ファンの方たちのブログなどにも随分書かれているようで、それも本当にありがたいことです。

 ただ、今頃になって大きく気づいたことが二つ。まず一つ目はこの書名、本当に言いにくいようですね。皆さん、かなり戸惑いの御様子。そりゃそうだ、木久蔵師匠じゃないんだから、明るく「いやーん、ばかーん♪ そこはお尻なの〜」とは言えないっすね。どうもすみません。私としてはかなり気に入っているフレーズなもんで。後輩の作家からは「この人を食ったタイトルを是非大声で書店で言いましょう!」と言われたほど。まあ、罰ゲームだと思って、言ってみてー。(罰ゲームかよ!)

 もう一つは、かなり誤解を招いているようで、私としてもまだ闇討ちをされたくないので、ここできちんと断っておきます。私はいつも「イケメン!イケメン!」と確かに騒いでおりますが、あれはまあある種の趣味というか、レジャーみたいなものなので、皆さんが御心配されているようなことは一切ございません。っていうか、私なんかはむしろ保護者のようなもんで、全く相手にされませんから御安心を。それに「いやーん!ばかーん!」の中で、私をよく知る作家仲間の岸川さんが書いてくれているように、実は一番弱いのはお笑い偏差値が高い男で、一応これでも相方がちゃんとおりますので、そこは本当に御心配なく。

 でもイケメンを見ているのは楽しいけどねっ。あ、こういうことを書くから誤解されるのね。許して、ファンの皆様!だから、本を買ってくださーい!それから12月に行う舞台「無敵な男達」に関しては正式な発表がまだなので、もうしばらくお待ちくださいませ!

 そうそう、最後におもろいネタを一つ。いろいろ自分のことを書かれているサイトを検索していて、発見したもの。芸能四択というクイズがあり、こんな問題が!

Q:タレントの堀部圭亮の放送作家としての名前は何?

 1「そーたに」  2「元祖爆笑王」  3「竜泉」  4「カニリカ」

 えー、そんなあ、堀部さんに失礼ですってばあ。しかし、この四択に並んでいるだけで、かなり嬉しい私・・・。他の3人の名前を見てすぐわかる人は、相当お笑い好きかテレビおたくですな。しかし、一番後輩の私がこの四択に名前が並んで、光栄ですっ!

 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。