カニリカニリカ

カニリカの舞台
■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
ステラ・ミュージカル 夏公演決定!

脚本・演出 カニリカ

≪東京公演≫
【公演日】
2010/7/16(金)〜7/25(日)
【会場】
ル テアトル 銀座

≪神戸公演≫
【公演日】
2010/7/31(土)〜8/2(月)
【会場】
神戸オリエンタル劇場

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ
リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美
…他


■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
 ステラ・ミュージカル
2010/3/19〜3/24[公演終了]
天王洲 銀河劇場

脚本・演出 カニリカ

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ

月森 蓮役:三上 俊
土浦梁太郎役:高橋優太
志水桂一役:小関裕太
火原和樹役:吉野晃一
柚木梓馬役:川村聖斗

冬海笙子役:笹丘明里
天羽菜美役:三好絵梨香
金澤紘人役:進藤 学
王崎信武役:吉原シュート

リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美

東海林 遼・清水一希・宮之脇佳織・吉野由利子
土屋史子・城戸愛莉・舟見和利・斉藤レイ

■「暁の誓い」
2009/4/15〜4/19[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出 カニリカ

【キャスト】
萩野崇/弓削智久/出合正幸/高根研一(Studio Life)

吉村崇(平成ノブシコブシ)/徳井健太(平成ノブシコブシ)
■カニリカプロデュース
 『執事ホテル』

2008/2/16〜2/24[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出:カニリカ
出演: 大口兼悟 村上幸平 溝呂木賢 昇二郎 高根研一/他

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


■舞台『無敵な男達』

カニリカがイケメン俳優を迎えてお送りするハートフルコメディ

作:カニリカ
演出・出演:上田一軒(スクエア)
出演:ホストの皆様:岩大(Studio Life) 村上幸平 萩野崇 北条隆博 篠田仁志(Studio Life) 奈須崇(スクエア) 長尾弘喜
常連客の皆様:小林愛(TEAM 発砲・B・ZIN)星ようこ 滝沢乃南

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


カニリカの作品
連載小説配信スタート!

「ラヴァーズ・ハイ」

 今、何かと話題のクーガーと呼ばれるアラフォーの女性たち。

実際にボーイズバーで彼らを買う女性たちに取材を敢行し、実話を元に描く超リアルな官能恋愛小説。

カニリカが初めて挑む禁断の世界。

配信のお申し込みとサンプル号をお読みになりたい方は、

 ≫こちらから
カニリカの本
小説 執事ホテル

小説版
『執事ホテル』12/18発売
購入する≪

kanirican_100.jpg

このブログがついに本に!
『いや〜ん!ばか〜ん!カニリカーン』
購入する≪



憧れの三谷幸喜さんと対談![映画]
 一ヶ月もあきました。言い訳は致しません。全て私が悪いのでございます。言い訳はしないと言いつつ、事実を述べるなら(って、それが言い訳だが)ログインするパスワードがわからなくなったのでありました。トホホ。

 パソコンがクラッシュしてからというもの、色々なデータが飛び、一旦問い合わせはしたんだけど、再びそれを書いた紙を失くしてしまい、担当の方にすぐ聞けば良かったんだけど、新番組の準備に追われていて、「明日聞こう」「明日聞こう」とあすなろ的なことをやっていたら、4月ももう終わりです。あー、やっぱり言い訳しました。

 気を取り直して、今日は再開にふさわしいとっておきのお話を。

 先日、雑誌「おんならいふ」の対談で遂に憧れの三谷幸喜さんとお会いしました。実はかなり前にお会いしたんだけど、彼の新作映画「マジックアワー」のプロモーションを兼ねた対談ですので、あまり早く書きすぎてもね・・・と思っていたら、その気持ちが通じたのか、ブログにログインできなかったわけね。

 でも、三谷氏のブログ(「マジックアワー」公開記念で特別ブログを開設中!http://blog.magic-hour.jp/)を拝読させて頂くと着々と宣伝活動が進んでいるようですね。何でも今度BRUTUSで丸ごと一冊(?)三谷氏の特集するみたいです、楽しみ♪

 さて、私のほうの対談はいうと、いやあ本当に緊張しました。あまりの嬉しさに。だって、聞きたいこと山ほどあるんだもの。三谷さんの作品はほとんど全部見ているし、エッセイは熟読しているし、テレビにPRで出ていれば必ずチェックしているし、師と勝手に仰ぎながら、一種のストーカー的ファンですから。

 映画の宣伝とわかっていても、愛犬とびのことも聞きたいと思ったり、ビリー・ワイルダーとの出会いのことか、子供時代のこととか、世界のナベアツに早々と注目した話とか、どうでもいいことばかりが頭の中に次々と浮かんできてしまう。

 でも本当に一番聞きたいのは、どうやって脚本のアイデアを創り出すのか、と舞台における演出の仕方。少しでも勝手に盗みたいというか、教えてほしいと切望しているからなのだが。舞台のことはほんの少ししか聞けなかったけれど、映画のホンの作り方を聞いて、その凄まじい努力に本当に頭が下がる思いでした。ますます尊敬しました!

 だって、映画のホンを書く時に、もうすべて編集してスクリーンで見てる画が完璧に頭の中で出来上がっているというのだから。つまり、どんなカットでどんな構図かすべて計算した上でホンを書いているというのだから、すごい!ちなみに「マジックアワー」で30回書き直したそうである。あの、天下の三谷さんが、である。別にそれもプロデューサーに言われたからではなく、自分で納得がいかなくて、である。私なんて、5〜6回書き直すだけでもヒーヒー言っちゃうんだけど・・・。情けないっす。

 こんな風に書いちゃうとひたすら真面目で神経質な職人タイプの方のように思われるかもしれないけれど、直接お会いして感じたのは、とてもお茶目というか、すごくチャーミングな紳士という印象。テレビなどで拝見するあの感じのまま、です。お話もすごく面白いし、周囲の人にも細かく気配りするところがさすが監督!そして、やっぱり品格がある。

 三谷さんの作品にはどれも通じて品格があり、洒落っ気がある。それはとても大事なことで、私が三谷さんの作品を愛する理由の一つでもある。もちろん「マジックアワー」もその品格と洒落っ気に溢れていて、往年のMGM映画を観る様なワクワクする楽しさがある。

三谷幸喜氏と.JPG
 本当はもっと色々書きたいけれど、まあ詳しくは「おんならいふ」をお読みください。そして、この写真は三谷さんにツッコんでもらいたくて、「マジックアワー」の内容に引っ掛けてチャイナドレスを着ていったんだけど、すっかりそれを言うのを忘れていて、最初は三谷さん、引いていたそうです。とほほ。

 

コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.seesaa.jp/tb/95232789
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。