カニリカニリカ

カニリカの舞台
■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
ステラ・ミュージカル 夏公演決定!

脚本・演出 カニリカ

≪東京公演≫
【公演日】
2010/7/16(金)〜7/25(日)
【会場】
ル テアトル 銀座

≪神戸公演≫
【公演日】
2010/7/31(土)〜8/2(月)
【会場】
神戸オリエンタル劇場

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ
リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美
…他


■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
 ステラ・ミュージカル
2010/3/19〜3/24[公演終了]
天王洲 銀河劇場

脚本・演出 カニリカ

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ

月森 蓮役:三上 俊
土浦梁太郎役:高橋優太
志水桂一役:小関裕太
火原和樹役:吉野晃一
柚木梓馬役:川村聖斗

冬海笙子役:笹丘明里
天羽菜美役:三好絵梨香
金澤紘人役:進藤 学
王崎信武役:吉原シュート

リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美

東海林 遼・清水一希・宮之脇佳織・吉野由利子
土屋史子・城戸愛莉・舟見和利・斉藤レイ

■「暁の誓い」
2009/4/15〜4/19[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出 カニリカ

【キャスト】
萩野崇/弓削智久/出合正幸/高根研一(Studio Life)

吉村崇(平成ノブシコブシ)/徳井健太(平成ノブシコブシ)
■カニリカプロデュース
 『執事ホテル』

2008/2/16〜2/24[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出:カニリカ
出演: 大口兼悟 村上幸平 溝呂木賢 昇二郎 高根研一/他

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


■舞台『無敵な男達』

カニリカがイケメン俳優を迎えてお送りするハートフルコメディ

作:カニリカ
演出・出演:上田一軒(スクエア)
出演:ホストの皆様:岩大(Studio Life) 村上幸平 萩野崇 北条隆博 篠田仁志(Studio Life) 奈須崇(スクエア) 長尾弘喜
常連客の皆様:小林愛(TEAM 発砲・B・ZIN)星ようこ 滝沢乃南

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


カニリカの作品
連載小説配信スタート!

「ラヴァーズ・ハイ」

 今、何かと話題のクーガーと呼ばれるアラフォーの女性たち。

実際にボーイズバーで彼らを買う女性たちに取材を敢行し、実話を元に描く超リアルな官能恋愛小説。

カニリカが初めて挑む禁断の世界。

配信のお申し込みとサンプル号をお読みになりたい方は、

 ≫こちらから
カニリカの本
小説 執事ホテル

小説版
『執事ホテル』12/18発売
購入する≪

kanirican_100.jpg

このブログがついに本に!
『いや〜ん!ばか〜ん!カニリカーン』
購入する≪



あて書きされた大口兼悟君[執事ホテル]
コメントをお寄せ頂き、ありがとうございます。今回は執事ホテルの裏話というか、私の舞台全般にも関わる裏話をしましょう。(今回は長いですよ)

 私は基本的にホンはあて書きです。あて書きとは、その役者本人にあてて書くことですが、私の場合最低二時間はもらって(忙しい人が多いので)お茶など飲みながら、あれこれ質問していきます。家族構成、趣味、恋愛観、人生観、好きな食べ物などかなり広範囲にわたって。その答えそのものを脚本に反映するのでなく、答えているときの感情、表情、その答えを選んでいる理由や人となりをじっくり観察している内に私の中で人物像が出来上がっていくというか、インスパイアされていくんです。

 これは有りがたいことに、ライター時代ハリウッドスターなどの超有名人から一般のOLさんまで、軽く500人以上はインタビューしたお陰で、短時間でその人の特徴を探り当てる術が身につきました。

 今回の「執事ホテル」は村上幸平君以外は皆ほぼ初対面。二言三言交したことがあるのは小野健太郎君、三上俊君、そして福山しゅんろうさんでしたけど、詳しいことは殆んど知らなかった。

 それぞれの役者と二時間くらいは話して、大体の人物像は出来上がってきたのに、実は最後まで輪郭が浮かび上がらなかったのが、何を隠そう主人公の満智留こと大口兼悟君。

 彼に初めて会ったのは、舞台「BLEACH」の公演中、本番が終わった後でしたけど、人見知りが激しいのか、かなり疲れていたのか、どんな話をふってもあまりノッてこない。のれんに腕押しってカンジ。冷めてるのか、熱いのか、計算なのか、そうじゃないのか。

 なかなか満智留の人物像が出来なくて悩んでいた時にビジュアルボーイの編集長、青柳さんがこんな話をしてくれました。彼が今まで出た芝居はどれも本人の素の人柄とは遠いものが多い。彼の魅力はビジュアルボーイのブログに出ているような、家族思いの優しさとおおらかさにある。そんな大口君の人柄を反映した「これぞ大口兼悟」を見てみたい、と。

 それで、そのブログを全部読んでみました。そこには確かに素の大口兼悟が存在し、素の魅力が溢れていました。彼にスパレンジャーの打ち合わせで会った時に、改めてじっくり観察してみると・・・。彼は本当にあのまんま。飾らない。人見知りをするので、人によってはぶっきらぼうに映ることもあるけれど、気取りもしないし、計算もしない。それでいて、周りの人を明るく和やかにさせる雰囲気を持っている。

「満智留は太陽のような存在にしよう」
 そう決めてからは、もう勝手にどんどんイメージが膨らんで、あの人物が出来上がっていきました。そして、彼が家族を大切にしている部分も見事シンクロすることが出来たのです。

 ある日、打ち合わせの後、食事をしていたとき、たまたま他のスタッフが席を外していて、大口君がぼそっとつぶやきました。
「おやじが頑張っているうちは、僕も頑張ろうと思うんだ」
 多分、私に聞かせるというのでなく、自分に言い聞かせるつもりでつい口から出た言葉だと思うけれど、私にはその台詞が強烈に残りました。だから、あの台詞をあえて芝居の中で使わせてもらったのです。

「自分に近いからやりづらいなあ」と当の大口君は満智留について取材で語っていましたが、まあそれがあて書きですからね。考えていないようで考えている。考えているようで考えていない。計算しているようで計算していない。計算していないようで計算している。そんなありのままが満智留であり、大口君です。
 それが功を奏したのか、ビジュアルボーイの青柳編集長からも「こんな大口兼悟が見たかった!」と気に入ってもらえて、本当に良かったです。

 最後に、一番笑ったエピソードを一つ。イープラス用のコメントを撮るために集まったとき。これが大口君にとって、初の「執事ホテル」の取材になる。最後にファンにメッセージを、とお願いすると彼はニッコリ笑って、こう言いました。
「ひつじホテルを是非見に来てください!」
 一同シーン・・・。そう、彼はずっと「羊ホテル」だと思っていたのでした。チャンチャン。

コメント

初めてコメントします。
執事ホテル、3回見に行かせて頂きました。
それまで大口くんの役というと、どちらかというと悪役とか、口数が少ないとか、そういう役柄が多かったように思いますが、執事ホテルの大口くんが一番好きです。
満智留が素の大口くんに近いのなら、本当に素敵な方ですね!

最後のひつじホテルには笑わせて頂きました!
オチもついてる良いお話を読ませて頂いてありがとうございました〜!
ぐりこ
(2008-03-21 19:59)
ポスターを拝見し「これ絶対見たい!」と運命的に思い(地方に住んでる関係上)1回の観劇でしたが、期待通り面白かった〜。
ほんと大口さん良かったですよ、爽やかで!
村上さんの話声うっとりしました。心地よい声ですよね〜。
支配人も最高!
皆さんハマリ役で今回限りは絶対残念です。
地方公演もやっていただきたかった(T_T)
春一番
(2008-03-21 21:09)
「執事ホテル」、最初は確か別の人がお目当てで通っていたはずが、観る度に大口君の魅力に引き込まれていきました。満智留が彼そのものだなんて更に素敵です!ブログも楽しみに読んでます。そんな彼の魅力をこんなに引き出したカニリカさんは、更にすばらしいです!
もっと裏話聞きたいです(^^)ぜひ続編を〜
バービー
(2008-03-22 01:37)
執事ホテル面白かった♪
いっぱい演技をしていますが、どれが本当の大口さんに近いんだろ〜って思ってしまいました^^

これからも頑張ってください
(2008-04-13 00:28)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.seesaa.jp/tb/90342330
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。