カニリカの舞台
■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
ステラ・ミュージカル 夏公演決定!

脚本・演出 カニリカ

≪東京公演≫
【公演日】
2010/7/16(金)〜7/25(日)
【会場】
ル テアトル 銀座

≪神戸公演≫
【公演日】
2010/7/31(土)〜8/2(月)
【会場】
神戸オリエンタル劇場

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ
リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美
…他


■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
 ステラ・ミュージカル
2010/3/19〜3/24[公演終了]
天王洲 銀河劇場

脚本・演出 カニリカ

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ

月森 蓮役:三上 俊
土浦梁太郎役:高橋優太
志水桂一役:小関裕太
火原和樹役:吉野晃一
柚木梓馬役:川村聖斗

冬海笙子役:笹丘明里
天羽菜美役:三好絵梨香
金澤紘人役:進藤 学
王崎信武役:吉原シュート

リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美

東海林 遼・清水一希・宮之脇佳織・吉野由利子
土屋史子・城戸愛莉・舟見和利・斉藤レイ

■「暁の誓い」
2009/4/15〜4/19[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出 カニリカ

【キャスト】
萩野崇/弓削智久/出合正幸/高根研一(Studio Life)

吉村崇(平成ノブシコブシ)/徳井健太(平成ノブシコブシ)
■カニリカプロデュース
 『執事ホテル』

2008/2/16〜2/24[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出:カニリカ
出演: 大口兼悟 村上幸平 溝呂木賢 昇二郎 高根研一/他

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


■舞台『無敵な男達』

カニリカがイケメン俳優を迎えてお送りするハートフルコメディ

作:カニリカ
演出・出演:上田一軒(スクエア)
出演:ホストの皆様:岩大(Studio Life) 村上幸平 萩野崇 北条隆博 篠田仁志(Studio Life) 奈須崇(スクエア) 長尾弘喜
常連客の皆様:小林愛(TEAM 発砲・B・ZIN)星ようこ 滝沢乃南

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


カニリカの作品
連載小説配信スタート!

「ラヴァーズ・ハイ」

 今、何かと話題のクーガーと呼ばれるアラフォーの女性たち。

実際にボーイズバーで彼らを買う女性たちに取材を敢行し、実話を元に描く超リアルな官能恋愛小説。

カニリカが初めて挑む禁断の世界。

配信のお申し込みとサンプル号をお読みになりたい方は、

 ≫こちらから
カニリカの本
小説 執事ホテル

小説版
『執事ホテル』12/18発売
購入する≪

kanirican_100.jpg

このブログがついに本に!
『いや〜ん!ばか〜ん!カニリカーン』
購入する≪



稽古開始前のいろんなこと[執事ホテル]
 泣いても笑ってももうすぐ「執事ホテル」の稽古が始まる。いやいや、泣いたり笑ったりするのは、本番の公演が始まってからにしたい。初めての演出のため、毎日あれやこれやホンの直しとか、スタッフとの打ち合わせとか、参考資料のDVDを観たり、本を読んだりして、どんどん時間が過ぎていく。新春の伊勢丹のバーゲンに行かないのも今年初めてか・・・。
 先日、J−waveの「ウェイクアップTOKYO」に出た時も言ったのだが、昨年観た芝居が本当に素晴らしいものが多くて、その影響をかなり受けている。ちなみに2007年のベスト3を発表すると、
1位 わが闇(ケラリーノ・サンドロヴィッチ)
2位 ロマンス(井上ひさし)
3位 コンフィダント(三谷幸喜)
なのだが、中でも「わが闇」は今だにその余韻を引きずるほどで、私の2008年(つまり今年だが)の行動までも変えようと思うほど影響を受けた。一言で説明しずらいのだけど、カンタンに言えば、もう私もいい歳になったのだから、言わなくちゃいけないことや言いにくかったこともそろそろ表現していこう。そんな気になった作品だった。
 いつまでものん気に当たり障りのないことばかり書いている場合ではない、と真剣に考えさせられたのだ。もちろん今までも一所懸命やってきたつもりだけれど、もっと身を削って、もっと魂の底から何かを訴えていかなくてはいけないのではないか、と頭からハンマーで叩かれたようだった。
 多分、人生の折り返し地点を過ぎて、もう自分のためなんかではなく、人のために生きていかなくちゃいけない、とつくづく考えさせられたので、今年は更に精進します。頑張ります。
 そんな中での初演出でもあるので、本当に身が引き締まる。とはいえ、もちろん決して安くはない6千円も払って観に来て頂くのだから、それなりに或いはそれ以上に満足して帰ってもらいたいから、精一杯サービスしようと思っている。
 今は色々な方が色々なアドバイスをくれて、大変有難いと同時にそれにあまり振り回されないように足を踏ん張ろうという気分。所詮、私は私でしかないのであって、誠心誠意楽しい舞台を作ろう!と毎日言い聞かせている。
 そんな中、大変な励みになるのは、日々いろいろな見知らぬ人が小説版「執事ホテル」を読んでくださった感想をブログやホームページに書いてくださること。お陰様で皆さん「面白かった」と言ってくれて嬉しい限りです。今日も携帯小説の女王である内藤みかさんがこんな素敵な日記をアップしてくれました。
http://plaza.rakuten.co.jp/micanaitoh/diary/200801130000/
 彼女とは雑誌アンアンで対談して以来のお付き合いですが、彼女のパワーには本当に頭が下がる。彼女の自分の本能に忠実なところが好きだ。生き方がかっこいいと思う。
 他にもたくさん、色々な人の感想を読ませてもらっていて、どれも涙が出るほど嬉しい。もっともっと頑張らねば、と思う2008年の初頭なのである。

コメント


(≧∇≦)内藤です。
取り上げてくださりありがとうございます!

執事ホテル、絶対観に行きます!
原作本のあとがきにも感動しました!
たのしみです(≧∇≦)!
(2008-01-14 19:59)
稽古風景UPお願いします
スッチー
(2008-01-26 09:29)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

執事ホテル誕生〜どんな女性も天国に連れていってくれる〜(作家・内藤みかのメインブログ 2008-01-14 19:57)
夢のようなホテルが誕生しました。その名も「執事ホテル」。たった5室のオーベルジュです。ありとあらゆる方法で女性を満足させてくれる執事達がそこにいます。彼らは厳しいバトラー特訓をクリアした、本物の癒しを..
このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.seesaa.jp/tb/78319428
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。