カニリカニリカ

カニリカの舞台
■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
ステラ・ミュージカル 夏公演決定!

脚本・演出 カニリカ

≪東京公演≫
【公演日】
2010/7/16(金)〜7/25(日)
【会場】
ル テアトル 銀座

≪神戸公演≫
【公演日】
2010/7/31(土)〜8/2(月)
【会場】
神戸オリエンタル劇場

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ
リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美
…他


■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
 ステラ・ミュージカル
2010/3/19〜3/24[公演終了]
天王洲 銀河劇場

脚本・演出 カニリカ

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ

月森 蓮役:三上 俊
土浦梁太郎役:高橋優太
志水桂一役:小関裕太
火原和樹役:吉野晃一
柚木梓馬役:川村聖斗

冬海笙子役:笹丘明里
天羽菜美役:三好絵梨香
金澤紘人役:進藤 学
王崎信武役:吉原シュート

リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美

東海林 遼・清水一希・宮之脇佳織・吉野由利子
土屋史子・城戸愛莉・舟見和利・斉藤レイ

■「暁の誓い」
2009/4/15〜4/19[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出 カニリカ

【キャスト】
萩野崇/弓削智久/出合正幸/高根研一(Studio Life)

吉村崇(平成ノブシコブシ)/徳井健太(平成ノブシコブシ)
■カニリカプロデュース
 『執事ホテル』

2008/2/16〜2/24[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出:カニリカ
出演: 大口兼悟 村上幸平 溝呂木賢 昇二郎 高根研一/他

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


■舞台『無敵な男達』

カニリカがイケメン俳優を迎えてお送りするハートフルコメディ

作:カニリカ
演出・出演:上田一軒(スクエア)
出演:ホストの皆様:岩大(Studio Life) 村上幸平 萩野崇 北条隆博 篠田仁志(Studio Life) 奈須崇(スクエア) 長尾弘喜
常連客の皆様:小林愛(TEAM 発砲・B・ZIN)星ようこ 滝沢乃南

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


カニリカの作品
連載小説配信スタート!

「ラヴァーズ・ハイ」

 今、何かと話題のクーガーと呼ばれるアラフォーの女性たち。

実際にボーイズバーで彼らを買う女性たちに取材を敢行し、実話を元に描く超リアルな官能恋愛小説。

カニリカが初めて挑む禁断の世界。

配信のお申し込みとサンプル号をお読みになりたい方は、

 ≫こちらから
カニリカの本
小説 執事ホテル

小説版
『執事ホテル』12/18発売
購入する≪

kanirican_100.jpg

このブログがついに本に!
『いや〜ん!ばか〜ん!カニリカーン』
購入する≪



小説「執事ホテル」いよいよ発売![執事ホテル]
 ああ、気がつけば、ものすごーく更新が遅れてしまった・・・。大反省です。
 しかし、毎年感じるけれど、どうして12月ってこんなに忙しくなるのか?人間の心理で「年内までに○○をやらなきゃ」っていう気持ちが人をあせらせるのでしょうか。あっという間ですよ、あっという間。ついこの間まで猛暑とか言っていたような気がするのに。
 まあ、今年の場合は秋からずっと小説の執筆が続き、脱稿したと思ったら、やはりゲラチェックなど何だのと完全に手が離れたのはついこの間で、その間にレギュラー以外の特番や企画書や気の早い忘年会などで、うがーーーーっていう状況に入ってからもう何日も経つ。
 当然、舞台のほうの「執事ホテル」のホンも書かなくちゃいけないし、舞台のほうの打ち合わせはあれこれあるし、遅筆で有名なケラさんのブログを読んで安心しているバヤイではなくなってきた。
 いや、マジにあせってます。いろんなことに。とはいえ、現状の仕事だけをやっていればいいわけでもなく、2年先、3年先の仕事の企画も進めなくちゃいけなくて、こんな師走に3年先のことなんて全然考えられない。でも考えなくちゃいけない。
 うがーーーーーーーっ!である。
 そんな中、いよいよ20日には小説版「執事ホテル」が書店に並ぶ。もう見本は手にしたけれど、活字になるとやっぱり感慨深いなあ。これは舞台で繰り広げられる前のそれぞれの登場人物の物語なので、舞台の脚本だけのときと違って、全体の構成というか、バランスというか、そういうものを大事にした。だから完全なあてがきというよりかは、先にストーリーありきの部分もある。
 それぞれの出演者には自分の役の部分だけ読んでもらったら、不思議なことに1度しか話していない役者に「まさしく僕のイメージですね」と言われて、カンが当たって結果あてがきになった人もいれば、全然そうじゃない役者もいる。それぞれが誰かはまあ観てからのお楽しみってことで。
 だから、その分舞台版はもっと役者に寄せてあてがきをしている。いかにも「こういうこと言いそうだ」とか「こんなことしてそう」というのを膨らませているのだ。この作業が私としてはとても楽しい。勝手に妄想しておいて、後で答え合わせするようなものだから。
 小説版には役者たちの写真もついているが、まあそれはビジュアルイメージくらいにとらえてもらって、幅広い人に読んでもらえたら嬉しいなあ。
執事ホテル小説

 年内にもう更新できなかったら、本当にごめんなさい。って先に謝っておきますね。稽古に入ったら、稽古の様子など私以外のスタッフが手伝って更新しますから、どうぞご安心を!

コメント

うわ!!おめでとうございます!!
小説買いますわ!!
しおむら文夏
(2007-12-22 19:46)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.seesaa.jp/tb/73171127
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。