カニリカニリカ

カニリカの舞台
■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
ステラ・ミュージカル 夏公演決定!

脚本・演出 カニリカ

≪東京公演≫
【公演日】
2010/7/16(金)〜7/25(日)
【会場】
ル テアトル 銀座

≪神戸公演≫
【公演日】
2010/7/31(土)〜8/2(月)
【会場】
神戸オリエンタル劇場

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ
リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美
…他


■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
 ステラ・ミュージカル
2010/3/19〜3/24[公演終了]
天王洲 銀河劇場

脚本・演出 カニリカ

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ

月森 蓮役:三上 俊
土浦梁太郎役:高橋優太
志水桂一役:小関裕太
火原和樹役:吉野晃一
柚木梓馬役:川村聖斗

冬海笙子役:笹丘明里
天羽菜美役:三好絵梨香
金澤紘人役:進藤 学
王崎信武役:吉原シュート

リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美

東海林 遼・清水一希・宮之脇佳織・吉野由利子
土屋史子・城戸愛莉・舟見和利・斉藤レイ

■「暁の誓い」
2009/4/15〜4/19[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出 カニリカ

【キャスト】
萩野崇/弓削智久/出合正幸/高根研一(Studio Life)

吉村崇(平成ノブシコブシ)/徳井健太(平成ノブシコブシ)
■カニリカプロデュース
 『執事ホテル』

2008/2/16〜2/24[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出:カニリカ
出演: 大口兼悟 村上幸平 溝呂木賢 昇二郎 高根研一/他

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


■舞台『無敵な男達』

カニリカがイケメン俳優を迎えてお送りするハートフルコメディ

作:カニリカ
演出・出演:上田一軒(スクエア)
出演:ホストの皆様:岩大(Studio Life) 村上幸平 萩野崇 北条隆博 篠田仁志(Studio Life) 奈須崇(スクエア) 長尾弘喜
常連客の皆様:小林愛(TEAM 発砲・B・ZIN)星ようこ 滝沢乃南

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


カニリカの作品
連載小説配信スタート!

「ラヴァーズ・ハイ」

 今、何かと話題のクーガーと呼ばれるアラフォーの女性たち。

実際にボーイズバーで彼らを買う女性たちに取材を敢行し、実話を元に描く超リアルな官能恋愛小説。

カニリカが初めて挑む禁断の世界。

配信のお申し込みとサンプル号をお読みになりたい方は、

 ≫こちらから
カニリカの本
小説 執事ホテル

小説版
『執事ホテル』12/18発売
購入する≪

kanirican_100.jpg

このブログがついに本に!
『いや〜ん!ばか〜ん!カニリカーン』
購入する≪



リバース抑えて踊る稲本響Piano Beat2007[音楽]
 小説の執筆のため、ほぼ毎日「カニの缶詰」状態の私。ゴハンやお酒、お芝居のお誘いはすべて断り、番組の会議や打ち合わせ以外は家でおとなしくしている。本来なら脱稿するまでお酒も断とうかな、と一瞬考えたけど、無理でした。とりあえず「家ゴハン」が続いているので、その時に酔わない程度にビールをちょっとだけ飲んでしまう。
 一昨日はまあ少しならいいかしらん(と誰に許可を取っているかわからないが)とつい白ワインを飲んでしまった。というのもカキを頂いたもので・・・。ところが、体調が芳しくなかったのか、その晩のうちにリバース!!すっかり、げんなり。とても小説など書ける状況ではなくなってしまった。あれは調子に乗って酒など飲むな、という警告ですな。ちなみに私初めて「リバース」というイマドキの単語使えて嬉しい!!って、何若作ってるねん。
 そんなリバースとは無縁の酒豪で我が盟友の稲本響君のライブが昨夜あったので、久しぶりにシャバへ。シャバダバダ〜〜〜。実は、稲本君には私の来年の舞台「執事ホテル」の音楽をお願いしている。というとまるで彼の音楽を知り尽くしているようだが、彼とは飲み会で出会って以来の飲み仲間。そう、ライブは初めて観たのだ。関係者からは「飲んでばかりいないで、とっと打ち合わせして下さい」と言われていたけど、彼の才能は絶対凄い!とCDと彼の話からわかっていたもの。
 その予想通りの、いやそれ以上のエキサイティングなライブだった。単なるピアノ・パフォーマンスに留まらない、もっと体感するライブとでも言おうか。ヒューマンビートボックスやダンサーを取り入れたりと彼の斬新なアイデアがぎっしり詰まっている。クラシックというよりは、もう完全にヒップホップ・ジャズのアプローチに近い。
 その一方で、流麗なメロディの「海の上のピアニスト」や「長い散歩」などをしっとり聞かせるところも忘れない。彼は観客を楽しませようというサービス精神に溢れているし、響君自身が本当に楽しそうにプレイをしているのが何よりいい。あとトークが抜群にうまくて驚いた。さすが、関西人。楽屋で「是非バラエティに!」と言っておいたほど。
 敢えて苦言を呈するなら、音に厚みと深みを持たすために、ヒューマンビートボックスだけでなく、生音のドラムも入れてほしかったなあ。あと照明がイマイチでした。まあ、それはハコの問題ね。
 さて、「執事ホテル」ではどんな楽曲を披露してくれるのか、益々楽しみ♪ リバース抑えて、踊った甲斐がありました。
「稲本響オフィシャルサイト」http://www.hibiki.com/
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。