カニリカニリカ

カニリカの舞台
■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
ステラ・ミュージカル 夏公演決定!

脚本・演出 カニリカ

≪東京公演≫
【公演日】
2010/7/16(金)〜7/25(日)
【会場】
ル テアトル 銀座

≪神戸公演≫
【公演日】
2010/7/31(土)〜8/2(月)
【会場】
神戸オリエンタル劇場

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ
リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美
…他


■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
 ステラ・ミュージカル
2010/3/19〜3/24[公演終了]
天王洲 銀河劇場

脚本・演出 カニリカ

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ

月森 蓮役:三上 俊
土浦梁太郎役:高橋優太
志水桂一役:小関裕太
火原和樹役:吉野晃一
柚木梓馬役:川村聖斗

冬海笙子役:笹丘明里
天羽菜美役:三好絵梨香
金澤紘人役:進藤 学
王崎信武役:吉原シュート

リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美

東海林 遼・清水一希・宮之脇佳織・吉野由利子
土屋史子・城戸愛莉・舟見和利・斉藤レイ

■「暁の誓い」
2009/4/15〜4/19[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出 カニリカ

【キャスト】
萩野崇/弓削智久/出合正幸/高根研一(Studio Life)

吉村崇(平成ノブシコブシ)/徳井健太(平成ノブシコブシ)
■カニリカプロデュース
 『執事ホテル』

2008/2/16〜2/24[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出:カニリカ
出演: 大口兼悟 村上幸平 溝呂木賢 昇二郎 高根研一/他

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


■舞台『無敵な男達』

カニリカがイケメン俳優を迎えてお送りするハートフルコメディ

作:カニリカ
演出・出演:上田一軒(スクエア)
出演:ホストの皆様:岩大(Studio Life) 村上幸平 萩野崇 北条隆博 篠田仁志(Studio Life) 奈須崇(スクエア) 長尾弘喜
常連客の皆様:小林愛(TEAM 発砲・B・ZIN)星ようこ 滝沢乃南

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


カニリカの作品
連載小説配信スタート!

「ラヴァーズ・ハイ」

 今、何かと話題のクーガーと呼ばれるアラフォーの女性たち。

実際にボーイズバーで彼らを買う女性たちに取材を敢行し、実話を元に描く超リアルな官能恋愛小説。

カニリカが初めて挑む禁断の世界。

配信のお申し込みとサンプル号をお読みになりたい方は、

 ≫こちらから
カニリカの本
小説 執事ホテル

小説版
『執事ホテル』12/18発売
購入する≪

kanirican_100.jpg

このブログがついに本に!
『いや〜ん!ばか〜ん!カニリカーン』
購入する≪



怒涛の2泊3日北海道弾丸ツアー[トラベル]
 7月下旬、週末を利用して、北海道に出かけた。半分夏休み、半分小説のネタ取材ということで、担当編集者と怒涛のスケジュールを組んだ。
 金曜日の朝早く羽田を出発し、新千歳空港から一気に洞爺へ。そう、来年サミットの場所としても話題のザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパに泊まるためだ。
 特急列車で洞爺に向う途中、遅い朝食として選んだのは、ウニ&イクラ丼弁当。
200708031852000.jpg

さすが北海道、いきなりテンションが上がる。
 ホテルに着いて早々、午後3時のチェックインまでは時間があるので、ホテル内のベトナム料理店で軽くランチ。チェックイン後に早速スパでマッサージを受け、温泉に入り、夕食に備える。って、何に備えるんだか・・・。このスパと温泉が素晴らしい!一流ホテルで温泉があるというだけで、なんだかすごく得した気分。各国の首相たちも裸の付き合いをするのだろうか、などと思ってしまった。
 そして、夜はいよいよミシュラン3つ星レストランの「ミシェル・ブラス」である。コースの値段はかなり高いのに、ほぼ満席状態。地元の人達というよりかは、各地からの観光客ばかりらしい。
 そして、その評価は?というと、うーむ、これが・・・・・・・・。・・・の数で判断してほしいけれど、北海道ではすごいことかもしれないが、東京のフレンチに比べると、もっと安くて美味しい店が東京にはたくさんあると言いたい。飛行機代を足せばもっと高くなるわけだし。同じ代金払うなら、私は迷わずガニエールやナリサワに行くだろう。
 で、とにかく一つ不快なのが、レストランの従業員達の自信満々という態度なのだ。全員「ドヤ顔」である。どや、このアミューズ、どや、この前菜、どや、このワイン、どや、このメイン・ディッシュ、どや、このデザート!!うるさーい!!どんだけ上から目線なのか。まあサミットにも選ばれたから、鼻高々なのだろう。
 塩味があまりにもきつくて、「味見をしとらんのか?」と思ったので、前菜の後あたりに「もう少し塩味を抑えてくれませんか」と注文を出したら、そのときのギャルソンのびっくり仰天の顔。何だか厨房に波紋を呼び起こしてしまったかもしれない。でも本当にしょっぱくて、しょっぱくて驚いたのだ。冬じゃないんだから。
 期待が大きかっただけにサミットホテルにがっくりしたが、翌日気を取り直して、いざ札幌へ。遅めのランチを「すし膳本店」で取った。ここの素晴らしいこと!もう昨夜の怒りは消えていた。やっぱり、北海道はこれでしょう!と海の幸に舌鼓、ポンポン。銀座で食べたらかなりの値段になるかもしれないが、一人2万以内で収まり、びっくりした。
 この北海道怒涛の旅日記、まだ続く・・・。
 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.seesaa.jp/tb/50177537
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。