カニリカニリカ

カニリカの舞台
■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
ステラ・ミュージカル 夏公演決定!

脚本・演出 カニリカ

≪東京公演≫
【公演日】
2010/7/16(金)〜7/25(日)
【会場】
ル テアトル 銀座

≪神戸公演≫
【公演日】
2010/7/31(土)〜8/2(月)
【会場】
神戸オリエンタル劇場

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ
リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美
…他


■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
 ステラ・ミュージカル
2010/3/19〜3/24[公演終了]
天王洲 銀河劇場

脚本・演出 カニリカ

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ

月森 蓮役:三上 俊
土浦梁太郎役:高橋優太
志水桂一役:小関裕太
火原和樹役:吉野晃一
柚木梓馬役:川村聖斗

冬海笙子役:笹丘明里
天羽菜美役:三好絵梨香
金澤紘人役:進藤 学
王崎信武役:吉原シュート

リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美

東海林 遼・清水一希・宮之脇佳織・吉野由利子
土屋史子・城戸愛莉・舟見和利・斉藤レイ

■「暁の誓い」
2009/4/15〜4/19[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出 カニリカ

【キャスト】
萩野崇/弓削智久/出合正幸/高根研一(Studio Life)

吉村崇(平成ノブシコブシ)/徳井健太(平成ノブシコブシ)
■カニリカプロデュース
 『執事ホテル』

2008/2/16〜2/24[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出:カニリカ
出演: 大口兼悟 村上幸平 溝呂木賢 昇二郎 高根研一/他

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


■舞台『無敵な男達』

カニリカがイケメン俳優を迎えてお送りするハートフルコメディ

作:カニリカ
演出・出演:上田一軒(スクエア)
出演:ホストの皆様:岩大(Studio Life) 村上幸平 萩野崇 北条隆博 篠田仁志(Studio Life) 奈須崇(スクエア) 長尾弘喜
常連客の皆様:小林愛(TEAM 発砲・B・ZIN)星ようこ 滝沢乃南

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


カニリカの作品
連載小説配信スタート!

「ラヴァーズ・ハイ」

 今、何かと話題のクーガーと呼ばれるアラフォーの女性たち。

実際にボーイズバーで彼らを買う女性たちに取材を敢行し、実話を元に描く超リアルな官能恋愛小説。

カニリカが初めて挑む禁断の世界。

配信のお申し込みとサンプル号をお読みになりたい方は、

 ≫こちらから
カニリカの本
小説 執事ホテル

小説版
『執事ホテル』12/18発売
購入する≪

kanirican_100.jpg

このブログがついに本に!
『いや〜ん!ばか〜ん!カニリカーン』
購入する≪



英国人大喜びの水戸黄門と大銀座落語祭[お笑い]
「じーんせい、楽ありゃ、苦もあるさアー♪」
 明治座で「水戸黄門」を観てから、ずっとテーマソングが頭の中で鳴っている。仕事の関係で観たのだけど、いやあ新鮮だった。
 観客の年齢層は非常に高く、皆芝居の間、ずっとフツーの音量で喋るのだ。「あれ、誰?」「え?」「あれは誰?」「へ?」耳が遠い老人同士だから、会話がちっとも進まない。だけど、例の印籠が出るシーンでは皆手を叩いて大喜び。
 それよりももっと大騒ぎになるのが、やはり由美かおるさんがミニで脚を出した忍者姿で通路を降りてきたときだ。おじいちゃん大コーフン。ダイジョブだろーか?
 何が面白かったって、私の隣のガイジンのリアクション。一人でわざわざ明治座に来るなんて、よっぽど時代劇が好きなのか、黄門マニアか?とフシギに思い、聞いてみた。「つかぬことを聞きますが、台詞は全部わかるんですか?」と。この「つかぬことは」って、「エクスキューズ・ミー〜」と言ったわけではない。「アイ・ワンダー〜」と話しかけてみたわけだけど。
 すると彼は首を振る。「全然。でも雰囲気でわかる」とニッコリ。そして、印籠マークのついたパンフレットを大事そうに抱えていた。彼は劇中で行われる基本中の基本の手品に「OH!」と声を上げた。あれであんなに驚くなら、マリックとか観たら腰を抜かすはずだ。彼は一人でハシャぐところが多く、一体どこがツボなのか全くわからない。
 唯一日本人とシンクロしたのは、由美かおるの登場。やはり彼女の魅力は万国共通なのか。よっぽど彼女の年齢を教えてあげようかと思った。「ドゥ・ユー・ノウ〜〜?」彼女がもうすぐ還暦と聞いたら、きっとたまげるに違いない。そして、第二部の歌謡ショーでは、更に手を叩いて大喜び。「ジャズ」と称されたコーナーで思いっきりロックを歌う由美かおる。70歳の里見浩太朗さんが17歳の光源氏に扮して歌うし。ラストは全員でヨサコイソーランを踊るのだ。す、凄すぎる、この歌謡ショー。イギリス人もびっくり!のはずだ。
 その翌日は、念願の大銀座落語祭へ。去年チケットが取れず、非常に悔しかったが、今年はなんと楽日のチケットがプレオーダーで取れた。一部は桂小枝師匠と松村邦洋さんのナイトスクープ・コンビ。久しぶりに小枝さんの古典「くしゃみ講釈」が聞けてカンゲキ。松村さんの「ものまねプロジェクトX」も面白かった。小枝さんとは以前「ワイドスクランブル」で一緒に仕事をしたこともあり、久しぶりに楽屋に訪ねた。
200707190916000.jpg

 楽屋には小朝師匠や柳家花緑師匠などが次々と現れ、私は超テンションが上がった。お笑いの人がたくさんいるとどうしても興奮してしまう私。二部では初めて花緑師匠の落語を拝見したが、俳優として活躍しているだけあって、すごくドラマチック。そして、三部はこの大銀座落語祭の大トリ、鶴瓶師匠の「たちきれ線香」。私は生まれて初めて落語で涙を流した。それくらいの大熱演だった。
 あー、こんなことなら他のブロックのチケットも取って、ハシゴすれば良かった・・・。来年の大落語祭は絶対にたくさん観てやるぞ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.seesaa.jp/tb/48433465
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。