カニリカニリカ

カニリカの舞台
■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
ステラ・ミュージカル 夏公演決定!

脚本・演出 カニリカ

≪東京公演≫
【公演日】
2010/7/16(金)〜7/25(日)
【会場】
ル テアトル 銀座

≪神戸公演≫
【公演日】
2010/7/31(土)〜8/2(月)
【会場】
神戸オリエンタル劇場

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ
リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美
…他


■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
 ステラ・ミュージカル
2010/3/19〜3/24[公演終了]
天王洲 銀河劇場

脚本・演出 カニリカ

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ

月森 蓮役:三上 俊
土浦梁太郎役:高橋優太
志水桂一役:小関裕太
火原和樹役:吉野晃一
柚木梓馬役:川村聖斗

冬海笙子役:笹丘明里
天羽菜美役:三好絵梨香
金澤紘人役:進藤 学
王崎信武役:吉原シュート

リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美

東海林 遼・清水一希・宮之脇佳織・吉野由利子
土屋史子・城戸愛莉・舟見和利・斉藤レイ

■「暁の誓い」
2009/4/15〜4/19[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出 カニリカ

【キャスト】
萩野崇/弓削智久/出合正幸/高根研一(Studio Life)

吉村崇(平成ノブシコブシ)/徳井健太(平成ノブシコブシ)
■カニリカプロデュース
 『執事ホテル』

2008/2/16〜2/24[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出:カニリカ
出演: 大口兼悟 村上幸平 溝呂木賢 昇二郎 高根研一/他

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


■舞台『無敵な男達』

カニリカがイケメン俳優を迎えてお送りするハートフルコメディ

作:カニリカ
演出・出演:上田一軒(スクエア)
出演:ホストの皆様:岩大(Studio Life) 村上幸平 萩野崇 北条隆博 篠田仁志(Studio Life) 奈須崇(スクエア) 長尾弘喜
常連客の皆様:小林愛(TEAM 発砲・B・ZIN)星ようこ 滝沢乃南

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


カニリカの作品
連載小説配信スタート!

「ラヴァーズ・ハイ」

 今、何かと話題のクーガーと呼ばれるアラフォーの女性たち。

実際にボーイズバーで彼らを買う女性たちに取材を敢行し、実話を元に描く超リアルな官能恋愛小説。

カニリカが初めて挑む禁断の世界。

配信のお申し込みとサンプル号をお読みになりたい方は、

 ≫こちらから
カニリカの本
小説 執事ホテル

小説版
『執事ホテル』12/18発売
購入する≪

kanirican_100.jpg

このブログがついに本に!
『いや〜ん!ばか〜ん!カニリカーン』
購入する≪



ケアンズ・カヌー留学珍道中 その参[トラベル]

 たて続けに何人もの人から怒られた。

「カヌー日記の続きはいつ書くの?」

「ブログはいつになったら更新するの?」

「何サボってんの?それともそんなに忙しいの?」

 はい、どうもすみませんm(__)m。忙しいのは確かですが、更新をサボっていたことに変わりはありません。ネタが溜まりすぎて、どんどん古くなっているっちゅーねん。カヌー日記の続きを書かなきゃと思っているうちに、次々と身の回りでいろいろ起こる。

 ちなみにカヌーに関しては、私の友人(ほとんど皆マスコミ関係だけど)たちでカヌー部を結成することにした。そして、そのカヌー部でブログを立ち上げ、活動を報告していこうと思う。もう少し暖かくなったら、まずは近場(関東か?)で一漕ぎし、夏にはちょっと遠く(東北あたりか?)へ出かけ、秋には四万十川を目指したいと思っています。でもまずは結成記念の飲み会だな。出入り自由で、カヌーに興味ある人ならいつでも会員になれるようにしようかな、と思っているけれど、まだ詳細は決めていない。決まったら、このブログでも発表しますね。

 もう遠い過去になりつつあるが、ケアンズのカヌーで何が面白かったって、現地のガイドのワイルドなこと、カジュアルなこと、いい加減なこと。熱帯雨林に囲まれた湖をカヌーで漕ぐことになったとき、ガイドはまるで「ウェインズ・ワールド」に出てきそうなクレージーな二十代の兄ちゃんだった。髪はくっしゃくしゃのブロンドでぶっかぶかのトランクスを腰ぎりぎりで履いているだけ。Tシャツすら着ていない。

 カヌー初心者もいたので、漕ぐ前に彼がカヌーについて簡単に講義。

「カヌーでぇ、いっちばん大事なのはぁー、オホン、相手に水をかけることであーる!イェー!!」

 これだけ!教えてくれたのはホンマにこれだけ。そして、「オーストラリアはー、紫外線がめっちゃ強いから、これ塗っときな!」と投げてきたのが、まるで着色されたようなまっ緑の日焼け止め。これで効くのかいな?皆、肌を緑にさせて、いざパドルを持って出発。ライフジャケットに軍手をつけて、シューズを履くと一笑された。「そんなもの、いらねえよー」素手に素足でノーライフジャケットで乗り込む。えー、不安!!

 イヤーな予感が当たり、私はそのガイドと同じ舟に。漕ぎ出した途端、彼はマジで周りの舟に水をかけまくる。その度に揺れる、揺れる。そして、回りの舟にわざとぶつかっていく。こいつはただのガキかー!!「オマエも水かけろー!」とうるさいので、私もかけている内に段々楽しくなってきた。なんじゃ、これ。

 そして、沼地のようなところまで漕ぎ、カヌーを置いて、上陸する。といっても草ボーボー。裸足だっちゅーの。だけど、ワイルド&クレージーな彼は気にせず、ガンガン歩いていく。裸足で草むらを歩くなんて何年ぶりか?どこまで歩くねん、と思った頃、突然目の前に美しい川が見えた。まるで「リバーランズスルーイット」に出てくるような清流。その岩場をぴょんぴょん飛んで行くガイド。皆でそれについていく。かなり奥まで行くと、そこには百万年以上も前の色とりどりの石が。これはアボリジニーが絵の具としても使っている岩のかけら。「さあ、これでお互いの顔をペインティングするぜ、イェーイ!」と岩場でこすって色を出しては、指に塗り、相手の顔に描いていく。

 はい、これがクレージーガイドが描いてくれた私の顔。みっともない(というか怖い?)モノを晒してごめんなさい!私はお返しに彼の背中に歌舞伎フェイスを描いたが、失敗してしまった。

 最初は「何じゃ、コイツ?」と思っていたガイドだったけれど、気がつけば自分もすっかり子供に返って、はしゃいで楽しんだカヌー体験。こんなオモロいカヌーもあるんだなーと感激の一日だった。

 

 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。