カニリカニリカ

カニリカの舞台
■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
ステラ・ミュージカル 夏公演決定!

脚本・演出 カニリカ

≪東京公演≫
【公演日】
2010/7/16(金)〜7/25(日)
【会場】
ル テアトル 銀座

≪神戸公演≫
【公演日】
2010/7/31(土)〜8/2(月)
【会場】
神戸オリエンタル劇場

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ
リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美
…他


■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
 ステラ・ミュージカル
2010/3/19〜3/24[公演終了]
天王洲 銀河劇場

脚本・演出 カニリカ

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ

月森 蓮役:三上 俊
土浦梁太郎役:高橋優太
志水桂一役:小関裕太
火原和樹役:吉野晃一
柚木梓馬役:川村聖斗

冬海笙子役:笹丘明里
天羽菜美役:三好絵梨香
金澤紘人役:進藤 学
王崎信武役:吉原シュート

リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美

東海林 遼・清水一希・宮之脇佳織・吉野由利子
土屋史子・城戸愛莉・舟見和利・斉藤レイ

■「暁の誓い」
2009/4/15〜4/19[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出 カニリカ

【キャスト】
萩野崇/弓削智久/出合正幸/高根研一(Studio Life)

吉村崇(平成ノブシコブシ)/徳井健太(平成ノブシコブシ)
■カニリカプロデュース
 『執事ホテル』

2008/2/16〜2/24[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出:カニリカ
出演: 大口兼悟 村上幸平 溝呂木賢 昇二郎 高根研一/他

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


■舞台『無敵な男達』

カニリカがイケメン俳優を迎えてお送りするハートフルコメディ

作:カニリカ
演出・出演:上田一軒(スクエア)
出演:ホストの皆様:岩大(Studio Life) 村上幸平 萩野崇 北条隆博 篠田仁志(Studio Life) 奈須崇(スクエア) 長尾弘喜
常連客の皆様:小林愛(TEAM 発砲・B・ZIN)星ようこ 滝沢乃南

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


カニリカの作品
連載小説配信スタート!

「ラヴァーズ・ハイ」

 今、何かと話題のクーガーと呼ばれるアラフォーの女性たち。

実際にボーイズバーで彼らを買う女性たちに取材を敢行し、実話を元に描く超リアルな官能恋愛小説。

カニリカが初めて挑む禁断の世界。

配信のお申し込みとサンプル号をお読みになりたい方は、

 ≫こちらから
カニリカの本
小説 執事ホテル

小説版
『執事ホテル』12/18発売
購入する≪

kanirican_100.jpg

このブログがついに本に!
『いや〜ん!ばか〜ん!カニリカーン』
購入する≪



ケアンズ・カヌー留学珍道中その弐[トラベル]

 なかなか更新できなくてすみません。ネタは溜まっているんだけどね。オーストラリアにいる間、ノートパソコンがないから、コンドミニアムのパソコンを使って、たまにヤフーを覗いて、メールやニュースをチェックした。そのとき、一番ショックだったニュース。藤原紀香の結婚も驚いたけど、何よりもショックだったのは、チュートリアルがM1グランプリを取ったことだ。

 だって、グランプリなんか取ったら、すごい人気が出ちゃうでしょう。だからショックだったの。「あー、きっと遠くに行ってしまうわね、徳井君」と勝手に妄想をケアンズの空の下から膨らませ、落ち込んでいました。アイタタタ。

 ま、そんなイタイ話はさておき、ケアンズで何が困ったって、やっぱり言葉だった。英語なんだけどね、何言ってるかさーっぱりわかんね。つまり、オーストラリア訛りと呼んでいいのか、オーストラリアの発音って慣れるまで何言ってるのか、ぜーんぜんわかんなかった。これって東北の人と沖縄の人が話しているくらい、違うのだろうか?

 カヌーに乗る為に島へ行くフェリーにまず乗るとき、受付で「アイって書いてあるところに行ってね」と言われ、アルファベットのI、それとも目(eye)のマークでもあるんかと思って、ウロウロ。全然見つからなくてもう一回尋ねると、その受付嬢、半ギレで紙に大きく書いた、「A」と。それがアイかよ!いや、確かにtodayを「トゥダイ」ってオージーは発音するんだけどさ。いやー、びっくらこいたよ、アイって。

 でも、フシギなことにオーストラリア人たちは当然アメリカのテレビ番組を見て100%理解しているし、我々東洋人の観光客の英語も理解しているし、ドイツ人やイギリス人の観光客の英語も理解している。それなのに、彼らの英語はなぜあんなに違うのよ、おせーてよ。一度すごかったのはカヌーツアーのとき、参加していたのはスイス人、中国人、韓国人、そして日本人(私)がそれぞれ訛った(というか独特の母国のアクセントで)英語を喋っていて、それをすべて笑って聞いて理解していたオージーのガイド。彼は本当に100%理解していたのか?

 まあ、誰も転覆せずに目的地まで漕げたのだから、問題なかったのかもしれないけれど、このグループでのランチは、私は正直言って半分も理解できなかった。全員英語のはずなのに〜〜〜。そして、一番わからなかったのが、オージーの英語だったのである。大丈夫か、私。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.seesaa.jp/tb/41935220
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。