カニリカニリカ

カニリカの舞台
■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
ステラ・ミュージカル 夏公演決定!

脚本・演出 カニリカ

≪東京公演≫
【公演日】
2010/7/16(金)〜7/25(日)
【会場】
ル テアトル 銀座

≪神戸公演≫
【公演日】
2010/7/31(土)〜8/2(月)
【会場】
神戸オリエンタル劇場

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ
リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美
…他


■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
 ステラ・ミュージカル
2010/3/19〜3/24[公演終了]
天王洲 銀河劇場

脚本・演出 カニリカ

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ

月森 蓮役:三上 俊
土浦梁太郎役:高橋優太
志水桂一役:小関裕太
火原和樹役:吉野晃一
柚木梓馬役:川村聖斗

冬海笙子役:笹丘明里
天羽菜美役:三好絵梨香
金澤紘人役:進藤 学
王崎信武役:吉原シュート

リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美

東海林 遼・清水一希・宮之脇佳織・吉野由利子
土屋史子・城戸愛莉・舟見和利・斉藤レイ

■「暁の誓い」
2009/4/15〜4/19[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出 カニリカ

【キャスト】
萩野崇/弓削智久/出合正幸/高根研一(Studio Life)

吉村崇(平成ノブシコブシ)/徳井健太(平成ノブシコブシ)
■カニリカプロデュース
 『執事ホテル』

2008/2/16〜2/24[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出:カニリカ
出演: 大口兼悟 村上幸平 溝呂木賢 昇二郎 高根研一/他

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


■舞台『無敵な男達』

カニリカがイケメン俳優を迎えてお送りするハートフルコメディ

作:カニリカ
演出・出演:上田一軒(スクエア)
出演:ホストの皆様:岩大(Studio Life) 村上幸平 萩野崇 北条隆博 篠田仁志(Studio Life) 奈須崇(スクエア) 長尾弘喜
常連客の皆様:小林愛(TEAM 発砲・B・ZIN)星ようこ 滝沢乃南

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


カニリカの作品
連載小説配信スタート!

「ラヴァーズ・ハイ」

 今、何かと話題のクーガーと呼ばれるアラフォーの女性たち。

実際にボーイズバーで彼らを買う女性たちに取材を敢行し、実話を元に描く超リアルな官能恋愛小説。

カニリカが初めて挑む禁断の世界。

配信のお申し込みとサンプル号をお読みになりたい方は、

 ≫こちらから
カニリカの本
小説 執事ホテル

小説版
『執事ホテル』12/18発売
購入する≪

kanirican_100.jpg

このブログがついに本に!
『いや〜ん!ばか〜ん!カニリカーン』
購入する≪



怒涛の関西出張の収穫[お笑い]

 10月に入って、初めての更新。そう、ずっと舞台「無敵な男達」の追い込みで大変だったんです。週末には演出家との打ち合わせで大阪まで出張。せっかく大阪まで行くのなら、と早起きして京都に寄り、ずっと気になっていた割烹「祇園花霞」でランチを頂き、お寺を三軒ほど見て回った。京都の話はまた別で書くとして、いやあ、たった一日半大阪にいるだけで、なぜこんなにネタを仕入れられるのか?めっちゃ中身の濃い出張でした。

 今回演出をお願いする上田一軒さん率いるスクエアは、11月に行われる中ノ島演劇祭の稽古の真っ最中、のはずが、台本の直しのため、真剣に会議をしていた。それが終わって、稽古場の近くにあった串カツ屋でメンバーと初めて飲んだ。さすが、関西人ばかりに囲まれて飲むと話が面白すぎて、聞き役になってしまう。あー、いかん、いかん、ここでツッコまな、と思うのだが、まるでアメリカ人に囲まれてるたった一人の日本人みたいになって、気持ちばかりあせってしまって、いつものテンポがでない。ただの気取った東京人に見られたのではないかと、ホテルに帰って猛反省。って、仕事の話の中身を気にせいって。

 ホテルに帰ると、なんと先日東京で観た「ダイナマイト関西」を放送している。全部見たっちゅーのに、つい見てしまって、就寝が3時すぎに・・・。翌朝、朝刊をチェックすると、昼から「たかじんの胸いっぱい」に藤山直美はゲストで出ているし、吉本新喜劇はやってるし、午後は上沼恵美子の特番を4時間くらいやってるし、「あービデオに全部録って帰りたいよー」。藤山直美さんといえば、「芋たこなんきん」は毎朝欠かさず見ている。板尾さんの作家の先生役が可笑しい。結局ずっとテレビを見るためにホテルにいるわけにもいかず、難波の「今井」でうどんを食べた後、うめだ花月に向かう。

 いつもNGKばかりだったので、初めてのうめだ花月はとっても新鮮!桂三若という落語家が私としては大ヒットのめっけもんどした。噺は面白いし、まあまあのイケメン。博多のどんぴしゃも中居君にそっくりでなかなか笑えた。帰り際にバッファロー吾郎の下敷きとチュートリアル徳井のキーホルダーを発見し、しばらく買おうかどうしようか悩んで動けなかった。結局買わなかったのだが、今思うと買えばよかったと後悔。

 そして、いよいよ上田氏との打ち合わせ。新幹線出発ギリギリまで4時間も話したけれど、やっぱり芝居のネタをあれこれ話すのは楽しい。そして、この初の打ち合わせの時点で、上田氏が既に登場人物に愛情を持ってくれていることに感激した。作家冥利に尽きるというもの。稽古は来月からだけど、うーん益々楽しみになってきたわー!

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.seesaa.jp/tb/41935199
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。