カニリカニリカ

カニリカの舞台
■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
ステラ・ミュージカル 夏公演決定!

脚本・演出 カニリカ

≪東京公演≫
【公演日】
2010/7/16(金)〜7/25(日)
【会場】
ル テアトル 銀座

≪神戸公演≫
【公演日】
2010/7/31(土)〜8/2(月)
【会場】
神戸オリエンタル劇場

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ
リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美
…他


■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
 ステラ・ミュージカル
2010/3/19〜3/24[公演終了]
天王洲 銀河劇場

脚本・演出 カニリカ

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ

月森 蓮役:三上 俊
土浦梁太郎役:高橋優太
志水桂一役:小関裕太
火原和樹役:吉野晃一
柚木梓馬役:川村聖斗

冬海笙子役:笹丘明里
天羽菜美役:三好絵梨香
金澤紘人役:進藤 学
王崎信武役:吉原シュート

リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美

東海林 遼・清水一希・宮之脇佳織・吉野由利子
土屋史子・城戸愛莉・舟見和利・斉藤レイ

■「暁の誓い」
2009/4/15〜4/19[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出 カニリカ

【キャスト】
萩野崇/弓削智久/出合正幸/高根研一(Studio Life)

吉村崇(平成ノブシコブシ)/徳井健太(平成ノブシコブシ)
■カニリカプロデュース
 『執事ホテル』

2008/2/16〜2/24[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出:カニリカ
出演: 大口兼悟 村上幸平 溝呂木賢 昇二郎 高根研一/他

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


■舞台『無敵な男達』

カニリカがイケメン俳優を迎えてお送りするハートフルコメディ

作:カニリカ
演出・出演:上田一軒(スクエア)
出演:ホストの皆様:岩大(Studio Life) 村上幸平 萩野崇 北条隆博 篠田仁志(Studio Life) 奈須崇(スクエア) 長尾弘喜
常連客の皆様:小林愛(TEAM 発砲・B・ZIN)星ようこ 滝沢乃南

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


カニリカの作品
連載小説配信スタート!

「ラヴァーズ・ハイ」

 今、何かと話題のクーガーと呼ばれるアラフォーの女性たち。

実際にボーイズバーで彼らを買う女性たちに取材を敢行し、実話を元に描く超リアルな官能恋愛小説。

カニリカが初めて挑む禁断の世界。

配信のお申し込みとサンプル号をお読みになりたい方は、

 ≫こちらから
カニリカの本
小説 執事ホテル

小説版
『執事ホテル』12/18発売
購入する≪

kanirican_100.jpg

このブログがついに本に!
『いや〜ん!ばか〜ん!カニリカーン』
購入する≪



もしも彼氏が40歳の童貞男だったら[映画]

 あの元祖イケメン阿部ちゃんこと阿部寛さんが「結婚できない男」を演じても何の違和感もない今のニッポンにおいて、結婚どころか彼女もできないアキバ系がワンサカいるのだから、40歳で童貞だとしても何の不思議もない。っていうか、そういう男たちは多分彼女を必要としていないのだろうから。

 でもそれはひょっとしたら、彼女がいる楽しさとか、生身の女性とつきあう喜び、そして本物の女性とエッチする快感を知らないだけであって、一度そのハードルを越えれば、もっと恋愛に前向きになるんじゃないでしょうか?そして少子化も減るかも。などと映画「40歳の童貞男」の試写を見て、最後には真剣に考えました。

 海の向こうのアメリカでもアキバ系は増殖しているらしく、この映画の主人公であるアンディも家電店にまじめに勤めながら、休日はもっぱらフィギュアやゲームがズラリと並んだ家で一人で過ごしているというオタクぶり。シャツはいつもズボンの中に入れ、きっちりベルトというファッションで、ヘアスタイルも勿論イケてない。童貞なんで、毎朝トランクスの一部が三角に盛り上がっている。

 そんなチェリーボーイがある女性に一目惚れし、付き合おうと試みるドタバタラブコメディなんだが、とにかくディテールが超リアルで面白い!まあ下ネタっちゃあ下ネタだけど、「こういう誘いに女は弱い」とか「酔ってる女を口説けばエッチできる」とか日本のマニュアル本にも書いてあるような男性本位の思い込みや失敗が次々と出てくるので、結局アメリカも同じなのね〜と大笑い。

 最近やたら受ける女性誌の取材が「出会いがないと嘆く女性にどうすればいいかアドバイスを」といった内容。結局いつも相談を受けて思うのは、男も女も失敗ばかり恐れて、頭でっかちになっているからじゃないの〜?ということだけど、自分が思っている以上にフリーの人は今本当に多い。そして、みんなやっぱり相手を探している。だから、あれこれ頭で考えず、この映画のように当たって砕けろ!しかないと思うけど。ダメなら又次を探せばいい、くらいの気持ちで。

 ちなみにこの映画を観た後、試しに回りの独身女性達に聞いてみた。「もしも相手が40歳童貞男だったらどうする?」と。フリーの女性の殆どが「えー、ヤダー!!」という回答。ところが、カレシがいる子は意外にも「まあ優しければいい」とか「自分が徐々に教えていこうかな、なんちゃって」といった答え。この寛容度の違いが明暗を分けているんではないかに?まあ、アレコレ頭で考えず、まずはお気楽にこの映画を観てみてちょ。

 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。