カニリカニリカ

カニリカの舞台
■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
ステラ・ミュージカル 夏公演決定!

脚本・演出 カニリカ

≪東京公演≫
【公演日】
2010/7/16(金)〜7/25(日)
【会場】
ル テアトル 銀座

≪神戸公演≫
【公演日】
2010/7/31(土)〜8/2(月)
【会場】
神戸オリエンタル劇場

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ
リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美
…他


■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
 ステラ・ミュージカル
2010/3/19〜3/24[公演終了]
天王洲 銀河劇場

脚本・演出 カニリカ

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ

月森 蓮役:三上 俊
土浦梁太郎役:高橋優太
志水桂一役:小関裕太
火原和樹役:吉野晃一
柚木梓馬役:川村聖斗

冬海笙子役:笹丘明里
天羽菜美役:三好絵梨香
金澤紘人役:進藤 学
王崎信武役:吉原シュート

リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美

東海林 遼・清水一希・宮之脇佳織・吉野由利子
土屋史子・城戸愛莉・舟見和利・斉藤レイ

■「暁の誓い」
2009/4/15〜4/19[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出 カニリカ

【キャスト】
萩野崇/弓削智久/出合正幸/高根研一(Studio Life)

吉村崇(平成ノブシコブシ)/徳井健太(平成ノブシコブシ)
■カニリカプロデュース
 『執事ホテル』

2008/2/16〜2/24[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出:カニリカ
出演: 大口兼悟 村上幸平 溝呂木賢 昇二郎 高根研一/他

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


■舞台『無敵な男達』

カニリカがイケメン俳優を迎えてお送りするハートフルコメディ

作:カニリカ
演出・出演:上田一軒(スクエア)
出演:ホストの皆様:岩大(Studio Life) 村上幸平 萩野崇 北条隆博 篠田仁志(Studio Life) 奈須崇(スクエア) 長尾弘喜
常連客の皆様:小林愛(TEAM 発砲・B・ZIN)星ようこ 滝沢乃南

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


カニリカの作品
連載小説配信スタート!

「ラヴァーズ・ハイ」

 今、何かと話題のクーガーと呼ばれるアラフォーの女性たち。

実際にボーイズバーで彼らを買う女性たちに取材を敢行し、実話を元に描く超リアルな官能恋愛小説。

カニリカが初めて挑む禁断の世界。

配信のお申し込みとサンプル号をお読みになりたい方は、

 ≫こちらから
カニリカの本
小説 執事ホテル

小説版
『執事ホテル』12/18発売
購入する≪

kanirican_100.jpg

このブログがついに本に!
『いや〜ん!ばか〜ん!カニリカーン』
購入する≪



マイケル・フランクスの爽やかな新譜とライヴ[音楽]

 待望のマイケル・フランクスの新譜「ランデヴー・イン・リオ」が先日リリースされた。前作の「ウォッチング・ザ・スノウ」からは3年ぶり。

 では、ここでマイケルって誰?っていう人のためにカンタンに解説を。1977年に「アントニオの唄」を大ヒットさせた、アメリカのアダルト・コンテンポラリーの代表的アーティスト。(日本ではキング・オブ・AORとか呼ばれていますけど、AORって日本の造語だし、私嫌いな言葉なんで使いません)

 っていうか、そもそもお笑い系の放送作家が何でこんな音楽の話を?しかも真面目に?と思う人多いでしょうね。ふっふっふ。永く生きていると人に歴史ありで、私もいろんなことやってきたんですよ。元々レコードメーカーのOL(レコードっていう時点で既に歴史を感じるっしょ)だったこともあり、その後もFMラジオのディレクターやりながら音楽ライターもやっていたんですよ、これでも。どれでも?

 そんなわけで一般の方より、比較的たくさん洋楽を聴いてきたとは思うけれど(とはいえ、最近のはかなり疎い)、いわゆる一番好きなアーティスト、最も回数多く聴いたアーティストがこのマイケル・フランクス様なわけであります。だ、誰ですか、顔に似合わず渋い趣味とか言っているのは?って誰も言ってませんね。ライナーノーツも以前数枚書かせてもらいました。

 一度も聴いたことない人、是非聴いてみて、みて。本当に心から癒されます。優しく包み込んでくれるようなソフトな歌声とボサノバ・テイストのジャジーなサウンド(出た!カタカナ乱用)は、ムシムシしたこの季節を一掃してくれるハズ。もう、だって今ウチはブラジルの風が吹いちゃってますから〜〜。あ、でもブラジルの風って暑そう・・・。

 そして、そんなマイケル様、現在来日中です。ブルーノート東京で7月8日までライブを行っています。詳しくはこちらを!http://www.bluenote.co.jp/art/20060702.html

 私ももちろん行きますですっ!今日は、お笑いばかり見ているわけではない、というアピールしてみました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.seesaa.jp/tb/41935180
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。