カニリカニリカ

カニリカの舞台
■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
ステラ・ミュージカル 夏公演決定!

脚本・演出 カニリカ

≪東京公演≫
【公演日】
2010/7/16(金)〜7/25(日)
【会場】
ル テアトル 銀座

≪神戸公演≫
【公演日】
2010/7/31(土)〜8/2(月)
【会場】
神戸オリエンタル劇場

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ
リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美
…他


■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
 ステラ・ミュージカル
2010/3/19〜3/24[公演終了]
天王洲 銀河劇場

脚本・演出 カニリカ

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ

月森 蓮役:三上 俊
土浦梁太郎役:高橋優太
志水桂一役:小関裕太
火原和樹役:吉野晃一
柚木梓馬役:川村聖斗

冬海笙子役:笹丘明里
天羽菜美役:三好絵梨香
金澤紘人役:進藤 学
王崎信武役:吉原シュート

リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美

東海林 遼・清水一希・宮之脇佳織・吉野由利子
土屋史子・城戸愛莉・舟見和利・斉藤レイ

■「暁の誓い」
2009/4/15〜4/19[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出 カニリカ

【キャスト】
萩野崇/弓削智久/出合正幸/高根研一(Studio Life)

吉村崇(平成ノブシコブシ)/徳井健太(平成ノブシコブシ)
■カニリカプロデュース
 『執事ホテル』

2008/2/16〜2/24[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出:カニリカ
出演: 大口兼悟 村上幸平 溝呂木賢 昇二郎 高根研一/他

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


■舞台『無敵な男達』

カニリカがイケメン俳優を迎えてお送りするハートフルコメディ

作:カニリカ
演出・出演:上田一軒(スクエア)
出演:ホストの皆様:岩大(Studio Life) 村上幸平 萩野崇 北条隆博 篠田仁志(Studio Life) 奈須崇(スクエア) 長尾弘喜
常連客の皆様:小林愛(TEAM 発砲・B・ZIN)星ようこ 滝沢乃南

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


カニリカの作品
連載小説配信スタート!

「ラヴァーズ・ハイ」

 今、何かと話題のクーガーと呼ばれるアラフォーの女性たち。

実際にボーイズバーで彼らを買う女性たちに取材を敢行し、実話を元に描く超リアルな官能恋愛小説。

カニリカが初めて挑む禁断の世界。

配信のお申し込みとサンプル号をお読みになりたい方は、

 ≫こちらから
カニリカの本
小説 執事ホテル

小説版
『執事ホテル』12/18発売
購入する≪

kanirican_100.jpg

このブログがついに本に!
『いや〜ん!ばか〜ん!カニリカーン』
購入する≪



2 cheat 3 山内圭哉と福田転球に大爆笑![お笑い]

 本当は、「50代の挑み続ける男たち」にはまだ続きがあって、コクーン歌舞伎「四谷怪談」の中村勘三郎丈と、「ライフ・イン・ザ・シアター」の市村正親さんも書くつもりだったのだけど、日々色々なことに忙殺され、どんどん月日が経ってしまって、あちゃーと思っているうちに次から次へとネタが溜まってしまっている状態・・・。反省してます。

 やっぱり、ブログは思い立ったが吉日。すぐ書かなくちゃダメね。GW中の、生ジュニアを見て”萌え〜!”となったルミネよしもとの「キングオブ大喜利」や、涙して見た「探偵ナイトスクープ!」のええ話や、スタジオライフの岩崎大君がかかし役で出演したミュージカル「NARUTO」でレギュラーのアドリブにやられた!、話などネタはつきないのだが、今日は敢えてさっきまで大笑いしていた「wat mayhem 2 cheat 3」のことを書く!(って大袈裟に宣言するほどでもないけど)

 これはパイパーの山内圭哉氏がプロデューする公演で、彼が一番面白いと思っている転球劇場の福田転球氏と組んでいるコントユニットのような作品。東京はこれが初めてだったそうだけど、もっと早くから東京でもやってほしかった!と勝手に後悔するほど、おもろかった!いやあ、笑った、笑った。涙流して爆笑してしまった。

 元々パイパーの芝居を見たときに「このおっさん、おもろいなあ」と思ったのが転球氏で、その人があの山内圭哉氏と組むならすごいかも、と思ってチケットを買っておいたのだけど、こんなに面白いとは思わなかった。今のところ、今年一番笑いましたわ。

 謎の二人がいて、やがて4本のコントへと進んでいくんだけど、これが4本とも非常にリアルなあぶないキャラで、二人が見事に演じわける。1本目は、あややのアキバ系の中年の追っかけで、ライブ後に反省会を行う。非常にキモいのだが、この二人がフォークデュオを組むことになり、そのライブの稽古へと続く。この様子がイタくて、笑える。

 コントの合間には、このためにだけわざわざ撮影したというタイでのロケのVTRが流れるが、これがまた超おかしい。そして、調理が全くできないアルバイトの外国人の焼き鳥屋のコント、絶対いそうなダメな劇団の女優の演劇ワークショップのコント、漫才師のコントへと続くのだが、本当にどれもパロディとして秀逸だし、アドリブも凄いし、二人の間というか呼吸はぴったり。

 実は、私の隣に嬉しいことにラーメンズの片桐さんが座っていたのだが、彼も腹を抱えて笑っていた。敢えて注文をつけるなら、全体の構成の入り口と出口がちょっと懲りすぎてわかりづらいかもしれないけれど、本編であれだけ笑わせてもらったから、まあいいか。ただ、中身が殆どないパンフレットの千円はちょっと高すぎです・・・。でも、それも許せるほどのコントだったんで、もしも興味ある方は、これからヤフオクででも競り落としてみてください!(って間に合うのか?)

 そうそう、片桐さんが場内に入っていたチラシをまじまじと見て「トーマの心臓かあ」と呟いていました。この「トーマの心臓」に関する話はまた次回のブログで♪

トラックバック

wat mayhem 「2cheat3」(佳乃といっしょ! 2006-05-14 22:40)
本日サッカー仕事をさぼってマチネを家族で観劇! 山内圭哉VS福田転球が関東で観れてうれしかったです。 開場入り口にこんな作品がならんでいました。 ..
このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.seesaa.jp/tb/41935166
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。