カニリカニリカ

カニリカの舞台
■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
ステラ・ミュージカル 夏公演決定!

脚本・演出 カニリカ

≪東京公演≫
【公演日】
2010/7/16(金)〜7/25(日)
【会場】
ル テアトル 銀座

≪神戸公演≫
【公演日】
2010/7/31(土)〜8/2(月)
【会場】
神戸オリエンタル劇場

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ
リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美
…他


■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
 ステラ・ミュージカル
2010/3/19〜3/24[公演終了]
天王洲 銀河劇場

脚本・演出 カニリカ

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ

月森 蓮役:三上 俊
土浦梁太郎役:高橋優太
志水桂一役:小関裕太
火原和樹役:吉野晃一
柚木梓馬役:川村聖斗

冬海笙子役:笹丘明里
天羽菜美役:三好絵梨香
金澤紘人役:進藤 学
王崎信武役:吉原シュート

リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美

東海林 遼・清水一希・宮之脇佳織・吉野由利子
土屋史子・城戸愛莉・舟見和利・斉藤レイ

■「暁の誓い」
2009/4/15〜4/19[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出 カニリカ

【キャスト】
萩野崇/弓削智久/出合正幸/高根研一(Studio Life)

吉村崇(平成ノブシコブシ)/徳井健太(平成ノブシコブシ)
■カニリカプロデュース
 『執事ホテル』

2008/2/16〜2/24[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出:カニリカ
出演: 大口兼悟 村上幸平 溝呂木賢 昇二郎 高根研一/他

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


■舞台『無敵な男達』

カニリカがイケメン俳優を迎えてお送りするハートフルコメディ

作:カニリカ
演出・出演:上田一軒(スクエア)
出演:ホストの皆様:岩大(Studio Life) 村上幸平 萩野崇 北条隆博 篠田仁志(Studio Life) 奈須崇(スクエア) 長尾弘喜
常連客の皆様:小林愛(TEAM 発砲・B・ZIN)星ようこ 滝沢乃南

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


カニリカの作品
連載小説配信スタート!

「ラヴァーズ・ハイ」

 今、何かと話題のクーガーと呼ばれるアラフォーの女性たち。

実際にボーイズバーで彼らを買う女性たちに取材を敢行し、実話を元に描く超リアルな官能恋愛小説。

カニリカが初めて挑む禁断の世界。

配信のお申し込みとサンプル号をお読みになりたい方は、

 ≫こちらから
カニリカの本
小説 執事ホテル

小説版
『執事ホテル』12/18発売
購入する≪

kanirican_100.jpg

このブログがついに本に!
『いや〜ん!ばか〜ん!カニリカーン』
購入する≪



50代の挑み続ける男達そのA寺尾聡さん[音楽]

 かつてこのブログで、うら若き乙女時代に寺尾聡さんを追っかけていた、ということは書いた。今思えば恥ずかしいが、家の近くまで行ったこともあるし、プレゼントはあげるし、一度彼が乗っているバンに乗せてもらって、新曲を聞かせてもらったこともある。といっても一緒に追っかけていた友達と二人だったけど。

 当時、それまでアイドル系の音楽や歌謡曲に夢中になっていた学生の私にとって、寺尾聡さんの音楽はなんてカッコよく洗練されているのだろうと、一遍で心を奪われたのであった。中でも「ルビーの指環」よりも「シャドー・シティ」が好きで、何百回聴いたかわからない。そして例の大ヒットの後リリースされたアルバム「リフレクションズ」。全ての歌詞を記憶するほど聴いたけれど、このアルバム今聞いても全然色褪せていないから、驚く。

 そんな寺尾さんのコンサートが開かれると知り、誰にも内緒でこっそりと行ってみた。観客を見てびっくり!「おじさん、おばさんばっかりじゃない!年齢層高いなあ」と思ったのだが、よくよく考えれば自分もその仲間なのであった。さるまた失敬!青春時代の思い出のようなものだから、自分の中では歳を取っていないつもりだったのだ。あちゃー。

 でもね、もっと驚くのは寺尾さんご自身である。もうすぐ60歳とは絶対に思えない、その若さ、その声、その品の良い色気ある歌い方。あの頃と何にも変わってない。そして、本当に心から楽しそうに自然体で歌っている。オリジナル以外に寺尾さん自身が選んだという洋楽も、ポール・アンカの「Put your head on my shoulder」やコステロの「SHE」などと、なかなか渋くてステキだった。

 好きだから音楽をやっている、好きだから歌い続けている。簡単そうに見えるけれど、なかなか実現するのは難しい。でも彼はこの歳までそれを忘れずに静かに挑んでいる。そんな姿勢が何よりも素敵で、客席からも拍手が鳴り止まなかった。唯一、難点があったとすれば、アンコールで観客の気分が盛り上がったところで、チャリティ主催者(しかもアムウェイ)のおっさんがステージに上がって、「寺尾先生!」と叫んで握手していたこと。ムードぶち壊しやっちゅーねん。そういうのは楽屋でやってくれよ。それと、なぜ「シャドウ・シティ」を歌ってくれなかったんですかー???それだけが心残りどした。

 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。