カニリカニリカ

カニリカの舞台
■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
ステラ・ミュージカル 夏公演決定!

脚本・演出 カニリカ

≪東京公演≫
【公演日】
2010/7/16(金)〜7/25(日)
【会場】
ル テアトル 銀座

≪神戸公演≫
【公演日】
2010/7/31(土)〜8/2(月)
【会場】
神戸オリエンタル劇場

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ
リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美
…他


■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
 ステラ・ミュージカル
2010/3/19〜3/24[公演終了]
天王洲 銀河劇場

脚本・演出 カニリカ

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ

月森 蓮役:三上 俊
土浦梁太郎役:高橋優太
志水桂一役:小関裕太
火原和樹役:吉野晃一
柚木梓馬役:川村聖斗

冬海笙子役:笹丘明里
天羽菜美役:三好絵梨香
金澤紘人役:進藤 学
王崎信武役:吉原シュート

リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美

東海林 遼・清水一希・宮之脇佳織・吉野由利子
土屋史子・城戸愛莉・舟見和利・斉藤レイ

■「暁の誓い」
2009/4/15〜4/19[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出 カニリカ

【キャスト】
萩野崇/弓削智久/出合正幸/高根研一(Studio Life)

吉村崇(平成ノブシコブシ)/徳井健太(平成ノブシコブシ)
■カニリカプロデュース
 『執事ホテル』

2008/2/16〜2/24[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出:カニリカ
出演: 大口兼悟 村上幸平 溝呂木賢 昇二郎 高根研一/他

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


■舞台『無敵な男達』

カニリカがイケメン俳優を迎えてお送りするハートフルコメディ

作:カニリカ
演出・出演:上田一軒(スクエア)
出演:ホストの皆様:岩大(Studio Life) 村上幸平 萩野崇 北条隆博 篠田仁志(Studio Life) 奈須崇(スクエア) 長尾弘喜
常連客の皆様:小林愛(TEAM 発砲・B・ZIN)星ようこ 滝沢乃南

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


カニリカの作品
連載小説配信スタート!

「ラヴァーズ・ハイ」

 今、何かと話題のクーガーと呼ばれるアラフォーの女性たち。

実際にボーイズバーで彼らを買う女性たちに取材を敢行し、実話を元に描く超リアルな官能恋愛小説。

カニリカが初めて挑む禁断の世界。

配信のお申し込みとサンプル号をお読みになりたい方は、

 ≫こちらから
カニリカの本
小説 執事ホテル

小説版
『執事ホテル』12/18発売
購入する≪

kanirican_100.jpg

このブログがついに本に!
『いや〜ん!ばか〜ん!カニリカーン』
購入する≪



CHICで踊り狂う蟹[音楽]

 久しぶりに行ってきました、青山ブルーノート♪ その前の番組の会議が飛んでしまったため、開演時間まで表参道ヒルズで時間をつぶしていました。実は何を隠そう、表参道ヒルズに行ったのは初めて。行かなきゃ、チェックしなきゃ、と思いつつなかなかチャンスに恵まれなかったのよん。新しもの好きの私としては珍しく、作家としても「まだ行ってない」とは言えず、日々あせっていて、表参道ヒルズのことが話題に上がるとさりげなく話題を変えていた。

 よかった〜〜、これで堂々と話せるわー。でも、何を?はい、想像以上につまらなくて、ガッカリでした。しかもあの狭い通路のスロープ、危ないったらありゃしない。殆どの店の入り口に段差があるから、つまずきそうで危険だし。笑ってしまったのが、多分観光気分でいらしていたおばさま二人。仲良く話していたのはいいのだが、1人のおばはんが小銭を落とした。床はスロープ。当然のことながら、硬貨はどんどん転がって落ちていく。「ひゃあ!」と叫びながら、あわてて追いかけるおばはん。「待って〜!」と叫んでいるから、てっきり500円玉かと思ってその行方を見たら、なんと1円玉どした。「一円を笑う者は一円に泣く」ゆうてね、さすがおばはん。しっかりスロープの下まで行って拾ってましたわ。

 ま、そんなおばはん話はさておき、ブルーノートに誰が出ていたかといえば、シックである。ナイル・ロジャース率いる泣く子も黙るダンス・バンド。いやあ、「フリーク・アウト」や「グッド・タイムズ」などのヒット曲しかやらないし、ダイアナ・ロスはやるし、シスター・スレッジはやるし、もうブルーノートは完全にディスコと化した。

 何がかっこよかったって、ドラムのオマー・ハキムである。楽しそうに御気楽に叩いているんだが、その鋭いリズムの刻み方、ファンキーなビートがズンズンとこちらの内臓に響いてきて、心地よーい!勿論ナイルもボーカルの女性たちも本当にカッコよかったんですけどね。アンコールの「グッド・タイムズ」のアレンジがとにかく超クールで、まさしくグッドタイムズでした!

 ナイル・ロジャースとは確か8年くらいまえ、スーパープロデューサーズというイベントで来日した際に、特番を組み、そのスタッフとして参加させてもらったけれど、彼がプロデュースしたヒット曲は数知れない。またああいう洋楽のイベントやればいいのになあ。

 ちなみに私は調子こいて、”ハッスルハッスル”して踊りすぎたため、腰を少々痛めてしまった。とほほ。おばはんのことを笑っている場合ではなかったのであーる。

 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。