カニリカニリカ

カニリカの舞台
■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
ステラ・ミュージカル 夏公演決定!

脚本・演出 カニリカ

≪東京公演≫
【公演日】
2010/7/16(金)〜7/25(日)
【会場】
ル テアトル 銀座

≪神戸公演≫
【公演日】
2010/7/31(土)〜8/2(月)
【会場】
神戸オリエンタル劇場

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ
リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美
…他


■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
 ステラ・ミュージカル
2010/3/19〜3/24[公演終了]
天王洲 銀河劇場

脚本・演出 カニリカ

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ

月森 蓮役:三上 俊
土浦梁太郎役:高橋優太
志水桂一役:小関裕太
火原和樹役:吉野晃一
柚木梓馬役:川村聖斗

冬海笙子役:笹丘明里
天羽菜美役:三好絵梨香
金澤紘人役:進藤 学
王崎信武役:吉原シュート

リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美

東海林 遼・清水一希・宮之脇佳織・吉野由利子
土屋史子・城戸愛莉・舟見和利・斉藤レイ

■「暁の誓い」
2009/4/15〜4/19[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出 カニリカ

【キャスト】
萩野崇/弓削智久/出合正幸/高根研一(Studio Life)

吉村崇(平成ノブシコブシ)/徳井健太(平成ノブシコブシ)
■カニリカプロデュース
 『執事ホテル』

2008/2/16〜2/24[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出:カニリカ
出演: 大口兼悟 村上幸平 溝呂木賢 昇二郎 高根研一/他

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


■舞台『無敵な男達』

カニリカがイケメン俳優を迎えてお送りするハートフルコメディ

作:カニリカ
演出・出演:上田一軒(スクエア)
出演:ホストの皆様:岩大(Studio Life) 村上幸平 萩野崇 北条隆博 篠田仁志(Studio Life) 奈須崇(スクエア) 長尾弘喜
常連客の皆様:小林愛(TEAM 発砲・B・ZIN)星ようこ 滝沢乃南

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


カニリカの作品
連載小説配信スタート!

「ラヴァーズ・ハイ」

 今、何かと話題のクーガーと呼ばれるアラフォーの女性たち。

実際にボーイズバーで彼らを買う女性たちに取材を敢行し、実話を元に描く超リアルな官能恋愛小説。

カニリカが初めて挑む禁断の世界。

配信のお申し込みとサンプル号をお読みになりたい方は、

 ≫こちらから
カニリカの本
小説 執事ホテル

小説版
『執事ホテル』12/18発売
購入する≪

kanirican_100.jpg

このブログがついに本に!
『いや〜ん!ばか〜ん!カニリカーン』
購入する≪



ヒルズで嗚咽!「ALWAYS 三丁目の夕日」[映画]

 先日、六本木ヒルズのヴァージン・シネマで「ALWAYS 三丁目の夕日」を観た。ヒルズって映画館かTSUTAYAしか行かないなあ、って思っていたら、回りの友人たちも皆そうだったのでびっくり!大丈夫か、森ビル。来年新しい六本木プロジェクトが旧防衛庁跡に完成したら、益々ゴーストタウン化しそうだ。平日なんて閑古鳥すら鳴いてませんから(笑)!!

 話はそれたけど、かつてはよく業界で使っていた「ハードルを上げる」という表現。これ最近はフツーに皆が使っている。それこそ前評判のいい映画や舞台があるとハードルが上がってしまって、「え?これのどこが?」なんてことになりかねない。だから、評判がいいときはかえって「期待しないようにしようっと」とワケのわかんない心の準備をする。

 そこで、この「三丁目」。面倒なんで、以下「三丁目」ということで。日テレが作った映画なんで、当然ながら周囲に観た人は多く、皆号泣したと言っていた。身内びいきか、と思っていたら、女性誌の編集者や姉までもが「いいよ〜」と薦めた。あー、どんどんハードルが上がる。期待するな、と言い聞かせ劇場へ。

 昭和30年代の話で懐かしく、思わず膝を打つシーンが満載。細かい描写に感心していたら、話は徐々にクライマックスへ。「あ、ここでか?」といかにもほろっと来そうなシーンが来る。「まあ、人によってはこれで号泣するかもな・・・。確かに」なんて冷静に観ていたら、その後とんでもなかった。クライマックスか?なんて思ったところはまだ序章。その後、これでもかこれでもかと来る、すごい話の展開が。これから観る人のために詳細は書かないが、手紙のシーンでは滝の如く涙が溢れ出し、嗚咽を抑えるのに必死だった。号泣どころの騒ぎではなかった。ふと隣を見ると友人も負けないくらい大粒の涙を流していた。

 それぞれ琴線に触れる箇所は違うだろう。でも共通していえるのは、追いつけないくらいのスピードでどんどん便利になっていく世の中で、とっても大切な何かを置き忘れてきた。それは何だったかを思い出させてくれるのがこの作品である。携帯なんかいらない、メールなんか本当は必要ない。それよりも大事なのは、そこに込めなくちゃいけない人の気持ち。人と人との繋がり。そういうものが確かにあの時代はあった。サンタクロースのエピソードはたまらないが、実際ウチもそうだった。「そうそう、こんなことあった、こうだった」と昭和を懐かしむ人たちはそんなことを思い出しながら、この映画を共感して見ることだろう。よくあそこまでディテールにこだわってリアルに再現した、と心からこのスタッフ達に拍手を贈りたい。

 出演している役者たちも素晴らしい。特に子供たち。先に食事を済ませ、レイトショーで観たので、そのまま帰っても良かったのだけど、友人も私もこの感動にまだ浸っていたくて、駄菓子を置いている昭和の匂いがする居酒屋「駄菓子屋」にわざわざ赴いた。そして、家に帰ってから、いくつかのシーンを反芻していたら、また泣けてきた。亡くなった両親のことをたくさん思い出した。子供の頃の家族団らんの時間が鮮やかに甦ってきた。こんな映画は久しぶりかもしれない。邦画でここまで感動したのは初めてだと思う。あとはこのブログを読んだ人のハードルが無駄に上がらないことを望むだけです。

 

 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。