カニリカニリカ

カニリカの舞台
■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
ステラ・ミュージカル 夏公演決定!

脚本・演出 カニリカ

≪東京公演≫
【公演日】
2010/7/16(金)〜7/25(日)
【会場】
ル テアトル 銀座

≪神戸公演≫
【公演日】
2010/7/31(土)〜8/2(月)
【会場】
神戸オリエンタル劇場

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ
リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美
…他


■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
 ステラ・ミュージカル
2010/3/19〜3/24[公演終了]
天王洲 銀河劇場

脚本・演出 カニリカ

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ

月森 蓮役:三上 俊
土浦梁太郎役:高橋優太
志水桂一役:小関裕太
火原和樹役:吉野晃一
柚木梓馬役:川村聖斗

冬海笙子役:笹丘明里
天羽菜美役:三好絵梨香
金澤紘人役:進藤 学
王崎信武役:吉原シュート

リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美

東海林 遼・清水一希・宮之脇佳織・吉野由利子
土屋史子・城戸愛莉・舟見和利・斉藤レイ

■「暁の誓い」
2009/4/15〜4/19[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出 カニリカ

【キャスト】
萩野崇/弓削智久/出合正幸/高根研一(Studio Life)

吉村崇(平成ノブシコブシ)/徳井健太(平成ノブシコブシ)
■カニリカプロデュース
 『執事ホテル』

2008/2/16〜2/24[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出:カニリカ
出演: 大口兼悟 村上幸平 溝呂木賢 昇二郎 高根研一/他

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


■舞台『無敵な男達』

カニリカがイケメン俳優を迎えてお送りするハートフルコメディ

作:カニリカ
演出・出演:上田一軒(スクエア)
出演:ホストの皆様:岩大(Studio Life) 村上幸平 萩野崇 北条隆博 篠田仁志(Studio Life) 奈須崇(スクエア) 長尾弘喜
常連客の皆様:小林愛(TEAM 発砲・B・ZIN)星ようこ 滝沢乃南

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


カニリカの作品
連載小説配信スタート!

「ラヴァーズ・ハイ」

 今、何かと話題のクーガーと呼ばれるアラフォーの女性たち。

実際にボーイズバーで彼らを買う女性たちに取材を敢行し、実話を元に描く超リアルな官能恋愛小説。

カニリカが初めて挑む禁断の世界。

配信のお申し込みとサンプル号をお読みになりたい方は、

 ≫こちらから
カニリカの本
小説 執事ホテル

小説版
『執事ホテル』12/18発売
購入する≪

kanirican_100.jpg

このブログがついに本に!
『いや〜ん!ばか〜ん!カニリカーン』
購入する≪



ワインが飲みたくなる映画「モンドヴィーノ」[映画]

 10月下旬から公開されるフランス映画「モンドヴィーノ」の試写を見た。大好きなワインの話だから見なくちゃ、と思いつつなかなかスケジュールが合わず、どうしようと思っていたときにたまたま銀座のパプリカに行った。トイレにこの映画のチラシが貼ってあったので、ソムリエの成瀬さんに聞くと「面白かったよ」の答え。これは是非ともチェックしなくては、と心に決めていた。

 はっきり言って、びっくりです。こんなことになっていたのか、ワイン業界は!?という真実の裏話の暴露ストーリー。ただワインを知らない人にとっては最初はちんぷんかんぷんかも。専門用語が多いし、登場人物も多いので、ワイン自体に興味がないと事実関係を追っていくだけで辛いかもしれない。でもワイン好きにとっては本当にたまらない、週刊文春とフラッシュとAERAの特ダネを一遍に読まされたような衝撃である。

 一言でカンタンに言ってしまえば、フランスの伝統と味を守る由緒あるシャトーに対して、「売れる」ことを目的としたアメリカのやり手ワイナリー、ロバート・モンダヴィ一家の襲撃の顛末とでも呼べる内幕劇。ドキュメンタリーなので、カメラワークや編集などは正直言ってかなりザツ。最初はそのへたくそなカメラワークに酔いそうになったが、段々それが味になって見えてくるからフシギ。そして、もっと驚くことに伝統を守る頑固なフランス人のおじいちゃんがいい人に見えてきて、モンダヴィ親子はまるで極悪人のような人相に見えてくること。っていうか、モンダヴィ親子って、顔がデカすぎ。こわいっす。

 監督がどこまで意図して撮影したかわからないが、終盤には「金の亡者」になっている人と「伝統を守る人」の人生の意味合いがまるっきり違っていて、ワインに賭ける凄まじい生き様がくっきりと浮かび上がってくるところに驚く。それはまるでフランスとアメリカの文化の違いでもあり、色々と考えさせられた。深いなあ。

 このタイトルって、モンダヴィとかけて「モンドヴィーノ」にしたんだよねえと思うと、ニヤリ。あーあ、何年か前にロバート・パーカー(ワイン評論家)のセミナーを真剣に受講した自分は何だったのか?もう「ワイン・スペクテーター」は読まないぞ!などと意を決したが、無性にワインが飲みたくなってしまったので、そのまま伊勢丹のイタリア展へ。

 ものすごい人ごみの中、おー、映画に出てきたオルネライアがデカい顔して売られている。ワインも自分の舌で確かめなきゃダメってことですな。

トラックバック

ワイン特集(ワイナリーウエディング日記 2005-10-25 13:18)
最近、いろんな雑誌がワイン特集をやってますね。 2004年のカンヌ映画祭で話題になった映画『モンドヴィーノ 』も、今週末からいよいよ公開です。 ドキュメンタリータッチで描くワインビジネスの..
モンドヴィーノ(フランスで暮らしたい、永野寿子 の夢日記 2005-10-29 16:23)
モンドヴィーノ、いよいよ本日公開!!! 9月、モンドヴィーノの試写会に行ってきました! ブログの中で、私はノクター監督に拍手をおくりたいと絶賛を・・・ そして シネカノンさ..
映画:「モンドヴィーノ」試写会(駒吉の日記 2005-11-02 14:32)
2005/10/28 「モンドヴィーノ」試写会@TFMホール 10/21の「ザ・コーポレーション 」と2作続けてドキュメンタリーです。 ワインをめぐってのブランド化、グローバリゼーショ..
モンドヴィーノ by ジョナサン・ノシター(東京右往左往 2005-11-04 23:55)
ようやく見ることができたモンドヴィーノ。まさに力作。 都内では、渋谷が日中、有楽
このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.seesaa.jp/tb/41935131
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。