カニリカニリカ

カニリカの舞台
■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
ステラ・ミュージカル 夏公演決定!

脚本・演出 カニリカ

≪東京公演≫
【公演日】
2010/7/16(金)〜7/25(日)
【会場】
ル テアトル 銀座

≪神戸公演≫
【公演日】
2010/7/31(土)〜8/2(月)
【会場】
神戸オリエンタル劇場

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ
リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美
…他


■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
 ステラ・ミュージカル
2010/3/19〜3/24[公演終了]
天王洲 銀河劇場

脚本・演出 カニリカ

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ

月森 蓮役:三上 俊
土浦梁太郎役:高橋優太
志水桂一役:小関裕太
火原和樹役:吉野晃一
柚木梓馬役:川村聖斗

冬海笙子役:笹丘明里
天羽菜美役:三好絵梨香
金澤紘人役:進藤 学
王崎信武役:吉原シュート

リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美

東海林 遼・清水一希・宮之脇佳織・吉野由利子
土屋史子・城戸愛莉・舟見和利・斉藤レイ

■「暁の誓い」
2009/4/15〜4/19[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出 カニリカ

【キャスト】
萩野崇/弓削智久/出合正幸/高根研一(Studio Life)

吉村崇(平成ノブシコブシ)/徳井健太(平成ノブシコブシ)
■カニリカプロデュース
 『執事ホテル』

2008/2/16〜2/24[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出:カニリカ
出演: 大口兼悟 村上幸平 溝呂木賢 昇二郎 高根研一/他

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


■舞台『無敵な男達』

カニリカがイケメン俳優を迎えてお送りするハートフルコメディ

作:カニリカ
演出・出演:上田一軒(スクエア)
出演:ホストの皆様:岩大(Studio Life) 村上幸平 萩野崇 北条隆博 篠田仁志(Studio Life) 奈須崇(スクエア) 長尾弘喜
常連客の皆様:小林愛(TEAM 発砲・B・ZIN)星ようこ 滝沢乃南

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


カニリカの作品
連載小説配信スタート!

「ラヴァーズ・ハイ」

 今、何かと話題のクーガーと呼ばれるアラフォーの女性たち。

実際にボーイズバーで彼らを買う女性たちに取材を敢行し、実話を元に描く超リアルな官能恋愛小説。

カニリカが初めて挑む禁断の世界。

配信のお申し込みとサンプル号をお読みになりたい方は、

 ≫こちらから
カニリカの本
小説 執事ホテル

小説版
『執事ホテル』12/18発売
購入する≪

kanirican_100.jpg

このブログがついに本に!
『いや〜ん!ばか〜ん!カニリカーン』
購入する≪



鋭意執筆中の私を支える音楽[音楽]
 日増しにあせっている。何がって、ホンの執筆だ。当たり前だ。「とっとと書きたまえ!」と自分に毎日言い聞かせている。

 何で、この時期に忘年会。何で、この時期に飲み会。断りませんよ、断れないっしょ。だって、全部お仕事がらみですし、夕飯はどうせ食べますし、息抜きもしたいですし。って、つまり飲みたいからだけどさ。昨日も「世界!弾丸トラベラー」の忘年会に行ってきた。久々にしょこたんに逢えて嬉しかったなあ。梨花さん、しずちゃん、天野さんもいましたよ。そして、ビンゴでwiiが当たりました!超うれしー!

 そして、この時期になぜか多いお芝居のご招待。これはさすがに丁重にお断りしている。3時間という時間が今は非常に惜しいからだ。だって、観た後にお食事、という流れになるでしょう。そうなると完全に5〜6時間は取られるからなあ。観たいの、いっぱいあるんだけどさー。泣く泣く断ってます。来年の秋までお預けですな。

 ホンもそうなのだが、やはり作詞です。悩むのは。「早く書いてくださいね!」とニコニコ顔で催促するのは、こんな初心者に素晴らしい曲を書いて下さる村松崇継さん。何のミュージカルかはまだ発表できないけれど、誰と組むかぐらいは大丈夫でしょう。http://www.muramatsu-t.net/

 その村松さんのコンサートに、出演するキャストやスタッフたちと先日行ってきました。とーーーーーーっても素晴らしかった!オーディエンスからもらった言葉で即興演奏をするんだけど、それがまたすごい。言葉のイメージだけで、あんなステキな曲を即興で弾けてしまうなんて!!
 こんなすごい人に曲を書いてもらえるなんて、それだけで私は幸せ者です。また村松さん自身がとっても優しくて、素敵な方で。もう今から本当に楽しみ♪

 そんなわけで、最近はひたすらパソコンに向かいながら、大体次のローテーションでCDを流している。作詞のイメージを固めるときは、村松さんのアルバム、クラシック全般、ミュージカルナンバー(MGM系、コール・ポーター、ガーシュウィンとか)

 台詞を書いていて、気持ちをアップさせたい時や笑いのシーンを書く時は、嵐。特に桜井君のラップが入っているナンバーがヘビロテ。
 そして、言葉が浮かばずに苦しんでいるときは、DJ19。特に彼のオリジナル・デビューアルバムとなった「PHUTUREFUNK」はとにかく気に入って、ずっとかけている。超ヘビロテ。そして、パソコンの前で踊っているわけだ。その内に台詞が出てくるから、不思議だ。ウチのワンちゃんたちは呆れているようだが・・・。
http://dj19.19boxrec.com/2009/10/album.html

 あ、ちなみにさだまさしさんをかけるとじっくり聞き込んでしまったり、涙ぐんでしまったりするとまずいので、歌詞を勉強させてもらうだけでガマンしています。

コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。