カニリカニリカ

カニリカの舞台
■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
ステラ・ミュージカル 夏公演決定!

脚本・演出 カニリカ

≪東京公演≫
【公演日】
2010/7/16(金)〜7/25(日)
【会場】
ル テアトル 銀座

≪神戸公演≫
【公演日】
2010/7/31(土)〜8/2(月)
【会場】
神戸オリエンタル劇場

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ
リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美
…他


■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
 ステラ・ミュージカル
2010/3/19〜3/24[公演終了]
天王洲 銀河劇場

脚本・演出 カニリカ

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ

月森 蓮役:三上 俊
土浦梁太郎役:高橋優太
志水桂一役:小関裕太
火原和樹役:吉野晃一
柚木梓馬役:川村聖斗

冬海笙子役:笹丘明里
天羽菜美役:三好絵梨香
金澤紘人役:進藤 学
王崎信武役:吉原シュート

リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美

東海林 遼・清水一希・宮之脇佳織・吉野由利子
土屋史子・城戸愛莉・舟見和利・斉藤レイ

■「暁の誓い」
2009/4/15〜4/19[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出 カニリカ

【キャスト】
萩野崇/弓削智久/出合正幸/高根研一(Studio Life)

吉村崇(平成ノブシコブシ)/徳井健太(平成ノブシコブシ)
■カニリカプロデュース
 『執事ホテル』

2008/2/16〜2/24[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出:カニリカ
出演: 大口兼悟 村上幸平 溝呂木賢 昇二郎 高根研一/他

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


■舞台『無敵な男達』

カニリカがイケメン俳優を迎えてお送りするハートフルコメディ

作:カニリカ
演出・出演:上田一軒(スクエア)
出演:ホストの皆様:岩大(Studio Life) 村上幸平 萩野崇 北条隆博 篠田仁志(Studio Life) 奈須崇(スクエア) 長尾弘喜
常連客の皆様:小林愛(TEAM 発砲・B・ZIN)星ようこ 滝沢乃南

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


カニリカの作品
連載小説配信スタート!

「ラヴァーズ・ハイ」

 今、何かと話題のクーガーと呼ばれるアラフォーの女性たち。

実際にボーイズバーで彼らを買う女性たちに取材を敢行し、実話を元に描く超リアルな官能恋愛小説。

カニリカが初めて挑む禁断の世界。

配信のお申し込みとサンプル号をお読みになりたい方は、

 ≫こちらから
カニリカの本
小説 執事ホテル

小説版
『執事ホテル』12/18発売
購入する≪

kanirican_100.jpg

このブログがついに本に!
『いや〜ん!ばか〜ん!カニリカーン』
購入する≪



史上最強のNY2009−エンタメ編[演劇]
 大変お待たせしました!ニューヨークレポート最終回はエンタメ編。話題の作品を時間の許す限り観てきましたよっ。

 まずは、やっぱりこのためにNYに行ったといっても過言ではない、ジュード・ロウの「ハムレット」。まさか生で、舞台で、ジュード様を見られる日が来るとは夢にも思わなかった。三ヶ月の限定公演ということもあり、大人気で、チケットが取れたのが奇跡的。これもトシ・カプチーノさまのお陰です。
DSC00772横.JPG DSC00784横.JPG
 DSC00787.JPGジュード様との2ショット、って違うか。
 やはり、ビッグスターのオーラというか、舞台に出てきただけで圧倒的な存在感。歩いているだけでも、その丸めた背中に哀愁を漂わせ、一挙一動に吸い込まれる。こんな俳優は見たことないと思った。シェークスピアなので、台詞が面白いというかユニークなわけだが、言い方一つで響き方がこんなに違うのか、ともつくづく感じた。もちろん共演している他の俳優陣も名優ばかりなんだけど、何と言ったらいいか、一人だけ際立ってしまって、全部持っていってくなあ、という感じ。

 非常にシンプルで抑えた舞台セットと衣装がより内面を際立たせていた。奇をてらわずに、芝居を見せる、という演出がかえって新鮮だった。色使いと照明も良かったし・・・。あと、アメリカ人がやたら皮肉っぽい台詞で笑うのが印象的だった。こんなに笑いが起こる「ハムレット」は初めて見たなあ。
 ああ、楽屋待ちしたかったです・・・。サイン欲しかったです・・・。

 それから、今回の一番の収穫というか、個人的大ヒットはミュージカル「悪魔の毒毒モンスター」。今年の観客が選ぶ作品ナンバーワンに輝いたコメディ・ミュージカルだけど、ミュージカルでこんな爆笑したのは初めて!超おバカで面白い。確か84年頃の映画をなぜか今頃になって舞台化したのだけど、出る俳優はたったの5人。で、一人で何役もするわけだけど、これが超面白い。ストーリーを言うとネタバレになるから詳細は書かないけれど、サエない男が汚染された川の化学物質をかぶってしまって、毒毒モンスターになって弱き者を助けるヒーローになる話。ブラックあり、下ネタ満載なんだけど、歌がどれもかっこよく、とにかく俳優陣が超芸達者。いやあ、感動しました!!
DSC00838.JPGこれが毒毒モンスター。
 
 もちろん、話題の「HAIR」も「リトル・ダンサー」も観ましたよ!どちらも予想通りというか、それ以上の完成度でただただ圧巻。「HAIR」は音楽もダンスも素晴らしいし、一緒にお祭りに参加するような楽しさで、見終わった後の充実感といったらない。鳥肌が立つ。
 「リトル・ダンサー」はもうエリオット役や他の子役たちが天晴れの一言で、アメリカ・ショウビズ界の底の厚さにもう感心するばかり。恐れ入りました。二つともよくあの映画をこういう風にミュージカルに仕立てたなあと、その才能とアイデアにひれ伏しますよ。両方ともNYに行くなら、絶対観たほうがいい作品です。
DSC00819.JPG DSC00822.JPG

 そして、今回楽しみにしていたのは、トニー賞を獲得したストレートプレイ「GOD OF CARNAGE」。「ボーイング・ボーイング」を演出したマシュー・ワーカスの新作だし、ジェフ・ダニエルズ、マーシャ・ゲイ・ハーデンといったビッグスター4人の芝居なんで、それを観られるだけでも貴重でした。ただ90分ひたすら台詞だけの心理劇なので、やはりわからない部分があり、滞在中に台本を買いました。うーん、悔しい。生で全部わかったら、面白かっただろうな。先に読んでおけばよかった。でも4人の名優の演技の駆け引きとか、絶妙な間とか、動きとか、表情とか、ものすごく勉強になった。やっぱりハリウッド映画ですごい人って、当たり前だけど、舞台でも本当にすごい。

 本当はもう1本観たかったのが、ヒュー・ジャックマンとダニエル・クレイグ二人だけの芝居。シカゴの刑事二人の話だそうで、これ前売りだけで「ライオン・キング」と並ぶ大ヒットだとか。まだオープンしたばかりだというのに、全然チケット取れなかった。だから、写真だけ撮ったよん(泣)。いまや、ヒューは「スッキリ!」ファミリーなのに・・・!
DSC00824.JPG

 映画は合間を縫って、1本だけ観れました!ティム・バートンプロデュースの「9」。これがもう最高で、大当たり!全くノーマークで、相方と相談してカンで入ったんだけど、ものすごーく可愛くて、いい話で、これぞエンターテインメント、これぞ映画、って感じ。是非とも日本でも公開してほしいなあ。
DSC00975.JPG映画「9」

 ニューヨークにたった1週間いるだけで、エンタメの最高峰を凝縮して体験できたって感じで、1年分の補給ができた気分。そう思えるってすごいことだなあ、と又もや感動。やっぱり、ニューヨークはクセになるなあ。だって、デパートの中にもこんなおしゃれなオブジェが!バットマンとパチリ!
DSC00886横.JPG DSC00754.JPG
 そして、ラストの写真は憧れのニューヨーク・タイムズ本社をバックに。いやあ、リーマンショック以降でも、2009年も最強の街、ニューヨークでした。絶対、又行こうっと!

 

コメント

初めまして(^-^)

お仕事がんばってくださいねぇ〜(o^-')b
(2009-10-31 23:33)
なんだかとっても楽しそうですね。
私もニューヨークに行ってみたいです。
(2009-11-01 00:05)
いいですね。serenburityて映画最高ですね。
(2013-06-24 16:27)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.seesaa.jp/tb/131079680
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。