カニリカニリカ

カニリカの舞台
■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
ステラ・ミュージカル 夏公演決定!

脚本・演出 カニリカ

≪東京公演≫
【公演日】
2010/7/16(金)〜7/25(日)
【会場】
ル テアトル 銀座

≪神戸公演≫
【公演日】
2010/7/31(土)〜8/2(月)
【会場】
神戸オリエンタル劇場

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ
リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美
…他


■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
 ステラ・ミュージカル
2010/3/19〜3/24[公演終了]
天王洲 銀河劇場

脚本・演出 カニリカ

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ

月森 蓮役:三上 俊
土浦梁太郎役:高橋優太
志水桂一役:小関裕太
火原和樹役:吉野晃一
柚木梓馬役:川村聖斗

冬海笙子役:笹丘明里
天羽菜美役:三好絵梨香
金澤紘人役:進藤 学
王崎信武役:吉原シュート

リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美

東海林 遼・清水一希・宮之脇佳織・吉野由利子
土屋史子・城戸愛莉・舟見和利・斉藤レイ

■「暁の誓い」
2009/4/15〜4/19[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出 カニリカ

【キャスト】
萩野崇/弓削智久/出合正幸/高根研一(Studio Life)

吉村崇(平成ノブシコブシ)/徳井健太(平成ノブシコブシ)
■カニリカプロデュース
 『執事ホテル』

2008/2/16〜2/24[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出:カニリカ
出演: 大口兼悟 村上幸平 溝呂木賢 昇二郎 高根研一/他

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


■舞台『無敵な男達』

カニリカがイケメン俳優を迎えてお送りするハートフルコメディ

作:カニリカ
演出・出演:上田一軒(スクエア)
出演:ホストの皆様:岩大(Studio Life) 村上幸平 萩野崇 北条隆博 篠田仁志(Studio Life) 奈須崇(スクエア) 長尾弘喜
常連客の皆様:小林愛(TEAM 発砲・B・ZIN)星ようこ 滝沢乃南

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


カニリカの作品
連載小説配信スタート!

「ラヴァーズ・ハイ」

 今、何かと話題のクーガーと呼ばれるアラフォーの女性たち。

実際にボーイズバーで彼らを買う女性たちに取材を敢行し、実話を元に描く超リアルな官能恋愛小説。

カニリカが初めて挑む禁断の世界。

配信のお申し込みとサンプル号をお読みになりたい方は、

 ≫こちらから
カニリカの本
小説 執事ホテル

小説版
『執事ホテル』12/18発売
購入する≪

kanirican_100.jpg

このブログがついに本に!
『いや〜ん!ばか〜ん!カニリカーン』
購入する≪



官能恋愛小説に挑戦!10月配信開始![ニュース&近況]
 のっけから宣伝で恐縮だが、10月からまぐまぐプレミアムというメールマガジンで小説「ラヴァーズ・ハイ」を有料で配信することになった。 これは日本最大の有料メルマガサイトで、何と1000誌ものメールマガジンが発行されているというし、姉妹サイトの無料メルマガ「まぐまぐ」はユーザー数が900万人というから驚き。 こりゃ、雑誌が売れないわけですな。

 今年の2月頃だったか、このサイトから「小説を書いてみませんか」というお誘いがあった。ちょうど舞台「暁の誓い」の稽古直前だったので、それが終われば・・・ということで引き受けた。
 実は、このサイト、誰でも登録すれば、自分の好きなメルマガを発行できる。つまり、小説だろうが、エッセイだろうが、発表していいわけ。ただ、やはりプロでないとなかなか読者が増えないないらしく、サイト側で「著名人で既存の作家ではないユニークな方で小説を!」という企画が上がり、私に白羽の矢が立ったというわけ。 ま、確かに私はユニークではあるので、大変名誉なことである。 しかも昨年、初の小説「執事ホテル」を上梓して、すっかり小説を書く楽しさにハマり、今度は長編か連載にトライしてみたいなあと思っていたところであった。

 新しモン好きの私は、雑誌でもなく、書籍でもない、このメルマガ配信の小説というのにとても惹かれた。というのも、申し込んだ人しか読めず、しかも読むツールはパソコンである。完全にクローズドな世界ではないか。
 私は何となく、多感な少女時代に親の目を盗んでこっそりと富島健夫(←古っ!)の青春小説を読んだことを思い出した。いわゆる青い性っていうヤツですね。どうでもいいけど、何であれは「青」なんでしょうか?青春にひっかけているのか? 今はエロ本だろうが、AVだろうが氾濫しているし、ネットでどんなエッチな動画も見られるから、そんなこっそり見るという意識はないかもしれない。 だけど、小説であればイマジネーションをいかようにも膨らませられるし、たった一人に直接送られる小説である。何だか淫靡な世界を期待しないか?と思うのは私だけだろうか・・・。


 と勝手な推測のまま、せっかくクローズドなツールだし、初の連載小説なんで、全く違うことにチャレンジしようと決めた。そこで、今までのバラエティ番組の作家であるとか、コメディの劇作家である、といったいわゆる「お笑いよりの」イメージと全く違う官能恋愛小説を書くことにしたのであーる!!

 いや、だからといって宇能鴻一郎や団鬼六を目指すわけではない。(こちらも古っ!)

 女性ならではの視点で、女性が共感できる性の世界を描いてみようと考えている。というのも昨年実際に私が出会った、衝撃のアラフォーの女性達がいて、彼女たちの真実を知ってもらいたいと思ったからだ。

 102日金曜日配信開始。彼女たちの実態は是非ともメルマガ「ラヴァーズ・ハイ」でご購読下さいませ!!現在は下記のURLをクリックすると、0号がサンプルとして読めるようになっています。http://www.mag2.com/m/0001017120.html
 

コメント

はじめまして!
仰る通り、まぐまぐの読者は名もなき民ではなかなか増えません(涙)
頑張ってくださいね〜!
(2009-09-18 21:18)
こんばんは。

小説の出版、おめでとうございます。

携帯小説でしょうか....

(2009-09-19 22:51)
こんにちは〜
はじめてきました★
(2009-09-26 22:10)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。