カニリカニリカ

カニリカの舞台
■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
ステラ・ミュージカル 夏公演決定!

脚本・演出 カニリカ

≪東京公演≫
【公演日】
2010/7/16(金)〜7/25(日)
【会場】
ル テアトル 銀座

≪神戸公演≫
【公演日】
2010/7/31(土)〜8/2(月)
【会場】
神戸オリエンタル劇場

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ
リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美
…他


■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
 ステラ・ミュージカル
2010/3/19〜3/24[公演終了]
天王洲 銀河劇場

脚本・演出 カニリカ

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ

月森 蓮役:三上 俊
土浦梁太郎役:高橋優太
志水桂一役:小関裕太
火原和樹役:吉野晃一
柚木梓馬役:川村聖斗

冬海笙子役:笹丘明里
天羽菜美役:三好絵梨香
金澤紘人役:進藤 学
王崎信武役:吉原シュート

リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美

東海林 遼・清水一希・宮之脇佳織・吉野由利子
土屋史子・城戸愛莉・舟見和利・斉藤レイ

■「暁の誓い」
2009/4/15〜4/19[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出 カニリカ

【キャスト】
萩野崇/弓削智久/出合正幸/高根研一(Studio Life)

吉村崇(平成ノブシコブシ)/徳井健太(平成ノブシコブシ)
■カニリカプロデュース
 『執事ホテル』

2008/2/16〜2/24[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出:カニリカ
出演: 大口兼悟 村上幸平 溝呂木賢 昇二郎 高根研一/他

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


■舞台『無敵な男達』

カニリカがイケメン俳優を迎えてお送りするハートフルコメディ

作:カニリカ
演出・出演:上田一軒(スクエア)
出演:ホストの皆様:岩大(Studio Life) 村上幸平 萩野崇 北条隆博 篠田仁志(Studio Life) 奈須崇(スクエア) 長尾弘喜
常連客の皆様:小林愛(TEAM 発砲・B・ZIN)星ようこ 滝沢乃南

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


カニリカの作品
連載小説配信スタート!

「ラヴァーズ・ハイ」

 今、何かと話題のクーガーと呼ばれるアラフォーの女性たち。

実際にボーイズバーで彼らを買う女性たちに取材を敢行し、実話を元に描く超リアルな官能恋愛小説。

カニリカが初めて挑む禁断の世界。

配信のお申し込みとサンプル号をお読みになりたい方は、

 ≫こちらから
カニリカの本
小説 執事ホテル

小説版
『執事ホテル』12/18発売
購入する≪

kanirican_100.jpg

このブログがついに本に!
『いや〜ん!ばか〜ん!カニリカーン』
購入する≪



マイケルの思い出と松下優也君[音楽]
 マイケル・ジャクソンが天国に旅立ってから、数日が経つが、実はいまだに信じられないというか、その事実を受け止められないでいる。「スッキリ!」で何度もノーカットで過去のPVをオンエアする度に、「本当にもういないのだろうか・・・」と疑ってしまう。何だかすべてが壮大なドッキリで、また新たなビッグ・プロジェクトを発表して、世界中を驚かしてくれるんじゃないか、とさえ思ってしまうのだ。

 なぜそんな風に思うかというと、90年代にまだラジオのプロデューサー兼音楽ライターをしていた頃、ワールドツアーの取材に行ったり、FMで特番を組んだりと、常に彼の音楽が傍にあったから。「BAD」も「リメンバー・ザ・タイム」も「ヒール・ザ・ワールド」も新曲のPVが発表される度に興奮して何度も観たことを昨日のことのように覚えている。

 ミュンヘンからスタートしたワールドツアーのときは(92年か?)、マスコミ向けのアフターショウのおもてなしが破格で度肝を抜かれた。だって、コンサート会場の隣に遊園地を作っちゃうんだもの。マスコミだけのために、わざわざ。どんだけのホスピタリティ?どんだけ、人を驚かすのが好き?この時の感動は当時発売されたレーザーディスクのベスト盤のライナーノーツに確か書いた。(レーザーディスクっていうところが渋いでしょ)

 生きていたら、もう始まっていたロンドン公演のリハーサル模様は何度見ても、胸が締め付けられる思いだ。完全にまだまだ現役じゃあないか!!何で、神様はあんなすごい人を早く天に呼んじゃったのかしら。きっと何かの手違いだろう。酷だ。そして、火傷したときの映像を流すのはもっと残酷だ。

 彼が他界して、すぐこの記事を書こうかと思ったが、何だか気が進まず、そのままにしていた。だけど、先日マイケルのことをアーティストの松下優也君と話していて、新たな発見があった。彼はそれこそ、マイケルが大好きで、マイケルに多大な影響を受けて、アーティストになった。そして、彼の歌と踊りはマイケルを思い出させる部分がある。

 本当に清らかな高い声で歌うのだが、踊りは完全なヒップホップのストリート系。つまり、マイケルが持ち合わせていた”ホワイト”の部分と”ブラック”の部分を兼ね備えているのだ。上品だけど、ワイルド。高貴だけど、カジュアル。メロウだけど、ストリート。そんな表と裏の顔を持つ。

 マイケルのDNAが、こうしてきちんと日本の若者(彼はまだ19歳!)にも受け継がれているのかと思うと、何だか嬉しくなってしまったのだ。出来上がったばかりのPV「Honesty」を見せてもらったが、時折天海祐希さんのような美しい表情をするので、ドキっとする。かと思うと激しく踊る。その差が観る者を惹きつける。話をすると、彼は良い意味ですごく生意気で、志が非常に高くて、そして自分に厳しく努力を重ねていて、更に興味が湧く。彼の将来がとっても楽しみだと思う。

P2009_0718_004847.jpg

コメント

マイケルは確かにすごかった。
でも次世代は必ず育ってきています。

偉大なマイケルを見て育った世代が彼を超えるかもしれませんよ。

(2009-07-28 14:58)
確かに・・・
マイケルは偉大で伝説の人です!私は70年代80年代と洋楽にハマっており、クイーンやエリッククラプトン、ポリス、もちろんマイケルなどなど好きなアーティストは数知れず。
マイケルが悲運にもイギリス公演前に他界した衝撃は・・・。でも、三浦大知くんや松下優也くんはしっかりマイケル世代でマイケルの遺伝子を受け継ぎながら、でも、しっかりとそれぞれの音楽でマイケルを目指してそれぞれがアーティストとして成長してくれると思います。
しかし・・・日本のメディアはこの二人を何故もっと応援しないのか!
素晴らしい才能を埋もれさせちゃいけない!本人たちは日々物凄い努力をして今も成長中なのだから、大人(世間やメディア)ももっと取り上げなくては。
みゅうママ
(2009-10-24 14:07)
松下優也くんて、天海祐希さんに似てますよね!
歌って、踊って、演技もして、天海祐希さんのように羽ばたいて欲しいです。
くろたん
(2010-02-18 10:24)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

カニリカ(タレント・有名人ブログ ブックマーク 2009-07-23 12:19)
カニリカニリカ
このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.seesaa.jp/tb/123968022
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。