カニリカニリカ

カニリカの舞台
■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
ステラ・ミュージカル 夏公演決定!

脚本・演出 カニリカ

≪東京公演≫
【公演日】
2010/7/16(金)〜7/25(日)
【会場】
ル テアトル 銀座

≪神戸公演≫
【公演日】
2010/7/31(土)〜8/2(月)
【会場】
神戸オリエンタル劇場

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ
リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美
…他


■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
 ステラ・ミュージカル
2010/3/19〜3/24[公演終了]
天王洲 銀河劇場

脚本・演出 カニリカ

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ

月森 蓮役:三上 俊
土浦梁太郎役:高橋優太
志水桂一役:小関裕太
火原和樹役:吉野晃一
柚木梓馬役:川村聖斗

冬海笙子役:笹丘明里
天羽菜美役:三好絵梨香
金澤紘人役:進藤 学
王崎信武役:吉原シュート

リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美

東海林 遼・清水一希・宮之脇佳織・吉野由利子
土屋史子・城戸愛莉・舟見和利・斉藤レイ

■「暁の誓い」
2009/4/15〜4/19[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出 カニリカ

【キャスト】
萩野崇/弓削智久/出合正幸/高根研一(Studio Life)

吉村崇(平成ノブシコブシ)/徳井健太(平成ノブシコブシ)
■カニリカプロデュース
 『執事ホテル』

2008/2/16〜2/24[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出:カニリカ
出演: 大口兼悟 村上幸平 溝呂木賢 昇二郎 高根研一/他

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


■舞台『無敵な男達』

カニリカがイケメン俳優を迎えてお送りするハートフルコメディ

作:カニリカ
演出・出演:上田一軒(スクエア)
出演:ホストの皆様:岩大(Studio Life) 村上幸平 萩野崇 北条隆博 篠田仁志(Studio Life) 奈須崇(スクエア) 長尾弘喜
常連客の皆様:小林愛(TEAM 発砲・B・ZIN)星ようこ 滝沢乃南

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


カニリカの作品
連載小説配信スタート!

「ラヴァーズ・ハイ」

 今、何かと話題のクーガーと呼ばれるアラフォーの女性たち。

実際にボーイズバーで彼らを買う女性たちに取材を敢行し、実話を元に描く超リアルな官能恋愛小説。

カニリカが初めて挑む禁断の世界。

配信のお申し込みとサンプル号をお読みになりたい方は、

 ≫こちらから
カニリカの本
小説 執事ホテル

小説版
『執事ホテル』12/18発売
購入する≪

kanirican_100.jpg

このブログがついに本に!
『いや〜ん!ばか〜ん!カニリカーン』
購入する≪



たくさんのご来場ありがとうございました![暁の誓い]

 お礼が遅くなりましたが、舞台「暁の誓い」は19日に無事千秋楽を迎えることができました。本当にありがとうございました。今回ほど、この”無事”という言葉に重みを感じたことはありません。というのも、初の立ち回りがあり、なおかつご覧になった方はお分かりでしょうが、かなり急な階段が多かったため、キャストの人たちは本当に危険と背中合わせだったのです。

 特に今回舞台はほぼ初めてという、平成ノブシコブシの徳井君はそれこそ初めての立ち回りをしながら、全速力で階段を駆け上ったり、降りたり・・・。万が一階段から落ちたりしたら、どうしようかと本当に心配でした。もちろん、徳井君以外も立ち回りがあり、大変だったのだけど、誰も大きな怪我はなく終えられたのも、やはりキャスト全員で高幡不動尊にお参りに行ったお陰かなあと今では思います。

 ただ、実を言うと、平成ノブシコブシの吉村君は軽い打ち身をし、弓削君は毎日膝をつくシーンがあるため、膝の下が水ぶくれで真っ赤に大きく腫れ、二人とも痛みを抑えての大奮闘となりました。それ以外は特に大きな事故もなく、本当によかったです。

 今回、私としては初の時代モノに挑戦するということもあり、いろいろな点で”挑戦”をしました。やはり、舞台を一から作るなら、他の人がやっていないこと、自分でも今までやっていないことをしようと思ったわけです。照明は椎名林檎さんなどのライブを手がけてきた人にお願いし、セットを含めた世界観もかなりアブストラクトな物にしました。衣装もあえてリアリティではなく、その統一した世界観にマッチするダークな物をデザインしてもらいました。

 それらはすべて、数々の歴史資料を読み、実際に五稜郭や碧血碑に取材に行って感じたことを出来る限り素直に表現しようとして、考えついたこと。つまり、あくまでも「暁の誓い」の世界観にこだわってチャレンジをさせて頂いたのです。何を感じたのかは、とても長くなるけれど、衝撃的な話なので、次回更新時に書きますので、お楽しみに。

 お陰さまで、そのどちらかといえばアバンギャルドな世界観は色々な方に大変好評だったので、すごく嬉しかったです。特に今回の舞台が男性の方々やマスコミ関係の方に大変評判がよかったのは、今までにないことで(今までは女性狙いの舞台ばかりだったので)スタッフ一同本当に喜んでいます。この物語自体を小説にすれば?という話も出版社の方からいくつか頂きましたので、今の仕事が終わり次第、取り掛かろうかと思っています。

 心配していた「歴史モノで難しいかなあ」という部分もノブコブの若い20代のファンの方たちから「ナレーションの説明があったので、思っていたよりとってもわかりやすかった」との感想をたくさん頂き、安心しました。

 いろいろ悩んだけれど、チャレンジをして良かった。本当にそう思います。出演者の人たちも心から楽しんでくれて、いいカンパニーになりました。劇場で頂いたアンケートやその他の送られてきた感想、ブログやネットでのレビューはすべて、キャスト&スタッフで次回への参考として、回し読みさせて頂きました。ご感想やご意見を書いてくださった方々、大変感謝しております。ありがとうございました。

 「暁の誓い」千秋楽の翌朝からもうすぐ次の仕事に戻り、そのままカンヅメ状態の日々が続いていて、このブログの更新も遅れました。本当にすみません。実は、5月2日放送のテレビ朝日の皇室特番の構成を担当しています。そして、舞台はもう次のプロジェクトが動き始めています。あー、「暁の誓い」の打ち上げもゆっくりできないまま、次なることに進まなくてはいけない・・・。有り難いことですが、こうやって日々は過ぎていくんだなあ、と実感。ゴールデンウィークが終わったら、ちょっと休みたいなあと思っております。

コメント

こんにちは、いつも応援しています。
今日はご挨拶だけしにきました。

ブログの更新楽しみにしています!
(2009-04-30 22:51)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.seesaa.jp/tb/118081512
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。