カニリカニリカ

カニリカの舞台
■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
ステラ・ミュージカル 夏公演決定!

脚本・演出 カニリカ

≪東京公演≫
【公演日】
2010/7/16(金)〜7/25(日)
【会場】
ル テアトル 銀座

≪神戸公演≫
【公演日】
2010/7/31(土)〜8/2(月)
【会場】
神戸オリエンタル劇場

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ
リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美
…他


■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
 ステラ・ミュージカル
2010/3/19〜3/24[公演終了]
天王洲 銀河劇場

脚本・演出 カニリカ

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ

月森 蓮役:三上 俊
土浦梁太郎役:高橋優太
志水桂一役:小関裕太
火原和樹役:吉野晃一
柚木梓馬役:川村聖斗

冬海笙子役:笹丘明里
天羽菜美役:三好絵梨香
金澤紘人役:進藤 学
王崎信武役:吉原シュート

リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美

東海林 遼・清水一希・宮之脇佳織・吉野由利子
土屋史子・城戸愛莉・舟見和利・斉藤レイ

■「暁の誓い」
2009/4/15〜4/19[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出 カニリカ

【キャスト】
萩野崇/弓削智久/出合正幸/高根研一(Studio Life)

吉村崇(平成ノブシコブシ)/徳井健太(平成ノブシコブシ)
■カニリカプロデュース
 『執事ホテル』

2008/2/16〜2/24[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出:カニリカ
出演: 大口兼悟 村上幸平 溝呂木賢 昇二郎 高根研一/他

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


■舞台『無敵な男達』

カニリカがイケメン俳優を迎えてお送りするハートフルコメディ

作:カニリカ
演出・出演:上田一軒(スクエア)
出演:ホストの皆様:岩大(Studio Life) 村上幸平 萩野崇 北条隆博 篠田仁志(Studio Life) 奈須崇(スクエア) 長尾弘喜
常連客の皆様:小林愛(TEAM 発砲・B・ZIN)星ようこ 滝沢乃南

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


カニリカの作品
連載小説配信スタート!

「ラヴァーズ・ハイ」

 今、何かと話題のクーガーと呼ばれるアラフォーの女性たち。

実際にボーイズバーで彼らを買う女性たちに取材を敢行し、実話を元に描く超リアルな官能恋愛小説。

カニリカが初めて挑む禁断の世界。

配信のお申し込みとサンプル号をお読みになりたい方は、

 ≫こちらから
カニリカの本
小説 執事ホテル

小説版
『執事ホテル』12/18発売
購入する≪

kanirican_100.jpg

このブログがついに本に!
『いや〜ん!ばか〜ん!カニリカーン』
購入する≪



NY感激観劇日誌その3 お願いだからパンツをはいて![トラベル]
 水曜に日本に帰ってきまして、当然のように翌日からガシガシ仕事しています。ホールフーズ(すべてオーガニックのスーパー)でオーガニックのメラトニンを買ってきて飲んでいるので、さほど時差ボケはないが、夕方あたり突然ものすごい睡魔に襲われてヤバイ。打ち合わせしながら、気づくと寝ているのだ。
 そして今は金曜の23時前だが、汐留のテレビ局にいて、これから会議(まだ始まらん!)なので、違う時差ボケが始まりそう。 
 明日こそゆっくり寝ていたいけれど、嵐のコンサートに行くので、そうものんびりしてられないっ!バンザーイ!!24時間テレビを見られなかった分、ライブを満喫しようっと。

 さて、前回の話の続き。そういえばその1で「次回はNYの最新ゲイ事情と舞台の感想を」などと書いておきながら、その2ではホテルの話がメインでしたね。毎回登場しているトシ・カプチーノに興味を持ってくださった方が多かったのか、彼のブログがすごいアクセスだそう。よかった、よかった。
 なので、ここでちょっと彼の紹介です。彼はれっきとした日本人ですが、NYに移り住んではや16年。アメリカの舞台を日本に招聘するコーディネイトをしたり、評論をしたり、日本の舞台をNYでプロデュースしたりしている、自称スーパーハードゲイ!
トシ.JPG
 東京で友達の紹介で会ったのだけど、一回目ですぐ意気投合。今回会ったのは二度目なのに、もう旧知の仲のような気の合いようでっす。2丁目でもそうだけど、アタシはゲイにモテるのよっ。なぜに???
 NYに旅立つ前にWEBでいろいろブロードウェイのチケットを予約したけれど、トシちゃんはどれを見たらいいか教えてくれたり、入手しづらいチケットは手配してくれたり、とっても優しかったの。1回しか(しかも2時間くらい話しただけなのに)会っていないというのにネ。
 そのとき私は気になっていた「ネイキッド・ボーイズ」について聞いたわけ。するとトシの答は「悪くはないけど、最初のメンバーと変わったから、質は落ちたわよ」だった。この「ネイキッド・ボーイズ」とはオフ・ブロードウェイの作品で裸の男たち7人が歌って踊るミュージカルみたいな解説だったんで、てっきりチッペンデール(昔西麻布にあったメンズ・ストリップみたいの)のようなショウだと思っていた。
 まあだから、きっと歌やダンスがちょっと最初のメンバーより落ちるという意味だと思っていたのだ。
landmark2.gif200808310803000.jpg

 この「ネイキッド・ボーイズ」を見たのはなんと3本ハシゴする土曜日の2本目。昼間に「ボーイング・ボーイング」を見て大爆笑した後(この詳しい感想はまた後ほど)、オフ・ブロードウェイのシアターへ。やっぱりオフの劇場は少し小さいかなあと思いつつ、自分のチケットを見るとB列である。「あらま、二列目?参ったなあ」と思って席を探すと、なんと最前列は繰り出したステージでつぶれている。つまり私の席が最前列。しかもド真ん中。
 珍しいことに開演時間が迫っても私の両脇が全然来ない。後ろを振り向くと結構席は埋まっているのだが、最前列はなぜか真ん中に一人私だけなのだ。イヤーな予感・・・。すると開演ぎりぎりで私の左隣に二人だけ来た。スーツを着たオヤジ二人のゲイカップルが!絶対NYじゃない。田舎の州からやってきたって感じ。
 そして、ショウが始まると・・・なんと舞台には6人の男全員がいきなりすっぽんぽんで登場!えーーーーーー!!!!ボクサーショーツも葉っぱも何もない!きゃあ!!!!するといきなり客席から一人のイケメンがステージに声をかける。「ここはXXXのステージじゃないのか?」
「違うよ。でももし良かったら一人足りないから、こっちに来ないか?」とそのイケメンをステージに誘う。「OKわかった!」とステージに上がると、そのイケメンはいきなり舞台の上でTシャツとジーンズを脱いだ。ぎゃあ!!!つまりこのイケメンが7人の中のトップ・メンバーだったというわけ。
 はい、もうおわかりですね。私の目の前にアレが7本もがっつりと!!外人の(!)を7本も並べて目の前で見たのは、さすがの私も生まれて初めてで、相当恥ずかしく顔は真っ赤になっていたハズ。直視できなかったもの。しらじらしいくらい顔ばかり見ていた。
 ところが、人間慣れとは恐ろしいもの。15分も経たない内に平気になってきた。何が面白いって、周りのゲイの観客の真剣な表情。NYにはさまざまなゲイカップルが大勢いるが、この劇場のカップルたちは皆もう本当に嬉しそう。ま、いかにも他の州から来たおばあちゃんたちのグループもきゃあきゃあ騒いでいたけどさ。でも日本人一人でど真ん中でかぶりついていたのがこの私とはね〜〜。
 色々な曲を歌って、ハモって、みんなすごーくうまいけど、すっぽんぽん。ヒップホップやミュージカルナンバーも何でも踊れてすごーくうまいけど、すっぽんぽん。客をいじったり、ボケとツッコミをしたりとトークも面白いけど、すっぽんぽん。お願いだから、パンツをはいてくれい!せめて葉っぱだけでも。
 いやあ、別に服を着ていても十分なレベルなのに、こんなにサービスをしていいのだろうか。このショウの狙いは何なのか?と真面目に考えるほどではないが・・・。トシの言っていた質とは、オトコとしてか?俳優としてか?どっちだったかは聞くまでもない。
 ある意味、やっぱりニューヨークってすごい!

コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。