カニリカニリカ

カニリカの舞台
■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
ステラ・ミュージカル 夏公演決定!

脚本・演出 カニリカ

≪東京公演≫
【公演日】
2010/7/16(金)〜7/25(日)
【会場】
ル テアトル 銀座

≪神戸公演≫
【公演日】
2010/7/31(土)〜8/2(月)
【会場】
神戸オリエンタル劇場

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ
リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美
…他


■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
 ステラ・ミュージカル
2010/3/19〜3/24[公演終了]
天王洲 銀河劇場

脚本・演出 カニリカ

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ

月森 蓮役:三上 俊
土浦梁太郎役:高橋優太
志水桂一役:小関裕太
火原和樹役:吉野晃一
柚木梓馬役:川村聖斗

冬海笙子役:笹丘明里
天羽菜美役:三好絵梨香
金澤紘人役:進藤 学
王崎信武役:吉原シュート

リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美

東海林 遼・清水一希・宮之脇佳織・吉野由利子
土屋史子・城戸愛莉・舟見和利・斉藤レイ

■「暁の誓い」
2009/4/15〜4/19[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出 カニリカ

【キャスト】
萩野崇/弓削智久/出合正幸/高根研一(Studio Life)

吉村崇(平成ノブシコブシ)/徳井健太(平成ノブシコブシ)
■カニリカプロデュース
 『執事ホテル』

2008/2/16〜2/24[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出:カニリカ
出演: 大口兼悟 村上幸平 溝呂木賢 昇二郎 高根研一/他

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


■舞台『無敵な男達』

カニリカがイケメン俳優を迎えてお送りするハートフルコメディ

作:カニリカ
演出・出演:上田一軒(スクエア)
出演:ホストの皆様:岩大(Studio Life) 村上幸平 萩野崇 北条隆博 篠田仁志(Studio Life) 奈須崇(スクエア) 長尾弘喜
常連客の皆様:小林愛(TEAM 発砲・B・ZIN)星ようこ 滝沢乃南

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


カニリカの作品
連載小説配信スタート!

「ラヴァーズ・ハイ」

 今、何かと話題のクーガーと呼ばれるアラフォーの女性たち。

実際にボーイズバーで彼らを買う女性たちに取材を敢行し、実話を元に描く超リアルな官能恋愛小説。

カニリカが初めて挑む禁断の世界。

配信のお申し込みとサンプル号をお読みになりたい方は、

 ≫こちらから
カニリカの本
小説 執事ホテル

小説版
『執事ホテル』12/18発売
購入する≪

kanirican_100.jpg

このブログがついに本に!
『いや〜ん!ばか〜ん!カニリカーン』
購入する≪



 うーん、いずれこういう事態になるとは薄々感じてはいたし、自分できっとそういう方向に持っていこうと脳のどこかで考えているから、物事はそういう流れになっていく。そう、それはマーフィーズ・ロウだったり、「シークレット」の世界。(お読みでない人は是非ご一読を!)

 何にうろたえているかというと、今年「金色のコルダ」の夏公演の後、比較的早く秋のプロジェクトの準備に入らなくてはならない。っていうか、その秋の公演の前に台本を書かなくてはいけないわけだから・・・。だが、あれこれアイデアはあるけれど、具体的な構想はまだ。つまり、まだ降りてきていない。

 しかし、そのプロジェクトは来年3月にもあって、その公演の直後に実はまた違う芝居の稽古に入る予定がほぼ決まった。え?え?え?って感じ。今まで年1本で演劇の仕事をさせてもらっていたので、要はじっくり一年かけて構想練ったり、台本書いたり、宣伝したり、稽古したり、そして本番という流れだった。だが、これからは違う。一つの稽古や本番を抱えながら、次の芝居の構想や台本をガンガン進めないと間に合わない。

「そんなの、当たり前だろー!!」と天国の井上ひさし先生に叱られそうだ。もちろん、多くの戯曲家や演出家はそうしていらっしゃるわけで、私もそんな日をいつかは夢見ていましたが、まさかこんなに早くやってくるとは。

 もちろん、これは嬉しい悲鳴であって、本当に身の引き締まる思いで、今まで以上に頑張らないと罰が当たると自分に言い聞かせているのだが、今日改めて来年のスケジュールを見て何か驚いた。ドキドキしてしまった。病気になっては大変だ。海外旅行だって、日が限られる。そんなことあれこれ考えて、一人でアワアワしていたのだ。

 そんなこと考えて、夜の食事のために電車を乗り換えたら、偶然「日経エンターテインメント!」の品田英雄さんにお逢いした。夏らしい爽やかなデニムを着ていて、車内で一際目立っていた。
「いやあ、どうですか、センセー、最近は?」
 品田さんはいつもわざと私のことをからかってセンセーと呼ぶ。
「それが、もう次々とバイトが入っちゃって・・・」
「?」
 品田さんはポカンとしていた。そりゃそうだろう。私も、何故バイトという言葉が飛び出したのか、わからない。
「バイトじゃねーよ!」
 ハリセンボンの春菜みたいなノリツッコミをしてしまった。多分、シバイと言いたかったはずなのだが。決してバイト感覚でやっているわけでは全然ないのに。汗が一瞬吹き出した。

 あっという間に電車は着き、某番組のプロデューサーとオープンしたばかりのイタリアンに行った。そして、料理番組の企画を考えてほしい、と言われた。すごく嬉しい。だって、料理大好きだもん。

 実を言うと、その店に行く直前には「金色のコルダ」が終わったら、タレント&俳優を目指す若者向けのワークショップをやってほしいという依頼が来た。主にメンタリティのトークを中心に。これも実に嬉しい。だって、そういう話するの大好きだもん。しかし、夏も休んでいる場合ではない。

 重なる時は本当に重なる。またもや手帳のスケジュールを凝視して、汗が吹き出た。しかし、お声をかけて頂くだけでも本当にありがたいことである。神様に心から感謝である。その感謝ついでに、「この調子で今返事を待っている、ある企画も通ってくれい!」と食事の帰り道、夜空に叫んでしまった。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。