カニリカの舞台
■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
ステラ・ミュージカル 夏公演決定!

脚本・演出 カニリカ

≪東京公演≫
【公演日】
2010/7/16(金)〜7/25(日)
【会場】
ル テアトル 銀座

≪神戸公演≫
【公演日】
2010/7/31(土)〜8/2(月)
【会場】
神戸オリエンタル劇場

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ
リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美
…他


■ネオロマンス♥ステージ
「金色のコルダ」
 ステラ・ミュージカル
2010/3/19〜3/24[公演終了]
天王洲 銀河劇場

脚本・演出 カニリカ

【出演者】
日野香穂子役(Wキャスト):森 咲樹・岡本あずさ

月森 蓮役:三上 俊
土浦梁太郎役:高橋優太
志水桂一役:小関裕太
火原和樹役:吉野晃一
柚木梓馬役:川村聖斗

冬海笙子役:笹丘明里
天羽菜美役:三好絵梨香
金澤紘人役:進藤 学
王崎信武役:吉原シュート

リリ役(Wキャスト):堀内まり菜・山内亜美

東海林 遼・清水一希・宮之脇佳織・吉野由利子
土屋史子・城戸愛莉・舟見和利・斉藤レイ

■「暁の誓い」
2009/4/15〜4/19[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出 カニリカ

【キャスト】
萩野崇/弓削智久/出合正幸/高根研一(Studio Life)

吉村崇(平成ノブシコブシ)/徳井健太(平成ノブシコブシ)
■カニリカプロデュース
 『執事ホテル』

2008/2/16〜2/24[公演終了]
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと(東京)

作・演出:カニリカ
出演: 大口兼悟 村上幸平 溝呂木賢 昇二郎 高根研一/他

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


■舞台『無敵な男達』

カニリカがイケメン俳優を迎えてお送りするハートフルコメディ

作:カニリカ
演出・出演:上田一軒(スクエア)
出演:ホストの皆様:岩大(Studio Life) 村上幸平 萩野崇 北条隆博 篠田仁志(Studio Life) 奈須崇(スクエア) 長尾弘喜
常連客の皆様:小林愛(TEAM 発砲・B・ZIN)星ようこ 滝沢乃南

DVD好評発売中!
ご購入はこちら≪


カニリカの作品
連載小説配信スタート!

「ラヴァーズ・ハイ」

 今、何かと話題のクーガーと呼ばれるアラフォーの女性たち。

実際にボーイズバーで彼らを買う女性たちに取材を敢行し、実話を元に描く超リアルな官能恋愛小説。

カニリカが初めて挑む禁断の世界。

配信のお申し込みとサンプル号をお読みになりたい方は、

 ≫こちらから
カニリカの本
小説 執事ホテル

小説版
『執事ホテル』12/18発売
購入する≪

kanirican_100.jpg

このブログがついに本に!
『いや〜ん!ばか〜ん!カニリカーン』
購入する≪



 先日、麻布十番に新しい店が続々とオープンしていることは書いたと思うけれど、一番気になっていた店にやっと入れました。根気強く予約をするしかありません。当日来た人はみんな断られていたから。

 その名も「カラペティバトゥバ」。えーと、どういう意味かは・・・知りません。お店の人に聞いてぇ!
http://www5.ocn.ne.jp/~quand/

 メニューのわりにリーズナブルというので、おまかせコースにしましたが、2人一緒のものでないとダメなんで、好みが分かれるカップルは要注意を。グラスワインが豊富なのと、カラフェも結構あるのが嬉しい。2人だったら白、赤、それぞれカラフェで頼んでちょうどいいかも。ま、我々はそれプラスグラスでシャンパーニュ飲んじゃったけど。

 インテリアも素敵だし、なんというか久しぶりに居心地ののいいフレンチというか、肩肘張らなくていいなあと思った。何しろ、子羊のローストが美味しかった。今まであまり子羊って感激するほど美味しいと思ったことはなかったけど、これは感動した。今まで食べた子羊の中で一番美味しいと思った。肉料理というと、つい豚か鶏を選びがちだったけど、子羊に対する認識が変わっちゃった。たまたま今まで食べた子羊が臭みがある、というイメージが強かったのかなあ。子羊ちゃん、ごめんなさい。

 ルバーブという食材を使ったタルトもシャリシャリして美味しかった。このルバーブ、クセになりそう。うーん、これですぐ予約が取れるなら、またすぐ行くのに・・・。ここのシェフって、大阪の「ラ・ベカス」にいたそうです。私は個人的に大阪では一番好きなフレンチなんで、とっても期待していたんですが、その期待を裏切らない店で、大満足な夜でした、とさ黒ハート
 うーん、いずれこういう事態になるとは薄々感じてはいたし、自分できっとそういう方向に持っていこうと脳のどこかで考えているから、物事はそういう流れになっていく。そう、それはマーフィーズ・ロウだったり、「シークレット」の世界。(お読みでない人は是非ご一読を!)

 何にうろたえているかというと、今年「金色のコルダ」の夏公演の後、比較的早く秋のプロジェクトの準備に入らなくてはならない。っていうか、その秋の公演の前に台本を書かなくてはいけないわけだから・・・。だが、あれこれアイデアはあるけれど、具体的な構想はまだ。つまり、まだ降りてきていない。

 しかし、そのプロジェクトは来年3月にもあって、その公演の直後に実はまた違う芝居の稽古に入る予定がほぼ決まった。え?え?え?って感じ。今まで年1本で演劇の仕事をさせてもらっていたので、要はじっくり一年かけて構想練ったり、台本書いたり、宣伝したり、稽古したり、そして本番という流れだった。だが、これからは違う。一つの稽古や本番を抱えながら、次の芝居の構想や台本をガンガン進めないと間に合わない。

「そんなの、当たり前だろー!!」と天国の井上ひさし先生に叱られそうだ。もちろん、多くの戯曲家や演出家はそうしていらっしゃるわけで、私もそんな日をいつかは夢見ていましたが、まさかこんなに早くやってくるとは。

 もちろん、これは嬉しい悲鳴であって、本当に身の引き締まる思いで、今まで以上に頑張らないと罰が当たると自分に言い聞かせているのだが、今日改めて来年のスケジュールを見て何か驚いた。ドキドキしてしまった。病気になっては大変だ。海外旅行だって、日が限られる。そんなことあれこれ考えて、一人でアワアワしていたのだ。

 そんなこと考えて、夜の食事のために電車を乗り換えたら、偶然「日経エンターテインメント!」の品田英雄さんにお逢いした。夏らしい爽やかなデニムを着ていて、車内で一際目立っていた。
「いやあ、どうですか、センセー、最近は?」
 品田さんはいつもわざと私のことをからかってセンセーと呼ぶ。
「それが、もう次々とバイトが入っちゃって・・・」
「?」
 品田さんはポカンとしていた。そりゃそうだろう。私も、何故バイトという言葉が飛び出したのか、わからない。
「バイトじゃねーよ!」
 ハリセンボンの春菜みたいなノリツッコミをしてしまった。多分、シバイと言いたかったはずなのだが。決してバイト感覚でやっているわけでは全然ないのに。汗が一瞬吹き出した。

 あっという間に電車は着き、某番組のプロデューサーとオープンしたばかりのイタリアンに行った。そして、料理番組の企画を考えてほしい、と言われた。すごく嬉しい。だって、料理大好きだもん。

 実を言うと、その店に行く直前には「金色のコルダ」が終わったら、タレント&俳優を目指す若者向けのワークショップをやってほしいという依頼が来た。主にメンタリティのトークを中心に。これも実に嬉しい。だって、そういう話するの大好きだもん。しかし、夏も休んでいる場合ではない。

 重なる時は本当に重なる。またもや手帳のスケジュールを凝視して、汗が吹き出た。しかし、お声をかけて頂くだけでも本当にありがたいことである。神様に心から感謝である。その感謝ついでに、「この調子で今返事を待っている、ある企画も通ってくれい!」と食事の帰り道、夜空に叫んでしまった。
 更新が遅れてすみませーん。コメントくださっている方々、どうもありがとうです。取り急ぎ、最近の方だけお返事を・・・。その前の方々、本当にすみません。ちなみになぜ私のブログのコメントは便秘解消とかダイエットとかが多いのか・・・?(まあ、リンク貼りたい気持ちはわかりますが・・・、汗。)

ここみさん、もっとマメに更新します。

楽天さん、次作というのは、私の次作でしょうか?どうやら、携帯ドラマになりそうです。また決まったら報告しますね。

はなよさん、人妻さん、便秘解消さん、いつも応援ありがとうございます。

madder☆さん、夏は是非いらしたら、遠慮なく声をかけてください。

ぶるーむさん、7回も観て下さって、本当にありがとうございます。夏も来て下さると嬉しいです!!

タヌキさん、お店をやっているとサチコさんから伺いましたよ。どこでやっているんですか?

 ところで、私友人に勧められてツイッターを始めたんですが、これがようわからん。タイミングというか、何をいつ書けばいいのか、そして何が面白いのか・・・。まあ、確かにジム・キャリーとかケヴィン・スペーシーとかのつぶやきを読むのは面白いんだけど・・・。てなわけで、今勉強中です。教えてくださいまし。

 そ、タイトルのラジオの話。今、超気に入っているのが、itunesで聴けるTraxx Cool Jamというステーション。それまで大体NYのヒップホップ系を聴いていたけど、ジャズのジャンルをあれこれ聴いている内に見つけたのが、ココ。まあ、ここの選曲が渋い、カッコイイ、まさしくクール!良くぞこの曲の次にこれを・・・!!という感じで、感激しまくり、聴きまくり。同じ曲がそれほどかからないのもいい。新旧の取り混ぜ方が絶妙なんすよ。もう一日中つけっぱなし、です。つなぐタイミングも気持ちいい。これはパソコンに入れてランダムかけているのとは違うと思う、絶対。かなり通の人が選曲していると思うんだけどなあ。

 勝手に渋いイケメン・ニューヨーカーが選曲しているのでは?と妄想しておりますわ。局の人に話を聞いてみたい!!

 それから、多分次回のブログで発表できると思いますが、私この春から色々な環境が変わりました。これから変わることもいくつかあります。今、それの調整中なんで、もうしばしお待ちを!!

 高くてウマイは当たり前。最近は安くてウマイ店が本当に増えましたよね。いいことだなあ。今まで東京が高すぎたんだってば。ちょっと前までのあの高さは何だったんだ?

 CPもいいし、いろんなメニューを試したいから、気に入ると連続して何回も行ってしまう。そのほうが、その店の真価がわかるし。ってなことで、最近ハマっているのは、麻布十番の中華「紫玉蘭」。あの高くて有名な(美味しいけど)富麗華のカジュアル版です。でもって、とてもスタイリッシュな上海料理。新天地の店を思い出すほど。
http://www.shigyokuran.com/

 600円前後の小皿料理が多く、麻婆豆腐なんて5色もあるんだから!5色ですよ。個人的なお薦めはふわふわ卵が入った黄色。定番北京ダックも安くて、あの美味しさそのまま。

 グルメな村松崇継さんを連れて行ったら、大喜び。村松さんといえば、先日レコーディングが無事終了!キャストのみんなが本当によく練習していてくれて、素晴らしい出来ばえ!金やん(安部康律さん)の歌なんて泣きそうになった。村松さんと2人して感動しては「いやあ、曲がいいからですよ」「いやあ、詞がいいからです」とほぼ漫才のようなコンビになって、ほめ殺し合いをしてまして、周りのスタッフが呆れてた・・・。

 ま、それはさておき、その打ち上げで行った店がまたウマかった!シアターサンモールのすぐそばにあんなに美味しい杭州料理の店があるなんて知らなんだ。杭州料理ってそんなに辛くなくて、とても優しい味なのよ。何たって、杏仁豆腐が絶品でした!!
「太子楼」http://www.taisirou.com/

 秋のプロジェクトの懇親会を兼ねてお笑い作家たちやDJ19と行った、韓国家庭料理「とん豚テジ」もウマかったっす!かなり前にしょこたんに聞いて、一度行ってみたかったんだけど、やっと実現。豚のバラ肉を焼いてキムチとかエゴマの葉とか巻いて食べるんだけど、これがまあ何枚でも入る、入る。これもまたすぐ行こうっと!
http://www.tontontezi.com/

 あと、も一つやたらハマっているのが、アザジューに突如現れた「鰓呼吸」という魚の居酒屋。新鮮な貝や魚をその場でそれぞれ磯焼きして食べれるのがホント嬉しい。もちろん、お刺身も超うまし。シメの鉄火巻きもボリューム満点で楽しい店っす。まるで、地方の海沿いの居酒屋に行った気分で、この日もガンガン飲みすぎましたわ。中目黒とかに元々あったお店だったのね。知らなかったよー。
http://r.tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13109642/

 現在、「金色のコルダ」夏公演を含めると4つのプロジェクトが同時進行していて、重なるときは重なるんだなあ。一つは来週結論が出るんだけど、決まったら、もうまた祝杯で飲んじゃうよ♪ って、結局毎日、飲んでいるのねー。

 

 まだまだやってます、「金色のコルダ」のレコーディング。天気のいい日に限って、スタジオに篭りきりというのは何ともいえない複雑な気分だけど、今日は久しぶりのメンバーにたくさん逢えたので、よしとしよう!

 ドラマ「タンブリング」でも活躍中の岡本あずさちゃんは何となく大人っぽくなっていて、びっくり!奈良からやってきた火原役の吉野晃一君は少し痩せて男らしくなっていた!何たって、火原と柚木のデュエットを新しく作ったんだけど、二人が並ぶ姿を見るのも久しぶり。柚木役の川村聖斗君はきれいなハモリを聞かせてくれました。
201005081601000.jpg

 そして、その後はみんなで「きずな」のレコーディングということで、昨日のメンバー(柚木&火原コンビ、斉藤レイさん、土屋史子ちゃん、笹丘明里ちゃん)がスタジオに入り、歌唱指導ということで音楽監督の村松さんも中に入るのだけど、村松さんがピアノに向かって弾く曲は「ハッピー・バースデー」♪。そう、昨日はプロデューサーの前田さんの誕生日でしたので、みんなでサプライズをしたのです。

 村松さんのピアノも豪華だったけど、キャストたちの歌もきれいだった。録音しておけばよかったなあ。
201005081747000.jpg
 ナイスなサプライズに前田さんもニッコニコ。みんなで記念撮影しましたよん。その後、本当にみんなで「きずな」を録音しました。すっごくきれいな歌が録れて、こちらも仕上がりが楽しみ。

 レコーディングの後は、代理店の友達と十番の新しい鉄板焼きとワインの店に行きました。そしたら、志村けんさんに会いました。志村さん、いい感じでベロベロでゴキゲンでした。十番でホントよく会います。ワンちゃんの散歩をしていると、普通にワンちゃんに話しかけてくれるし・・・。あんな大物なのに気さくな人だなあ。
 「金色のコルダ」に出ていた城戸ちゃんこと、城戸愛莉ちゃんは女性キャストの中ではリリ役の二人の次に若い。何たって、まだ16歳!!宮崎に住んでいて、仕事のたびに上京するのだけど、GWは社長(彼女はLDH所属ですので、つまりエグザイルのhiroさんというわけね)の思いやりのある計らいで東京に遊びに来ていた。

 毎日舞台を観たりしているというけれど、東京見物はしてないというので、昨日私は番組の会議の後、待ち合わせして、汐留を案内しました。GWなんで、ものすごい数の人が「嵐にしやがれ」とか「怪物くん」の巨大パネルの前で写真を撮っている。だけど、城戸ちゃん「ふうん・・」って感じで興味なさそう。あらま、さすがLDH。エグザイル以外は興味なしか!?と思ったら、違ったのだ。

 何と宮崎では「怪物くん」も「嵐にしやがれ」も放送してないことが判明。「え?じゃあひょっとして、スッキリは?」と聞くと「それって、何曜日ですか?」との問い。あちゃー、「スッキリ」もやってないのね。そうだったのだ、宮崎は完全ネットではなかったのでした。

 道理で、日テレの番組の大看板見てもテンション低いわけだ。こんなことならお台場に連れてくべきだったか・・・。ところが、突然ある物を見つけ、「あ、ここ入っていいですか?」と城戸ちゃん。ニコニコして出てきた。その場所とは「アンパンマンショップ」!!弟さんにお弁当グッズを買ったのだと。すっごく嬉しそう。あー、よかった、よかった。可愛いなあ、城戸ちゃん。
201005031522000.jpg

 それから、スタジオジブリの時計台にも連れて行きました。バンバン写メ撮ってました。よかったよー、普通の高校生じゃん。って、私も思わずカシャッ!気がつけば、私時報のときのこの時計、初めて見た。って、今頃かい。意外に可愛くてカンゲキ。
201005031457000.jpg

 汐留の高層ビルの最上階に行ったあとは、銀座に行ったことがないというので、銀ブラしました。ちょうとFOREVER21がオープンした直後だったので、松坂屋はすごい人でした。ま、城戸ちゃんはZARAで服買ってたけど・・・。おっとなー!!

 その後お茶飲んで別れたけれど、私も何か思わぬ東京見物をしちゃった気分で楽しかったっす。しかし、今銀座は中国と韓国からの観光客が本当に多い。彼らがガンガンお金を落としてくれると、もう少し日本の景気がよくなるかも。

 夜は再び秋のプロジェクトの打ち合わせを兼ねて、役者と飲みました。参加メンバーをまだ発表できないんだけど、彼は裏方の経験も多少あるし、演出にも興味があるというので、制作メンバーのブレーンとしても入ってもらうつもりで、ブレストしました♪

 よしもとの芸人さんの座付き作家、エンタの神様などのコントを書いた作家、お笑いも手がける劇団の作家、関西出身で後藤ひろひとさんともよく仕事をしている演出助手、そして数々のプロデュース公演に出てるけど演助もできるイケメン役者と、実にさまざまで有能な人たちがブレーンとして集まり、このプロジェクトを進めている。どんな舞台に仕上がっていくか、実に楽しみ!!

 あー、早く発表したいなあ。もうしばらくお待ちくだされ。

 いい天気のGWですね。これぞ春という感じ。

 しかし、私は仕事ですよ、相変わらず。なんと初のレコーディング。って言ったって、私が歌うわけではないっ!!GWの色々なお誘いを受けては「あー、レコーディングなんで、その日は・・・」と断ると、みんな「お、遂にデビューなの!?」とバカにしたような返事が返ってくる。

 違うのだ。「金色のコルダ」のCDが出るわけね。それのレコーディング。役者たちがスタジオに来ては歌うのを、作詞家としてあれやこれや注文出したり、演出家としてディレクションしたり・・・、なんていうのはほぼサポート的な仕事でして、メインは音楽監督の村松崇継さんの指導ですね。

 このレコーディング、いやあ本当に楽しいというか、面白い。ちょっとした村松音楽監督の一言で変わるんだから。そして、初日のレコーディングはものすごく順調に進みました。それというのも、月森も志水も王崎も柚木もちゃんと自分で家で一生懸命レッスンしてきたからであって・・・。

 もう、仕上がりがすっごく楽しみ♪ CDならではのお楽しみ新曲もありますからね。まあ、それは夏公演でも聞けるわけですが、ボーナストラックになっているロングバージョンもいくつかありますから。

 昨日は昨日で、コルダの梅沢こと土屋ちゃんの芝居を観にいったら、同じくコルダの松山こと宮之脇ちゃんや庄司役の城戸ちゃん、それから王崎役のシュート君に会いました。何か懐かしい顔ぶれで、嬉しかったなあ。みんな勉強のために色々芝居を見ているとか。勉強熱心でエライ!

 芝居といえば、先日ある映画のプロデューサーからお誘いを受けて、ケラ様の「二人の夫と私の事情」を観た。てっきり招待かと思って、気楽に出かけて行ったら、わざわざチケットを買って下さったようで、恐縮しちゃいました。しかも私の大好きなバルコニーシートで感激!

 ケラ様にしては珍しく王道というか、明るいコメディという感じ。平日の昼間のせいか、観客のおばさま率が高く、驚いた。そして、彼女たちは本当にどんなシーンでもよく笑う。何てありがたいお客様。いつものケラの観客層とは全然違う。でも、こんな芝居もきっちり創れるという、ケラの才能の幅の広さに何だかとても温かいものというか、懐の深さを感じた。

 ああ、もっと勉強しなくちゃね。今、ブロードウェイではデンゼル・ワシントンが舞台に立っている。何とか仕事の合間を盗んで行きたいけれど、できっかなあ・・・。いや、絶対に行くぞ!

 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。